当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 22日

PDCA

先日の会議でPDCAの話をしました。

Plan-Do-Check-Actionのサイクルを回していこう、と言われます。その具体例をヤフージャパンの取り組みを例に挙げて話をしました。

Plan(計画)ですが、ヤフーの場合は「仮説」と言えます。検索欄の大きさによって検索数に影響が出るだろう、その最適な大きさを見つけよう、というものです。

Do(実行)で大きさを変えてみる、Check(評価)で実際の検索数データを分析する、そしてAction(改善)で最適を探してみる、という流れです。

我々の業務も、このPDCAサイクルが当てはまります。様々な仮説を立ててみる、その中で有望だと思われるものから順に試してみる、成果がでたら全体にフィードバックする、店舗の文化が向上し、会社全体の文化も向上する、そういった流れが作れます。

これは、仕事を通じて実験していることと同じです。自らの仮説が正しいことを証明できる、という実験です。

会議でも言いましたが、グリーティングの細部を変えるだけで、結果が変わってくるかもしれません。滞在時間が延びたり、当然飲み放題獲得数も増えるかもしれません。

イーゼル看板を活用することによって来店が増えるかもしれませんし、毎回ハイトーンで「いらっしゃいませ」を確実に言えたら来店数が増えるかもしれません。

スタッフにただこうしてください、と指導するのではなく、「今月こういう取り組みを行うので協力して下さい。正しいデータを取りたいので100%実行したいのです」と呼びかけることによって取り組み意識も変わってきます。同じ課題に取り組むことで全員参画意識が醸成されます。

何より、仕事が面白くなるでしょう。壮大な実験を毎月行って、自らの仮説の正しさを証明するのですから、やりがいも増します。

人生もPDCAサイクルの繰り返しです。自らの課題の解決も、精神論だけで解決するのではなく、様々な創意工夫によって、仕組みを変えたり、動きを変えたり、発言を変えたりすることで、つまりは改善行動によってより良い自分へと変化していくのです。

トヨタはカイゼンの歴史により世界一の生産体制を築き上げました。PDCAサイクルを回し続けることで、店舗も会社も自分自身もより成長していきましょう。

[PR]

# by melo-works | 2018-01-22 11:00 | Comments(0)
2018年 01月 19日

発表

昨日の全体会議で30秒の発表を行っていただきました。数々の喜びがあり、聞いている側も自然と笑顔になりました。

発表したい人、で自主的に発表した方は10人程度でしたでしょうか。本当は発表したいけれども、大人数の前は緊張するから手を上げなかった方も多数いるでしょう。

そういった心理を「自己防衛本能」と言います。何だか恥ずかしい、大したことじゃないし、目立ちたくはない、嚙みそう…様々なマイナス心理から保身的になってしまうのです。

人はこの自己防衛本能によって、良くも悪くも左右されます。良い意味の自己防衛本能はリスク管理として必要です。ですが、大衆の面前での発表にどれだけのリスクがあるかを考えれば、何も保身的になることはないのです。

無駄なリスクに怯えているよりも、無駄なリスクは無視した方が、楽しく人生が過ごせます。

目の前には青く輝くハワイの海が広がっている。泳ぎたい!わ~とはしゃぎ、あー気持ちよかった、となる。逆に、じりじり照り付ける太陽の下、砂浜でもんもんとしている。濡れたら面倒だし、冷たそうだし、結局海に入らないまま終える。

大衆も目の前の海も同じことです。同じこと、というのは同程度のリスクしかないし、発表した後と海に入った後の爽快感も同じ種類のものだということです。ある意味、海に入る方がリスクは高いし、発表が上手くできた後の方が満足感は高いものです。大衆の面前での発表はローリスク・ハイリターンだということです。

講演を聞く、何か質問はありませんか、と言われる。何も質問は無くても「取り敢えず」手を上げる。質問をしようと立ち上がりながら何を質問しようかと考える、それで良いと教わりました。

人は何か話をしようとすると頭が一気に回転し、何か言葉がでてくるものです。実際、昨日も指名後、言葉に詰まった人は一人もいませんでした。

「取り敢えず」です。「敢」と言う字は思い切ってという意味で勇敢、敢然と、等に使われます。

2度も手を挙げ発表した中野店長からは強い意志を感じました。ぜひ、勇敢に、取り敢えず、手を挙げてみましょう。

その思考の転換こそが、人生を変えていくのです。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-19 10:18 | Comments(0)
2018年 01月 15日

はれのひ

皆さんもご存知のように成人式に突然起こった晴れ着詐欺事件と言える「はれのひ」問題は、世の中には常に落とし穴があることを改めて知ることとなりました。

着物レンタルについては、その契約形態から先払いが慣例なのでしょう。企業側からすれば、レンタルし終わった後に料金を支払っていただけないリスクを避けたいのは当然ですし、企業会計の観点からも後払いでは経営にマイナスです。

通常の品物のレンタルについては、料金支払いと共に商品は受け取れますが、着物という性質上、当日着付けという作業が発生します。料金支払い後、使用日まで期間を要するのも仕方ありません。

今回のケースは、リスクを見極めることが困難なケースです。

周りの友人が概ねレンタルしている、当然私もレンタルする、店内には着物が多数展示してあり好きな物を自由に選べ、選んだ後の感激と共にレンタル料を支払う、この過程では誰も疑うことは困難です。

正に、リスク回避が極めて難しい事例です。

ただ、一部破綻を感じさせるシグナルはあったかもしれません。現金払い割引や今週中に振り込めば割引といった「支払いを急がせる」言葉や規定に接した場合は注意が必要です。

更に「高額な前払い」の場合は、その企業に関して調査すべきでしょう。今はインターネットである程度企業の評判が見つかることも多く、ぜひ賢く利用したいものです。

今回のケースは仕方ありませんが、前払いや一括払いについての割引については、常に注意が必要です。セーフティネットが整備されている金融機関を除いて、私は前払いや一括払いは行いません。多少の割引の為に、大きなリスクを背負うことは愚かなことです。

以前からエステや英会話等、前払いや一括払いの後、破綻し損害を被るといった事件が後を絶ちません。

我々の身の周りには、常にリスクがあることを忘れずに、契約事には慎重に対応下さい。

尚、万が一当社アルバイトスタッフの中に、はれのひレンタルで被害を被った方がいらっしゃれば、店長を通じて本部まで申し出てください。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-15 10:19 | Comments(0)
2018年 01月 12日

異質

年末年始の繁忙期にも世の中には様々な出来事があり、感じることがあり、学びがあります。

年初からは、北朝鮮問題、慰安婦合意を巡る日韓問題、はれのひの晴れ着詐欺等々が取り上げられています。

最近は下火になってきましたが、日馬富士暴行事件を巡る一連の相撲協会報道は、様々な論調が飛び交っていました。特に貴乃花親方の理事解任については世論も割れました。

被害者側の理事の処分としては如何なものか、協会自体に問題があり八角理事長こそ辞任すべきだ、といった貴乃花擁護派や、組織論からすれば報告義務を怠った者の解任は当然、理事長の再三の連絡を無視したのだから当然解任、といった解任肯定派に分かれました。

相撲協会は特殊な組織、と言ってしまえばその通りですが、相撲協会は一定の目的をもった人の集合体を組織・運営するために設立される法人と定義される社団法人であり、その運営責任を負った理事として、貴乃花の行動がどうであったかは論じるまでもありません。

貴乃花としては、自身の正義を貫いただけのことでしょうが、手法としてはあまりにも極端と言わざるを得ません。貴乃花の正義こそ錦の御旗と思い賛同者が得られる、とはとても思えません。

貴乃花は相撲を心から愛しており、相撲道を追求し続け、道を逸れつつある現在の相撲界を必死で改革しようとしていることは感じます。個人的には応援したい気持ちが強い。おそらく、多くの相撲ファンもそう望んでいることでしょう。

だとしたら貴乃花は自分を応援してくれる本当の意味での相撲ファンの為にも、尚更行動および言動を変えなくてはなりません。現状では孤立化を助長し、相撲界の分裂の危険性さえ孕んでいます。

親、兄弟とも縁を絶つという貴乃花の異常とも言える信念・執念、自身の正義を貫く堅強な精神は、いつでも切腹してやる、という鬼気迫る覚悟を感じます。

賛否両論渦巻く論争、平成の鬼の孤独な闘い、貴乃花という人物の生き様を今後も見ていきたいと思います。

貴乃花の強烈な個性こそ、大勢におもねる現代の風潮にあって、異質な存在感を感じてしまうからです。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-12 10:49 | Comments(0)
2018年 01月 09日

繁忙期

長かった年末年始の繁忙期が昨日で一段落しました。

この期間、多くの達成感やお客様の笑顔や嬉しい言葉に接したと思います。

人は概ね自己実現(達成感)という幸せを追い求めています。こうなったらいいな、こうしたいな、これやりたいな、という自己欲求の追求です。その自己欲求が実現すれば達成感としてこの上ない喜びが訪れるでしょう。

その自己実現の大小は、その人の価値観ですから何とも言えませんが、小さな自己実現小さな達成感に、自己満足という喜びを沢山感じることこそ、成長の源泉となります。振り返れば、年末年始の繁忙期を通じて、多くの自己実現が顕在化したのではないでしょうか。

大入りを達成した!今日は会心の部屋まわしだった!最高の笑顔を提供できたぞ!チームワークよかったな!宴会コース獲得凄くできた!予想以上の売上!・・・

自己欲求が達成され自己満足を感じることこそ成功体験です。この積み重ねこそ成長の源泉となります。

また、自身の存在意義を感じることは自己実現以上に嬉しいことです。

つまり、人の役に立つ、人に感謝される、人が喜んでくれることで、自身の存在意義を確認し、使命感を得ます。これこそ理念の体現です。

この期間は多くのお客様やスタッフを通じて、自己の存在意義を感じたと思います。お客様から「店長、楽しかったよ」や、スタッフから「やった、大入りだ」という嬉しい言葉を何度も聞いたのではないでしょうか。

自己実現や自己の存在意義を沢山感じる、そして自身が益々成長する、その為に仕事があり、日々の努力があるのです。

やらされ、やっつけ仕事からは決別し、今後も努力を継続していきましょう。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-09 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 05日

読書

今年一年の目標ややりたい事は考えましたか。その目標は自身の成長につながりますか。

その目標に少し付け加えていただきたいこと、今年一年で皆さんに取り組んでいただきたいことが「読書」です。また読書の押し付けか、と思わずに、多くの本を読んでいただきたいと思います。

多くの書物によって私の今の価値観の多くが形成されています。当然、知識に関してはほぼ読書によって学んでいます。

本は人の知的好奇心を満たしてくれます。AIについて知りたいとは思いませんか。ビットコインに関心はありませんか。紛争の根源となっている宗教について知りたくないですか。ブラックホールは不思議ではないですか。

専門書だけでなく、小説からも多くの価値観を学びます。ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏に興味はありませんか。更に毎年ノーベル賞候補に上がりながら今回も受賞を逃した村上春樹文学とカズオ・イシグロ作品を比べてみたいとは思いませんか。火花は芥川賞に相応しいのか、自身で判断したいとは思いませんか。

小説は主に人間の心の奥底を描写しています。人は自身の心しか知るはずもなく、他人の心の奥底など分かるはずもありませんが、多くの小説から人間の怖さ、儚さ、滑稽さ、矛盾、自己愛、執着、憎悪等々、様々な価値観を思い知らされます。

言葉で表すと陳腐かもしれませんが、読書は私に「多様な価値観の寛容」を醸成したと思います。お互いの価値観を認め合う、許し合うことができず、自身の正義だけを主張することの愚かさを知っただけでも読書をして良かったと思います。

読書とは、何か真理を追い求めているけれども、永久に到達できない奥深い世界を探究している感じがします。しかし所詮、私が到達できる世界などごく小さな浅い世界であって、井の中の蛙なのでしょう。それでも良いと思っています。井の中の蛙が一生大海にでたいとあがき続ける作業こそが読書なのだと感じています。

ぜひ、読書を通じて、自身の知らない世界を見て下さい。知ってください。それは更に先にある未知の世界の探究につながります。

凝り固まった価値観で一生を過ごすのはつまらないことです。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-05 11:52 | Comments(0)
2018年 01月 01日

平成30年

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

12月度が終わりました。

売上を大幅に伸ばし店舗の成長や自身の成長に確かな手応えを得た人、数値も今一つ伸びず店舗文化の向上も感じず反省材料が浮き彫りとなった人、それぞれ何かを感じたと思います。

私の持論は「成功体験の積み重ねによる成長スパイラル」です。

短期的に見れば失敗や停滞もあるでしょう。しかし、年間という長いスパンで考えた場合、停滞や失敗ばかりでは、それは何も努力をしていない、向上心も無い、と言わざるを得ません。

小さな成功を積み上げていく、例え失敗や停滞があってもそれを反省材料にして小さな成功を生む努力をしていく、そしてその小さな成功の積み重ねがやがて自信となっていくのです。

自信を生まない状態、自分の成長を実感できない状態、それは何かが間違っているのです。

人は正しい努力を継続していけば、必ず成長し、自信が生まれ、それが確信になり、自分も自分の周りの人も幸せになっていくのです。

ぜひ、新年を迎えたこの日に、昨年一年間を振り返り、思いっきり反省し、そして今年一年間の目標や課題をしっかりと書き留めて下さい。

この作業を疎かにする人は、自身の成長機会を損失することになります。皆さん、店舗の売上機会の損失には敏感に対応しているのですから、ぜひ、自身の成長機会を逃さず、今年一年間の壮大な目標を立てましょう。

それを書き留め、他人に宣言すれば、更に達成確率は高まります。言葉には魂があり、言葉に出すことで思考は導かれますし、周りの人も応援・協力してくれます。

平成30年という区切りの良い年が、皆さんにとって最高の一年となるよう期待しています。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-01 13:46 | Comments(1)
2017年 12月 29日

有終の美

今年も今日を含めて後3日となりました。一年の集大成を迎えられるよう、頑張りましょう。

「終わりよければ全てよし」という言葉がありますが、要は物事は最終の結末が最も大事であり、途中の過程は問題にならないという意味です。

個人的には全てを同意できない言葉ですね。確かに終わりが良いことに異論はありませんが、途中の過程は問題にならないということには違和感を覚えます。

終わり=結果であり、結果が全てとは到底思えません。その過程にこそ価値があり、もし過程が手抜きでも結果オーライで終わったとして、何が残るでしょうか。

次に何がつながるか、未来に何を生かすかは、その過程にこそ意味があります。

終わりよければ全てよしというより、強いて言えば「有終の美を飾る」でしょう。

すべて順調に経過しても、決して油断せずに最後の仕上げを完璧に行う、終わりをしっかり締め括るということです。

油断し、詰めが甘いと「画竜点睛を欠く」ということになってしまいます。

物事をりっぱに完成させるための最後の仕上げを忘れることで、全体を引き立たせる最も肝心なところが抜けているという意味です。

マラソンでも40キロを過ぎた最後の2.195キロが最も厳しく、そこに真の実力が表れます。

12月度、長丁場ですが、この3日間が最後の仕上げの期間です。

ぜひ、今まで培った力やチームワークを存分に発揮し、有終の美を飾って下さい。

そして皆が良い新年を迎えられるよう期待しています。
[PR]

# by melo-works | 2017-12-29 11:31 | Comments(0)
2017年 12月 25日

自己都合

連日忙しい日が続き、前年比も大幅に上回り推移しています。

特に組数に注目すると、既存店ベースで4400組も増加しています。当社グループ店舗を訪れるお客様が、既存店で日々180組以上、昨年より増えているということです。

当然、新店舗も合わせるとわくわくカラオケご利用者が相当数増加しています。

この12月度を通じて多くの当社ファンを獲得できていると思います。

12月度は普段ご利用いただけないお客様も多数ご来店いただけます。

初めて来店いただくお客様が多いということ、それは多くの当社ファンを獲得するチャンスだということを意識して運営することが大切です。

というもの、この時期に幾つかの会に行かせていただき感じることは、やはり多くの店舗が忙しいことを自己主張してしまっており、忙しさに追われている接客が多いということ、そしてトイレや環境全般についても、忙しいから仕方ないかと思わせる環境であることが多いのです。

そして悲しいかな、概ね値段に応じた接客状況だということです。

高級店はやはりそれなりに応対していますが、大衆店の接客には「お客様」という意識が欠如しています。

飲食業界は全産業中において廃業率が高い、というデータがありますが、それはまさに自己都合店舗が一定数あり、その自己都合店舗が廃業していくということでしょう。お客様にしっかりと向き合い、接客を真剣に考える店舗はそう簡単に廃業に追い込まれたりしません。

当社の掲げる日本一のコスパとは、そういった自己都合の否定から生まれています。ご理解いただくことはありますが、忙しいから仕方ない、といった単純で我儘な発想の否定です。忙しくても出来る限りのおもてなしを心掛ける、そういう愚直な繰り返しが多くのファンを作っていくのです。

忙しい中、大変な事ですが、できる限りのおもてなしをするんだ、という強い意志でこの年末を取り組みましょう。

忙しい中でも、掲げる理念にプライドを持ち、頑張りましょう。
[PR]

# by melo-works | 2017-12-25 12:17 | Comments(0)
2017年 12月 22日

年末料金

連日忙しい日が続いています。

既に年末料金で営業していますが、お客様の反応は如何でしょうか。

年末料金は「企業側の都合」による特別料金です。年末は来店が多く重なるため、需要と供給の関係から料金を上げる、というものです。

物の値段は需要と供給で成りたちます。少ないものを多くの人が必要とするならば料金は高くなりますし、多くの物が溢れているならば料金は安くせざるを得ません。

スーパー等では日々物の値段が変わっています。野菜が不作ならば高くなりますし、売れ残ればタイムセールで半額というケースもあります。

我々の業界では料金は常に一定という認識がお客様にあり、10円でも高くなれば消費者心理に影響します。鳥貴族が18円値上げしたことがニュースになる程です。

年末料金については、お客様は一定の理解を示していただけるケースが多いのですが、平日の昼間や一人カラオケについては、拒否反応を示すお客様が大勢を占めるのではないでしょうか。

我々はそういったお客様心理を前提にして接することが求められます。

つまり、こちら側の都合で料金を上げていることを当たり前と思わずに、普段以上に思いやりのある接客を行う姿勢にこそ「価値」があります。その価値が、価格にある程度の緩衝的役割を果たすのです。つまりはお客様の納得につながるということです。

高い料金を頂いている、ということを念頭に、今後も日々おもてなしましょう。

忙しいと精神的にも追い詰められますが、三橋本部長のメールにもあった通り、何か成長の為のテーマを決めて、自分の周りが楽しく明るくなるような振る舞いを遂行しましょう。

今後、毎日が大混雑です。その中で明るく輝ける自分をイメージし、周りの人を笑顔に導いて下さい。リーダーとして成長することを期待しています。
[PR]

# by melo-works | 2017-12-22 11:26 | Comments(0)