当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 20日

辞任

小渕優子氏が経済産業大臣を辞任しました。議員辞職に関しては否定しています。

今後は、第三者を交えて不透明な政治資金処理の実態解明に取り組む方針を表明しました。

小渕氏は「私自身分からないことが多すぎる。何でこうなったのか疑念を持っている」とも述べています。本人が会計の実態を全く把握できていない状態だったことは明らかです。

古い慣習を引き継ぐ古参幹部への指導が全くできていなかったのでしょう。指導ができるだけの実力も器も無かったということです。

将来の首相候補と持て囃され、安倍政権の人気取りのために実力以上のポストに祭り上げられた結果が、今回の辞任です。

身内の指導・管理もできない人物が、幾ら「優秀で努力している人物」であっても、日本国の重要ポストである経済産業大臣を務めるには荷が重すぎたのです。

今回の件で、最も責任を問われるのは安倍総理です。

相応の実力議員が起こした不祥事ならば、その議員の責務に負うところが大きいですが、女性の社会進出、地位向上というアピールに使われ、将来の首相候補と人気の高い小渕氏を自らの政権人気向上に使用した責任は極めて重いと言わざるを得ません。

個人的には致命的な閣僚人事ミスだと感じています。

責任を「小渕氏個人の問題」と他人事のように切り捨てるならば、安倍総理という人物の見識を疑わなくてはなりません。

以前も書きましたが、閣僚人事=人気取りでは無く、日本の将来を考えた適材適所であるべきなのです。
[PR]

by melo-works | 2014-10-20 11:55 | Comments(0)


<< カラオケ大会      女性閣僚 >>