当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 10日

トランプ大統領

トランプ大統領によるイスラム圏7カ国国民らの入国を一時禁止した米大統領令を、暫定的に差し止めたシアトル連邦地裁命令の是非をめぐり、サンフランシスコ連邦高裁は、地裁命令を支持し、トランプ政権側からの取り消し請求を退けました。

これにより、トランプ大統領は最高裁へ上訴する予定です。

要は大統領令という特権が、移動の自由、家族離散の回避、差別から逃れる自由における公共の利益を侵害することは許されないという判断です。

「自国を守るため」という旗印によって、難民・移民という社会的弱者を切り捨てる政策に、世界中が批判を強めています。

その渦中にあって、日本の安倍総理は一人トランプ詣でを行い、親密な関係をアピールするためにゴルフをする予定です。

日本=アメリカの属国、ということを世界中にPRする訪問となりそうです。

これだけのマイナスイメージを世界中にばら撒くのですから、それ相当の成果を挙げることが絶対命題です。50兆円の経済協力という手土産を持参し、日本の主張を説明するだけに留まるということは許されないでしょう。

安倍総理の積極外交は一定の評価を得ていますが、韓国との慰安婦問題についても、ロシアの北方領土交渉に関しても、詰めの甘さが目立ちますし、目立った外交成果は乏しいのが現実です。

そういった意味でも今日からの日米首脳会談には注目です。

ゴルフがどう、食事会がどうといったメディアの報道に惑わされず、今回の成果は何だったのか、今後の日本の立ち位置はどうあるべきか、しっかりと注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-02-10 11:54 | Comments(0)


<< トランプ大統領      清掃 >>