当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 10日

世論調査

各メディアで世論調査が行われ数値が発表されています。

内閣支持率は30~36%、不支持率が48~51%と国民の半数が安倍内閣を支持していない現状が明らかになりました。

不支持の理由として最も大きいのが安倍総理が信用できない、というものです。

森友・家計疑惑による信用失墜ですが、国民が信用できない理由に安倍総理の言動が影響しているのでしょう。

国会答弁中でも「印象操作」という表現を多用し、野党側の批判が問題だ、と責任を他に転嫁する姿勢や、都議選応援演説の際、安倍退陣を叫ぶ有権者に対して「こんな人達に」という暴言を投げつける等、安倍総理の人間性が信用できないのです。

安倍総理は常に攻撃的です。一国の総理としては頼もしい反面、その攻撃性は憲法改正にも悪影響を及ぼすことになります。

集団的自衛権、テロ等準備罪処罰法と続き、更に憲法9条改正に突き進む姿勢に、安倍総理は戦争に向かって突き進んでいくのではないか、という潜在的な疑念が浮かび上がってきます。

小池都知事率いる都民ファーストの会が年内にも国政に進出します。おそらく、多数の民進党議員も同調するでしょう。民進党は最早政権政党としての体を成していません。

政界再編が小池都知事を中心に始まろうとしています。

国民の信を失った総理大臣は、早晩退陣に向けて求心力を失っていきます。読売新聞でさえ、安倍内閣の不支持率過半数越えを大々的に報じています。

安倍内閣の終わりの始まりがスタートした感があります。
[PR]

by melo-works | 2017-07-10 09:43 | Comments(0)


<< 飲み放題キャンペーン      飲み放題キャンペーン >>