当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 16日

不満

平昌オリンピックは予想以上に視聴率が高く国民の注目度の高さが伺えます。

競技時間も夜遅くに行われる競技が多く、先日もカラオケ協会の集まりの際、予想以上にオリンピックの影響が出ていると大手各社が口を揃えていました。

その平昌オリンピックですが、メダル報道や北朝鮮美女軍団報道の過熱の一方で、その運営体制の不備が指摘されています。

世界的イベントの運営としてはあまりに杜撰で酷いもので、メディア・選手・観客全ての対応において不手際が発生しています。

メディアにおいては、平昌メディアプレスセンターから各競技場へのメディアシャトルバスも無く、取材記者は途中で乗り換えながら各会場へ向かわなければならず、寒さの中、相当なストレスをため込んでいる、と報じられています。

メディアに大会の成功、韓国の素晴らしさを報道してもらうことが自国開催のメリットにも関わらず、逆効果を招いています。

選手には競技運営で批判が相次いでいます。確かにジャンプ男子ノーマルヒルでは協議が深夜に及び、寒さに凍える選手が映っていました。

劣悪な環境下、ちぐはぐな運営の中で最高のパフォーマンスを発揮することが如何に困難であるか、選手の不満も当然です。

メダリストにも容赦ない仕打ちが待っていました。

メダリストを取材するミックスゾーンが吹きっさらしの場所に設置されているので、メダリストは氷点下の冷たい外気に晒されながら、長時間、取材を受けなければならない状況です。

世界各国遥々韓国を訪れた観客にも容赦ない仕打ちが待っていました。

最寄駅へのシャトルバスの本数が極端に少ない上に、時間通りに来ないため、乗り場では長蛇の列が発生、会場付近の気温は氷点下10度前後、強風が吹き荒れる極寒の中で待たされる人達が多数発生しています。

また深夜、シャトルバスに乗れたものの、駅に着くと終電はすでに終了という酷さ、多くの観客は絶望感を味わったことでしょう。その後、鉄道会社側が特別列車の運行を決めたので、最悪の事態は免れましたが、あり得ない事態です。

今大会前、韓国政府は北朝鮮対応に追われ、肝心の大会運営のチェックが疎かになったとしたら、それこそ本末転倒です。

何をもってして大会の成功を論じるのか、要素は多岐に渡りますが、少なくても選手・観客から不満の声が上がっている状態では、既に大会運営に疑問符が付きます。

スポーツの政治介入も含め、現時点では、平昌オリンピックは反面教師の大会です。
[PR]

# by melo-works | 2018-02-16 10:10 | Comments(0)
2018年 02月 13日

メダル

平昌オリンピックが始まり、日本勢のメダルに沸いています。

メダルの色は金、銀、銅と3つです。金メダルは誰もがどんな場合でも「最高」であり、歓喜の受賞です。ですが、同じ銀メダルでも「歓喜の銀」もあれば「悔恨の銀」もあるし、銅メダルも同様です。

男子モーグルの原大智選手の銅メダルは歓喜の銅でした。本人も周りの人も国民も皆が歓喜した銅メダルでした。

女子ジャンプの高梨沙羅選手の銅は歓喜というより「安堵の銅」という感じでしょうか。国民は、金を期待した「残念」という気持ちと、よく頑張ったねという「祝福」などが混在した銅メダルでした。

女子アイススケート1500mでの高木美帆選手の銀メダルは本人にとって素直に「歓喜」とは言えない「悔恨の銀」という気持ちが大きい銀メダルだったのでしょう。

高木選手の場合、今シーズンのワールドカップ4戦4勝という絶対的な結果が、本人も国民も悔しさを感じる要因となりました。

同じメダルでも様々な感情が交錯する、それこそ「価値観」であり、価値観の「バー」に起因します。

本人が「絶対に金メダル」を目指していれば、銀は悔しいものとなり、周りの期待度も金を期待していれば銀は残念な結果となります。

やはり、ゴール(バー)の設定によって、全ての結果の評価が決まるのです。

人の価値観は異なり、全ての人に一番を目指すことが良いと言っているのではありません。でも、設定したバーの高さによって、目指す景色も違いますし、その過程で経験することも違いますし、得るものも違ってきます。結果から受け止めるものも違ってきます。当然、その人の成長も違うでしょう。

高い低いということよりも、何か目標を設定して、それに向かって努力することが、人生にとって貴重で大切なことだと思います。

オリンピックは、目標に向かって直向きに努力している選手の生き様を見るからこそ、興奮し心揺さぶられるのです。

目標に向かって努力している人は皆輝いていますね。
[PR]

# by melo-works | 2018-02-13 10:59 | Comments(0)
2018年 02月 09日

オリンピック

平昌オリンピックが始まりました。

韓国と日本では時差が無いので、カラオケのゴールデンタイムには然程影響しないとは思いますが、来店動向には注意が必要です。

今回のオリンピックは過去類を見ない政治色の濃いオリンピックとなっています。

全ては韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の政策から起因しています。

文大統領は北朝鮮よりの政策だと批判されていますが、「このままの圧力一辺倒で、万が一北朝鮮が暴発でもしたら韓国への影響は甚大であり、自身が大統領の時に、それは何としても避けたい」という一心だと思います。

戦争となり最も影響を受ける国の大統領が、回避行動を起こすのは至極当然であり、他国が一方的に弱腰外交、北朝鮮の言いなりと責めるのはお門違い甚だしいと感じます。

私は左思想でも韓国よりでもありませんが、果たして自分が現在の韓国大統領と過程した場合、米国と同じ姿勢で超強硬に北朝鮮に向かうことがどれだけリスキーなことか、相当難しい舵取りが要求されることでしょう。

一つだけ言えることは「戦争は避けたい、避けなければならない」ということです。

この考えも、脅しに屈するとか危機を先送りするだけとか、批判論は多々ありますが、本当にアメリカが先制攻撃を仕掛けた場合のその後の展開や被害に関して、どれだけ正確に予想できるのでしょうか。

先日も、日米両国で共同開発した改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を使った迎撃実験が失敗しました。

ミサイル迎撃の可能性など、期待しているレベルには全く無く、実際に数十発が一緒に発射された場合、どれだけの数を迎撃できるかは全く不透明です。それだけ脆弱な状態で戦争に突入することが、つまり近い将来に大きな犠牲を払って北朝鮮を殲滅させることが、得策なのかどうか、私には大いに疑問です。

政治主導の韓国と北朝鮮の合同チーム等は、スポーツを愚弄する愚の骨頂ですが、文大統領の全てを否定するメディアの論調には違和感を感じます。

オリンピックは平和の祭典、という真意は政治利用するという意味ではなく、世界平和という人類共通の課題に地球規模で取り組む祭典であり、全ての人が「平和」を問うことなのだと思います。

オリンピックの聖火を世界平和の祈りと共に見つめたいと思います。
[PR]

# by melo-works | 2018-02-09 10:46 | Comments(0)
2018年 02月 05日

金利

グローバル経済を常に注視し続けることは、社会人としての基本ルーティンと言えます。

マクロ経済は様々な経済活動に影響を与え、我々の業務にも波及するからです。

世界経済は年始から好調を謳歌していました。世界的な株高が続き、FRB(米連邦準備銀行)やECB(欧州中央銀行)は金融引き締めを加速しています。

ここにきて、アメリカ経済のインフレ懸念が高まり、長期金利が上昇しています。基本的に金利が上昇すると、株式市場は下落する傾向にあります。リスクの少ない債券の利回りが高くなるのですから、株式を購入するより債券を買う動きが強くなります。

先週金曜日にアメリカダウが一気に$666も下げるという史上6番目の大幅な下落となりました。

それを受け、今日の日本の株式市場も大幅に下落しています。

日本は世界で最も金融政策において手詰まり状態にあります。景気が良く、インフレ懸念があるにも関わらず、長期金利を0%に留めておくというオペレーションを日銀が必死に行っています。

これは何を意味するかというと、日本の膨大な財政赤字が金利上昇に耐えられないことを意味しています。

もし、デフレから脱却し、インフレになるとすれば、当然長期金利も上昇します。金利が上昇すれば、国が支払う国債の利払いも増加します。国債の利払いは金利1%の上昇で10兆円近く増えることになります。

既に赤字の日本の財政が1%の金利上昇で10兆円も痛む、更に金利が上昇すれば日本の財政はいつか破綻することは避けられません。

今後、日本経済もインフレ局面に突入していくのですから、我々の価格戦略にも大きく影響します。

先を見つつ、適正な価格設定を模索し続けることが求められます。
[PR]

# by melo-works | 2018-02-05 11:47 | Comments(0)
2018年 02月 02日

北尾氏

先日も書きましたが、コインチェックから流失した仮想通貨NEMの件に関して、SBIホールディングスの北尾吉孝社長が強烈に批判しています。

北尾氏は過去数回ブログに書いたこともありますが、ソフトバンクの孫社長と盟友関係にあり、中国古典に精通し、特に論語に関しての著書もあり、私の尊敬する経営者の一人です。

北尾氏は金融ネット証券やネット銀行の世界で圧倒的な存在感を放つSBIグループを率い、仮想通貨とモバイルファイナンスという新たな分野での先駆者という自負もあるでしょうから、その発言の真意は自社の将来を見据えたものではありますが、経営とはどうあるべきかを言い当てています。

「コインチェックは本当に初歩的な問題。まったくナンセンス。最も腹が立つのは、システムにお金をかけるべきところを、CMにばかりお金をかけていたこと。こういう輩はカス中のカスだ」

更に現金で保証すると発言したことに対して

「私には彼らが4百数十億円も返せるとは思えない。そんなにボロ儲けしていたのか。そうであれば、ちゃんと税金は納めていたのか。今どき現金でそれだけの額を払える会社は少ない。金融庁は徹底的に審査しないといけない」

業界や仮想通貨に係る全ての信用を失う可能性のある「システムの安全性」に対する投資を軽視、後回しにし、自社の金儲けの為にCM(出川氏を起用)を優先していたことに怒り心頭なのです。

我々の業界で言えば、自社の利益の為にキャッチ行為に走り、大切な業界の信用を損なうといった感じでしょうか。

更に、短期間に多額の利益を挙げているにも関わらず、安全性への投資を後回しにしてきたということに関しても批判しています。

対象的にSBIの仮想通貨に対する事業展開は極めて慎重です。

北尾社長は「世界一安全で世界最大の取引所を作る」と言い、中国で仮想通貨取引所を運営すHuobiグループと提携し、オペレーションのノウハウなどを吸収します。それと同時に、ウォレットの安全性を高めるため、英nChainなど海外企業との提携も進めています。

更に、マイナーな通貨は扱わず、ビットコイン、ビットコインキャッシュ等の一部の取り扱いに限る徹底ぶりです。

経営とは、将来のビジョンがどう描けているか、その事業が社会的にどう貢献するのか、そういった総合的な視点が必要だということを如実に物語っています。

金儲けを否定しているのではなく、理念・ビジョンを疎かにしては、長く社会に必要とされる企業は作れないということです。
[PR]

# by melo-works | 2018-02-02 10:40 | Comments(0)
2018年 01月 29日

仮想通貨

仮想通貨取引所であるコインチェックは、仮想通貨の一つであるNEM総額580億円が、外部からの不正アクセスによって喪失した、と衝撃の発表を行いました。

失った仮想通貨の補償については、「手元にある資金で対応する」と、今のところ誠意的に説明していますが、今後については予断を許さない状況に変わりありません。

仮想通貨の取引を巡っては、3年前にもマウントゴックスが470億円相当のビットコインを喪失した事件がありましたが、様々な要素から個人的には今現在で仮想通貨取引については興味がありません。

仮想通貨はブロックチェーンという技術に支えられています。このブロックチェーンという技術が画期的であり、銀行という存在そのものに影響を及ぼしています。

今までのお金の取引では、銀行や信用会社によって言わば中央集権的に信用を与える機関が存在していました。

ところが、このブロックチェーンによって、世界中のコンピューターが承認者と成り得ることができるのです。つまり、帳簿が全世界に向けて公開されているので、人それぞれのウォレットにはいくら入っているのかが分かるようになっています。

全取引履歴のデータが世界中に散らばっていて、皆でシステムを監視しあっている、という状態です。

今回の多額喪失は、このブロックチェーンセキュリティーをさらに高めることができる「マルチシグネチャ」の実装について、必要性を感じながらもできていなかったことが要因として挙げられていますが、要はシステムの安全性には多額の投資が必要であり、今はその整備が行き届いているとは言えない状態なのです。

現在、日本で仮想通貨を利用可能な店舗はありますが、実際の利用時に、その決済に10分~30分程度を要する状態ということで、ここでもブロックチェーンシステムが未熟な状態と言わざるを得ません。

つまり、仮想通貨にはリスクが大きすぎて、現在取り扱う時期ではない、というのが私の見解です。

一握りのビットコイン長者にスポットが当たり、我も我もと後乗りすると「柳の下にいつもドジョウはいない」ということになります。

仮想通貨については冷静に時期を見極め、今後も注視していくという姿勢です。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-29 10:35 | Comments(0)
2018年 01月 26日

家電

今週は大雪にも関わらず、多くのご来店がありました。

世の中は最強寒波に覆われ、外出もままならない状況です。

ですが、我々の店舗には普段と変わらず多くのお客様がカラオケを楽しみにご来店いただけます。

昨日、ある家電大手の経営者と食事をする機会がありました。

最近、埼玉の郊外に出店した店舗が、予想外の混雑をしており、売上予想を遥かに上回っているのだそうです。

当初、商圏内の人口数が社内の出店基準に大幅に足らず、出店を見送る意見もあったそうですが、その経営者の判断で出店しました。

繁盛の要因は、一人当たりのお客様の買い物数、つまり客単価が異常に高い事があります。一人のお客様が沢山の家電を購入するそうです。

その経営者が言うには、その地域に他にお金を使う場所が無く、人々のお金を使いたいという需要に応える店が無かったことが成功の大きな要因だそうです。

まだ使用できる物、例えば掃除機や電子レンジ等も、店内を見ているとこれも変えようか、となり、先日掃除機を購入したお客様が翌週テレビを買いに来る、という状況が頻繁だそうです。

家電量販店では、購買意欲が高まる音楽が繰り返し流され、気持ちの良い接客と共に、お客様の消費意欲を刺激する工夫にも力を入れているそうです。

家電購入という行為が、必要だから買う、という心理だけでなく、何かにお金を使いたい、何か目新しいものがないか、という必要品以外の購入動機が売上を大きく左右しているのです。

人は買い物をすること自体が楽しいのです。お金を使うことは楽しいことなのです。

我々も、お客様に気持ちよくお金を使っていただきたいですし、気持ちよくお金を使っていただける店を作っていかなくてはなりません。

設備投資は元より、接客面でも元気・活気・明るさは消費を刺激します。お客様の心理も考えた対応によって、消費行動は変わります。

他業種からも学ぶことは沢山あることを改めて実感しました。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-26 12:54 | Comments(0)
2018年 01月 22日

PDCA

先日の会議でPDCAの話をしました。

Plan-Do-Check-Actionのサイクルを回していこう、と言われます。その具体例をヤフージャパンの取り組みを例に挙げて話をしました。

Plan(計画)ですが、ヤフーの場合は「仮説」と言えます。検索欄の大きさによって検索数に影響が出るだろう、その最適な大きさを見つけよう、というものです。

Do(実行)で大きさを変えてみる、Check(評価)で実際の検索数データを分析する、そしてAction(改善)で最適を探してみる、という流れです。

我々の業務も、このPDCAサイクルが当てはまります。様々な仮説を立ててみる、その中で有望だと思われるものから順に試してみる、成果がでたら全体にフィードバックする、店舗の文化が向上し、会社全体の文化も向上する、そういった流れが作れます。

これは、仕事を通じて実験していることと同じです。自らの仮説が正しいことを証明できる、という実験です。

会議でも言いましたが、グリーティングの細部を変えるだけで、結果が変わってくるかもしれません。滞在時間が延びたり、当然飲み放題獲得数も増えるかもしれません。

イーゼル看板を活用することによって来店が増えるかもしれませんし、毎回ハイトーンで「いらっしゃいませ」を確実に言えたら来店数が増えるかもしれません。

スタッフにただこうしてください、と指導するのではなく、「今月こういう取り組みを行うので協力して下さい。正しいデータを取りたいので100%実行したいのです」と呼びかけることによって取り組み意識も変わってきます。同じ課題に取り組むことで全員参画意識が醸成されます。

何より、仕事が面白くなるでしょう。壮大な実験を毎月行って、自らの仮説の正しさを証明するのですから、やりがいも増します。

人生もPDCAサイクルの繰り返しです。自らの課題の解決も、精神論だけで解決するのではなく、様々な創意工夫によって、仕組みを変えたり、動きを変えたり、発言を変えたりすることで、つまりは改善行動によってより良い自分へと変化していくのです。

トヨタはカイゼンの歴史により世界一の生産体制を築き上げました。PDCAサイクルを回し続けることで、店舗も会社も自分自身もより成長していきましょう。

[PR]

# by melo-works | 2018-01-22 11:00 | Comments(0)
2018年 01月 19日

発表

昨日の全体会議で30秒の発表を行っていただきました。数々の喜びがあり、聞いている側も自然と笑顔になりました。

発表したい人、で自主的に発表した方は10人程度でしたでしょうか。本当は発表したいけれども、大人数の前は緊張するから手を上げなかった方も多数いるでしょう。

そういった心理を「自己防衛本能」と言います。何だか恥ずかしい、大したことじゃないし、目立ちたくはない、嚙みそう…様々なマイナス心理から保身的になってしまうのです。

人はこの自己防衛本能によって、良くも悪くも左右されます。良い意味の自己防衛本能はリスク管理として必要です。ですが、大衆の面前での発表にどれだけのリスクがあるかを考えれば、何も保身的になることはないのです。

無駄なリスクに怯えているよりも、無駄なリスクは無視した方が、楽しく人生が過ごせます。

目の前には青く輝くハワイの海が広がっている。泳ぎたい!わ~とはしゃぎ、あー気持ちよかった、となる。逆に、じりじり照り付ける太陽の下、砂浜でもんもんとしている。濡れたら面倒だし、冷たそうだし、結局海に入らないまま終える。

大衆も目の前の海も同じことです。同じこと、というのは同程度のリスクしかないし、発表した後と海に入った後の爽快感も同じ種類のものだということです。ある意味、海に入る方がリスクは高いし、発表が上手くできた後の方が満足感は高いものです。大衆の面前での発表はローリスク・ハイリターンだということです。

講演を聞く、何か質問はありませんか、と言われる。何も質問は無くても「取り敢えず」手を上げる。質問をしようと立ち上がりながら何を質問しようかと考える、それで良いと教わりました。

人は何か話をしようとすると頭が一気に回転し、何か言葉がでてくるものです。実際、昨日も指名後、言葉に詰まった人は一人もいませんでした。

「取り敢えず」です。「敢」と言う字は思い切ってという意味で勇敢、敢然と、等に使われます。

2度も手を挙げ発表した中野店長からは強い意志を感じました。ぜひ、勇敢に、取り敢えず、手を挙げてみましょう。

その思考の転換こそが、人生を変えていくのです。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-19 10:18 | Comments(0)
2018年 01月 15日

はれのひ

皆さんもご存知のように成人式に突然起こった晴れ着詐欺事件と言える「はれのひ」問題は、世の中には常に落とし穴があることを改めて知ることとなりました。

着物レンタルについては、その契約形態から先払いが慣例なのでしょう。企業側からすれば、レンタルし終わった後に料金を支払っていただけないリスクを避けたいのは当然ですし、企業会計の観点からも後払いでは経営にマイナスです。

通常の品物のレンタルについては、料金支払いと共に商品は受け取れますが、着物という性質上、当日着付けという作業が発生します。料金支払い後、使用日まで期間を要するのも仕方ありません。

今回のケースは、リスクを見極めることが困難なケースです。

周りの友人が概ねレンタルしている、当然私もレンタルする、店内には着物が多数展示してあり好きな物を自由に選べ、選んだ後の感激と共にレンタル料を支払う、この過程では誰も疑うことは困難です。

正に、リスク回避が極めて難しい事例です。

ただ、一部破綻を感じさせるシグナルはあったかもしれません。現金払い割引や今週中に振り込めば割引といった「支払いを急がせる」言葉や規定に接した場合は注意が必要です。

更に「高額な前払い」の場合は、その企業に関して調査すべきでしょう。今はインターネットである程度企業の評判が見つかることも多く、ぜひ賢く利用したいものです。

今回のケースは仕方ありませんが、前払いや一括払いについての割引については、常に注意が必要です。セーフティネットが整備されている金融機関を除いて、私は前払いや一括払いは行いません。多少の割引の為に、大きなリスクを背負うことは愚かなことです。

以前からエステや英会話等、前払いや一括払いの後、破綻し損害を被るといった事件が後を絶ちません。

我々の身の周りには、常にリスクがあることを忘れずに、契約事には慎重に対応下さい。

尚、万が一当社アルバイトスタッフの中に、はれのひレンタルで被害を被った方がいらっしゃれば、店長を通じて本部まで申し出てください。
[PR]

# by melo-works | 2018-01-15 10:19 | Comments(0)