当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

大晦日

今日は大晦日です。旧暦で月の最後の日を晦日(みそか)と言い、1年の最後の晦日ですから大晦日です。

皆さんは行ったか分かりませんが、私は大掃除を行いました。大掃除ですから、普段の掃除では行わない箇所を行います。

今年は雨戸の内側のホコリを全て拭きました。雑巾や履かない靴下を10足以上使って、長年のホコリを、というか泥をふき取りました。

普段から気になっていたのですが、こういった機会がないと、なかなかできないものです。

大掃除を行うと、気分が爽快になります。

以前の私は大掃除なんて、忙しいしやらない、という人間でしたが、これがやってみると、実に気分の良いものです。

今年もあと1日ですが、最後の日に、何か少しでも環境を整える作業を行うことをお勧めします。

また、1年を振り返ってみて、皆さんはどんな1年だったでしょうか。

私は非常に有意義な1年だったと思っています。自分の中で、勉強になったことが明確に、多数存在しています。

そして、来年の目標を検討しています。

自分が重点的に取組み、自分を成長させる目標を考えています。

ぜひ、皆さんも1年間の総括を行い、新年を迎えるにあたり、1年間の目標、重点取組課題を考えて下さい。


最後になりましたが、この1年間、本当にご苦労様でした。そして、ありがとうございました。

来年が皆さんにとって、良い年になりますように。
[PR]

by melo-works | 2006-12-31 00:28 | Comments(4)
2006年 12月 29日

談合

先日、必要悪の談合について書きました。

2日前の日経新聞にも談合に関する特集が掲載されていましたが、入札による受注は、大手に有利とされています。大手企業は企業体力があるからです。

以前は入札予定価格の90%程度が落札価格でしたが、現在は低価格競争のため、60%程度の価格で落札されることが多くなっています。

企業ですから、仕事が無くては、会社は継続しません。ですから、仕事を貰うために、落札しなければならないのです。

無理をした価格、例えば、入札予定価格が10億の工事があったとします。実際、その工事を行うにあたり、人件費、機材、材料、その他経費を合計すると、9億だったとします。

当然、利益を生まなくてはいけませんから、入札は9.2億とか、9億以上の入札価格になります。

ですが、それだと、落札できない可能性が大きい。大手はもっとコストを切り詰めてくるだろう、と予想されるけれども、今月は工事が1件も入っていない。

無理をして8億で入札し、なんとか落札することができたとしたら、結局、その会社は工事をしても赤字を生むことになります。

談合とは、そのような体力の無い中小企業にとっては、企業存続の為に必要な悪なのでしょう。そのまんま東さんも、建設業界向けにメッセージを発したのでしょうが、一般市民からしてみれば、談合は許される制度ではありません。

入札予定企業が、入札前に話し合い、今回の工事は9.5億で00さんに担当してもらおう。だからその他の企業はそれ以上の入札価格にしよう。次の工事は××さんの番だ。

これなら十分利益も取れるし、順番に工事が廻ってくるから安心だ。

これが談合です。

そこには資本主義社会の基本である競争の原理は働いていません。

企業はコストを切り詰め、利益をだすのに必死で努力します。当社も同じです。

日本特有の助け合い、持ち合い制度が談合です。

この談合に、政治家と役人も利益を受けようと、悪を働いているのが官製談合です。
最悪の仕組みです。私は官製談合に、税金が消えて、国が借金を膨らませているかと考えると、怒りがおさまりません。

その怒りの続きは次回に書きます。


年末で慌しい日が続きます。最後まで気合を入れて頑張りましょう。

安全面の注意も忘れないで下さい。
[PR]

by melo-works | 2006-12-29 12:32 | Comments(0)
2006年 12月 27日

火災

先日、みずほ台店で小火(ぼや)が発生しました。

幸い、怪我や店内の破損等は無く、事なきを得ました。

事の顛末は、油を入れた鍋に火を着けた状態で、お客様の来客が続き、10分程そのままの状態が続き、煙が出ていたのに気づき、水をかけて消そうとしたところ、発火してしまった、ということです。

火を使う調理時に、来店等でその場を離れる時には、どんな場合でも火を消すということを徹底して下さい。(フライヤー等の温度調節機能のある場合は該当しません)

また、油に対する消火方法は、唯一消火器だけです。水をかける行為は厳禁です。

各店舗に消火器はあると思いますが、本部でスプレー式の簡易消火器を買いましたので、順次店舗に設置します。(油に対応したもの)

火がでたら、迷わず消火器を使用して下さい。

年末で忙しく、注意が散漫になることは、仕方のないことですが、業務は安全第一です。

また、消防法が厳しくなり、また、防災意識の向上も含めて、店長には年明けに防火管理者の資格を取得していただきます。

詳細は追って指示しますので、宜しくお願いします。

また、タバコの不始末等、火災には十分注意して下さい。
[PR]

by melo-works | 2006-12-27 23:38 | Comments(0)
2006年 12月 25日

そのまんま東さん

官製談合事件での知事辞職に伴う宮崎県知事選への出馬を表明していたそのまんま東さんが、談合防止策について「談合は善しあしだと思う」と談合を容認すると取れる発言をしました。
当然問題となっています。

「民間同士の一般談合がなくなってしまうと中小零細企業にとって大きな打撃となる。社会には必要悪というものもある」と言ったそうです。

確かに、そのまんま東さんの言うことも一理あります。しかし、官製談合が原因で辞職した知事の後の選挙で、談合は必要悪だと発言してしまう、彼の感性が、知事として不適切だと思います。

皆さんもご存知の通り、東さんはたけし軍団出身のコメディアンで、私生活でも浮気、離婚と世間を騒がせた半面、早稲田大学政経学部に合格し、政治に興味を持ち、故郷の為に働きたいという志を実現させようと頑張っていました。

私は、過去の遍歴はどうであれ、改心?し、政治家を志すという人を批判する気はありません。

今回はその内容ではなく、世間を騒がせている談合について、少し触れたいと思います。

最近、宮崎県知事を初め、複数の知事が談合に関与したことで、辞任しています。

談合は何故問題なのか、というと、そこには私達の税金が大量に無駄使いされている構図が隠されているからです。政治家の「票と金」、役人の「利権と天下り」、建設業界の「企業利益」へと、私達が支払っている税金が姿を変えて影響しているのです。

日本の産業人口の1割が建設業界です。10人に1人が建設関連の仕事をしているのです。また、国の予算でも一般会計から7兆円も公共事業費に使われているのです。その他にも特別会計からの道路特定財源等から数十兆の資金が、公共事業費へと流れています。

とんでもない予算ですよね。建設会社ならば、その予算をあてにしますよね。国や市からの工事を受注することで、成り立っている企業が多数存在します。

談合について少し説明すると、例えば市が、新しく橋を造る工事を行う場合、どこの企業に工事を任せるかを決めるのに、入札制度というものを採用しています。

工事に参加したい企業が工事価格を入札し、一番安い工事価格を提示した企業に工事を発注するという仕組みが本来の入札制度ですが、事前に工事業者の間で話し合って、今回工事を請け負う企業を決めてしまい、できレースで入札をするのです。

それが談合です。(役人、政治家が絡む談合については後ほど)

東さんが言う必要悪ですが、確かに体力のある1社が、全ての工事を受注してしまうこともありますよね、そうすると、安い工事価格を提示できない中小零細企業は潰れてしまいます。そうなると多くの人が困ってしまいますから、そうならないように、順番だとか、持ち回りで工事を受注するように、事前に会社間で話し合っておく、という日本特有の村文化から続いている助け合い?の制度ができあがったのです。

それが必要悪の談合です。(私は必要悪の談合を良いとは言っていません。あくまで説明です)

では、許されない談合とはどういった談合かというと、それは次回に書きたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2006-12-25 19:46 | Comments(0)
2006年 12月 25日

名門の衰退

松下電器は子会社である日本の名門企業、ビクターを売却する方針を明らかにしました。

こういうニュースを耳にすると、栄しものも何時かは滅びる時が来る、皆さんもご存知だと思いますが、平家物語の有名な書き出しを思い出します。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ」

ここで古典の勉強をしようとは思いませんが、諸行無常とは、、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいい、現実はすべて、すがたも本質も常に変化するものだということです。

また、盛者必衰とは読んで字の如く、盛者もいつかは必ず衰退するということ、後の文もおごれる平家の哀れを書いたものです。

ビクターは家庭用ビデオVHSを世界で初めて発売し、その後のビデオ戦争でVHSとベータの熾烈な争いを制した過去もある名門企業です。

その際、莫大な特許収入を得たのですが、その後のデジタル化の波に乗り遅れ、ヒット商品も見られず、価格競争で体力を消耗し、松下グループのお荷物となり、今回自主再建を諦め、ケンウッドと組んで再建を目指す方向となりました。

私も会社を運営していて、常に頭にあるのが、危機感です。

衰退はおごり、向上心の欠如から発生します。常に成長し続けなければならないのです。何故なら、他社も常に努力しているからです。単純なことです。

12月度、忙しいですが、その中でも、お客様一人一人を大切にし、発展し続ける店舗であって下さい。

明日も頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2006-12-25 01:02 | Comments(0)
2006年 12月 22日

冬至

きょう22日は冬至です。

24節気の一つで最も昼間の時間が短く、夜が長い日です。最近、早く暗くなると感じていた人も多いと思いますが、今日からは少しずつ昼間の時間が延びていきます。

また、冬至の日にゆず湯に入ると風邪を予防できるという言い伝えもあります。

24節気(にじゅうしせっき)とは、1年を日数や太陽の位置によって24等分し、季節を表す名称を付したものです。

24節気の中で代表的なのが、夏至・冬至を二至といい、春分・秋分を二分といいます。

また、重要な節気である立春・立夏・立秋・立冬を四立といい、二至二分と四立を併せて八節といいます。

他にも、天気予報等を見ていると、「今日は暦の上では大寒です」とか「大暑です」とかを耳にすると思いますが、これも24節気の一つです。

昔からある季節を表す言葉ですが、八節以外は最近はあまり使われなくなったのか、知らない人も多いと思います。

日本の伝統を知る、日本の歴史・文化を大切にしたいと私は常々思っていますので、少しずつでもブログで書ければと思っています。

冬至で寒いが続きますが、今週末も忙しい週末になると思います。

気合を入れて頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2006-12-22 13:10 | Comments(2)
2006年 12月 21日

税制調査会長の辞任

政府税制調査会の本間会長が常勤の国家公務員ではないのに公務員宿舎に入居していた問題で、責任をとって辞任することになりました。

政府税制調査会とは、政府の諮問機関で、将来の税金の政策を決める上で、最高の権威を持った機関です。将来の消費税問題等、税制調査会の意向で動いていくと言える機関です。

その会長の本間氏は民間人で、大阪大学の教授職にある方です。

今回の問題は常勤ではない人物が、公務員宿舎を使用し、その公務員宿舎の家賃は月々7万7000円の格安家賃(民間なら50万程度の物件)であり、尚且つ愛人と暮らしていたという、常識からは考えられない事実が明らかになったものです。

民間人から良識、見識のある人物を、政府の諮問機関に登用するという主旨から任命されたのですが、とても良識のある人物とは思えませんね。

昨日はお酒の失敗を書きましたが、女性問題で社会的に責任を負うことも非常に多く存在します。

特に政治家に多いですね。過去にも現在幹事長の中川幹事長や山崎元副総裁等も女性問題で責任をとった事実があります。クリントン大統領も女性問題で叩かれましたね。

「英雄、色を好む」が許されるのは、もう過去の話ではないでしょうか。男女平等の世の中では、女性の感情を無視して事が進む社会ではないですし、そもそも下品さを感じる行為は、世論が許しません。

10代、20代では若気の至りで許されることはあるかもしれませんが、社会的責任を負った人物が、「許されない行為」を判断できないことは、非常に悲しいことです。


寒い日が続き、風邪が流行っています。体調管理には十分留意して下さい。
[PR]

by melo-works | 2006-12-21 13:31 | Comments(0)
2006年 12月 20日

お酒

年末を迎え、忘年会等でお酒を飲む機会が増えるシーズンです。

お酒を飲むことは、楽しいですし、私も好きです。ですが、年末になると飲酒関係の事件が多く発生しているのも事実です。

先日も上福岡店で警察を呼びましたが、その際にある市会議員が酔っ払って、「俺はこんな店くらいいつでもつぶせるんだ!」と暴言を吐いていたそうです。

酒の席だから許せることも、エスカレートし、常識を逸脱してしまうと、後で取り返しのつかないことになってしまいます。

国会議員が酔って、女性を襲い、辞職に追い込まれたこともありました。

また、酒気帯び運転は最近の社会問題になっています。

お酒を飲んで、気分が高揚し、常識を逸脱した行為をしてしまい、後で後悔しても取り返しのつかないことになってしまった人を、私も多く見ています。

羽目を外すことは多少は良いですが、過度の飲みすぎには十分気を付けて下さい。

また、お客様が泥酔し、暴力行為に及びそうになったら、セコム→警察と速やかに対応して下さい。

酒は飲んでも飲まれるな、という基本的なことを忘れずに、お酒と上手に付き合っていきましょう。

今日も1日、頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2006-12-20 12:45 | Comments(0)
2006年 12月 18日

料金設定

事務所の引越しを行っていたため、ブログが書けませんでした。
引越しと言っても、2階から1階へ移動をしただけですが。


毎日忙しい日が続き、上福岡店ではオープン以来8年目にして、1日の売上記録を更新しました。40万を初めて超えました。1時間280円という料金で40万超えは驚異的です。

店舗経営をする上で、最も難しいのが料金設定です。

当社、メロ・ワークスの目指すところは「廉価で楽しい時間を提供する」ことです。

地域に根付き、地域に必要とされる店舗作りを目指すことです。

先日、池袋で忘年会を行ったのですが、その後カラオケに行くことになりました。
知っている方も多いと思いますが、カラオケ747です。

年末料金ということで、2時間飲み放題で一人4200円というコースが最も廉価な料金でした。

1時間2100円ですから、当社で一番安い上福岡店の660円の3倍以上の料金です。
一緒に行った仲間も、カラオケにしては高くないか?と言っていました。

「年末に稼ぐ」意味合いと「店の印象」が極端に相反している料金設定となっていました。

マクドナルドは80円バーガーを前面に出して安さを売りにしていた時期よりも、それを止めた現在の方が会社の業績は上がっています。

ユニクロはカシミアを取り入れるなどして、単価向上、ブランド価値向上策を取っており、ジーユーなるユニクロの廉価版を出店し、差別化を図っています。

酒の量販店等は、サワー一缶を80円で販売し、顧客を呼び、その他利益をとれる商品を売ろうという戦略をとっています。

当社の上福岡店にしても、1時間280円という安さで顧客を引き付けて、飲み放題660円をお勧めする戦略です。

料金設定は、店舗の生命線です。同業他店舗、近隣の市場等を勘案し、決めていきますが、できることならば、料金は高い方が良いに決まっています。

ですが、「お客様から支持される」ということが、一番重視すべきポイントであり、お客様の満足度合いをお金で表したものが、価格になるのです。

先日の747の2時間4200円は、店の接客レベル、店内環境を見ると、とても適正とは言えない価格設定でした。

店舗を運営し、自店舗の接客レベル等、総合的に判断して、料金を多少アップしてもお客様からの支持が得られると判断できるならば、値上げをしても良いと思います。

会社の方針である「廉価で楽しい時間を提供する」ということに、プラスして、来年は「よりお客様から満足を得られる店舗作り」に全体で取り組んでいきたいと思っています。

店内の環境整備、機械のレベルアップ等、資金が必要な策が多いですが、より強固な企業となるべく、総合的にレベルアップしていきたいと考えています。


忙しい日が続きますが、みんなで頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2006-12-18 21:54 | Comments(0)
2006年 12月 15日

ノロウィルス

現在、ノロウィルスが猛威を奮っています。今後、このままの状況で推移すると、感染者は1000万人を越えると予想されています。10人に1人は感染する確率です。

ノロウィルスに感染すると、激しい嘔吐と下痢に苦しみます。症状は3日間ほど続き、有効な治療法はありません。

便と嘔吐物によって、体外に排出するしか手はないそうです。

ウィルスによって、水分を吸収する腸内のべんが機能しなくなり、脱水症状を起こし、死に至るケースも起きています。

先日も池袋のホテルメトロポリタンで集団発生しましたし、全国で発症者が増加しています。

池袋の豚美のすぐ近くでの集団発生ですから、油断は禁物です。

予防としては、徹底した手洗い以外方法はないそうです。

年末年始、忙しい最中、手洗いを徹底することは困難かもしれませんが、だからといって、店内での集団発生はあってはならないことです。

衛生には十分注意し、手洗い、うがいを再度店舗内で徹底して下さい。

また、トイレ清掃については、便器内についても、洗剤を活用し、しっかりと行って下さい。

注意しているのと、無防備なのでは、感染確率も大きく違ってきます。宜しくお願いします。

今週末は1年で最も忙しい週末です。気合を入れて頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2006-12-15 12:00 | Comments(0)