当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

失言

柳沢厚生労働大臣が講演で「女性は子供を生む機械だ」と発言したことを受け、国会は大混乱となっています。

大臣は喩え話のつもりで、少子化について話していたのですが、その喩えが事もあろうか女性を子供を生む機械に喩えたとあって、大反発、大紛糾です。

野党はここぞとばかりに、大臣の辞任要求を行い、罷免か辞任しない限り、国会の審議に応じない構えです。

国会の審議拒否は、概ね世論受けは悪いのですが、今回の審議拒否は、大臣の失言に対する国民の怒りも相当なため、世論の理解を得られると判断したのでしょう。かなり強気です。

柳沢大臣は以前金融担当大臣を歴任しており、経済、金融のスペシャリストとして非常に評価の高い政治家です。

私は安倍総理の組閣に対して、いくつかの疑問点を持っていました。

金融のスペシャリストである柳沢氏を、何故少子化問題等を扱う厚生労働大臣に任命したのか、理解できませんでした。

企業に喩えると、財務・経理のスペシャリストをいきなり人事部厚生課へ転勤させたというところでしょうか。

企業ならば、その人を幹部候補生として育てるということで、様々な部署を経験させることも大切ですが、日本国の舵取りを行う内閣で、数値で物事を考える人を、人の感情が大きく左右する部門の舵取りを行わせるということに、疑問でした。

案の定、人を機械と考えて、少子化問題を考えていたのですね。「装置の数に限りがあるから、一人の女性に頑張ってもらいたい」こんな発言、ありでしょうか。

他にも、農林族議員の典型である松岡氏を農林大臣に任命しましたが、松岡氏は地元の利益、個人の利益、既得権益に執着する典型的な古い政治家という印象です。

案の定、己の利益のために事務所費の不正計上を行っていました。

松岡氏を何故国家の舵取りを行う大臣に任命したのかも疑問でした。

安倍総理の組閣は小泉前総理と違い、派閥、年功、友情、そういったものが入り込んだ、旧態依然としたものだな、と思っていましたが、やはりそのツケでしょうか、周りの大臣の不祥事によって、安倍内閣の支持率は大きく下がっています。

私も若い安倍総理が、自民党という巨大な船をどう舵取りし、日本国の為に改革を推進していくのか、注目していますが、今のところ、非常に残念な状況というのが、私の個人的な見解です。

私の見解は個人的なもので、賛同いただけなくて全く結構です。

皆さんも、興味をもって政治を監視していていただければ、と思っています。
[PR]

by melo-works | 2007-01-31 22:59 | Comments(0)
2007年 01月 29日

民意

金利の続きは次回にして、今日は先週誕生した東国原知事について書きます。

以前、東知事(略します)の失言について書きましたが、その東さんが宮崎県知事として、2位に7万票以上の大差をつけて当選したことはご承知かと思います。

私は常々、選挙に行きましょうと会議資料等で訴えてきましたが、今回の選挙は民意というものをはっきりと示した選挙でした。

宮崎県は保守王国と言われ、以前から自民党の独占場でした。地方ですから公共事業が景気の鍵を握っていたことは否めません。

宮崎県と言えば大型リゾート施設の「シーガイア」を経営する第3セクター「フェニックスリゾート(株)等の3社の破綻が有名です。第3セクターの破綻では過去最大規模です。

話はそれますが、第3セクターとは行政(第1セクター)と民間(第2セクター)とが共同して出資設立した株式会社や財団法人等のことを指します。

往々にして、民間の自己中心主義と行政の硬直性というお互いの悪い面が合体して、非効率で赤字の第3セクターに陥ることが問題である、と指摘されています。

また、赤字や借入の点では、いろいろと行政が面倒をみているのが、多くの第三セクターの実情のようです。

その宮崎県民も、今回の知事の談合事件による辞任等を受け、今までの政治手法に嫌気がさしていたのでしょう。

インタビューで良く耳にするのは、「今までのやりかたを変えてくれるかもしれない」「誰というわけではないが、だったら新しい人に期待するしかない」というような論調です。

明らかに、宮崎県民の方達は、既存のやり方にNOを示したのです。

政治実績もゼロ、過去の私的な不祥事もある新人を、苦渋の選択をした人も多かったのではないでしょうか。

選挙で政治を変える、政治を監視し、適切な判断を行う、これは国民の権利であって義務です。無関心が国を衰退させるのです。

来る4月、東京都知事選があります。三選を目指している石原知事には、最近公金の私的流用問題等の逆風がふいています。

始めて自民党の公認を受ける石原知事と民主党の大物候補者(噂ですが、ニュース23の筑紫氏、ご存知久米氏等)との激突が楽しみです。

東京で選挙権をお持ちの方は、少しずつ都政に関心を持って見ていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-01-29 01:06 | Comments(0)
2007年 01月 26日

金利の続き

皆さんが銀行に預金をしていても、利息はほんの僅かしか付きません。

10万円を1年間預けていたとしても、100円程度の利息しか付きません。

皆さんはそれが普通の感覚になっているかもしれませんが、今の日本だけが異常な状態なのです。

以前の日本でも、普通預金金利が3%程度はありましたから、10万円を1年間預けておけば、3000円ほどの利息が付きました。

現在でも海外では金利が5%というのは普通の状態です。

アメリカの金利は5%を超えていますし、ニュージーランドは7%を超えています。ユーロも3%を超えていますし、それが普通なのです。

日本だけが、0.1%~0.5%程度と異常な状態なのです。

今、資産を沢山持っている人や、海外のヘッジファンドと呼ばれる投資機関は、円のキャリートレードという運用手法をとっています。

円でお金を調達し、海外の金利の高い通貨の投資対象物を買っているのです。(株式、債券、商品、不動産等)

皆さんも、円キャリートレードはできます。

少し意味合いは違いますが、外貨預金は最も基本的なものです。

10万円を米ドルの外貨預金に預けます。年間の利息は数十倍(5/0.1)です。

ただし、ここでは為替リスクが発生しますので、そこが難しいのですが。

為替リスクについては次回に。


週末、忙しくなると思います。頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-01-26 10:39 | Comments(0)
2007年 01月 24日

金利の続き

昨日、埼玉方面の店舗のミーティングを行いました。
店舗のミーティングには全員が参加し、確認、徹底を図って下さい。


先日、日本がバブル崩壊後、景気が低迷し、それに伴って、日銀がゼロ金利政策を行ったということを書きました。

もっと言うと、ゼロ金利+量的緩和という政策をとり、市場にお金をじゃぶじゃぶと流す政策を行いました。

銀行が不良債権処理に窮している時期に、銀行はお金を貸し渋りしていました。景気を良くするためには、先日書いたように、お金を循環させなくてはいけません。

日銀は金利をゼロに誘導し、銀行がお金を貸すように、日銀に対して持っている当座預金の残高を積み上げたのです。銀行に貸せるお金を沢山余らせたのです。それがゼロ金利+量的緩和です。

最近は景気が良いと判断される指数が並び、日銀は昨年7月にゼロ金利を解除しました。

今回のニュースの焦点は、7月にゼロ金利を解除した日銀が、更に追加利上げをするかどうかでした。

結果は見送りとなったのですが、そこで囁かれているのが、政府の圧力です。

政府は国債という借金を大量に抱えています。

金利が上がったらどうなるでしょう。国債の利払いが増えて、政府の財政再建にマイナスの効果が起こります。

政府としては、低金利政策を継続させる必要があるのです。

今回の利上げ見送りについて、福井総裁は政府の圧力など関係なく、日銀の独立性について明言しました。

本当に圧力が無かったと信じたいものです。

日本の低金利が及ぼす様々な影響については、後日に。
[PR]

by melo-works | 2007-01-24 16:32 | Comments(0)
2007年 01月 23日

火災

今日は終日、大阪にいました。物件を7箇所周り、堺店に行きました。

第一興商の担当者と一緒に行動していたのですが、昨日火災があったカラオケビートには、当然第一興商も機械を設置していたそうです。

ただし、そこが事務所として届けられていたとは知らなかったそうです。

最近、飲食店も個室形態の店が多く、店内が入り組んでいる傾向にあり、以前放火事件で世間を騒がせたドンキホーテでも、複雑な通路が問題になったように、火災の発生に弱い施設が増えています。

その中でも、私達が運営しているカラオケボックスは、お客様にとって、火災の場合の非難が非常に難しい施設です。

やはり、こういった事件が発生した場合の受け取り方の深刻度合いが、その後のリスク管理に大きく影響します。

色々なリスクを、遠くの対岸の火事として考えるか、すぐそこにある危機と捕らえるか、そこに人生の分かれ目が生じる。

私も、改善すべき事項が山ほどあることを反省し、直ぐに行動に移します。

皆さんも、当事者意識を持ち、真剣に対策にあたって下さい。

私達の本業は「安心して楽しめる場所」を提供することです。安心してという最も大切な取組をしっかりと行っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-01-23 00:51 | Comments(1)
2007年 01月 22日

恐ろしい火災

今日のFAXでも書きましたが、神戸で起きたカラオケボックスの火災について、火災発生時の恐ろしい様子が書かれている記事をそのまま引用させていただきます。

火災発生時には、パニック状態となり、正しい判断もできなくなるのでしょう。火を出さないことは勿論ですが、万が一の時を想定して、消火器の取り扱い、場所の確認は全店舗直ちに行ってください。

詳しくは、今週のミーティング時に徹底します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現場近くの男性は「黒い煙が突然出て、4、5回の爆発音とともに炎が上がった」と証言する。

最初の爆発音は午後6時半ごろ。出火当時、店の手伝いをしていた男性は「火元の調理場で、鍋に火が入ったため、近くにいた女性従業員が避難した直後、最初の爆発音がした」と語る。爆発はその後も数回続き、黒煙が噴き出した。

店の玄関部分は黒焦げで、店名の書かれた看板が見えない状態。爆発で吹き飛ばされたのか、入り口ドアも見あたらない。

1階の部屋から逃げ出した客は「電気が消えたので慌てて外に逃げ出した。避難誘導の声などはなかった」と恐怖を語る。女性の従業員が「中にまだ、子どもがいるんです。助けて下さい」と何度も叫んでいた。自力で脱出してきた少女の1人は、髪の毛が焼け焦げ、知り合いの名前を叫んでいたという。

退職した会社の元同僚ら6人で来店し、1階にいた男性(65)は「停電に驚き、ドアを開けたら黒煙が入ってきた。調理場付近の3、4カ所から火が出ていた。客が『火を消さなきゃ。消火器は、消火器は』と叫んでいたが、結局、消火器は見つからなかった。従業員もパニックの様子で、客の誘導をする人はいなかった」と話した。

また、宝塚署は同日、業務上失火と業務上過失致死の疑いで、同店アルバイト佐々木美津子容疑者(35)=同市野上=を逮捕した。

同容疑者は「大変なことをしてしまった」と言い、店を手伝っていた常連客と消火器で消そうとしたが、「使い方がよく分からなかった」と話しているという。 
[PR]

by melo-works | 2007-01-22 00:09 | Comments(1)
2007年 01月 19日

日銀

皆さんも最低限、知らなければいけない経済知識について、日銀(日本銀行)が行う金利政策があります。

日銀は追加利上げを見送った、というのが昨日のメインニュースでした。

何故、金利政策が重要なのかというと、金利の上下は私達の経済、くらしに直結しているからです。

日銀の金融政策を理解する上で、経済の一般的な仕組みについて理解する必要があります。

一般に、景気が良い状態というのは、企業の業績も良く、皆さんの賃金も上がり、それに伴って物価(物の値段)も徐々に上がっていく、企業は更に物を作るために銀行からお金を借りて積極的に設備投資し、工場や設備を充実させる。

循環的にそれが行われ、企業が物を沢山つくる、給与も上がり人々はそれをどんどん消費に回す、物が売れるから物が不足し、物の値段は上がる、企業はさらに設備投資をして・・・・
という状態が景気が良い状態です。

景気が良い状態が続くと、物の値段が徐々に上がっていくのです。それがインフレという状態です。

逆に景気が悪くなり、物が売れない、だから企業は仕方なく物の値段を下げる、それが悪循環で続く状態、物の値段が徐々に下がっていく状態はデフレといいます。

バブル崩壊後、日本は長くデフレの状態にありました。景気が良くなく、物が売れない。企業は色々な方策を採りました。

マクドナルドの100円バーガー、100円ショップの台頭、リサイクルショップの台頭、ユニクロの低価格路線の成功、思えば、バブル崩壊後、伸びていた企業の多くが低価格戦略だったのです。

ところが、徐々に景気が良くなった。最近は高級品が売れるようになり、高級店が増えてきた。

徐々にデフレから脱出している状態です。

日本はデフレ下にあった数年間、日銀の金利政策はゼロ金利政策と呼ばれる異常な政策をとっていました。

続きは後日に。

寒い日が続きますが、週末頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-01-19 09:57 | Comments(1)
2007年 01月 18日

阪神淡路大震災

昨日で阪神淡路大震災が起きて12年が経過しました。

6000人以上の人命が失われ、多くの怪我人を出し、被害は数兆円にも及んだ大災害から、12年もの歳月が経過し、目覚しい復興を果たしました。

しかし、家族を失った人の悲しみ、苦しみは、今も続いています。

被害が甚大だった芦屋地区では、街並みの景観は美しく復興していますが、多くの空き地が残されているそうです。

被害にあった時に住んでいた場所、そこで家族を失った悲しみ、故人との思い出、そういった感情が、引っ越して尚消えず、その土地を売ることができないでいる人が多く存在しているそうです。

震災以来、新居に越すこともできず、集合住宅で生活してきた主に高齢者の人の多くが、集合住宅で人生の最後を向かえ死んでいくという悲しい事実もあります。

現在の神戸市民の3割は、震災を経験していない人だそうです。私も含めてほとんどの人が、その甚大な被害を身を持って経験したことはないでしょう。

神戸も以前は台風の被害も少なく、地震も少ない住みやすい街、と言われていました。

関東に震度6以上の強い地震が30年以内に来る確率は70%と政府が発表したことを考えると、私達の住んでいる場所には、いつ大震災が起きてもおかしくない状況にあるということです。

私も、これを機会に震災に対しての対策を考えたいと思っています。

店舗でも、できる対策を考えてみて下さい。
[PR]

by melo-works | 2007-01-18 11:32 | Comments(0)
2007年 01月 17日

拉致

先日、浦和駅前で北朝鮮に拉致されたとされる田口八重子さんの救出を支援する会が募金活動及び署名活動を行っていました。

冬の寒い中、拉致されたご家族、ご親類の方が中心となって、救済活動を続けるための資金集め、政府関係機関に働きかけるための署名運動、また拉致の実態を多くの人に知ってもらうためのチラシ配布を行っていました。

私も気持ちばかりの募金と署名を行いました。頑張って下さい、と声をかけるのが精一杯でした。

今も全国で拉致被害者家族の会が中心となり、救済活動を行っています。

安倍政権になり、拉致担当補佐官に以前から拉致家族の方に信用の厚い中山恭子さんが就き、拉致問題の解決に向けて努力しているのでしょうが、今だ事態は一向に改善されません。

今の安倍政権は北朝鮮に強い圧力をかけています。公務員は北朝鮮への渡航を禁じられています。

そんな最中、山崎拓元副総裁が北朝鮮へ議員外交という名目で渡航し、先日帰国しました。

色々な憶測が飛び交う中、外交的な成果はほとんど無かったようです。

北朝鮮は、日本政府を混乱させるために、二元外交を仕掛けた、山崎氏はまんまとそれに乗っかった、そんな構図でしょうか。

山崎氏も事態をなんとか打開しようとしたのでしょうが、戦略も無く、成果も無くでは、拉致被害者の必死の活動の中、なんともお粗末としか言いようの無い行動です。

北朝鮮の核保有が国際問題となっている現在、拉致問題はどうなるのでしょうか。

先日、浦和駅前で活動をしていた多くの方が高齢の方でした。一刻も早く、事態が改善されればと祈るばかりです。
[PR]

by melo-works | 2007-01-17 00:12 | Comments(1)
2007年 01月 15日

最近のニュース

最近、ニュースで死体をばらばらにする殺人事件が多く発生しています。

兄が妹をばらばらに殺害したり、妻が夫を同じくばらばらに殺害したりといった、おぞましい事件が多発しています。

事件の連鎖性を感じます。

憎悪を殺人行動に移すには、単純すぎる犯行です。一緒にいる環境を変え、強引にでも別々に生活すれば解決できる問題です。

ここ数年は人を殺すということが、単純化されすぎています。貧困から生まれる悲しい殺人ではなく、「あいつむかつく」といった憎悪が殺人へと到達するまで、非常に簡単で単純になっている、そう感じます。

また、不二家の賞味期限切れ商品を使った製造や、基準を大きく超える菌の発生(基準値の10倍だそうです)を知りながら販売していた衛生管理には、唖然とさせられました。

不二家の再建は非常に困難でしょう。どこかに吸収されない限り、再建は無理ではないでしょうか。

ペコちゃんを前面に押し出して、子供、家族をメインターゲットにしてきた企業が、公然と不正を行っていた事実は、取り返しがつかないでしょう。

また、不二家の洋菓子販売の90%はフランチャイズ店が行っています。FC加盟店からすれば、本部から送られてくる洋菓子に全幅の信頼を置いていたはずです。まさに晴天の霹靂でしょう。本部の不祥事により、営業停止が10日間、その後も売上は大幅ダウン、潰れる店舗も多くでると思います。

不二家を反面教師にして、店舗内でも衛生管理については、細心の注意を払って下さい。
[PR]

by melo-works | 2007-01-15 00:04 | Comments(0)