当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

1年

いよいよ、新年を迎えます。

今年1年間、本当にご苦労様でした。

1年という一つの節目は、人間の成長を考える上で、非常に重要です。

日々成長、毎月反省し課題を考え・・・と成長するために「考える機会」は度々ありますが、1年という節目ごとに、じっくりと人生を考え、1年間を振り返り、更に、迎える1年の課題を明確にし、決意を新たにする、という行為は不可欠です。

私は、今年1年、色々なことを記録し、記録するとともに深く考える、という作業を課題として設定し、取組んでまいりました。

1日の終わりにはパソコンに向かい、課題を明確にし、長期的なビジョンを考えてきました。

そういった習慣付けを行うことで、この1年間少しでも成長できたことを実感しています。

しかしながら、今年1年間も、日々反省の連続でした。

今年、不完全だったことも山ほどあり、数日間じっくりと考えて、新年の抱負、課題を明確にしていきます。

皆さんも、自己成長のために、しなければいけなかった努力、できなかった努力を考えて、来年の課題として下さい。

今年、行ってきた努力は決して無駄になることはなく、将来に必ずつながっていきます。

来年も皆で頑張っていきましょう。

そして、正しい努力を日々積み重ね、日々成長していくような人生を送っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-31 22:02 | Comments(1)
2007年 12月 27日

エステ

多くの方からご批判を受ける結果となってしまいましたが、12月末でエステ事業を譲渡することとなりました。

今後はエステ部門のマネージャーである加藤マネージャーに事業を引き継ぐこととなりました。

当社のエステサロンは、強いタッチのリンパドレナージュマッサージが特徴のサロンです。

エステサロンのマッサージの多くは、撫でるような、それこそ眠ってしまうようなマッサージが多く、体のこりやむくみに悩む人にとっては、なかなか満足できないことが多いのが現状です。

当社のサロンはそういった多くのお客様から支持を受け、神楽坂店では、徐々に売上が伸びて、今年の5月~7月は毎月200万を上回る状況が続きました。

サロンの経費は170万程度ですから、徐々に利益も生まれてきたのですが、お客様が増えてくると同時に、施術する側の体への負担も相当なものでした。

遂には、担当者の体が壊れてしまい、施術をできる状態ではなくなってしまった人もでてきました。

お客様を増やすことはできても、それを受け入れる側が不可能なのですから、事業モデルとして存続が可能か、色々と話し合いました。

解決策として、マッサージ以外のメニューを取り入れ、体への負担を軽減するしかない、という結論に至り、アートメイク、マツゲパーマ、マツゲエクステ、ネイル、メイク等々の研修に取り掛かりました。

その頃から、私の中でどうしても取り去れないわだかまりが生まれてきました。

今までの強いタッチのマッサージは、私も体がこるため、その良さも分かり、当社のサロンの方向性や成功への努力の方法が見えていたのですが、上記に書いたようなアートメイク等々については、全くイメージが沸いてこないのです。

当然と言えば当然です。男の私が、メイクやマツゲ、ネイルのことを全く知らないし、その良さも体験していないのですから、イメージが沸くはずが無いのです。

そういったサロンの全体像や成功への方向性がイメージできないのです。

組織のトップがイメージできないことを、事業として継続していくことはできません。継続したい気持ちも多分にありましたが、サロンを発展させていくためには、女性である加藤マネージャーが経営者となり、事業を運営していくことがベストだと思います。

サロンで働いていた方には、本当にご迷惑をおかけしました。心からお詫びいたします。

そして、加藤さんと一緒にティアレで働いていく方は今後もぜひ頑張って下さい。

また、神楽坂店の店長だった森田さんは、体のことも含めて本人が考えた結果、エステ部門からは退き、カラオケ部門の管理担当を行っていただきます。

メロ・ワークスとしてのエステ部門はなくなりますが、ティアレは存続します。

加藤さんは当社社員から経営者として独立をすることになります。そういった意味では非常に喜ばしいことです。

加藤さんは、私の下で約7年間も働いてくれました。当社社員の中で一番経営的な勉強をしたのではないでしょうか。心より成功を祈っていますし、応援もしていきます。

こういった形で、今回はエステ部門を譲渡することとなりましたが、新事業の経験を積んだことはメロ・ワークスにとってはマイナスばかりでは無いと思っていますし、今後も多くのチャレンジを行い、みんなと共に頑張っていきたいと思っています。

12月度、残り少しですが、最後まで頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-27 23:40 | Comments(2)
2007年 12月 24日

最近

連日忙しい日が続いており、本当にご苦労様です。

多忙と疲労の為、ニュース、新聞等にも積極的に目を通せる状況ではないと思いますので、最近のトピックスを掻い摘んで書きます。

この週末の最大のニュースは薬害肝炎訴訟問題で、福田総理が原告団の主張する「一律救済」を含んだ政治決断に言及したということでしょうか。

薬害肝炎とは「フィブリノゲン製剤」という止血剤が1972年に日本で使用開始されたことから始まります。フィブリノゲン製剤は、出産時の出血のときに、止血目的で大量に使用されました。

ところが、アメリカでは、止血効果に疑問が生じ、肝炎感染の危険性が非常に高いことを理由に、1977年に販売停止となりました。

ところが日本では、80年代以降も使用され続けた結果、多くの医療機関に導入され、約30万人もの方に投与されたのです。

その結果、多くの母親あるいは手術をうけた方々が、C型肝炎に感染しました。

この製剤によりC型肝炎に感染させられた被害者が、国と製薬会社を相手に損害賠償請求を起こし、原告団に含まれない多くの薬害肝炎感染者を含めた一律救済を求めて戦っているのです。

国の誤った判断によって、肝炎に感染し、病と闘いながら、辛い訴訟という戦いにも臨んでいる原告団は、世論にも大きな反響を与え、年金問題の福田総理の発言とともに、内閣の支持率低下へと結びついています。

今回の福田発言の本当の中身はこれからですが、この薬害肝炎問題に光明が見えたことは確かです。

また、お隣、隣国の韓国では新しい大統領が誕生しました。名前は覚えておきましょう。

李 明博(イ・ミョンバク)大統領です。その前はご存知だと思いますが、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏でした。

李 明博大統領は経済通で、多くの国民の支持を集めて当選しました。韓国では現在深刻な経済問題に直面しており、経済の建て直しを期待されています。

韓国の大統領戦でも、李 明博大統領の株に纏わるスキャンダルや、官僚のスキャンダル等がクローズアップされ、政治・権力の腐敗が日本と同様に蔓延っている様が伺えました。


今年も後一週間です。良い1年の締めくくりをしましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-24 11:40 | Comments(2)
2007年 12月 20日

12月

花小金井店には連日多くのお客様が来店されています。

漫画、インターネットスペースには1日20人~30人のお客様がご利用いただき、カラオケには平日にもかかわらず毎日40組~50組ものお客様がご来店いただいています。

葛西店長のコメントにもあった通り、多くの社員がヘルプに駆けつけていただいています。独立を目指している社員の方にとって、新規立上げの苦労を共有することは、後々必ずプラスになりますし、とても素晴らしい志だと思います。

新しいことにチャレンジする都度、人間は多くを学び成長します。今、葛西店長は多くの苦労と多くの問題を抱えていると思います。

しかし、その全てが自己の成長へとつながり、乗り越えることで、自信につながります。


全社的には、今年の12月度は、ほぼ毎日前年数値を上回り、好調に推移しています。

多くの店舗が前年数値を上回っているためですが、12月はただ忙しいというだけでなく、多くの営業チャンスが存在しています。

普段、来店されない多くのお客様が、12月ということで来店されるケースがあるからです。

過去に、近隣の企業の団体様が、忘年会の2次会で初めて来店され、当社のサービスに感心いただき、常連様となっていただいた等、12月を境に、店舗が大きく飛躍するケースが多々あります。

忙しい中、気持ちの良い接客ができるか、そこが勝負の分かれ目です。

酔っているといっても、初めて来店されるお客様は、そこを見ているのです。

毎日忙しく、精神的にも疲弊する時期ですが、お客様は毎日元気にハイテンションで来店されます。こちら側の都合など、全く関係ないのです。

体調管理に十分留意し、休める時には体を休め、良い接客を心がけて頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-20 10:52 | Comments(0)
2007年 12月 16日

花小金井店

先日アップした画像では、店内が整備されていませんでしたが、オープン直前では、綺麗に仕上がりました。

葛西店長の不眠不休の努力の賜物です。


e0102432_21274893.jpg

カラオケビルといった感じの外装です。目立ちます。

e0102432_2128491.jpg

オープン直前のスタッフです。緊張の面持ちです。

e0102432_21281754.jpg

ドリンクバースペースです

e0102432_21282852.jpg

漫画、インターネットスペースです

e0102432_21283928.jpg

フロントから廊下にかけて


今週末は、全店舗凄まじい状況だったと思います。本当にご苦労様でした。

今年は年末料金を設定した店舗も多く、店舗売上新記録を達成する店舗も続出しています。

忙しい時に、自分自身のテンションを高めて、それこそハイテンションなお客様に負けずに、元気良く接客していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-16 21:36 | Comments(3)
2007年 12月 14日

花小金井

e0102432_0135925.jpg
e0102432_01431100.jpg
e0102432_0144587.jpg
e0102432_0145349.jpg
e0102432_01519.jpg
e0102432_0151387.jpg
e0102432_0152533.jpg
e0102432_0153376.jpg


花小金井店は明日オープンですが、昨日まではゴミの山、荷物は溢れ、どうしようもない状況でしたが、何とか明日オープンできそうです。

多くの方のご協力に感謝します。

とても素晴らしい店舗に仕上がりました。ハード面は素晴らしい出来です。

後は、ソフト面、即ちサービス等の従業員の努力次第です。

また、明日、明後日は1年で一番忙しい週末です。

全員が頑張り、お互いを思いやり、元気良く、良いサービスをしましょう!
[PR]

by melo-works | 2007-12-14 00:20 | Comments(2)
2007年 12月 09日

インフルエンザ

寒い日が続いています。

気温が低い上、空気も乾燥していますから、今年はインフルエンザが既に流行しています。

当社社員でも既にインフルエンザに感染した(今は完治して店舗は問題ありません)人もいるくらいですから、関係ない事、では済まされないのです。

インフルエンザに最も有効な感染予防は、ワクチン接種ですから、仕事のためということではなく、自身のために、できる限り予防接種を受けるように、お願いいたします。

以前までは、インフルエンザにはタミフルが処方され、タミフルを服用すれば、数日でインフルエンザは完治していました。

しかし、昨年度から、タミフル服用による異常行動が問題となり、今は10代の方へのタミフル処方はされていません。

現に、社員の方も、20歳になっていますが、医師からタミフルの処方はなされなかったということです。

タミフルが原因の異常行動なのか、インフルエンザ自体が引き起こす行動なのかも判明していない現状が続いていますから、今後もタミフルの処方には慎重でしょう。

当社にも多くの10代の方が在籍しています。

ワクチン接種、うがい、手洗い、しっかりとした予防を行いましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-09 23:53 | Comments(0)
2007年 12月 08日

花小金井

e0102432_0251089.jpg


花小金井の画像をアップしました。

夕方携帯電話で撮影したので、若干暗くなってなっていますが、実際はかなり目立ちます。

木曜日は葛西店長の激励とヘルプ、そして自身の勉強の為に、本川越店の平山店長が駆けつけてくれました。

今は内装工事が混雑しているため、研修等が進まず、PRティッシュを配布することがアルバイトの主な業務となっていますが、平山店長自ら1000枚のティッシュを配布いただきました。

平山店長の真摯な仕事への取組には敬意を表します。

内装工事の様子や、葛西店長の様々な業者対応や現場対応を見て、勉強になる、と言っていましたが、実際に新店舗の立ち上げを経験すると、仕事のスキルが一段階アップすると思います。

今回、私は葛西店長に、様々な指示を遠慮なく行っています。

葛西店長も分からないことや、自身で判断することも多く、しかしながら、そういった「考えること」が成長へとつながるのです。

私は容赦なく駄目だしを行い、日程の変更や、注文個数の変更等、勝手とも思える指示をだしていますが、次々に訪れる諸問題は、即解決していかなければ、オープンできない最悪の状況を招きます。

14日オープンまで、私が危惧している問題は数多くあります。一つ一つを書き出し、チェックし、潰していくことで、何とか無事オープンに結びつけ、そして早期に軌道に乗せたいと思っています。

12月度、今週末から忘年会シーズン本番となるでしょう。みんなで協力して頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-08 00:43 | Comments(0)
2007年 12月 06日

会社全般

ここ最近、ネット環境を整えるために、テラオカという企業の方が店舗を訪問し、パソコンの設定を行っています。

カラオケ店舗は、カラオケの通信に多くの回線を必要とし、また店舗には電話回線を使用したクレジットのキャット端末、セコムのセキュリティシステム、ネット上で常時接続のウェブカメラ、そして電話・FAXと多くの機器が存在しています。

専門業者がプロバイダー情報を持って対応しても、なかなか進展せず、対応に苦慮しています。

今月中にはネット環境を整え、新年からはアステンポによる報告、勤怠管理システムを始める予定で準備をしています。

花小金井も14日オープン予定で進行しています。10ルーム中、BBサイバーダム6台、JOYwave2台、V2 2台のラインナップです。また、漫画・インターネットスペースでは10台のパソコンを設置しています。

店舗が完成していく様は本当に胸が躍ります。葛西店長が色々と努力をしていますので、ぜひ激励の連絡をお願いします。

鉄人の動きは不明ですが、色々と手を打っています。今まで培ってきた人脈を最大限生かして対応しています。

今後も居抜き物件については減少傾向が続きますので、事業展開はスケルトン物件(鉄骨打ちっぱなし状態)が中心になってくると思います。

当社が付き合っている内装業者は「兼備(けんび)」という業者ですが、非常に廉価で良心的な対応をしていただいている業者です。

通常、カラオケ店舗をゼロから作り上げると、坪単価35万円というラインが相場となっています。

今回の花小金井は47坪ですから、47×35万=1645万が相場でしょうか。ですが、今回は内装全般で1200万程度の費用です。

坪単価25万ですから、格段に安いということです。

企業での節約で、金額の大きなものを節約、軽減することが、最も大きな節約ですから、こういった内装業者との付き合いは当社にとっても非常に大きなメリットです。

建築関係は壁一つ作る改装でも、大きく見積もりが違ってきます。

少ない投資で大きな利益を挙げることが事業の必勝法です。如何にして大きなレバレッジ(てこの原理)を利かすかを常に考えることが大切なのです。

防衛省のように、高額の費用で軍備品を調達するわけにはいかないのですから。
[PR]

by melo-works | 2007-12-06 00:00 | Comments(0)
2007年 12月 03日

カラオケの鉄人

花小金井の向かい側にあるビルには、カラオケの鉄人が申し込みを検討しているということです。

カラオケの鉄人を運営している鉄人化計画は上場企業で、社長の日野社長とは、東京都カラオケボックス事業者防犯協力会の理事会で度々お会いしています。

カラオケの鉄人は、札幌に大規模複合店を出店し、それが競合店の激化により伸び悩んでいること及び日野社長が20ルーム規模の店舗が一番効率が良い、と話していたことを考えると、花小金井の市場と今回の物件は、鉄人の思惑と合致すると思います。

当社は10ルームという小規模ですが、店舗効率を考えると、常に稼動させ、低料金での戦略が可能です。

鉄人の料金を調べると、そこそこ高額の料金設定となっており、当社が花小金井で考えている料金設定ならば、戦うことは十分に可能です。

オープンは14日を予定していますが、既に看板を全面に張り出し、駅前で目立つ店舗となっています。

鉄人としても、少なからずプレッシャーを感じているでしょう。「安い」という料金を前面に打ち出し、派手な演出でカラオケの存在をアピールしている看板だと思います。

カラオケ業界の競争は大手だとか中小だとかは関係ないと思っています。

大手は資金力があり、ハード面での作り込みやネームバリューは秀でていますが、反面コストがかかります。

コストをかける、という資金面は大手は有利ですが、コストをかけた分を回収しなければなりません。

かけたコストは減価償却として、約5年間で償却するわけですが、例えば5000万を5年間で償却すると、5000万÷5年間÷12ヶ月=830000円の経費が毎月加算されることになります。

つまり、店舗の利益を83万円挙げても、5年間は収支ゼロというわけです。

対して投資を2000万に抑えると2000万÷5年間÷12ヶ月=330000円ということになりますから、その差50万です。

市場に一店舗ならば、その市場を独占し、83万の減価償却は然程大きくないでしょうが、ライバル店がいる中で、83万円の償却は、花小金井の市場性を考えると、意外と重たいものになってくるでしょう。

そういった意味からも、私は戦える、と考えています。

今は、名も知れないカラオケと戦うよりも、上場企業と勝負できることは楽しみに考えています。

当社の努力がどこまで通用するか、楽しみにしています。

日曜日、既に看板を見て、インターネットできますか?と来店されたお客様が2名いました。

漫画喫茶もライバルビルに入る可能性も十分ありますが、コラボ店舗を試せることも楽しみです。


いよいよ12月度に突入です。出だし好調な店舗も多く、今月も頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2007-12-03 00:11 | Comments(0)