当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 28日

座間店

今回は座間店です。

座間店は今月も前年比プラスで推移しており、組数は+52組と、上昇傾向にあります。

店舗内で色々と努力しています。

e0102432_8332443.jpg


入り口が華やいでいると、お客様にも好印象です。

e0102432_8333728.jpg


フロントに勢いが感じられます。

今後はリニューアルを予定し、更なる飛躍が期待できる店舗です。
[PR]

by melo-works | 2008-04-28 08:36 | Comments(0)
2008年 04月 25日

川越店

霞店に引き続き、店舗紹介です。

今回は、キララ川越店に設置したキッズルームです。

e0102432_0353794.jpg


入口です。手作り感がでて良い雰囲気です。
e0102432_036219.jpg


以前は畳部屋だったのですが、関口マネージャーや森田主任、小川店長が床をフローリング仕上げに張り替えました。

奥にあるのが、子供が安心して遊べるスペースです。

e0102432_0361884.jpg


簡単な玩具ですが、お客様にとても喜ばれています。

キッズルーム指定の予約も多くあります。

キララ川越店はファミリーでの来店が多く、客層にあった店作りを行う上で、キッズルームの設置を行いました。

今後も各店舗で、色々と工夫していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-04-25 00:42 | Comments(0)
2008年 04月 22日

霞店

e0102432_15214748.jpg


霞店の店内です。キャンペーンをやっていますが、店内に活気があり、賑やかな印象です。

e0102432_15221480.jpg


天井から「全額無料が当る」というキャンペーン告知が目立ちます。

e0102432_1525214.jpg


霞店は、東京国際大学があり、学生から支持されるカラオケボックス作りということで、サークル会員制度を行っています。

サークルごとに加入でき、カードを発行し、カード提示により割引が適用されます。

好評で、毎月多くのサークル会員への加入があります。

オープンして8年が経過しますが、色々と努力を継続し、多くのお客様に愛されています。
[PR]

by melo-works | 2008-04-22 15:35 | Comments(1)
2008年 04月 20日

訃報

石神井店 金子店長のご尊父様(金子 謙一 儀)が土曜日早朝、永眠されました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

通夜 4月22日(火)11:00より

告別式 4月22日(火)12:00より

式場:浄国寺 千葉県香取市佐原イ1973  0478-52-2621

供花等:セレモニーきうち 0478-52-4441

尚、詳細は関口マネージャーに問い合わせ下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-04-20 23:22 | Comments(0)
2008年 04月 18日

システム

店舗に順次新しいレジ・コンピューターが設置されています。

本稼動の段階で、ADSLに接続していただきますが、その際、店舗でYahooのHot-mailのアドレスを取得していただきます。

Hot-mailアドレスの取得は、非常に簡単なので、各店舗で行って下さい。

簡単に手順を書きます。

Yahooのポータルサイトを開く。

右上にあるHot-mailをクリックする。

メールアドレス取得をクリックする。

アドレスを入力する
→各店舗のアドレスは店舗名とします。例えば、allkamifukuoka(オール上福岡)、kirarakawagoe(キララ川越)、soundsyakujii(サウンドスクエア石神井)等々、細かいスペルはお任せしますので、店舗でアドレスを決めて下さい。

パスワードを設定する
→店長が決めて下さい。(パスワードは店長が移動するごとに変えてください)

連絡用のメルアドを入力するという欄は入力省略できます。

後は適当に入力し、取得してください。

Hot-mailは、どこのパソコンでもログインすれば、活用できます。

今後、日報などの報告をメールで行うことになります。

システムを新しく入替えするため、当初混乱が予想されますが、1ヶ月後には必ず働きやすくなっています。

メール取得後、本部にメールを送信して下さい。パスワードも報告下さい。

本部:melohonbu@yahoo.co.jp
[PR]

by melo-works | 2008-04-18 10:52 | Comments(0)
2008年 04月 16日

町屋現状

町屋の物件は、5月中旬オープン予定で、概ね順調に進行しています。

9ルームの予定を1ルーム増設し、10ルームの店舗になります。一応現状の様子を写真アップしました。

e0102432_1249759.jpg


フロント周りですが、お客様が来店されると、すぐに圧迫感のある高いフロントがすぐあり、非常に印象が悪い作りです。しかもドリンクバーのディスペンサーがフロントの上に設置してあります。

フロントは一度壊し、別の場所に設置し、待合スペースを広くします。

e0102432_12494219.jpg


通路も暗く、壁紙も古く、どうなんでしょうか。

e0102432_12495313.jpg


外見もカラオケボックスがあることがわかりません。

今回の工事内容は
・看板の設置→100万程度
・内装のクロス前面張替え、床、天井張替え、照明全交換、ルーム増設、フロント・厨房工事で概ね400万程度でしょうか

古く、廃墟のようなカラオケボックスを生き返らせることが楽しみです。

先月まで営業していたことが不思議です。

改装後、画像をアップします。
[PR]

by melo-works | 2008-04-16 12:57 | Comments(0)
2008年 04月 13日

シダックス

昨日の夜から頻繁に、カラオケ店の駐車場で発火装置が作動し、白煙をだした事件が報じられています。

場所はシダックス鴻巣クラブや同和光店、東村山店の3箇所ですが、同社社員が逮捕されるという、何とも酷い事件となっています。

逮捕されたシダックス・コミュニティー社員の藤井容疑者(64才、それも驚きです)と、シダックス本社に、現金を要求する脅迫文が送りつけられていたことの関連を調べているそうですが、連動性については間違いなさそうです。

64才という年齢で、勤務していた会社に、脅迫危険行為を行うとは、何があったのでしょうか。

余程会社に恨みがあったと考えるのか、ただ現金が必要だったから行ったのか、何なのでしょうか。

シダックスの企業イメージのみならず、業界自体の大きなイメージダウンにつながる犯行です。

カラオケボックスの売上は、近年概ね横這いで推移しており、日本を代表する娯楽産業として確実に定着しています。

企業としては、今後も業界のイメージアップに努めていく使命があります。

多くのお客様に必要とされ、喜んでいただくことで、その産業は永続的に繁栄することになります。

仕事に誇りとプライドを持って臨んでいる人間からすると、楽しい時間を提供している場所で、恐怖を抱かせ、脅迫をするといった愚行は決して許せません。

本当に不快な事件です。
[PR]

by melo-works | 2008-04-13 21:41 | Comments(0)
2008年 04月 09日

町屋

時期は未定ですが、早ければ5月から東京の町屋駅近くの居抜き物件をやることになりました。

ルーム数は9ルームと少なめですが、商圏が良いこともあり、宮原や青戸と同じような成功例になるイメージがありました。

現在はビルオーナーが自身で経営していたものの、昨年ライバル店(16ルーム)ができたこともあり、売上が伸び悩み、先月末で閉めています。

オーナーから話しを聞いていると、カラオケディーラーの理不尽な動きに憤りを感じました。

オーナーは古くからフジエンターというカラオケディーラーから機械を購入しており、昨年度サイバーダム等数台の機械を新品で買ったそうですが、そのライバル店を出店したのが、フジエンターなのです。

それも機械を売った直後に、道路を挟んで反対側に16ルームのカラオケボックスを出店したのです。

カラオケディーラーには毎月情報料という形で1台1万円程度の料金を支払っていますが、ディーラーは情報料契約を結んでいるカラオケボックスの機械の演奏度数という重要な情報が分かります。

1台の機械で1ヶ月に何曲演奏されたかが分かるのです。ですから、その店が流行っているか流行っていないか、正確に把握できるのです。

そういった情報を基に、支援すべき顧客を弄ぶ(もてあそぶ)経済行為は許せません。

機械を売り抜け、過去10年以上のお客様を陥れる行為、というよりそのお客様を経済的に破綻に追い込む行為はどうなんでしょうか。資本主義下の自由競争経済といっても、日本人の道徳感、モラルといった感情が許せません。ディーラーとしての本質にも合致しない行為です。

オーナーからは「ひどいことをする」「許せない」という言葉が聞こえましたが、私も同じ気持ちです。

いつも以上に気合を入れて、取り組みたいと思っています。

店舗立上げには塩田店長を予定しています。その間の鶴見店は桜井君に頑張ってもらいます。

オーナーに成り代わって、当社が町屋店舗を繁盛店にしたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2008-04-09 10:51 | Comments(2)
2008年 04月 07日

当社に勤務していた方

先日、以前当社の店舗でアルバイトをしていた方から連絡をいただき、合う機会がありました。

その方は、父の会社に入り、数年間仕事を覚えながら色々と勉強をし、今度専務に就任し、会社を実質的に運営していくことになったそうです。

まだ、30歳という年齢で、自分よりも年齢的にも経験的にも先輩の従業員を率いて、会社を運営していくわけですから、大変なことだと思います。

話しをしていて関心したのが、とても良く勉強していました。ビジネスに関する本をかなり読破していて、本の題名を言うだけで「あー、あれも読んだのか」「あの本のこんな内容は勉強になったよね」といった感じで、本の内容で話が盛り上がりました。

また、色々な情報を入手し、自分の事業に色々と夢を抱いていました。

世の中を知っていく過程で、これからは全ての企業が環境という大問題に取組む、自分の事業は環境にこう役立つ、といったように結びついていくのですね。

数年前に合った時よりも、数段階の成長を感じました。勉強をしているから、世界が広がっていく、自ずと思考も高まる、夢も広がるといった良い連鎖が人を成長させるということを改めて感じました。

今後の日本を変えていくためには、若き経営者が多数でてくることが必要不可欠です。

そのためには日々勉強し、知らないことを知り、視野を広げ、思考を高めていく努力が大切です。

以前、その方には勉強し、本を読み、新聞を読み、ニュースを見て、情報を集め、世の中を知ることの重要性を伝えましたが、それを確実に実行し、成長していた姿を見ることができて、私もとても嬉しく、頼もしく感じました。

経営者としての成功を大いに期待しています。頑張って下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-04-07 11:17 | Comments(0)
2008年 04月 04日

IT

飲食店に於ける広告媒体やネットの重要性は想像以上です。

豚美の3月度は500万を超える売上でした。毎日、コンスタントに忙しく、仕込みから片付けまでの業務量は相当なものであったと思います。本当にお疲れ様でした。

500万の売上の内、
ホットペッパーによる集客→115万円
クーポンランドによる集客→70万円
ぐるなびによる集客→92万円
と合計で277万の売上が、ネット及び雑誌を活用しての集客でした。3社の広告費の合計は38万円ですから、38万の投資によって、277万の売上を実現したことになります。

ぐるなびの豚美のサイトには、毎月平均6000回のアクセスがあります。その中から、実際来店いただけるお客様は50組程度ですが、6000回のアクセス数を単純に倍に上げることができれば、来店組数も倍の100組に近くなるはずです。

またサイトを充実させて、「この店いってみたい!」と思わせ、実際に来店確率が2倍にアップするならば、100組の来店を実現することも可能です。

ですから、如何にしてサイトに呼び込むことができるか、そして訪れた人を高い確率で集客につなげることができるかを研究し、改善していく努力が必要なわけです。

豚美のサイトも飯島君の努力により、全面リニューアルしました。サイト内からの集客アップが期待できます。

この様に、これからビジネスを始めようと考えている人は、IT関連を無視できません。

企業の広告宣伝費は徐々にネットに傾斜していますし、ネット関連の広告収入は右肩上がりです。

物を売るにしても、世界一のネット市場として、楽天市場があります。今や楽天市場では、世界規模の取引が行われています。世界中の人がお客様なのです。

物事を知る、世の中を知るということは、ITの世界も例外では無く、むしろITに遅れることは致命傷になると言っても過言では無く、今後も更なる努力が必要だと考えています。
[PR]

by melo-works | 2008-04-04 01:33 | Comments(0)