当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 29日

高騰

私も今まで色々な経済情勢を見てきましたが、昨今の原材料高には大きな危機感を感じています。

新聞紙面の多くに、原材料高、原油の高騰、物価の上昇、途上国の食糧危機、資源確保に向けた競争、企業のコスト上昇による成長鈍化等、原材料高関連の記事が載っています。

ガソリンも高騰を続け、来月にはレギュラー1L170円時代へ突入確実となり、年内に200円になることが予想されています。数年前の倍の値段になるのです。

外食産業を見ても、食品高騰による消費者の慎重な行動が影響し、4月度の外食産業売上高は前年比-3.8%と大きく落ち込みました。

当社の業績は好調をキープしていますが、運営に掛かるコストは大きく上昇しています。

食材、消耗品仕入れの高瀬物産については、値上げが続き、4月度の仕入れ額は過去最高額になっています。

高瀬物産については、現在商品の見直しを行っています。同じ商品でも、価格の安いPB(プライベートブランド)を高瀬物産も開発しており、随時PBへと商品を切り替えていく予定です。

ドリンク関連については、現在サントリーフーズ(ペプシコーラ)と専売契約を結んでいますが、コカコーラと価格面で交渉を進めており、現在より値下げの方向で進んでいます。

サントリーフーズとコカコーラ2社を相手に交渉しているわけですが、それも店舗数が増え、仕入れのロットが大きくなったからこそできる交渉です。

年間約4000万以上の金額を支払っているのです。

仕入れロットが小さい企業が、いくら交渉しても有利な条件は引き出せないでしょう。

規模の拡大が全て良いわけではありませんが、規模のメリットも相当大きいのです。

今後、公共料金についても軒並み上昇していきますし、施設の老朽化に伴う設備投資も継続的に行っていかなくてはいけません。当然、新機種の投入も進めていきます。

そういったコストの増大は続いていくでしょうが、お客様は価格については相当にシビアです。

廉価で楽しい時間と空間を提供するためにも、今後もできる努力を継続していかなければなりません。

5月度も既存店については前年比プラス300万で推移しています。今後も皆で頑張って、難局を乗り切っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-05-29 00:01 | Comments(0)
2008年 05月 26日

友人の結婚式にて

e0102432_0464100.jpg


この写真は、本日参加してきた友人の結婚式の主賓で挨拶する、麻生太郎自民党前幹事長の様子を撮ったものです。

友人は木村屋パンの7代目、木村周一郎という人物なのですが、木村屋とは、パンを日本で広めた老舗中の老舗で、木村屋のアンパンは皆さんもご存知の通り有名な一品です。

麻生氏のスピーチの中で、任天堂の凄さについての件(くだり)がありました。任天堂は家庭用ゲーム機で世界一のシェアを持つ優良企業であるが、その強さの秘密に、革新的なアイディアと伝統を大切にする文化がマッチしている、とありました。

要は花札(はなふだ)を作り続けていて、その花札のシェアも日本一だということです。花札は日本のトランプとして長く親しまれてきた遊びで、そういった日本の文化を継続する、という企業の方針が表れているというのです。

今回、結婚した友人の木村氏は、木村屋をただ継ぐのではなく、自らフランスにパン修行に行き、フランスのパン職人として有名なエリック・カイザー氏に師事し、日本でカイザー・ジャポンを設立し、都内を中心にメゾンカイザーというパン屋を13店舗運営している実業家です。

麻生氏は伝統のアンパンを大切にしながらも、自ら革新的なパンを作り続けている木村氏を絶賛していました。

既にある伝統を、ただ引き継ぐのではなく、自ら革新的に発展させる、企業家としてとても大切な精神です。

人は楽な道、保守的に走り勝ちですが、いつまでもチャレンジ精神を忘れずに、邁進していきたいものです。

それにしても、麻生氏が遠くて見えない程の距離もある、途轍もない大人数の宴でした。
[PR]

by melo-works | 2008-05-26 01:08 | Comments(1)
2008年 05月 23日

競争

川越のクレアモールでは、以前ムーンというカラオケが入っていた場所にマックという新しいカラオケがオープンし、激安路線で集客を強化しています。

本川越店も影響を受けており、特に料金に敏感な若年層を中心に、お客様の数が減っているであろう、と思われます。

新しい店の影響を当社が受けている状態です。

方や町屋では、当社がスタートさせたことで、他のライバル店がその影響を受けていると予想されます。

町屋はスタートして2日で11組、12組の来店があり、売上も37,000、49,000とまずまずのスタートをきったことからも、他店舗の影響は必至です。

資本主義の自由経済ですから、競争の原理が働き、それによって企業努力が行われ、顧客も競争から生まれるメリットを受けることになるわけです。

今、一番熱い戦いが行われているのは持ち帰り弁当の大手、ほっかほっか亭VSほっともっとの戦いでしょう。

近頃、以前ほっかほっか亭だったはずのお弁当屋さんが、ほっともっとという店名になっているのを見かけた人も多いでしょう。

社内分裂により、2つの運営会社が対立し、一方が離脱、店名だけを変えて、全く同じ商品、価格で戦っています。

ほっともっとは今後もほっかほっか亭の真横や近隣に店をオープンさせる戦略で、ほっかほっか亭を攻撃していく戦略だそうです。

経営方針の違いによる仲違いが原因ですが、それによって顧客がメリットを受けるかどうかは疑問です。

本川越店では、マックに対する戦略を検討しています。色々な戦略が考えられます。

大切なことは、外的要因の変化を敏感に感じ取り、状況分析を的確に行い、店舗の進むべき道を見据え、正しい戦略を考えることです。

その一連の作業の中で人も企業も成長していくのだと思います。

厳しい資本主義社会を勝ち抜いていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-05-23 00:25 | Comments(0)
2008年 05月 20日

町屋

今日から町屋店がスタートします。塩田店長を中心に、必死の準備が続いています。

e0102432_958479.jpg


以前のフロントです。

e0102432_1021268.jpg


新しいフロントです。以前は入口を入ってすぐに受付カウンターがありましたが、フロントスペースを作りました。人の流れをスムーズにすることは重要です。

e0102432_1025682.jpg


整理が途中ですが、ドリンクバースペースです。
e0102432_103953.jpg


以前の通路です。
e0102432_1033118.jpg


通路も明るくなりました。
e0102432_104135.jpg


カラオケルームです。
e0102432_1043614.jpg


キッズルーム1
e0102432_1045118.jpg


キッズルーム2
e0102432_1051091.jpg


階段にもプレートを貼りました。

店舗が生まれ変わり、新たなスタートです。地域に愛される店舗を目指して頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-05-20 10:25 | Comments(0)
2008年 05月 16日

町屋

町屋店は19日月曜日オープンを目指して、塩田店長を中心に頑張っています。

e0102432_1214292.jpg


以前の外観(使用前)

e0102432_1221253.jpg


使用後、といった感じでしょうか。

e0102432_1224591.jpg


入りやすさ、元気の良さ、勢いを感じさせる外観、入口でないと、お客様はいらしてくれません。

外観を変えるだけで、売上は3倍になるのではないでしょうか。

また、ママも安心キッズルーム、というフレーズをあえて表示してみました。
ファミリー層中心のお店にしたい、小さい子供がいても安心、そんなニュアンスを感じていただけると思います。

言葉一つでお店の印象も変わってくると思っています。

内装については、後日アップします。
[PR]

by melo-works | 2008-05-16 12:08 | Comments(5)
2008年 05月 13日

天災

アジアでは天変地異による被害が相次いで起こっています。

ミャンマーではサイクロンによる被害が、死者が3万1918人、行方不明者は2万9770人という恐ろしい数字に膨れ上がっています。

国連人道問題調整事務所では、サイクロン被害の死者と行方不明者の合計は6万3000人から10万人に上る可能性が高いとの見方を明らかにしました。

日本で言う台風による被害で10万人もの人が命を落とす状況を考えると、その被害の大きさに驚きます。

ミャンマーは軍事政権下にあり、軍政はアメリカ等の援助チームにはビザを発行せず、「人の支援」の受け入れを拒み続けてきました。

国民の命が危機的状況にあるにも係わらず、自分達の政権のために、支援を断るという、信じ難い国です。

中国では、四川省を震源として、マグニチュード7.8の地震が発生し、1万人以上に上る死者がでています。今後も死者や行方不明者が増えることが予想されています。

大陸内部の地震で、震源が浅く、破壊力が大きかった、阪神淡路大震災よりもエネルギーの大きい地震(20倍以上のエネルギー)であったことから、その被害の大きさが想像できます。

多くの学校を始め、生き埋め状態の人もいて、一刻も早い救出が望まれます。

ミャンマーも中国大陸内部の地方も、貧困層が多く、建物も脆弱で、国による環境整備が進んでおらず、自然災害には弱い地域だったということが、被害を大きなものにさせた要因の一つです。

一刻も早い復旧を望むと共に、私たちもいつそういった災害に襲われるか分からない状況にあることを十分認識し、限られた準備を行っておきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-05-13 11:39 | Comments(1)
2008年 05月 08日

富士見台店

富士見台店は、森田主任の店舗チェックにおいても、常に良い状態を維持し、店舗の環境整備において、独自の工夫を行っています。

業績面でも、継続して好調をキープしており、組数、売上共に上昇しています。
e0102432_2313745.jpg


女子トイレには、コットン、綿棒、生理用品を綺麗に並べて置いてあり、女性への配慮が抜群です。女性客の好感度はきっと良いものでしょう。
e0102432_23131921.jpg



e0102432_2313302.jpg


花やハートの飾り等、色合いが可愛らしく、清潔感もあります。

女性に好かれることは、繁盛店を作る基本です。ぜひ参考にして下さい。
(ただ、綿棒等を置けば良いのではなく、清潔感があることが大原則です)
[PR]

by melo-works | 2008-05-08 23:26 | Comments(0)
2008年 05月 06日

上野芝

今回は大阪の上野芝店です。

以前から、20ルーム中、15ルームしか使用していなかったため、5月から漫画スペースを作りました。

e0102432_104023100.jpg


入口です。カラオケとネットカフェを一体化させた表示をしています。

e0102432_10403848.jpg


前面の道路です。セブンイレブンの隣にあり、漫画ののぼりも目立ちます。

e0102432_10405094.jpg


フロントに漫画のご案内も掲示しました。

e0102432_1041840.jpg


ネットカフェスペースです。花小金井からパソコン、漫画等を輸送しました。

e0102432_10412054.jpg


個室ブースを8部屋新設しました。
e0102432_10413034.jpg


分かりにくいですが、ペア席は靴を脱いでくつろげる形になっています。

上野芝店は、今月に入り良い感じになっています。今後、漫画スペースの有効活用とより一層の工夫により、飛躍を期待しています。
[PR]

by melo-works | 2008-05-06 10:49 | Comments(0)
2008年 05月 04日

新PC

1日にも書きましたが、カラオケ店舗では新しいレジ・コンピューターでの運用が始まりました。

今のところ、目立つのが、日報に出金を記入している店舗が散見されること、またファイル添付してあるものの、記入がなされていないケースが目立つことでしょうか。

出金については、以前と同じく、レジに出金項目を打ち込みますが、その際には、店名と品物名×個数、店ごとの合計金額を打ち込むように指示してあります。

クレジットについては、今までのように日報に記入する必要はありません。こちらで、把握できる状況です。

日報にPR状況を記入する欄がないという指摘を受けました。来月からは、色々と指摘のあった点やみんなからの意見を聞いて、日報を改善します。

徐々に良い形にしていきたいと思います。

当社は、大手と違い、出来上がったシステムやスキームで運営されている企業ではなく、これから会社としての形を徐々に作り上げていく段階にある企業です。

大手企業から学ぶ点も多くありますが、良いものをみんなで形作っていく良さもあります。そういったことを体験できることは、多くの独立希望の方にも財産となるはずです。

色々と意見を出し合い、良いシステムを作っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-05-04 23:06 | Comments(0)
2008年 05月 01日

新PC

今日から、カラオケ店舗については、新しいPCでレジ管理がスタートします。

出勤、退勤管理もPCで行うこととなります。

忙しい時間帯の出勤などは、レジがたて込んでいることが考えられますので、余裕を持って出勤するようにお願いします。

また、報告事項がFAXからメール中心となります。日報についても、一部通信環境に不備がある店舗を除いては、メール報告となります。

新しい環境に早く慣れ、強力な武器として、店舗運営にプラスに活用していきましょう。

今まで、パソコンを敬遠していた人も、必然的に活用に迫られます。

世の中の流れがIT化であり、有効活用している人がその利便性や優位性を得るわけです。

また、店舗内に常時接続している環境があるわけで、それを活用する側のモラルも問われます。

当然ながら、勤務時間内の不必要なインターネットの閲覧は禁止されています。店舗メールを個人的に利用すること等、減給や処分の対象になることは行わないようにお願いします。

今後は、5月中旬にプログラムの改良も含めた打ち合わせを行う予定ですので、疑問点や不明点、改善要望等気付くことがあったら、エリアマネージャーに報告して下さい。

5月度も頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-05-01 00:55 | Comments(0)