当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 26日

仕事

先日上福岡店の置き看板を紹介しましたが、本日森田主査から各店舗で工夫しているメニュー等のPOPがメールで紹介されていました。

店長として店舗運営を行っている上で、最も楽しくフレキシブルな仕事が、店舗に色々な変化をもたらす仕事です。

自分の発想、企画を実行することで、店舗が変化し、進化し、発展するのです。

お客様はとても敏感で、店舗のちょっとした変化に気付きます。

そして、それを楽しみの感覚として捉えたり、勢いとして感じたりして、店舗のファン(コアな顧客)となっていただけるのだと思います。

人が人に接しているのですから、ここの人たちは頑張っているな、この店は努力しているな、と無意識に感じ、店を支持して下さいます。

環境整備を念入りに行い、店舗を常に清潔に保つことや、特にPRに注力し多くの人に店舗の良さを伝える仕事等、前向きな動きは必ず人を引き付けたり呼び込んだりします。

また、ミーティングを効果の高いものにするための資料作りや運営方法の考案は、良いアルバイトを生み、店舗を発展させます。

良い資料を作るために、他の店舗の資料を参考にしたり、アドバイスを受けたりする行動も前向きな行動です。

通常のオペレーション業務で終始するのは、金曜日と土曜日だけです。その他の、時間に多少余裕のある日には、本来の意味の「仕事」を行い、努力を積み上げて下さい。

その仕事が成長につながり、成果が自信へとつながり、またその積み重ねが人生を成功に導いていくことは間違いありません。

今後もお互いに刺激を受けながら、全員で頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-06-26 23:44 | Comments(0)
2008年 06月 25日

看板

e0102432_9324737.jpg


先日、上福岡店で設置した置き看板です。

店舗での強み、キャンペーン等の告知に最適です。納期は5日程度で、費用も4万円ほどです。

戦略上必要な店舗は、本部長に相談してください。

上福岡店はライバル店舗が時間帯別の低料金や、誕生日割引、駐車場割引等、色々な施策を打ち出しています。

お客様は敏感に反応するものです。現状に甘んじることなく、他店舗の動向はしっかりと観察し、素早い対応が必要です。

また、他店舗対策だけでなく、自店舗でも色々と施策を打ち出すことは、集客に効果的であることは間違いありません。

店舗を発展させる「仕事」を継続的に行っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-06-25 09:40 | Comments(0)
2008年 06月 23日

深夜営業

埼玉県等では、深夜のコンビニ営業に関して、自粛の方向で検討に入っています。

要は地球温暖化対策を考慮し、来客の少ない深夜帯の電気使用を減らすことが第一の目的ということです。

地球温暖化に関しては、できることからコツコツと、といった小さな努力の積重ねが絶対に必要であることは間違いありません。

ですから、CO2削減の為に、個人、家庭、企業の努力が必要なわけです。

企業努力に関しては、経済の発展=人々の暮らしの向上、といった観点を無視しての一方通行の理論は弊害があります。

今回のコンビニ深夜自粛はどう考えれば良いのでしょうか。

コンビニの深夜営業を自粛しても、冷蔵庫など永続的に稼動している電気代を差し引くと、削減効果としては然程大きくないということ(コンビニ側の主張)、深夜帯には女性等の避難や防犯対策に役立っていること、また深夜営業停止となると事業的に成り立たないこと等があります。

私達に置き換えてみても、いつ深夜営業停止となるか、全く分かりません。

居酒屋を含め、深夜営業を生業としている産業にとって、深夜の火が消えることは、事業的に成り立ちません。

企業活動=全ての行動が正しいとは言えない、ということは以前書きました。トヨタにせよ、二酸化炭素を撒き散らす機械を作っているし、食品業界も安い食材を輸入するために海外から大量に二酸化炭素を撒き散らす航空機によって食物を輸入していますし、プラスチックの容器等産業廃棄物を生み出しています。

私達も、楽しい空間を提供しながら、クーラー等の使用により、二酸化炭素を排出しています。

今はできることを少しずつ行っていくことが大切です。小さな進歩ですが、店舗間はペーパレス化を実現しました。

店舗内でできる努力、主に節電関連になりますが、しっかりと徹底していきましょう。クーラーの温度は28度を目標に使用しましょう。

それにしても、国の政策によって、事業の命運が左右されることは間違いありません。時流を読むために、今後も多くのことを知る努力を継続していく必要性をあらためて感じました。
[PR]

by melo-works | 2008-06-23 11:49 | Comments(0)
2008年 06月 20日

シェア・ジャパン

カラオケ業界では、準大手と言えるシェア・ジャパンという企業が倒産し、シェア・ジャパン関連の物件が業界を賑わしています。

あくまでも私の認識していることで、若干事実と違う点もあるかもしれませんが、以下主観で書かせていただきます。

シェア・ジャパンを主に運営、仕切っている方がSさんという方で、このSさんは私よりも古く、居抜きのカラオケ物件を引き受け、再生させるという事業に取組んでいた、ある意味この業界の先駆者です。

ただ、極度に拡大思考が強く、同じことをやっている私達が、決してやらないであろう物件をほとんど引き受け、店舗数を増やしていきました。

最終的には80店舗以上運営していたのではないでしょうか。ですが、その多くが不採算店であったろうと想像できます。

当然、会社は資金繰りに苦しく、多くの支払が滞り、事業では手を出したら終わりと言われている消費者金融にも多額の借入をし、多くの人を巻き込み倒産しました。

返済の無い金融機関、家賃を貰えない大家さん、支払いが無い様々な業者さん、給料を受け取れない従業員、店舗に行ったのに閉店で歌えないお客様等々、被害を被った方は数知れません。

Sさん本人は1年ほど前から無免許運転等の罪で交通刑務所に入っており、自業自得で、何も被害を受けていませんが、シェア・ジャパンに係わった多くの方にどれだけ損害を与えたか、本人は自覚しているのでしょうか。

Sさんの名前を知ったのは7年以上前ですが、その時から、お金に関しては良い噂をききませんでした。多くの業者の方もそれは認識していて付き合っていたのだと思います。

認識していたにも係わらず、多くのカラオケ業者は「Sさんに物件を紹介すれば、必ずやってくれるから、機械も売れる」という、後先考えない売上重視、自己保身の考えから物件を次々に紹介し、機械を販売し、挙句は料金が回収できず多額の損害を被る結果となったのです。

そちらもまさに自業自得です。

多くの誘惑に惑わされず、正しい考え、正しい信念の下、仕事を行っていきたいものです。
[PR]

by melo-works | 2008-06-20 10:50 | Comments(2)
2008年 06月 18日

相模原

最近も色々と物件を見て回っていますが、昨日見た相模原の物件は、総合的に判断して、前向きに検討する意向です。

まず、JR相模原駅はまずまずの規模の駅であること、駅からの距離が徒歩1分と近いこと、カラオケがあるビルの1階、2階に居酒屋(白木屋、土間土間)が入っていること、家賃もまずまずの水準であること等を考慮しました。

物件自体は3,4階の2フロアーで、3階に8ルーム、4階に12ルーム、計20ルームがあるのですが、1フロアーのみの分割借りの方向で考えています。

もし、3階1フロアーのみを賃借した場合、部屋を4ルーム増設し、12ルームでの営業を考えています。

賃料提示は1フロアー45万ですから、2フロアーを賃借した場合90万円と家賃が膨らみ、効率が悪く、リスクも高いため、1フロアーで固定費を抑えた運営がベストと考えています。

もし、2フロアーを借りる場合は、カラオケのみでは厳しいと考えられるので、漫画喫茶や最近流行ってきているゴルフシュミレーションゲームを設置したミニゴルフバー等との併設等が考えられます。

ライバル店は、主に2件で「U-スタイル」と「歌うんだ村」です。歌うんだ村は僅か20m程度の並びに店を構えており、物件よりも駅に近く好立地で更に1階の路面店です。地域ではU-スタイルが一番店で、そこもまた1階の路面店です。

ライバル店との条件は1番良くないのですが、3店舗とも駅に近く、知れ渡れば然程ハンデがあるとは思えません。

挑戦してみようかと考えています。

状況が動き次第、また報告します。
[PR]

by melo-works | 2008-06-18 09:17 | Comments(0)
2008年 06月 15日

地震

中国での巨大地震に続き、日本でも大地震が発生しました。

それにしても、アジアは地震が多く、私たちは常に巨大地震の危機の中で生活をしているのだと、改めて感じさせられました。

私は家では必要な番組以外のテレビをつけていないのですが、その時は子供がたまたまテレビをつけていたところ、「緊急地震速報です」という音声が聞こえ、驚いて画面を見たら「岩手県を震源とした・・・」と続き、正直、胸を撫で下ろしました。

もし、東京、埼玉といった音声が聞こえていたら、どういった行動をしたのか、ちょっと想像がつきません。

とりあえず、火を消せと叫び、子供を抱えていただろうか、それくらいしか思い付きません。

妻に至っては、緊急地震速報??といった調子で、何が起きたのか、何が起きるのかを急には理解できなかった様子です。

緊急地震速報から確実に1分間の猶予がある、とすれば少しは対策がとれるでしょう。ですが、速報から数秒後に強い揺れがあったとしたら、何もできません。

結局は地球の息吹の前では、人間など無力な生き物なのでしょうね。どんな対策をとったとしても山が崩れるほどの揺れに対しては打つ手無しといった感じです。

今だ復興の形すら見えない中国の地震に続き、日本でも大量の土砂の下、4人が不明のまま捜索が中断されています。

一刻も早い救出が待たれます。
[PR]

by melo-works | 2008-06-15 23:53 | Comments(0)
2008年 06月 12日

書くこと

昨日、一昨日と関東圏のカラオケ店舗の会議を行いました。

会議では、「記録することの重要性」について再度説明しました。

「人の記憶は薄れ、忘れる」ことはほとんどの人が自覚していることだと思います。昨年の誕生日に何をやっていたか、明確に思い出すことも困難でしょう。それが一昨年ならば尚更です。

記録することは、人生の財産を蓄積することです。

せっかく、こうしよう、これはいいと感じたことを、記録しないでいると、やがて忘れ去られてしまいます。もったい無いことです。折角の宝を落としてしまうことと同じです。

例えば、私はブログを書いています。

このブログも、皆さんへの情報発信とともに、私自身の考えの記録です。

過去の文章を読み返すと、「そうだったのか・・・」と忘れていたことの多さに驚きます。

文章を書くということは、脳の活性化にとっても非常に良いことですから、皆さんもブログ等の日記を書く週間を身に付けてはいかがでしょうか?書く=考えるということです。自分自身の成長にもつながります。

再度言いますが、記録は人生を変えます。書くことを通じて、人生と真剣に向き合うことになります。書くことは考えることです。考える習慣が身に付きます。書くことで財産が蓄積されます。人間的に成長できるということです。

記録の重要性を再度認識し、手帳を活用し、今後も成長していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-06-12 11:17 | Comments(0)
2008年 06月 09日

たばこ税

秋葉原の通り魔事件は本当に理解しがたい惨劇ですが、新聞を読んでいると色々驚くニュースが掲載されています。

先日の日経新聞にはたばこ税の件が掲載されていました。自民党の中川元幹事長らが、たばこ税を1000円にまで引き上げる案の検討を始めた、というものです。

たばこの税金の仕組みはどうなっているかというと、300円のたばこを例にとってみると、
国たばこ税→70.04円
地方たばこ税→87.44円
たばこ特別税→16.4円
消費税→14.29円
税金合計189.17円
つまり、300円のたばこの内、189.17円が税金です。

たばこ税の増税は、困った時のたばこ税と言われるように、増税に対して国民の反発が少なく、上げやすい税金と言われています。

政府も「税金を上げて国民の健康を促進する」という大義名分があるからです。

しかし、愛煙家にとっては死活問題です。1箱1000円とすると、1日2箱吸う方は1日2000円、1ヶ月で60000円がたばこ代として消えていくわけです。

国家間で見ると、日本のたばこ税は比較的安く、1箱1000円を超える国も少なくありません。

ですが、「1箱500円を超えると禁煙する」という考えの人も多く、税金値上げ=増税となるかは未知数です。

今後、消費税上げの議論が本格的に始まり、それに伴い、消費税の代わりとなる財源についても検討されるでしょう。

物価高の最中、税金まで上がっていく状態で、経済が良好に推移するかどうか、素人考えでも厳しいと感じます。

最も身近な税金問題については、今後も注意していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-06-09 09:57 | Comments(0)
2008年 06月 06日

日本経済

最近、私もブログで日本経済や世界情勢について、ネガティブな見解を書いていました。

危機感は変わらないのですが、ポジティブな要素も存在しています。

まず、日本経済の先行きについて、不安が大勢を占めているならば、経済の鏡と言われている株式相場も低迷するはずです。

ところが日経平均は、サブプライムローン関連の影響を受け、今年の3月上旬の12000円を底に徐々に回復しており、今日は14500円程度で推移しています。

買い圧力が強まっており、日経平均は上昇ムードとなっています。日経平均が上昇傾向にあるということは、言い換えれば、今後の日本経済の見通しが明るいということになります。

相場ですから、大きく下落した後のリバウンドかもしれませんし、何か他の要素があるのかもしれません。ですが、株が上昇しているということは、経済にとっては確実にプラス要素です。

また、原油や資源、食材等が軒並み上昇していますが、一部経済評論家によると、日本経済が長く抱えているデフレ(物価が上昇しない)解消の起爆剤になるといった論調もあります。

経済の良好な状態とは、徐々に物価が上昇し、企業の収益が増え、従業員の賃金が上昇する、といったサイクルです。

日本は物価が停滞していますから、企業の収益も増えず、賃金も上がらないといった、経済が成長していかないサイクルにありますから、デフレ脱却は喫緊の課題です。

そのデフレ脱却が、資源高、原材料高によってもたらされる可能性が高い、というのです。

多くの企業は値上げをしています。当社の税理士に聞くと、確かに値上げをしている企業が多く、更に値上げをした結果、収益が改善している企業が多いそうです。

また、日本の国債の利率も上昇しています。俗に長期金利が上昇しているということです。

長期金利が上昇すれば、銀行の貸し出し金利も上昇し、銀行が長く抱えていた利ザヤが小さいという問題も解消に向かいます。(銀行の収益=貸出金利-預金金利=利ザヤ)

銀行が好調になれば、経済にとって大きなプラスです。

当社は廉価で楽しい時間を提供していることもあり、景気の動向は比較的受けにくい状況だとは思います。

ですが、マクロ的な(大きな視野での)経済分析を行い、長期的な視野で経営を行うことはとても重要です。

皆さんも、新聞、ニュース等を見て、色々な情報を入手し、自分の将来に生かして下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-06-06 10:34 | Comments(0)
2008年 06月 03日

提携

今日の日経新聞に第一興商の文字が大きく掲載されていました。内容は、yahooとの会員サービスでの業務提携についてです。

ヤフーのプレミアム会員には登録されている方も多いと思いますが、ビッグエコーでヤフーのプレミアム会員が携帯サイト上などで発行されたクーポンを提示すると、室料を15%割引くといった内容です。

ビッグエコーは会員登録(有料525円)すると会員料金となりますから、ビッグエコー会員+ヤフープレミアム会員での特典で32%の割引となります。

元々基本料金については、高額なビッグエコーですが、32%割引となると、お客様に与えるインパクトは大きいものになります。

当社はビッグエコーと競合している店舗は石神井店のみですが、こういった企業間での割引特典協力は増加していくでしょう。

当社でも、基本料金は下げずに、クーポンや割引券等を使用した優待制度を強化していこうと考えています。

クーポンやチケットを活用する客層は限られており、そういった客層は「安さ」「特典」を追い求めています。

その「安さ」「特典」を工夫し、充実させ、多くの方に告知し、知らせることができれば、必ず集客に繋がるはずです。

ぜひ、皆さんもそういった「戦略」を考えて下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-06-03 23:04 | Comments(0)