当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

物件

本当に物件は水もので、先日書きました北浦和物件がほぼ消滅しました。

実際に動きのあった社員の方にはご迷惑をおかけしました。

内諾をいただき、本契約を残すだけという段階でしたが、当社より高い金額を付けて北浦和物件の営業権を購入したいという業者がでてきたためです。

1千万以上の値が付いたので、私は辞退させていただきました。

投資とリターンの割合を考えて、1千万ならば他にも効率の良い投資があるという判断です。

北浦和は無くなりましたが、シュア・ジャパン絡みの物件で、神奈川で2件始める予定です。

シュア・ジャパンにいた社員2名も併せて雇用し、神奈川の2店舗をやっていただく予定です。

その社員は当社が行う神奈川の2店舗を熟知しており、早期に軌道に乗せる自信があるという言葉をいただきました。

私も大いに期待しています。

詳細は後日報告します。
[PR]

by melo-works | 2008-07-31 00:35 | Comments(0)
2008年 07月 28日

北浦和

7月度も好調に推移しています。

好調の要因として、当社の基本コンセプトがお客様に受け入れられて支持されているからだと思っています。

「地域のお客様に廉価で楽しい時間と空間を提供する」という命題の下、皆さんの努力の結果だと思っています。

また、今の経済状況も追い風になっていることも事実でしょう。

ガソリン高で車での移動が減り、身近で快適な遊びが求められています。

更に、この暑さです。当社のカラオケボックスは廉価でドリンク飲み放題の店舗がほとんどです。暑い中、涼しいところを求めている人も多いでしょう。

これからも地域で必要とされる店舗であり続けましょう。

話しは変わりますが、本社の最寄の駅は京浜東北線の北浦和駅ですが、その北浦和駅東口にある、カラオケフォーユー館の居抜き物件を行うことが濃厚となりました。

カラオケ18ルームの他、1階は受付とダーツバーになっています。カラオケの紹介ページは見当たりませんが、ダーツバーは掲載されています。
http://search.dartslive.jp/shop_33300015.html

賃料も90万と高額であり、規模から言っても相当のスキルが必要です。

今は契約前ですので、決定した後、また報告します。
[PR]

by melo-works | 2008-07-28 20:56 | Comments(1)
2008年 07月 25日

のりを

昨日は終日大阪でした。

居酒屋のりをには現在社員が4名在籍しています。当然のことながら、もう一店舗増やすために4名がいるわけです。

のりをは現在好調に推移していますが、収支構造をみると、毎月の利益は50万程度でしょうか。

毎日がカラオケの12月度の仕事量が続いている(下津マネ談)割には、カラオケ店舗に比べて利益効率は良くないでしょう。

ですが、毎月の安定感はカラオケに比べて高く、長期的視野で普遍性の強い産業は居酒屋だと思います。

企業には色々なリスク分散や多くの攻め手が必要です。それが、地域によるリスク分散、多地域の発展となり、産業によるリスク分散、複数の産業による発展、となるわけです。

当社がカラオケ一辺倒にならないのは、上記の理由があるためですし、また多くのチャレンジによって成長するということが目的です。

大阪の天満橋という場所にのりをの2店舗目を構える可能性が高くなりました。

のりを西本町店にも近く、企業も多数あり、駅近で、地域性も抜群です。

大阪が4店舗となり、関東に続く柱となり、飲食店が3店舗となり、カラオケに続く産業となるためにも、成功させたいと思います。

下津マネージャーを中心に、関西も頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-07-25 21:47 | Comments(0)
2008年 07月 23日

講演会

先日ブログでもお知らせした講演会に参加してきました。

当社からも12名の参加がありました。

講師はリッツカールトンの元営業統括支配人である林田氏をお迎えし、非常に充実した内容の講演でした。

お客様に感動を与えた数々のサービスの実話を沢山披露いただき、真のサービスというものを知った気がします。

また、林田氏が大切にしている8つの心は今後も心がけていかなければならないと肝に命じました。

その8つの心とは
「誠実さ」「感謝の気持ち」「思いやりの精神」「謙虚さ」「愛の心」「忠誠心」「使命感」「奉仕の心」
の8つです。一つ一つに大切な意味があると思います。

林田氏の考えをもっと知りたい方は
「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」という書を読むと良いでしょう。

次回の講演会は11月に予定しています。

人生の先輩の話を聞くことは、とても参考になり、モチベーションも上がりますから、ぜひ多くの方が参加されるよう期待しています。
[PR]

by melo-works | 2008-07-23 23:43 | Comments(0)
2008年 07月 22日

価格交渉

色々な価格が高騰している中、現在契約中のサントリーフーズ(ペプシコーラ)との契約交渉がほぼ落ち着きました。

コカコーラ社とサントリーフーズの2社が、交渉のテーブルに乗っていただき、それぞれの条件提示が繰り返され、こちらの意向も伝えました。

以前は、サントリーフーズと専売契約を結んでおり、現在の仕入れ価格で取引していますが、今回は、当社の規模拡大と共に、仕入れロットが増大しており、価格交渉にも力が入りました。

結果的に、現行の価格より、1割弱下がることが可能となりました。

当社は、現在月に350万程度の支払いを、サントリーフーズに行っていますが、その価格が仮に1割下がると、毎月35万、年間では420万の経費節減になります。

実際は1割には到達していませんので、年間350万程度の経費節減になる予定です。

価格が高騰し、仕入れ品が軒並みアップしている最中、とても価値ある条件です。

これも、規模の増大が寄与し、更に当社が発展することを期待していただいての条件提示です。

それだけ評価をいただいたということです。

当然、当社よりも更に格段に良い条件で仕入れている企業も沢山あります。

ビッグエコー等は当社よりも更に1割以上安い価格で仕入れています。大手企業は仕入れも有利であり、スケールメリットは企業の収益に寄与するところが大きいものです。カラオケ機器に関しても、その他食材に関しても、大手は当社より廉価で仕入れているのです。

そういった大手企業と戦っていくには、日々の創意工夫が求められるわけです。

今後もできる節約は継続し、必要な投資は積極的に行っていきます。

投資では、今回、プラズマテレビを5台入荷し、優先順位を考えて設置していく予定です。座間店のリニューアルも完了しました(総額200万)。本川越店・花小金井店のクーラーの増設も行いました(併せて250万)。

7月度も好調に推移しています。今後も頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-07-22 01:09 | Comments(0)
2008年 07月 18日

激安

大阪に行った際、現地の第一興商の方から、店は汚いけどすごく流行っている店がある、ということで、参考に中を見せていただきました。
e0102432_1035381.jpg

入口です。はっきり言って汚いです。目立ちません。

e0102432_10351956.jpg

階段です。こてこての階段です。100円がインパクトあります。

e0102432_1035427.jpg

部屋のポップです。全ての部屋に30枚以上のポップが埋め尽くしています。

e0102432_1036015.jpg

フード、ドリンク、100円という安心感で学生層に大人気だそうです。

e0102432_10361425.jpg

昼間1時間100円ということで、安いですね。

無駄を全て省いたということで、店内の電気も暗く、汚いです。
真似をしようとは思いませんが、勉強になることもあります。
ポップ等、手をかけて勢いを感じます。

こういった成功例があることも事実です。
[PR]

by melo-works | 2008-07-18 10:44 | Comments(0)
2008年 07月 17日

相模原 現状

相模原の物件は8月1日オープンで進行中です。

e0102432_936026.jpg

フロントになります。フロント周りも広く余裕があります。

e0102432_9361911.jpg

廊下です。前オーナーがかなりの資金を投入し内装を作ったこともあり、上品な感じになっています。

e0102432_9363699.jpg

各部屋全てがこのように15名程度入れる広い部屋です。ゆったりとした9ルームです。
準備期間が一番大変ですが、葛西マネ、塩田マネの2名と本部2名が協力し、奮闘しています。

中が綺麗に仕上がったら、再度紹介します。
[PR]

by melo-works | 2008-07-17 09:41 | Comments(0)
2008年 07月 13日

色々な物の値段が上がり、経済に大打撃を与え、人々の生活を直撃しています。

度々ニュースになっていますが、漁業関係に従事している人は最早待った無しの状況です。

明後日には、全国の漁船20万隻が一斉休漁となります。

ガソリンの値段が5年前の5倍に跳ね上がり、漁に出ても経費で赤字になってしまう為です。

全国的に漁船の数は減る一方で、このままの状態が続くと、私達の生活から魚が無くなってしまうのではないかという状態です。

休漁が頻繁となり、廃業が相次ぐと、当然魚の水揚げ量も減り、価格は上昇します。価格が上昇すれば、人々は魚を買わなくなります。結果的に魚離れは加速していくのでしょうか。

農業や漁業といった第一次産業を、どのように支援していくのか、国は大きな責任を追っています。

当然、行き過ぎた保護政策は時代に反していますから、劇的な打開策は難しいかもしれませんが、食料自給率40%の日本が、自国の第一次産業を発展させないわけにはいきません。

漁業関係者ばかりでなく、全ての産業に多大な影響を及ぼす原材料高を、世界的に解決する方向に持っていかなければならないサミットでは、特別声明が採択されました。

開発途上国の農作物増産を支援し、食料価格上昇につながる輸出規制について撤廃を要求し、バイオ燃料について食料安全保障との両立を求め、植物繊維など第2世代の非食料バイオ燃料の開発・商業化も促しました。

ただし、市場原理に優先して、この特別声明が食料危機を即解決するかというと、まず無理でしょう。

まずは、行き過ぎた原油高を、如何にして沈静化させるか、その一点に全力をあげて取り組んでいただきたいと切に願います。
[PR]

by melo-works | 2008-07-13 23:37 | Comments(2)
2008年 07月 10日

外交

3日間に及んだ洞爺湖サミットが閉会しました。

その成否については賛否両論入り混じっています。

地球温暖化に関する二酸化炭素排出量の削減については、中国やインドを含む拡大会議において、具体的な数値目標が明記されなかったことに失望したり、エコに絡めた原子力発電のセールスの場であった等、色々な意見があります。

各国首脳が一同に会して、自由に意見交換のできる場は確かに必要ですし、一定の成果もあったでしょう。

ですが、サミットは「意見交換の場」としての位置付けであって、何かを決定し、実行に移す場では無いということです。

各国の思惑が入り乱れている「外交」は非常に難しいということを改めて感じました。

外交の難しさと言えば、拉致問題で自民党の加藤紘一元幹事長がとんでもない発言をしています。

小泉元首相が訪朝した平成14年秋に拉致被害者の5人が帰国しました。

その際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に拉致被害者を返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」などと発言しました。

更に金正日総書記が拉致問題を認め、謝罪したことについても「天皇陛下みたいな人物だ」と述べました。

言論の自由ですから、自らの考えを語ることは政治家として必要ですが、こういった国民感情を逆撫でするような感覚の人物に政治家としての資格無しです。

北朝鮮は何度も約束を反故にしてきた国です。まともな交渉が通じる相手ではないことは過去に経験済みです。

その国相手に、拉致された人達を「今回は一時帰国の機会をいただきありがとうございました。またお願いします」と言って北朝鮮に返すことが、外交だと思っているのでしょうか。

そんな駆け引きが外交だと思っている政治家にこの国を守る資格無しです。
[PR]

by melo-works | 2008-07-10 00:04 | Comments(0)
2008年 07月 07日

洞爺湖サミット

今日から北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)が開催されます。

場所は、安倍前首相が決めた北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺で開催されます。

地球環境問題を話し合う場所として、北海道の大自然に囲まれた環境は最適でしょう。

サミットとは、8カ国の先進国の首脳が一同に集い、地球規模の諸問題を話し合う会議で、今や国連よりも実質的に機能している意味では存在価値のある会議です。

今回のサミットのテーマは、アフリカ支援問題、地球温暖化防止の環境問題、原油・食料高騰などの世界経済問題及び核不拡散など政治問題を討議します。

サミット最大のテーマである「温暖化防止」では、2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を半減させる長期目標をG8で共有できるかが焦点となっています。

ただ、京都議定書にも批准しなかった米国のブッシュ大統領は、6日の日米首脳会談でも長期目標の合意には中印両国の参加が不可欠との立場を崩さず、難航が予想されます。正に、福田首相のリーダーシップが問われる場所となります。

華々しく開催されるサミットですが、様々な問題も指摘されています。

そもそもサミットは、国連加盟国192カ国の内、たった8カ国しか参加しない会議です。発展途上国はまったく参加していません。途上国の意思が反映される会議ではありません。

また、サミットは非公開の会議です。自由に議論するためにという理由で、首脳の会談の内容は秘密にされています。公開が原則の民主政治に反します。そういった意味でサミットでは民衆は終始蚊帳の外です。ほんの一握りの人間が、秘密会議を行い、合意する、とも言えます。

サミット期間中は、新聞、ニュースもサミット一色です。世界情勢、地球規模で物を考える良い機会です。

福田首相のリーダーシップを中心に、注視していきましょう。


 
[PR]

by melo-works | 2008-07-07 14:37 | Comments(0)