当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

世界経済

世界経済のパニック状態が続いています。

昨日、米政府による不良資産の買い取りを柱とした緊急経済安定化法案が否決されました。

巨額の税金を投入して金融機関を救済することに国民の反発が強く、選挙を控えた下院議員が賛同できなかったためです。

道理から考えれば、金融機関が利益追求のために、勝手に難解かつ如何わしい金融商品を市場にばら撒き、それによって自らの首を絞めることになったのですから、そのツケを国民の税金で救済するというのは間違っています。

ですが、金融機関を救済しないと、世界経済がパニック状態となり、結果的に景気悪化となり国民生活に打撃を与えます。

日本でも破綻した金融機関に公的資金、言わば税金を投入することに対して、世論は二分され大きな議論となりました。

今後の米政府の対応に注目ですが、今日のマーケットは燦々たる状況です。

今の景気はかなり悪い状態です。景気が悪くなり、色々と状況に変化が起きています。有効求人倍率も下がり、3年ぶりの低水準です。

採用は徐々に行い易くなってきた様子です。求人を掲載している店舗も、問い合わせが増えています。

景気が悪い中でも、元気な企業は多数あります。当社もその一つです。

不景気下、低料金で楽しい時間と空間を提供し続け、多くのお客様に支持される店舗を作っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-09-30 10:05 | Comments(0)
2008年 09月 25日

麻生総理大臣

第92代総理大臣として麻生太郎内閣総理大臣が誕生しました。

麻生氏の著書「とてつもない日本」を以前読みましたが、麻生総理は超前向きな思考回路を持った人です。

ニートを肯定し、高齢化社会を歓迎し、日本の漫画等の文化を賞賛し、日本の未来に洋々たる希望を抱いている著書です。

総理大臣の思考回路としては、あまりに楽観的かもしれませんが、今の時代、前向きな人間が国を率いるということはある意味重要なのかもしれません。何せ、生粋のお坊ちゃま育ちですから、全てを前向きに考えるのも当然です。

知り合いのおじさんに、麻生さんがいれば、面白いでしょうね。ちょい悪おやじで若者の文化にも理解があり、話が面白いがちょっと品が無い、そんな人物でしょう。

近い将来に解散総選挙があり、国民が麻生自民党と小沢民主党のどちらを選択するか、今から楽しみな選挙です。

日本の将来を左右する重要な選挙になるでしょう。

民主党に期待することは、官僚支配、官僚国家を根本から変えることです。民主党の主張である予算の組み替えから22兆円の税源を捻出する、という主張も、予算決定の仕組みを変えていかなければ実現しません。

天下りを撤廃し、無駄な公益法人等をスクラップしなければ、国民は増税に賛同しないでしょう。

麻生自民党は積極的な財政出動を論じています。景気を良くするために、ばら撒きは必要でしょうか?結局はその場凌ぎです。予算は構造を変えていくために使わなければ、将来に借金を残すだけです。今月生活が苦しい、借金しよう、と同じです。

家庭でお金を借りるのならば、借りたお金で事業を始めるとか、転職活動をするための繋ぎ資金とか、将来役立つ資格を取るための資金とか、将来のある子供に投資しようとか、副業としてアパート経営を始めようとか、燃費の悪い車を燃費の良い車に買い換えようとか、そういった行動をとらなければ、将来にただ借金を残すだけです。

今度の選挙に向けて、ニュース、新聞をしっかりと読み聞きしましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-09-25 10:28 | Comments(0)
2008年 09月 22日

横須賀店

神奈川の新店舗3件も徐々に軌道にのりつつあります。

横須賀店だけ画像での紹介をしていなかったので、アップします。

横須賀店は、海沿いにある郊外型店舗です。1階にビデオ屋さんがあり、駐車場も15台程度あります。10ルームで家賃が23万です。

e0102432_9232511.jpg

e0102432_9235260.jpg


外観です。看板は今月末に150万をかけて変更します。今はビデオ屋さんに押されています。

e0102432_92495.jpg


フロントです。今後クロスの変更を行い、明るい雰囲気に変更します。

e0102432_9251071.jpg

e0102432_925373.jpg


廊下も明るいクロスに一新する予定です。

e0102432_9255478.jpg


各部屋には液晶テレビを設置しています。(一部フラットテレビ)
今後オープンする店舗は、液晶テレビとフラットテレビを設置していく予定です。

横須賀店は外観上、以前と全く変わらず営業していますが、土曜日には16万を売り上げました。今後楽しみな店舗です。

今後、内外装リニューアルを今月中に完了し、来月から本格的にスタートします。変更後の様子は再度アップします。
[PR]

by melo-works | 2008-09-22 09:35 | Comments(0)
2008年 09月 18日

にいがた美味物市

リーマンの破綻の影響は治まる気配を見せず、拡大しています。

米保険大手AIGへの政府救済が行われたものの、金融システム不安は後退せず、米証券の連鎖破たんへの警戒感が高まる状況から、日本の株式市場は金融関連を中心にほぼ全面安の状態です。

本当に先行き不透明な状態が続きます。

今日、メールにて独立希望の方向けに資料を送りました。独立をするということは、夢と希望に向かいチャレンジしていくという素晴らしい部分と、巨大なリスクという側面を併せ持っています。

混沌とした経済状況下、私も日々不安要素と戦っています。

その不安要素を払拭してくれるのが、過去積み上げてきた自信や経験、知識がベースとなった仕事の基本的要素です。

独立希望の方の中で、仕事に必要な基本的要素が強固になったと実感できた時が、独立を決意する時期です。

カラオケでの独立に興味のある方はシートを提出下さい。

カラオケ以外で独立する道も当然あります。

以前当社で数年間一緒に働いた野沢君は、新潟の実家の家業を継いで独立しました。

日本の伝統食品である味噌、醤油を中心に販売しています。

以下、東京で開催されるイベントの詳細です。ぜひ顔を出してあげて下さい。

<表参道・新潟館 ネスパス>

特選!にいがた美味物市
◆9月26日(金)~9月29日(月)
お待たせしました!
9月の美味物市もネスパスが厳選した商品が盛りだくさんです。お味噌や昆布醤油、そばつゆなどの調味料をはじめ、エリンギや、おかき・あられなどがやってきます!

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-11-7(表参道ヒルズとなり)
詳しくは下記URLを参考にして下さい。

http://www.nico.or.jp/nespace/event.php
[PR]

by melo-works | 2008-09-18 12:03 | Comments(0)
2008年 09月 16日

リーマン・ブラザーズ

米証券4位のリーマン・ブラザーズが経営破綻しました。

アメリカの金融危機が本格化しており、今後更に経済状況は悪化していくでしょう。

私は以前金融機関にいましたから、日本の金融危機、山一證券の破綻から始まり大手金融金融機関が次々と破綻していく様を経験しました。

金融機関の破綻は連鎖的です。1社が破綻すると、次はどこだという噂が先行し、そこの顧客が資金を引き上げ、該当金融機関はさらに資金繰りが厳しくなるという連鎖です。

負の連鎖を断ち切ることに国は躍起になりますが、今回のように公的資金注入は行わないという方針ですと、市場の目は厳しくなる一方です。

証券会社は昨年までこの世の春を謳歌していました。過去最高益を更新し、私の知り合いのメリルリンチの社員は年収4000万と言っていましたから、異常と言えば異常なマネーゲームが繰り広げられていたのです。

ですが、世の中はそんなに甘くないですから、天国から一気に地獄へ突き落とすのですね。サブプライムローン問題、またその商品の証券化により全世界に如何わしい金融商品がばら撒かれた結果、世界中の金融機関がおかしくなってしまったのです。

日本の株価も大幅に下落しています。

日本では最近、不動産関連企業の破綻が続いています。金融不安により、銀行の貸し渋りが加速すると、更なる破綻が予想されます。

ここ暫くは不景気が続くでしょう。

経済全体(マクロ経済)を見れば不況ですが、元気な業種、企業は多数存在しています。

当社も元気な企業です。日々やるべきことを積み上げ、頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-09-16 11:13 | Comments(0)
2008年 09月 12日

やらなくてはいけないこと

昨日、一昨日と関東のカラオケ・漫画店舗の会議を行いました。

私から店長へ、この2ヶ月間の取組み課題として「やらなくてはいけないことを放置しない」という当たり前の課題を付与しました。

人間は誰しも面倒だ、明日やろう、やらなくてもいいか等、妥協の心を持ち合わせています。

仕事もそうですし、日常での生活でも、そういった場面は多々あるでしょう。部屋の掃除をしなければ、料金を払いにいかなければ、ゼミの論文を仕上げなくては、常にやらなくてはいけないことを抱えているものです。

人生に運を呼び込むための最大の秘訣は、そういったやらなくてはいけないことを放置せずに、勢いをもって処理していくことです。

そういった習慣が身についている人は、いつでも生き生きしています。活力に満ち溢れています。

さらにその活力が新しい取組みへと働きかけ、行動し、色々な成果や成功を生んでいきます。

以下、会議の文章です。

会議に参加した人も繰り返し読んで下さい。そして、この2ヶ月間で、自分の行動が変わったと実感できるようになりましょう。




「やらなくてはいけないこと」ができない、「やらなくてはいけないこと」を放置しておくこと -人生の運を遠ざける行為-

最近、本部長や森田主査の指示等に対して、取組が遅いケースが散見される。指摘された改善事項を放置したまま、数日、数週間が経過し、同じ指摘を繰り返し受ける。心当たりはないか。

●「やらなくてはいけないこと」をやらない人の共通思考
「やる気にならない」 → やる気という気持ちのせいにしている愚、意識レベルが低いと認めている思考
「面倒くさい」 → 面倒くさいという小学生レベルの思考、人生は面倒な事を行った量により幸せが訪れる事を知らない。
「やらなくても大したことは無い」 → 勝手に自己判断し、誤魔化し、妥協し、レベルを落とす思考

●何事も早く(速く)やり、勢いをつける。勢いは運を運ぶ → 「運勢」
勢いのある仕事=仕事のスピードである。
「運勢」という言葉の意味→勢いを運ぶという意味。勢いよく、つまりスピードをつけて行うことで運勢が良くなる。運を運ぶということになる。逆に勢いの無い、緩慢な行動様式の人間からは運が逃げる。やらなくてはいけないことをだらだらと放置しておくことは、自分から人生の運を遠ざけているのと同じである。人生とはそういうものである。

●脳に曖昧な指示をださない
脳の特性→脳というのは指示、指令に忠実に反応するようにできている。それが自らの指示、指令であれば絶対である。脳に具体的に「いつまでにこれを行う」という指令をだせば、その通りに脳が体に働きかけて、実行へと移す。逆に、やらなくちゃいけないよな~程度の曖昧な指令に対しては、脳は反応しない。
脳に対して、はっきりと具体的に指示をだす習慣を身に付ける。今日は何時までにこれをやる、といった指令を送る。
指令を送るために、最も有効なツールが「書く」ということである。手帳の活用である。今日やるべきことを書き出す、そして実行する。日々の繰り返しの訓練で、そういった習慣を徹底的に身に付けていただきたい。

仕事ができる、できないは主に仕事のスピード、改善のスピードを言うケースが多い。俗に言う仕事のできない人とは、要改善事項を放置したまま、それが当たり前で、指摘されることにも鈍感な人を言うことが多い。
良い仕事の習慣を身に付ければ何をやっても成功し、悪い仕事の習慣が染み込むと何をやっても成功しない。
[PR]

by melo-works | 2008-09-12 00:32 | Comments(0)
2008年 09月 08日

総裁選続き

自民党の総裁選挙では、多彩な顔ぶれが立候補を表明し、自民党内とメディアの中の世界では盛り上がりを見せています。

ですが、世の中の大勢の人々は、テレビドラマを見るがごとく、他人事のような感覚でいるのではないでしょうか。

というのも、世論調査では福田総理の辞任を支持する人が43%、支持しない人が38%と、辞任を支持する人が支持しない人を上回っている現実、そして支持する理由として1位なのが、もともと首相としての力量が不足していたから、というものでした。

冷めた目で自民党政治を眺めていた証拠ですね。

その後続く世論調査で、来る総選挙で議席を伸ばしてほしい政党は、という質問には、民主党が自民党を上回っています。

つまり、今回の自民党の総裁選で誰が総裁になっても、民主党に投票する、と言っているのと同じです。

今後、実際に総裁選挙が行われ、どれだけの盛り上がりがあり、誰が当選し、どのような言動があるかにより、多少の世論動向の変化はあるかもしれませんが、おそらく、民主党が政権を握る日も近いのではないでしょうか。

ただし、以前から世論は「一度民主党にやらせてみても良い」という反応であって、「民主党に期待している」というものでは決してない、ということがポイントです。

今、世界的に景気が悪化しており、またロシアとアメリカでは新しい冷戦時代が到来しようとしています。

国内では少子化に歯止めがかからず、また改革の遅れにより資本が日本から流出し、日本の国力は低下の一途を辿っています。

前途多難な時代を強いリーダーシップと正しい政策により導いてくれる政党、リーダーが出てくることを心から望みます。
[PR]

by melo-works | 2008-09-08 01:15 | Comments(0)
2008年 09月 05日

総裁選

何となく、世間は福田総理の思惑通りに動いています。

自民党の総裁選挙の動向がトップニュースで報じられ、民主党はあせりの対応という取り上げられ方です。

それにしても民主党の幹部は世論が読めませんね。せっかくの2大政党化に向けて、過去どれだけの追い風が吹いたことか、それを反対一辺倒の国会対応や、無投票の党首選といったように、世論にマイナスの印象しか与えていません。

結局、人材不足なのでしょう。

自民党はそれでも総裁選となれば、茶番かもしれませんが、それ相応の盛り上がりを見せます。

今日は与謝野氏が立候補を表明し、石原氏も立候補に積極的な姿勢を見せています。小池百合子元防衛大臣も意欲を見せています。

本命の麻生氏に加えて、ベテラン、中堅、女性と多彩な顔ぶれになってきました。

個人的には中川元幹事長の上げ潮派を支持していますから、石原氏か小池女史を支持しますが、荷が重いでしょうか。

確実なのは、選挙後に臨時国会を召集し、直ぐに衆議院を解散し、総選挙になるだろうということです。

総選挙のタイミングは、総裁選後しかありませんから、秋には今後の日本の命運を握るであろう重要な国政選挙があるでしょう。

誰が自民党の総裁になるかで、投票結果は大きく違ってきます。

麻生氏が順当に総裁になったところで、自民党は大敗すると思います。自民党が勝利する唯一の道は、改革推進派が総裁となり、民主党の政策の良さを消すことだと思います。

結局、麻生氏、与謝野氏では、声高に政策を叫んでも、「昔の自民党」の印象は否めません。
[PR]

by melo-works | 2008-09-05 00:13 | Comments(0)
2008年 09月 02日

福田総理

皆さんもご存知かと思いますが、福田総理が辞任しました。

マスコミを始め、世の中は無責任一色です。安倍前総理に引き続き、総理総裁が政権を途中で投げ出す形で辞任したわけですから当然です。

国民の政治不信がより一層深くなり、諸外国には日本の政治の不可解さを再び見せ付ける形になったわけです。

ですが、今回の福田総理の辞任は結果的に見ると妥当な判断であった、ということになるのではないでしょうか。

この秋の国会では、大田農相の事務所費問題を受け、審議難航は必至です。民主党を始めとした野党は自民党を一気に追い詰めて解散総選挙へと雪崩れ込む計画ですし、世論も内閣支持率に表れているように、福田政権を支持していません。

また、民主党が党首選を行わずに小沢代表を再任させるのとは逆に、ここで自民党総裁選を大々的に行い、世論を盛り上げ、自民党の支持率を回復させるチャンスでもあったわけです。

福田総理は伝える力、人をひきつける力は弱いですが、時流を読む力には長けています。自分の不人気さも自覚しているでしょう。官房長官時の辞任もそうでしたが、実に引き際が潔く、逆に野党にダメージを与えています。

今回も野党、特に民主党はやられた感が強いのではないでしょうか。自民党総裁選挙に小池百合子氏や野田聖子氏らが立候補し、華々しく行われて、結果的には麻生太郎氏が総裁になるのでしょうが、盛り上がりからくる世論の支持率アップは多分に計算できます。

責任論では全くの問題外の辞任ですが、政治家の中の世界ではタイミングを読んだ絶妙の辞任でしょう。

それにしても、安心して日本の舵取りを任せることのできる政党、政治家が無いですね。

とりあえず、自民党総裁選に誰が立候補し、何をしたいのかに注目しましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-09-02 12:52 | Comments(0)