当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 25日

小田急相模原

12月上旬から小田急相模原のカラオケ物件をオープンさせることになりました。

当社には相模原店がありますが、JR相模原駅と小田急相模原駅は車で30分以上離れており、商圏は全く別です。

以前は皆さんも良くご存知のドレミファ倶楽部として営業していました。

物件を見たところ、外観・入り口共に、入りたくなる環境にはほど遠く、閑散としているだろうな~という雰囲気が外からも覗えます。

ライバル店はシダックスです。車で500m程度の所にありますが、生活道路としては別の通りになります。

駅から400m程度離れており、駐車場が18台ありますので、一応郊外型物件となりますが、駅前にカラオケボックスが無く(一応一件ありますが、気にしなくて良い物件です)、駅前からのお客様も呼び込める距離です。(徒歩5分)

当社の物件としてはキララ川越店とイメージが重なります。

家賃も60万、ルーム数も16ルームと、同じ条件です。

富士見台店を飛躍させた小島店長が着任します。富士見台店の後任は10月に入社した関谷君が着任します。

12月からそれぞれ新しい環境下、新しい仕事がスタートします。

皆さんも応援、バックアップ、ヘルプ、アドバイス等々、ご協力をお願いします。

画像等、順次アップしていきますのでご期待下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-11-25 10:52 | Comments(2)
2008年 11月 21日

伝えること

19日に全体会議を行いました。

各店長から、色々と店舗での努力を聞き、あらためて当社の好調の要因が分かりました。日々の努力に敬意を払うとともに、今後の益々の飛躍を祈念しています。

それぞれの店長に3分程度でスピーチ形式で話をしていただきましたが、上手く伝えることができたでしょうか?

堂々と話ができた人、緊張して上手く話せなかった人、原稿を見ずに話をしていた人等色々でしたが、要点を相手に伝えることは意外と難しいものです。

言葉一つとっても違いがありますし、声の抑揚や表情によっても違います。

人を指導する時や、人を説得する時等は、相手が「良く分かった、納得した」と思わなければ、伝えたとは言えません。

更に、分かりやすく伝えることができるならば、その上の段階、「相手の心を共感させる、心を共鳴させる」伝え方を目指しましょう。

最近では、アメリカの次期大統領のオバマ氏のスピーチが絶賛されています。

国民が「分かりやすい!そうか、そうなのか」と共感したから大統領に選ばれたのです。

対して、日本の総理大臣、麻生総理は失言により、「終わった感」が濃厚です。

医師は常識を知らない発言は、要は医者は変人が多いと言っているようなもので、麻生総理の思考の傲慢さを如実に表しましたし、昨今の医師不足の中、医師の労働環境が問題視されている最中の発言としては最悪です。

更に、自民党の大票田である医師会を敵に回したことは、自民党内でも大反発は必死です。

言葉はその人の人格を表します。恐ろしいかな、知性も見えてしまいます。

コミュニケーションの手段として、伝達力の向上は常に心がけていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-11-21 11:50 | Comments(0)
2008年 11月 17日

成功

水曜日の全体会議時に発表するスピーチの原稿を事前に読ませていただいています。

各自、色々な成功体験を積んでおり、大変嬉しく思いますが、成功体験とは単に業績が良かったことを成功体験というのではありません。

成功体験には、以下のようなプロセスが存在します。

現状の把握(問題点・弱点・改善点の把握、強点の自覚)を多方面から行い、問題を顕在化させる→改善計画を立案する。具体的行動レベルでできるだけ数値化する。現状を打破するための施策を考える→実行する。実行する中で現状分析・問題点の洗い出しを繰り返し行う→徐々に成果として表れることを実感できる。

成功体験は上記のプロセスを経て、初めて成功体験を積んだと言えます。

また、数値として表れなくても、小さな成功体験は喜びを感じます。

お客様から「お店、綺麗になったね」「この店、感じがいいね」等のお褒めの言葉を頂くことが、数値上の成功体験よりも嬉しく感じることがあると思います。

私達の仕事のエネルギーは、そうしたお客様一人一人からのお褒めの言葉や、笑顔からいただくものであって、そのいただくエネルギーの数が成功体験の数々です。

小さな成功体験の積み重ねによってエネルギーをいただき、より大きな成功体験へとつながり、大きな成功体験の積み重ねが「強固な自信」となって、自己を成長させていくのです。

成功のサイクルを認識し、日々の業務に従事しましょう。

水曜日の発表を楽しみにしています。
[PR]

by melo-works | 2008-11-17 12:09 | Comments(0)
2008年 11月 13日

定額給付金

麻生内閣の景気浮上策の目玉となっている、定額給付金が迷走を続けています。

俗に言う高額所得者に給付制限を設ける、全員に給付する、といった議論が続き、最終的には市町村の判断に任せる、といったお粗末な内容となっています。

まず、この定額給付金ですが、統計では国民の6割が疑問を持っています。

そもそも、景気対策に財政出動は効果が無いことは、世界の常識です。日本も小渕内閣時に僅か数年で130兆円もの国債を発行し、財政出動を行いましたが、全く景気は回復しませんでした。

また、以前地域振興券という形で、ばらまきを行いましたが、その効果もさっぱりでした。

こういった国民にお金をばらまく施策は公明党主導で進んでおり、自民党の中からも疑問の声が続出しています。

そんな中、高額所得者を除外するとかしないとか、本末転倒的な論議で迷走している内閣に、政策執行能力があるとはとても思いません。

今回の定額給付はそもそも景気浮上策であって、福祉政策ではないはずです。

これが、福祉政策ならば低所得者救済で、高額所得者を除外することは当然ですが、景気浮上策ならば、お金持ちに配って、どんどん使ってもらった方が景気に良いはずです。

2兆円ものお金をどう使うか、そこを国民は見ているのではないでしょうか。(別に2兆円使うべき、といった話ではありませんが)

今お金をあげるから、三年後に消費税を上げさせてください、と麻生総理はは財源を明確にし、堂々とした政治をアピールしたのでしょうが、景気浮上策発表時に増税の話をするといった、受け取る側の感覚を読めない総理に、総理の資格なし、でしょう。
[PR]

by melo-works | 2008-11-13 10:51 | Comments(0)
2008年 11月 10日

笑顔

先日、カラオケボックス事業者防犯協力会主催のセミナーに行ってきました。

「笑顔」に関しての講義を2時間拝聴しましたが、普段のセミナーと違い、聞くだけでなく、途中に笑顔の訓練を実践しました。

隣同士、お互いが向き合い、笑顔で挨拶を交わす、またお互いが向き合い、互いに「大好きです!」を元気に笑顔で連呼するといったユニークな内容でした。

更に、割り箸を口に挟み、頬骨を吊り上げ、笑顔を作る練習も行いました。

私達は接客業に従事しており、笑顔は基本中の基本です。

ですが、いらっしゃいませ!を元気な声で言えても、そこに笑顔があるかというと、多くの人が自信が無いのではないでしょうか。

笑顔の効果は既に立証されています。

講義にもありましたが、売上が伸びるというだけでなく、クレームや万引きが激減する、スタッフの遅刻も減る、レジの誤差も無くなると言ったことにもつながります。

お客様も笑顔で応対されると、文句も言いにくく、悪いこともできなくなる、といった原理からですが、暗い顔をしている職場が色々なことでマイナスに作用していくことも確かです。

私は笑顔を作ることに自信があります。それは、鏡を使い、訓練したからです。

上記の笑顔の実践においても、全く違和感なく行えました。

日本人はシャイで顔の表情に乏しいそうです。該当する方も多いのではないでしょうか。

接客業のプロとして、笑顔の訓練は必要です。各店舗でも勤務前に鏡で笑顔の確認を行い、徐々にでも職場に笑顔を増やしていきましょう。

笑顔、楽しい、元気、といった職場を作りましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-11-10 11:51 | Comments(2)
2008年 11月 06日

オバマ新大統領

アメリカの大統領に、「変革」(CHANGE)を掲げて旋風を起こした、民主党のバラク・オバマ上院議員が共和党のジョン・マケイン上院議員を大差で破り、第44代大統領に当選しました。

オバマ氏は当選確定後の演説でも「変革が米国に到来した」と高らかに勝利宣言を行い、今後のアメリカに希望を抱かせています。

黒人(アフリカ系)の大統領誕生はアメリカ建国後初めてです。正に、歴史が変わった出来事です。

オバマ氏は、内政面では中低所得者重視、外交・安全保障では国際協調と対話に軸足を置き、富裕層優遇やイラク戦争に代表される単独行動主義が問題となったブッシュ政権の路線からの大胆な転換を目指すと述べています。

共和党から民主党への8年ぶりのアメリカ政権交代で、アメリカ国内のみならず、国際社会にも変化が波及するのは確実です。

オバマ氏勝利の要因として、その演説の上手さがあります。小気味良いリズムと、キャッチフレーズの繰り返しは、聞いていて心地良さを感じます。大衆を惹き付ける演説という点では、小泉元首相に通じるものがあります。

若さとエネルギーも溢れ、閉塞感漂うアメリカに、本当に変化をもたらしてくれるという期待感を感じさせたことが勝利の要因でしょう。私でさえ、オバマ氏に期待してしまいます。マケイン氏には期待感を感じません。72歳のマケイン氏が敗れたのは、当然の結果でしょう。

それでも、アメリカ社会には根深い差別意識や強烈な原理主義思想を持つ団体も少なくありません。

万全の警護で、躍動した大統領のリーダーシップに期待しましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-11-06 10:41 | Comments(0)
2008年 11月 04日

八王子自動車教習所

おかしな会社倒産が続いています。

八王子自動車教習所が破産しました。教習生1700人を抱え、教習中の生徒は、全納した教習料が水の泡となります。

終了した教習科目については、他の教習所に引き継がれるということですが、その後の科目(既に払ったはず)に対しても、更に実費で支払わなくてはいけません。

こういった「前払い」の企業の破綻は、被害が大きく、社会問題となっています。

英会話NOVAや海外留学ゲートウェイ21も同じです。

顧客は高額の料金を前払いし、企業側はその前払いで受け取った資金をプールせずに、事業拡大や運営費に充当してしまう、新規入会や新規獲得が続けばお金は回りますが、計画通りに新規顧客が獲得できないと資金が回らなくなる、新規顧客を獲得しようと値引きや不当な獲得が増える、更に資金が回らなくなる、やがて破綻、そういった構図が、同じような破綻を生んでいます。

前払いした資金をプールせずに使ってしまっているのですから、正に詐欺行為と同じです。

こういった種の企業については、会計処理を改善・厳粛化し、検査も厳しく行わなければ、同じような被害は後を絶ちません。

私達も、教習所はつぶれないだろう、この企業は大企業だから安心、などと思わずに、常に万が一のことを考え、契約や入金を行わなければいけないのです。

自己責任の時代ですから、個々の知識や認識が欠如していると、大きな損害を被るケースがあるということを忘れないで下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-11-04 09:49 | Comments(0)