当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

人生の差

12月度も残すところ1日となりました。

1年間、本当にお疲れ様でした。

この1年間、世の中は激動しました。私も20年以上、経済を見続けていましたが、これほどの激動の年は経験したことがありません。

厳しい状況下にありながらも、当社の業績は常に右肩上がりに進化し続けています。

私は、皆さん一人一人が「仕事」という人生の半分を占める時間に、真摯に向き合ってきた成果だと思っています。

この12月度に、マネージャーから報告を受けた最低の報告と嬉しい報告を掲載します。

この差は何なのでしょうか?同じ会社の店舗とは思えません。同じ会社にありながら、この差が現実にあること、何故こういった差異が生じるかということを、考えてみて下さい。

人間の責任感、姿勢、人生観、道徳観、人の温かさ、人間の軽薄さ、そこに人生の分岐があり、私達は常に上を向いて、真摯に一歩一歩着実に成長していく仲間でありたいものです。

<最低編>
本日、早番のアルバイトが熱を出し、出勤できず、店長とも連絡が取れないので店に出勤しました。MGから連絡をもらった時に13:30くらいで、店舗を開けたのは15:30時くらいになってしまいました。店舗に到着し鍵を開け、入るとセコムが解除のままで、キッチン内には洗い物が溜まったままの状態、即営業できるような状態ではありませんでした。フロントに店長の友人らしき人の書き置き(先に帰ります。店長は9番で寝ていますので起こさないでやってくだい・・・・・。)がありました。9番に店長が寝ていましたので、起こしました。9番の部屋はスナックの袋が散乱し、ジュースは飲みっぱなしのありさま。まずは営業が終わってから友達を呼んで歌わせたりしていないか確認しましたがやっていないとのことです。手紙に関しても起こしに来てもらっただけです。苦しい言い訳をしていました・・・

<嬉しい報告-鶴見店->
店舗に活気があります。新人のアルバイトも周りのスタッフにつられて、随分大きな声が出るようになってきました。そして多くのお客様が、会計終了時に「よいお年を!」「今年はお世話になりました。」と声をかけてくれます。地域の皆様に愛されている店舗であると思います。フロントに立っているだけで幸せな気持ちになりました。
[PR]

by melo-works | 2008-12-31 11:32 | Comments(1)
2008年 12月 25日

赤字

ニュースを見ていると、深刻な雇用関連の話題を多々報道しています。

契約社員、派遣社員のリストラで、収入も住む場所も失い、炊き出しの列に並ぶ人々を取り上げインタビューを行ったり、職安に通う人を報じたりと、深刻な雇用問題が列島を席巻しています。

トヨタ自動車の今期の決算予想が7500億円の黒字から1500億円の赤字になったニュースも驚きでした。

前期に2兆2千億もの利益をだした企業が、僅か1年で赤字に転落するという、常識では考えられないことが現実になっています。

1年間に800万台以上もの車を生産し、販売した結果が1500億円の赤字になるのです。

当社のどの店舗よりも1年間の業績が悪いのです。トヨタよりも上福岡店の方が利益をだしているのです。

今日も知り合いからの紹介でレクサスの営業マンが来ましたが、厳しいを通り越して打つ手無しといった感じだそうです。

1割程度の減少ならば、営業努力でカバーできても、3割以上も販売が減ってしまっては、努力や工夫で何とかなる問題ではないのでしょう。

当社の業績も若干の影響を受けているとは言え、それでも前年を上回って推移しています。

このご時世にあって、何という幸せなことでしょうか。

当社は、今も前向きに創意工夫し、努力し、「伸びる」「発展する」といった言葉が主です。前向きに努力できる環境にあることは、とても幸せなことです。

皆さんの努力の賜物であると心より感謝しております。

皆さん自身、自己の努力を褒め称え、更にご来店いただいているお客様に感謝して、日々の業務に臨んでいきましょう。

インフルエンザに加えて、ノロウィルスも流行しています。手洗い、うがいといった基本を忘れずに、体調管理には必要以上に留意して下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-12-25 12:19 | Comments(0)
2008年 12月 22日

接客

先日ブログで紹介した本を早速読んでいただいた方がいて嬉しく思います。

私が中学3年生時の担任が国語の先生だったのですが、その先生が「忙しい時こそ本が読める」と口癖のように言っていました。

そんな訳ないだろ、とずっと思っていましたが、ある時からその言葉を自分への激励として使っています。

忙しくても本は読める、少しの読む時間をとってやろう、疲れているけど少しだけでも本を読んでから寝よう、と考えるようになっていました。

今は12月でとても忙しく、心身共に疲労していると思います。寝る前の少しの時間を、日常とは違う世界を見ることに使う、そういったリフレッシュも良いかと思います。

話は変わりますが、店内の忙しさを体験し、ここまでの自分の精神状態はどうだったでしょうか?一度振り返って下さい。

私も忙しさに負けていらいらしたり、感情的になったりした過去が多々あり、とても胸を張って皆さんに「忙しくても、いきいきと、元気良く、気持ちの良い接客をしよう!」と言えませんが、それでも、未熟な自分を悔い、反省し、今日こそは頑張ろう!と日々葛藤していました。

私達はサービス業に従事しており、店長こそはそのプロフェッショナルであるべきです。

接客のプロがいちいち感情的になってしまっては、プロとしての仕事はできません。また、アルバイトとは言え、来店いただいているお客様に失礼な態度で接客をしてよいはずがありません。

当社が追求していくのは「気持ちの良い接客、来店いただいたお客様が楽しめる店舗」です。

私達は楽しむお客様のお手伝いをすることが仕事です。

ぜひ、一度原点に返って、12月度残り10日間、全員で気持ちの良い接客を心がけましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-12-22 10:17 | Comments(1)
2008年 12月 18日

先日も書きましたが、インフルエンザが流行しています。有効な予防はうがいと手洗いです。

各店舗で習慣付けを行って下さい。

話は変わりますが、私は本屋さんで30分程度本を選びながら色々と情報収集を行うことが日課となっていますが、先日私達の仕事にすごく身近な本を見つけました。

「リーダーになる人のたった一つの習慣」という題名で、著者は福島正伸さんです。

社員の方は福島さんのセミナーのDVDを見た方も多いと思いますから、伝えたいことも若干似たような内容はあるのですが、ストーリーが
「赤字のカラオケ店を受け持った3人。一番早く業績を上げたのは誰だったか?実話をもとにした感動のストーリー」というものでした。

本当に全てのストーリーがカラオケ店の店長の物語です。

しかも、営業不振のカラオケ店を受け持ったというシチュエーションは、私達の行っている仕事と同じです。

カラオケ店の店長を題材にした本は私も始めてです。

ごく簡単な本で、30分~1時間もあれば読み終えてしまう内容ですし、自分と置き換えて読み進めますので、お勧めの一冊です。

興味のある方は読んでみて下さい。
[PR]

by melo-works | 2008-12-18 12:27 | Comments(1)
2008年 12月 15日

12月度も中盤に入り、毎日忙しい日が続いています。

この不景気下、皆さんの努力により大健闘と言える状況で推移しています。既存店の前年比はほぼ前年並みの水準で推移しています。

これからも忙しい日が続くと思います。世間では風邪が流行り、インフルエンザも流行の兆しを見せています。基本となる手洗い、うがいをしっかりと行いましょう。

今年1年の世相を表す漢字が「変」という字だそうですが、変 一文字だと「変化」というより、「なんか変だな」の変という感覚がします。世の中全体が「変」だという印象です。

変化については先日もブログで書きましたが、原油価格を始めとした原材料価格の急激な変化が、今年最も私達の生活を直撃したことは間違いありません。

好調だった経済も、一気に史上最悪の不景気へと変化していったことも同様です。

私的にはその変化があまりにも急激だったので、「急」か「激」といった漢字を想像していましたが、世の中の移り変わりのスピードが早くなっていることは事実です。

当社では新しい事業を検討していますが、事業の変化のスピードも、以前の感覚が通用しなくなっています。

事業は投資を何年で回収できるか、ということが一つの目安となりますが、現在は3年以上の回収計画は立てられません。

例えば、コンビニの事業例を見ると回収に7年以上かかりますが、その間、事業が安定的に推移する確率を考えると、7年間の回収モデルの事業は?ということになります。

当社の場合、居抜きで資金を抑えて開業していますから、回収にかかる年数は平均1.5年程度でしょうか。

変化を常に念頭に置き、考えられるリスクを検討し、事業展開を行うことが求められています。

「変」の次の年が「安」や「平」になると良いのですが、これからも急激な変化が次々に襲ってくるでしょう。
[PR]

by melo-works | 2008-12-15 11:19 | Comments(0)
2008年 12月 10日

雇用

今のニュースは「雇用」を巡る動きが中心になっています。

派遣労働者や期間従業員の削減や期限満了を待たずに雇用を打ち切りされるといったケース、新卒の内定を企業の一方的な都合で取り消されるケース、正社員を含め大量のリストラを決行する企業、まさに雇用悪化のオンパレードです。

派遣労働者のカットは主に自動車産業や電気産業が取り上げられています。今まで好調だったトヨタやホンダといった自動車産業の工場では、派遣労働者が大半を占めており、会社で用意された寮に住んでいるケースが多く、収入も無くなり、住むところも奪われるといった惨劇が実際に起こっています。

新卒の内定取り消しでは、大手マンションディベロッパーの日本総合地所が来年入社予定の新卒内定者53人の内定を一方的に取り消すケースや、会社が来年まで存続しているか分からないので内定を辞退して欲しい、と企業が内定者に辞退を促すケースが問題となっています。

昨日はソニーが正社員8,000人を含む1万6000人のリストラ策を発表しました。

雇用の悪化は好況感に大きく影響しますので、益々潜在的な不景気感は増すばかりです。

対する麻生内閣は10月末に雄弁に語った「経済対策はスピード重視」という言葉に反して、友好的な対策は皆無、正に無能な集団です。

日本の経済近代史は民間企業の努力に対して政治が無策どころか足を引っ張る構図が続いていましたが、今も相変わらず変わっていません。

麻生総理の政策、というより思いつきの発言は尽く潰されています。支持率低下にも歯止めがかかりません。

当社もこの不景気をプラスに変えるべく、英知を結集して努力していかなければなりません。

誰かに期待する、というより自ら考え工夫し努力する人間が成功するのです。

インフルエンザが流行の兆しを見せています。手洗い、うがいを大切に体調管理には十分留意し頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-12-10 10:48 | Comments(0)
2008年 12月 06日

小田急相模原店

小田急相模原店の様子をアップします。
まだまだ仮オープンですが、昨日からスタートしました。これから店舗の中も賑やかになっていくでしょう。

約1ヵ月間店を閉めていましたが、居抜きの強みでしょうか、昨日22組の来店で48620円の売上がありました。

e0102432_9425421.jpg

入口の様子です。看板はこれからです。暗くて目立ちません。

e0102432_9432272.jpg

入口です。

e0102432_9433575.jpg

入口を入ると、2階へ上がる階段があります。まだ閑散とした店内です。

e0102432_944434.jpg

フロントです。広くて使いやすいフロントです。小島店長が笑顔で迎えてくれます。

e0102432_9441819.jpg

ドリンクバーもホットがまだ設置されていません。

e0102432_9443348.jpg

店内は長い廊下が続き、動線は比較的働きやすい環境です。

e0102432_9444580.jpg

全部屋液晶テレビです。これからの新店舗は全て液晶で対応します。既存店についても、今年度でかなりの数を液晶に変える予定でいます。

e0102432_945395.jpg

トイレです。クロスを張り替え、明るい印象にしました。今後、小島店長がお得意のトイレ装飾で素敵なトイレに変えてくれるでしょう。
e0102432_9451440.jpg

女子トイレはウォシュレットを設置しました。これも全店舗変更予定です。冬はおしりも温かくないといけませんね。

今後、更に変わっていく予定です。順次アップします。

今日は、第一回目のピーク日です。安全に気を付けて、頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-12-06 09:56 | Comments(0)
2008年 12月 01日

12月

11月が終わり、今日から12月に入りましたが、世間では経済不況を表す数値のオンパレードです。

新聞紙上では、毎日のように、「減産」「マイナス」といった文字が躍り、今回の不況の深刻さを物語っています。

それにしても、この1年間の経済はあまりに乱高下が激しく、また変化のスピードが驚異的でした。

年初から8月頃までは、原材料高が進行し、物の値段が次々に上がっていきました。典型的なのが原油の高騰です。

130円~140円程度だったガソリンが毎月のように値上げされ、一時180円を超えた時期もありました。つい最近のことです。それが、今は110円程度に下落しています。

物の値段も8月までは上昇の一途でした。各メーカーが次々に値上げを行い、食料品の値上げが家計を直撃、といったニュースが日々踊っていました。

直接的な影響は不明ですが、転機となったのは、やはり北京オリンピックが終わった頃でしょうか。

中国国内の五輪特需も終わり、オリンピックニュースに隠れながら、でも実は深刻な経済問題が侵攻していたのです。世間が現実に返った時、世界を襲ったのがサブプライム問題でした。

そして決定的なリーマンの破綻により、世界が浮き足立ち、深刻な不況へと総崩れしていきます。

需要が減り、原材料の値段が急降下するそのスピードは、誰もが初体験でした。過去最大の不況の始まりです。

これから更に失業者が増え、消費も益々悪化することは間違いありません。

当社は11月までは、好調を維持しています。その業績は世間の状況から見ると驚異的です。

皆さんの努力が正しかったからです。

12月度はサラリーマンの動向によって数値が大きく左右されますから、今の段階では、どのように推移するか、全く不透明です。

ですが、行わなくてはならないことをしっかりと行うことが重要であり、またそれを行えば今の良くない経済状況を必ず乗り越えられると思います。

忙しい中、体調管理には十分留意し、全員で頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2008-12-01 10:30 | Comments(0)