当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 29日

海沿いのカラオケ

ここ最近、神奈川県での出店が続いています。

相模原店、平塚店、横須賀店、小田相店と4店舗続いて神奈川エリアでの出店でしたが、また神奈川エリアでの出店が実現しそうです。

場所はご存知の方もいると思いますが、江ノ島のふもとにあるカラオケドリームというボックスの居抜き物件です。江ノ島付近に遊びにきた人でカラオケを利用される方はほぼこの店に行くと思います。

18ルーム、駐車場40台(他店と兼用)、同じ敷地にラーメンの一風堂とココスが入っています。

この物件については、当初あまり乗り気では無かったのですが、条件が有利になったこと及び看板の告知に問題があったのですが、解決できる目処がついたため、出店する予定で動いています。

当然、夏の売上は計算できますが、その他の月の売上が問題です。

現状で、家賃50万、平月の売上が200万前後ということですが、客層の中心が鎌倉に住む年配層だそうで、若者は飛び込み以外、常連はほとんどいないそうです。

現在の経営者が年配の方で、年配向けの経営をされていたそうです。料金も昼間1時間380円(ワンドリンク付き)、夜1時間680円と、当社設定の倍程度の料金です。

鎌倉市内には、これといったカラオケボックスもなく、しっかりと経営すれば、売上は相当増えるのではないでしょうか。

人事については、平塚店の小松店長に、店長を兼任していただく予定です。平塚店とは距離も近く、管理が行いやすいためです。

今後、物件の現状と変化の様子をアップしていきます。
[PR]

by melo-works | 2009-01-29 14:34 | Comments(3)
2009年 01月 26日

成田山

私は毎年、千葉県成田山新勝寺に初詣にいくことが恒例行事となっています。

1月は非常に混雑するため、毎年2月の第一週の日曜日に行っていたのですが、今年は予定の関係上、昨日成田山に行ってきました。

成田山では、御護摩札という木札を購入します。家内安全、商売繁盛といった木札や、交通安全の小型札が有名です。交通安全「成田山」と入ったお守りを持っている人も多いと思います。

木札には名前も入ります。名前入りの木札は、昨年まで3000円~販売されており、10万以上もする高額を願いに込めて購入する人もいます。

しかし、多くの人が3000円の御護摩札を購入していたのが現実でしょう。親戚数名も一緒に行くのですが、皆が3000円の御護摩札を購入していました。

ところが、今年から俗に言う初穂料が最低5000円~となっていたのです。

そこには「諸般の事情により、初穂料を5000円からとさせていただきますので、ご了承願います」とだけ書かれていました。

誰が了承するか、と思い、どうしても納得できないため、お金を支払う場所にいる巫女さんのような服を着た女性に、「諸般の事情とは何ですか?この厳しい状況下、遠くから参拝に来る庶民を裏切るような行為をして良いのですか?」とそれでも冷静に詰問させていただきましたが、「申し訳ございません」という回答しかいただけませんでした。

私が新聞かニュースを見逃していたのか分かりませんが、全く納得できる所業ではありません。

そもそも宗教法人は非課税です。利益が発生しても税金を支払わなくても良い特権があります。坊主丸儲けとは昔から言われていましたが、このご時世に3000円を5000円に引き上げる感覚というのはいったいどういうことでしょうか?

そういう方達が仏問を説いていることが全く信用なりません。

日本第2位の参拝客を誇る成田山の裏切りに気分を著しく害した1日でした。
[PR]

by melo-works | 2009-01-26 14:20 | Comments(1)
2009年 01月 23日

セミナー

私が理事を務めている東京カラオケボックス事業者防犯協力会では、年に2回セミナーを開催しています。

今回のセミナーについては、私も驚いたのですが、講師が有名人です。

「中谷彰宏」さんが、今回の講師です。

中谷氏については、ご存知の方も多いと思いますが、マスメディアに多数露出しており、著書も多数あります。

ネットで「中谷彰宏」と入力し、検索いただければ、大量の情報が存在しています。

参加人数に限りがありますので、参加希望の方は早急に本部宛メール下さい。

日時:3月10日(火) 午後2時~3時30分
場所:グランドアーク半蔵門 4階
講師:中谷彰宏氏
[PR]

by melo-works | 2009-01-23 12:13 | Comments(0)
2009年 01月 21日

オバマ大統領

月曜日にアップした内容が反映されておらず、長い期間が開いてしまいました。すみませんでした。

さて、先日紹介した本を新たに読んでいただいた方や、読み返していただいた方もいらっしゃるかと思います。

私達の仕事に結び付けて言うならば「お客様を大切にしよう」と口では言っていても、心の中で「面倒だな~」と思いながら接客をしていれば、結果は知れているということでしょうか。

大切な心の鍛錬を今後も行っていきたいものです。

話は変わりますが、アメリカではオバマ新大統領が正式に就任しました。

アメリカのみならず、この世界的な大恐慌の中、全世界の期待を一身に背負っての登場です。

その精神状態はどのようなものなのでしょうか。世界中の期待を一人の人間が背負うプレッシャーとは想像もつきません。

また、アメリカの熱狂ぶりにも驚かされました。

インタビューに答える全ての人が「歴史的瞬間に立ち会うことができて幸せだ」という主旨の発言をしていたことからも、アメリカ人のオバマ新大統領に対する並々ならぬ期待を感じます。

冷静なのはマーケットだけでした。

ダウ平均は$8000を割り込み、大きく下げました。

まさにオバマ新大統領の苦難の船出がスタートしたのです。

対する日本の麻生総理は国民的不人気が際立ち、国を率いるリーダーシップのかけらも感じません。

日本も「みぞうゆう」の危機なのですから、オバマ大統領のような強烈なリーダーシップを持った人物が国を率いなければ、この国は衰退する一方です。

オバマ政権の政策が私達の未来をも左右する可能性があり、その政策に注目するとともに、この国の腐った政権をどうにかしてほしいと願うばかりです。
[PR]

by melo-works | 2009-01-21 12:38 | Comments(0)
2009年 01月 15日

推奨本

昨日、今日と関東エリアの会議を行いました。

会議の中で、一冊の本を朗読しました。

「原因と結果の法則」という本です。
e0102432_23162265.jpg


この本は、多くの企業が取り上げるデール・カーネギーやオグ・マンディーノなど、現代成功哲学の祖とも言える人達が、もっとも影響を受けた伝説のバイブルというふれこみです。

聖書に次いで一世紀以上もの間、多くの人々に読まれつづけている、驚異的な超ロング・ベストセラーとも言われています。

以前、私も読んだのですが、本屋でたまたま勝間和代さん(世界で影響力のある女性トップ50に選ばれた話題の人物)が「人生最後の日に読むとしたらこの本を推奨します」というキャッチフレーズを目にして、再度読み返してみました。

こういった、人生の基本を確認することは非常に重要なことだと再確認し、会議で取り上げました。

この、わずか80ページほどのなかに、壮大な宇宙が広がっています。読めば読むほど、毎回違った発見のある珍しい本だと思います。

会議で読んだ店長も、ぜひ再読して下さい。また、興味を持った方にもお勧めします。


「私たちの人生は、ある確かな法則にしたがって創られています。
私たちがどんな策略をもちいようと、その法則を変えることはできません。
『原因と結果の法則』は、目に見える物質の世界においても、
目に見えない心の世界においても、つねに絶対であり、
ゆらぐことがないのです」(本文より)
[PR]

by melo-works | 2009-01-15 23:19 | Comments(1)
2009年 01月 13日

成人

今年は初めて平成生まれの方が成人式を迎えられました。当社に勤務する方の中でも、昨日成人式に出席された方も多いと思います。おめでとうございます。

今年成人を迎える方は、日本がバブル景気に浮かれた1988年に生まれた方です。昭和天皇が崩御され、昭和から平成に変わった年です。

成人を迎えられた人数は全国で133万人で、昨年より2万人少なく、2年連続で過去最少を更新しました。

毎年、成人を迎えられた喜びに反して、許しがたい事件も発生しています。

成人式を妨害する子供じみた悪態や、喧嘩などがニュースになりますが、今年もまた憤りを感じるニュースが幾つかありました。

信号無視の新成人が職務質問の警官を車で引きずり逮捕、けんかで駆けつけた警察官を殴り新成人が2人逮捕、同窓会に出席する男女を乗せた車が激突し2人死傷等々。

大人になる事を理解していないための悲劇です。

成人するということは、今まで社会的に数々の恩恵を受けてきた立場から、社会・未来を創造していく立場に変わるということでしょう。

ですから選挙権も与えられ、年金の支払義務も生じるのです。社会的責任、自己責任も大きくなります。

閉塞感のある日本の現状を、希望に満ちた新成人の活力で打破する気概を持って活躍していただきたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2009-01-13 11:36 | Comments(1)
2009年 01月 08日

迷走

先日ブログで書きましたが、今年やりたいことリストはできたでしょうか?

多くの成功本に「1日に自分を振り返る時間を持つ」ということが書いてあります。ぜひ実行していただきたいのですが、まずは今年1年間を考える時間を持つことから始めて下さい。

考える、書くというプロセスを習慣付けることが重要です。

話は変わりますが、麻生総理が相変わらず迷走しています。

一人12000円の生活給付金を巡る発言が、二転三転どころか、この人は政策というものをどう考えているのか疑問です。

始めに「全世帯に12000円を支給します」と断言したにもかかわらず、高額所得者が支給を受けることを「さもしい」と発言しました。

政策に個々人の倫理観を入れたのです。めちゃくちゃです。

更に、自分は受け取らない、と発言していたものを、「当時とは状況が変わった。生活支援と経済対策という二つの意味合いがあるから、受け取るかどうかはその時に考える」と発言を変えました。

政策を打ち出した本人が「受け取るかどうかはその時考える」とはどういうことでしょうか?

自分の発言が、国民にどう伝わるかが分からない人なのですね。

政治家は言葉が命です。自分の発言がどう伝わるか分からない人がリーダーだということは恐ろしいことです。

解散の時期についても「春以降。話し合い解散はしない。麻生太郎が判断する」という発言から見ても、この人は今の民意や国の状況が分かっていません。解散は「総理大臣である自分の権利」という主張です。

憲法上はそうですが、誰が見ても総理が解散権を自由に行使して良い背景と状況にありません。これまで二人続けて民意を得ていない総理が勝手に辞任した後の総理です。そういったことも重く受け止めてないのでしょう。

この国の政治はいつまでたっても三流です。
[PR]

by melo-works | 2009-01-08 12:24 | Comments(0)
2009年 01月 03日

抱負

早いもので、正月三が日も終わろうとしています。

今年の新年の抱負は書きましたか?

毎年同じ事を言っていますが、1年の始まりに、今年1年間の抱負を考える機会をしっかり持つことは、とても有意義であり、必ず行っていただきたいことです。

当然、昨年度の抱負を振り返り、できたこと、できなかったことの反省からスタートし、今年の抱負を欲張って、思いつくままに列挙して下さい。

昨年できなかったことを引き続きの課題とするも良し、今年1年を通じて新たに芽生えた好奇心を追求するも良し、仕事、趣味、私生活、すべてに欲張って下さい。

余談ですが、私が一番長く書き続けた項目は「今年こそ結婚する」というものでしたが、達成までほぼ7年を要しました。

こういう抱負を書くのも、普段の生活の中で、興味を持ったこと、挑戦したいことを手帳に書きとめておくことが役立ちます。

書くということは、万能なのです。書かなければ忘れてしまうことで、世界が小さくなってしまいます。

今年のレアな挑戦は、「お取り寄せスイーツベスト10を制覇する」「剣道を習い始める」「ハリーポッターの原書にチャレンジする」「体脂肪率15%を達成する」等々。

人生を有意義に過ごすために、色々なチャレンジをしたいと思います。

お金と暇が無いとできない、という視点から考えないで下さい。考え方、考える方向を間違えると、視野が狭くなり、人間的にも成長しません。

やりたいことを実現するために努力と工夫をすることに意義があるのです。

今年も手帳を活用し、色々なことを書き留め、自身に「広がり」「深み」「コク」を身に付けていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-01-03 22:32 | Comments(0)