当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 29日

価格競争

不況下で物の値段が下がるデフレ状態が再び日本経済を覆っています。

特に最近取り上げられることが多いのが、衣料品業界の低価格競争です。ユニクロや島村がその典型ですが、デパートや大型スーパー、海外ブランドも巻き込んだ価格競争が激しさを増しています。

原宿では、世界一の衣料品メーカーであるGAPや2位のインディテックス(ZARA)やH&Mといった人気ブランドに加え、日本勢のユニクロといった企業がひしめきあっています。

そこに世界430超の店舗を展開している「FOREVER21」がオープンしました。ワンピースが1000円台からと、圧倒的低価格が特徴です。

国内のジーンズ戦争も熱く、西友が1470円という低価格でのジーンズを発売したのを皮切りに、ユニクロを展開してるファーストリテイリングではgu店舗で990円のジーンズを発売、大ヒットを記録しました。更にイトーヨーカドーでは980円の婦人ジーンズを発売、こちらもヒットしています。

いまや、上から下まで、1万円あれば、最先端のファッションが身にまとえる時代となったのです。

消費者にとっては嬉しい競争ですが、企業サイドから見ると、最早「消耗戦」です。企業努力を超えて、利益を削り、価格競争に勝つことに邁進しているツケは企業だけでなく、従業員にも降りかかり、そして日本経済を覆うデフレスパイラルとなって私達全体に悪影響を及ぼすことになるわけです。

カラオケでも当然起こりうる価格競争です。

当社は「廉価で楽しい時間と空間を提供」している企業ですから、更に廉価でクオリティの高い店がでてくれば、対抗することになります。

それが価格だけなのか、様々な付加価値を提供することなのかは分かりませんが、カラオケボックスにとって価格は生命線ですから、当然厳しい戦いになります。

日本は長らく続いたデフレ状態から、原材料価格の高騰が影響して脱却しかけた矢先に、物が売れない世界不況によって再び深刻なデフレ状態に陥ろうとしています。

内需拡大の叫び声とは裏腹に、内需が収縮していく状態を脱却する方法を考えることが私達の命題であり、日本経済にとっても喫緊の課題です。
[PR]

by melo-works | 2009-05-29 13:59 | Comments(0)
2009年 05月 25日

過ぎたるは・・・

大阪、兵庫にいつもの朝が戻ってきました。

今回の新型インフルエンザでは学級閉鎖やイベント等の規制があり、家庭や企業活動に多大な影響をもたらしました。

インフルエンザの生徒がいない学校も一律学級閉鎖という処置には賛否両論ありますが、今回の処置は強毒性の鳥インフルエンザを想定したマニュアルに沿った処置だったことからも、政府→自治体の判断にも行きすぎ感は否めません。

経済的損失も大きく、兵庫三ノ宮の商店街では、大きく影響を受けた、売上が軒並み半減した等々悲鳴が上がっています。

マスクはどこに行っても売切れ状態です。

世界を見ると、日本の新型インフルエンザに対する論調では「日本は衛生問題に過剰反応だ」というものが多く見られます。

政府は水際対策として空港での検疫に全力をあげましたが、潜伏期間には全く効果がないことが世界中の常識となっており、その水際検疫に全力で取り組んでいることが、国民にも医療対応にも油断を生じさせたことは事実です。

これはマスコミの報道のあり方が問題です。こういった重要な問題に関して、マスコミはただ騒ぎ、情報を垂れ流し、繰り返し報道することで、国民は洗脳されていきます。

政府の対応、報道も問題です。確かに危険はあります。ですが、過剰反応ばかりしていると、世界中から日本という国の評価が低下する一方です。

水際検疫やマスクの有効性は世界では疑問視されていますし、今回のインフルエンザの対応では、日本の常識は世界の非常識となっている感があります。

勿論、危険性がゼロというわけではありませんから、念には念ををいう対応を否定しているわけではありませんが、大切なのことは、インフルエンザに関して5月10日のブログでも書いた通りです。(今回の件もそうですが、大切なことは状況判断、将来予測に誤りがないことです。マスコミ報道を鵜呑みにせずに、氾濫する情報から正しい情報を読み取り、マクロ的視点や歴史的視点を取り入れ、判断・予測を行う必要があると考えます)

歴史的視点とは、同じような事例で過去の対応はどうであったか、ということもありますが、先人達の教えという意味もあります。

「群行・群止には見識を看る」(大勢の人間と一緒の行動をしているとき、その人の見識が現れること)

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」 (何をするにも、いき過ぎになっていると、それがどんなに良いことでも、むしろ不足ぎみや、不満足な状態と変わらない。過度になってしまうようであれば、むしろ控え目にしている方がよい)

色々と勉強をし、常に正しい判断ができるように心掛けたいものです。

※当然、インフルエンザの危険性が無いわけではありませんので、手洗い、うがいの励行に努めて下さい。
[PR]

by melo-works | 2009-05-25 12:13 | Comments(0)
2009年 05月 20日

構造改革

当社の業績について、3月から前年比マイナスが推移しており、厳しい状況が続いていることはご存知だと思います。

各企業も、不景気の今だからできる構造改革を進めています。無駄を省き、効率を高め、利益率を向上させることが一番の目的です。

過去100の売上で利益を得ており、採算分岐が85だとします。今は不景気で70の売上しかありません。これ以上の売上が期待できない場合、70でも利益がでる体質にしなくてはいけません。

仮に70の売上でも利益がでる体質になったとすれば、売上が回復し100に戻った時には、以前より数倍もの利益がでることになります。

そういった取組を行っていない企業は淘汰されます。

不況の今、構造改革に努め、実際に好転した時に、今まで以上の利益体質にすることで企業は発展します。雨降って地固まるというやつです。日本企業は円高の度に構造改革を進め、1$=100円の水準でも利益がでる体質改善に成功しました。

お陰で1$=120円近い水準で推移していた近年で莫大な利益を上げたことは記憶に新しいと思います。今は1$=95円でも利益がでる体質に改善を図っています。

その繰り返しが企業の体力を強めていきます。

本部でも支出の削減に取り組んでいます。

まず考えることは、月々の固定費の削減ですが、その中でも大きなウエートを占めているのが家賃です。

当社のカラオケ部門の家賃の合計は22店舗で1065万です。すべての大家さんが30000円の値下げに応じていただいたとしたら、66万の経費節約となります。

現在4店舗の大家さんから値下げの了承をいただきました。金額にして30万の値下げです。概ね、大家さんも昨今の経済状況をご理解いただき、交渉もスムーズに運ぶケースも多々あります。

また、仕入の値下げ交渉も行っています。

食材やトイぺ等の雑貨まで、ほとんどの業者へ交渉を行っています。

売上を増やす努力と同じ努力を会社のリストラクチャリングに充てていますし、今はそれをやる時期であり、交渉先も受け入れていただき易い環境にあります。

皆さんも店舗でできる努力はしっかりと行って下さい。
[PR]

by melo-works | 2009-05-20 16:22 | Comments(0)
2009年 05月 18日

インフルエンザ

新型インフルエンザの流行は既にパンデミックの状態と言えます。

行政の対応も、従来想定していた毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザに関してであり、今回流行している季節性インフルエンザと毒性が変わらないH1N1型の豚インフルエンザに対しては、迷いが明らかです。

行政の対応に迷いがあると、企業の対応も難しいものとなります。

大阪府の橋下知事が「このままだと大阪府の都市機能がマヒする」と言っていましたが、正にその通りです。

麻生総理は「現時点で政府として外出や集会の自粛、企業活動縮小を一律に要請することは考えていない」と述べ、国民に冷静な対応を呼び掛けましたが、企業活動に大打撃があることも確かです。

これからも事態を注視し、都度指示を行っていきます。

メールでも指示しましたが、手洗い、うがいが基本です。インフルエンザの感染ルートは、手などに付着したウィルスが粘膜部位(目や鼻、口等)を触ることで感染することもあるため、手洗いは重要な予防策です。

マスクをしているから安全、ではなく、手洗い、うがいを基本に予防していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-05-18 12:13 | Comments(0)
2009年 05月 15日

党首選挙

民主党の党首選挙が土曜日に行われ、鳩山氏、岡田氏の一騎打ちとなっています。

両候補はテレビに出演し、色々と持論を展開し、発言していますが、両候補とも頼りない印象を受けます。

鳩山氏が語る「友愛」という言葉にしても、大切な良い言葉ですが、民意を掴む言葉か?という印象です。

今だからこそ友愛といいますが、「友愛」よりもせっかく「官僚政治の打破、地方分権により日本を根本から変える」という主旨の発言をしているのですから、抽象的な「友愛」を前面に出せば出すほど、改革をイメージしにくい感じを受けます。下手くそな論理展開です。

総合的な印象では、岡田氏がクリーンなイメージ、新生民主党をアピールするには適していると感じますが、不意を突いた質問に対しては、早口になり、身振り手振りが増え、的を得た回答か?と感じる等、動揺している姿が気になります。緊張していることもあるのでしょうが、総理大臣としての度量には欠けるのではないでしょうか。

比較にもなりませんが、オバマ大統領の民衆を引き付ける魅力、スピーチ力に遠く足元にも及びませんし、日本を見ても、橋元大阪府知事の方が堂々と発言し、的を得た的確な発言をしています。

民主党の代表を決めるということは、次期総理大臣を決める可能性が限りなく高いことを考えると、鳩山総理大臣、岡田総理大臣、両候補ともインパクトにかけます。

鳩山氏が代表になり、来る総選挙で麻生自民党と対決となると、歴史上有名な「吉田茂と鳩山一郎の5年戦争」の再来となりますが(お互い孫)、もう2世、3世議員での政権たらい回しはうんざりといった感じでしょうか。

世論調査では、軒並み岡田氏が鳩山氏をダブルスコアーで上回っています。

民主党という党が、内向きな党か国民側を向いた党かがはっきりする選挙です。

直前まで、世論調査の動向を見ながら、注目していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-05-15 11:26 | Comments(0)
2009年 05月 13日

民主党

民主党の小沢党首が辞任しました。

当然と言えば当然の辞任ですが、最近の小沢氏の会見を聞いていて、私はずっと違和感を感じていましたし、今回の辞任会見でも同じく大きな違和感を感じました。

小沢氏の発言は「選挙に勝つため」「政権交代を実現するため」という主旨の発言を繰り返していました。

当然、選挙に勝って、政権交代を果たすことが、良い日本を創ることになる、という民主党のロジックがあるのでしょうけれど、肝心な政策論争にはほとんど触れず、ひたすら「選挙」発言を繰り返す党首に違和感を感じた国民は多いのではないでしょうか。

大切なのは、良い国を作りたい、民主党ならばこんな政策ができる、そういったアピールを繰り返すことであり、「選挙のために私がいる」「身を投げうって選挙に勝利したい」では政策より政局といった印象は否めません。

また、今回新しい党首を選ぶ党首選に関しても、鳩山氏の名前が挙がっています。

本当に来る総選挙で勝利するという目標を達成するならば、鳩山氏よりも良い候補者は沢山います。もし、鳩山氏が代表になったら、自民党の思う壺でしょう。小沢代表の影響力が色濃く残ったことになりますし、鳩山氏では、新生民主党という印象は全く感じません。

民主党という党は、民意を感じ取る力が欠如しています。

昨日感受性について会議で触れましたが、まさに感受性が欠如した党です。

中堅・若手議員の中には素晴らしい志を持った議員が多数見られますが、執行部、幹部議員達の私利私欲、パワーゲームに党が右往左往している現状では、政権交代も心もとないのではないでしょうか。

原理原則に則った、誠実、潔癖な党首が、古い体質の自民党をぶっつぶす、そんな政権交代が見たいものです。
[PR]

by melo-works | 2009-05-13 11:06 | Comments(0)
2009年 05月 10日

新型インフル

新型インフルエンザについては、遂に国内で感染者が見つかり、更に感染者4人が乗っていた米デトロイト発の国際便に同乗し、入国して健康観察の対象となっている164人のうち、外国人3人と連絡が取れていないことが明らかになりました。

日本でも二次感染の危険性が飛躍的に増したということです。

また、今回感染した高校側には、何故渡航中にマスクを着用していなかったのか、というマスコミの質問の嵐が飛んでいます。

日本ではマスクの着用が日常化しており、マスクを着用している人をみかけても違和感はありません。マスクの普及には花粉症という日本特有の事情が影響しており、近年マスクのタイプも実に様々な仕様が登場しています。

今は日本の公共の場でマスクを着用し業務を行っているところはほとんどありませんが、このインフルエンザが本格的に流行の兆しを見せれば事情は変わってくるでしょう。

ですが、暑い季節にマスクを着用し動くことは容易ではありません。毒性の強いH5型の鳥インフルエンザであるならば話は別ですが、着用指示に関しては状況を見極めたいと考えています。

国内での二次感染が起き、政府が警戒レベルを上げた時が一つの目安と考えています。

また、今はウィルスが本格的に猛威を振るう季節ではありませんが、年末にかけて警戒度合いは緊迫するでしょう。鳥インフルエンザの心配も存在し、今年の冬に関しては今から憂慮しますが、できる限りの事前の対策を考えたいと思います。

今回の件もそうですが、大切なことは状況判断、将来予測に誤りがないことです。

マスコミ報道を鵜呑みにせずに、氾濫する情報から正しい情報を読み取り、マクロ的視点や歴史的視点を取り入れ、判断・予測を行う必要があると考えます。

経済不況の最中、経済的に悪い方向(公共施設の封鎖や外出禁止令等々)にいく可能性も十分あります。私達の周りの緊迫度合いは増すばかりです。
[PR]

by melo-works | 2009-05-10 23:33 | Comments(0)
2009年 05月 05日

継続

新型インフルエンザについては、毎日のように「陽性反応、疑いがある人」がでては、検査で「従来型」という結果が繰り返し起きています。

ゴールデンウィークの帰国ラッシュに伴い、日本での発症も時間の問題かと思いますが、関係各国の当局者は、「事態の悪化に歯止めがかかりつつある」との認識を示し始めています。

メキシコでは「感染拡大のペースを落とすことに成功した」との発表があり、アメリカでも新型インフルエンザが季節性インフルエンザより危険とは言えず、「明るい兆しが出てきた」との見解を示しています。

今後予断を許さない状況に変わりはありませんし、最悪のシナリオも頭に置きながらも、様々な情報に右往左往することなく、事態を冷静に注視していきたいと思います。

話は変わりますが、以下、本部スタッフからの報告です。

上福岡店の特にPR・店舗施策に関する取り組みですが、「実のある仕事」を物語っています。

●ティッシュ配布について
4月は6000枚配布して130枚のバックがあり、上福岡店としては今までバック率が悪かっただけに良い結果となった。

●他店舗設置について
店長業務としても中心的な他店舗設置からの4月のバックが37枚と依然良い結果としてでている

●各サービスについて
「19時までに来店するとその後昼料金となるサービス」もかなり定着してこの時間帯のお客様も増加している
お誕生日サービスも毎月30組を超えるお客様がサービスを受けている

上記の取組みによって、多くの顧客を獲得し、地域密着型の良い店舗ができていると思います。取組みを継続・浸透させることが最も重要であり、やりっぱなしでは意味がありません。

どのスタッフからの報告でも、上福岡の店内グリーティングの元気の良さは当社一であり、そういった努力が厳しかった先月も前年15万プラス、今月もプラスで推移という結果に表れているのだと思います。

「仕事」を考える上で大いに参考にして下さい。
[PR]

by melo-works | 2009-05-05 12:20 | Comments(0)