当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 28日

解散

どうやら解散、総選挙が近付いてきたようです。というより、時期的にも解散のタイムリミットは間近で、麻生総理が「解散の時期については私が決めます」という決まり文句も効力を失っていると言えます。

日本は二院制ですが、参議院の任期は6年間(半数を3年毎に選挙)で、衆議院は4年と定められていますが、衆議院には解散→総選挙というものが突然起こりうる可能性があります。

総理大臣は議会を有利に運営するための特権として、衆議院を解散する権利を持っています。記憶に新しいところでは、小泉元総理が郵政民営化に抵抗勢力が猛反発をしたことで、伝家の宝刀である「衆議院解散」を行い、郵政選挙と位置付け、大勝利を収めました。

これは、総理大臣の解散権を有効に活用した典型ですが、麻生総理は自身が総理大臣となった時から、自身の基盤を強固にするために、自身に有利な解散のタイミングを図ってきました。

結局のところ、最早麻生総理に風は吹かない可能性が高く、解散の時期についても、狭まる選択から已む無く選ばなくてはいけない時期にまで追い込まれました。

唯一の残された可能性は、大阪の橋下知事が自民党を応援すると宣言することですが、如何でしょうか。

麻生総理はここにきても、党三役の刷新、内閣改造が取り沙汰されていますが、右往左往している印象だけが深まり、求心力も国民の支持も低下する一方です。

こうなると、総理大臣というものは、まさに裸の王様状態です。少数派閥の総理大臣は尚更です。

本人の知らないところで、様々な動きが起こり、それをマスコミを通じて耳にすることになり、周りに対して疑心暗鬼となり、更に孤立化する、と言う悪循環です。今の麻生総理がその状態です。

私達は、政策を見極め、日本の将来を正しい方向に導いてくれるであろう政党、人物を選択しなくてはなりません。選挙まで、政治を注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-06-28 23:40 | Comments(0)
2009年 06月 25日

地方からの改革

解散総選挙の日程が徐々に近付いている中、地方から政治を変える動きが活発になっています。

東国原知事が自民党からの出馬要請を受け、「全国知事会で作成した地方分権に関する提言を自民党のマニュフェストにそのまま盛り込む」「自らを総裁候補として次期衆院選を戦う」ことを出馬の条件としました。

マスコミは恰好のネタですし、連日激しい取材攻勢が繰り広げられていますが、東国原知事の狙いはどこにあるのでしょうか。

自民党が変わらなければならない、ということは周りも理解できますが、自身の要求をすんなりと受け入れるとは考えていないでしょう。自民党の激しい反発も計算の内です。

ただ、知事が真剣に国の形、中央集権から地方分権への改革を実現したいと考えていることは事実です。

少しでも、その実現性の高い形を事前に作って、国政に参加したいという考えであることは間違いありません。つまりは一新人議員としての当選では意味がないと考えています。

果たして、知事の出した条件を自民党はどの程度飲むのでしょうか。現状では、党内の反発が強く、条件を飲んでの出馬要請には動けないと思います。

また、昨日は大阪府の橋下徹知事が横浜市の中田宏市長らと会談し、地方分権の推進を目指す自治体首長らによる政治グループを結成する方針を決めました。

次期衆院選で各政党がマニフェストで示す地方分権政策を見極め、支持政党を表明する考えです。

橋下知事は「全国知事会や全国市長会といった既存の枠組みを超えた政治運動にしたい」と述べ「応援した政党が負ければ国からの予算配分はひどいことになる。知事を辞める覚悟を持って取り組む」と語りました。

こちらの支持政党の表明の方が本命なのではないでしょうか。現実味も強く感じますし、地方から国を変えるという方法論においても正当性を感じます。

今後は、橋下知事を中心にした地方連合とその連合が支持した政党が連携し、改革を進めていくのだと思います。おそらくは、橋下連合の支持政党が政権を握ることは間違いないと考えています。

東国原知事の方法が一匹で攻撃する「蜂」だとすると橋下知事の方法が集団で構築していく「蟻」でしょうか。

地方を巻き込んだ政局に注目し、誰の主張が正しく、どの集団が我々の将来にとって良いのかをしっかりと見ていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-06-25 11:58 | Comments(0)
2009年 06月 22日

1Q84

話題の書、村上春樹さんの1Q84を読んでみました。

小説をあまり読まない私にとって、大阪への新幹線往復5時間×2回が久しぶりに小説の世界に没頭する時間となりました。

村上氏はご存知の方も多いと思いますが、今年2月にエルサレム賞を受賞しました。

当時はイスラエルによるガザ侵攻が国際的に非難されており、この受賞については辞退を求める声が上がっていました。

しかし村上は賞を受けエルサレムでの授賞式に出席します。

その受賞スピーチでは「何も語らないことより現地で語ることを選んだ」と出席理由を説明し、そして「高くて固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」と言い放ち、イスラエルのペレス大統領の面前でイスラエルの行為を公然と批判しました。

さらに「私たちはみな国籍や人種・宗教を超えてまず人間であり、システムという名の壁に直面する壊れやすい卵なのです」と語っています。

今回の1Q84も宗教を信仰する家庭や親の都合で自由を奪われる家庭環境に育った2人が主人公で、一連のオウム事件を題材として取り上げていることは明らかで、現代社会における倫理とは何かという、大きな問題を問うています。

村上氏は文章の中で「偏狭」という言葉を使っています。生まれながら偏狭な中で育った人間の不幸を描き、批判しています。

まさに、氏がスピーチした「宗教を超えてまず人間である」という主張が流れています。

ノルウェーの森以来の村上春樹作品でしたが、個人的には、村上氏の文章はあまり好みではないと感じています。性的描写が多く、全体に暗い世界に送り込まれます。ただ、読んでいて面白いことは間違いありません。好みの問題です。

上下1000ページを超える作品ですし、1日あれば、というわけにはいかないと思いますので、興味がある人は読まれては如何かと思います。
[PR]

by melo-works | 2009-06-22 10:54 | Comments(0)
2009年 06月 18日

党首討論

国会では昨日2回目の党首討論が行われました。

鳩山代表は意外とディベート慣れしているな、という印象に対して、麻生総理は全くど素人の討論を繰り広げていました。

最も象徴的な部分は、麻生総理が最後にいきなり第七艦隊(防衛の件)の話を出しましたが、ディベート(討論)の定石は、今まで論じてきた総評を行う場面では「新しい議論を持ち出さない」というものがあります。

議論がかみ合わないばかりか、「逃げ」を連想させるからです。まさに麻生総理が話をはぐらかしている印象を植え付けました。

また、麻生総理肝入りの「アニメの殿堂」建設に対する補正予算の件で
<鳩山氏>
莫大な予算を投入する補正予算は内容を吟味していただきたい。アニメの殿堂のような不要不急のものは後回しにすべきだ
<麻生氏>
アニメの殿堂は安部内閣からスタートし、福田内閣で企画し、私の時に実行した。思いつきでやっているわけではない
<鳩山氏>
補正予算は緊急的に必要な予算でなければならない。安部内閣の時から考えられていたものがなぜ突然補正で組まれるのか。アニメの殿堂のお金があるなら、なぜ生活保護の家庭の母子加算を戻してあげないのか。

というやりとりを聞いても、鳩山氏の術中に麻生総理がはまった、という印象は否めません。

鳩山氏は持論の「友愛」を根底に、医師不足、失業者対策、母子家庭支援といった生活者保護の観点を貫いたという感じです。

討論に最も大切なのは、「自己のロジック(論理)を一貫し正しく立証することで聴衆に共感を与える」ことです。

「~だからこうである」「~だからこうやるべきだ」「~だからこうあるべきである」という「~だから」がロジックです。

鳩山氏の「~だから」は「今は生活者保護の政策が第一である」「生活者保護の観点からも無駄を排除し正しい使い道をしなければならない」ということでしょうか。だから、箱物建設より、医師不足対策だったり、失業者対策だったり、母子家庭対策、ということになるわけです。

討論の基本は、論点がぶれたりロジックと離れた主張を行わない、明確なロジックを考えロジックが正しいことを一貫して主張する、ということです。覚えておきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-06-18 11:54 | Comments(0)
2009年 06月 16日

のりを本町店

今日は終日大阪でした。

そして、本日「王道居酒屋のりを 本町店」がオープンしました。

当社として、2店舗目の「のりを」です。

現在の西本町店から徒歩10分程度の距離にありながら、商圏は全く違います。客層は両店舗ともビジネスマン中心です。大阪の中心街ですから、人通りも多く、本日も看板を見る人や、チラシやティッシュをとっていく人が多くいました。

オープン初日はキャンペーンもあり大盛況です。店の特徴として、低価格を謳いながら店内は落ち着いた高級感が漂っています。お客様も、良い意味でのギャップに驚いていただいています。

今回のオープンにあたっては、当社から下津マネ、渡辺店長、中村料理長と3人が中心となり、またFLCフーズの社員さん達の多くの協力、そしてアルバイトの皆さんの頑張りによって、大盛況となりました。

本当にありがとうございました。

今日ののりをの朝礼でも言いましたが、これからも皆が成長し、そして結果的に店が発展するというサイクルで頑張っていきましょう。

e0102432_041175.jpg

e0102432_0471988.jpg
e0102432_0473941.jpg
e0102432_048057.jpg
e0102432_0481663.jpg
e0102432_0483157.jpg
e0102432_0484419.jpg
e0102432_049112.jpg

[PR]

by melo-works | 2009-06-16 00:55 | Comments(1)
2009年 06月 12日

辻井さん

既にご存知の方も多いと思いますが、世界でも3本の指に入る権威あるバン・クライバーン国際ピアノコンクールで、盲目の日本人ピアニスト辻井伸行さんが優勝しました。

生まれながらに全盲ですから、辻井さんはこの世界の様子を一度も見ることができず、頼りになるのは、その他の五感だけになるわけです。

とりわけ聴覚、聴覚でも小さい音が聞こえるといった聴覚ではなく、聞いたことをイメージする力や聞いた音を自分のものにする力は幼少の頃から長けていたのでしょう。

母からの声で風景の様子を聞く、それを自分の中でイメージをする、そしてそれを曲として表現するという作業が辻井さんの日常ですが、一般の人は自分の目で見たことが全てですから、そこには曖昧な感覚は無いわけです。

想像やイメージを表現することと、見たことを表現するのでは、脳の活性が全く違うのではないでしょうか。

視点は外れるかもしれませんが、私も将来の予想や、やりたいことをイメージして、戦略を立てたりしますが、脳が一番活性化する時はそういうことに取り組んでいる時だと思います。

自己の中にある情報から、目に見えない世界や起こりうる状況をイメージする作業が、新しいものを作り上げていくのだと思います。

人間は脳の持っている力の数%しか活用できていない、と言われていますが、辻井さんは「天才」という言葉だけではなく、本来だれもが持っている脳の能力を我々よりはるかに高いレベルで引き出し活用しているのだと想像します。

脳を働かせることは、人間の可能性を大きく広げることにつながります。

与えられた情報や状況を鵜呑みにし、毎日を漫然と過ごすのではなく、考えたり、想像したり、イメージしたり、表現したり、文章にしたり、そういった行動、努力が如何に大切なのかを改めて教えられました。

これから辻井さんのCDを購入し、聞いてみようと思っています。
[PR]

by melo-works | 2009-06-12 12:06 | Comments(1)
2009年 06月 08日

原材料価格

新聞やニュースを見ている人は知っていると思いますが、最近原油を始めとした「商品取引」関連の値が上昇しています。

日経平均も底値の7000円付近から3000円近く上昇し、10000円の大台に近付いています。

新興国の株価はリーマンショック前の水準付近まで上昇しています。

「景気が回復することから来る適正価格」ならば分からない上昇ではありませんが、俗にいう投機マネー、リスクマネーが流れ込んでいる「繰り返されるバブル」といった兆候が見られます。

ガソリン価格も若干値上がりしてきている事実に気付いている方も多いでしょう。

こういった原材料価格の上昇は、経済の回復に冷や水を浴びせることになります。

多くの企業は、原材料価格の下落に助けられている状況で、元気のある企業は低い原材料価格を追い風に利益を上げています。

本当に経済は目まぐるしく変化し、先、先へと急ぎますね。実体経済が巨大な資産家の投機マネーによって動かされているというイメージです。

今までのケインズを始めとした近代経済学の理論は、在庫調整や需給ギャップ、雇用関連、金利水準、経済対策が景気を上下させて、物の価格を決定するといった基本的な流れがありましたが、今や経済を動かしているのは、実態のないレバレッジをかけた膨大な投機マネーといった印象です。
(レバレッジとは実際の何十倍もの金額で行う取引のこと。儲けも大きいが損失も大きい)

この不況下でも資産を増やしている人は沢山いるということです。

この投機マネーの動きを規制することについて、今世界全体が動いていますが、各国の利益がからんでくるため、紆余曲折しています。

実態経済を狂わす動きを監視、制限することが必要ですし、投機マネーによる原材料価格の上昇が大きな格差社会を生み、一部の投資家が莫大な利益を上げてる裏側で、主食の穀物も高くて買えないような貧困を生んでいることを忘れてはいけません。

繰り返されるバブル、人間の「欲」には際限がないのです。
[PR]

by melo-works | 2009-06-08 11:11 | Comments(0)
2009年 06月 04日

GM

クライスラーに続いてGMも破綻(民事再生)しました。

今回の破綻は市場では概ねプラスに作用しており、両社の破綻を織り込み済みだった市場は破綻後上昇しています。

オバマ大統領の米政権の一連の処理については、その手腕を高く評価されており、今回の計画倒産は市場に動揺を与えることなく行われました。

簡単に言うと、オバマ大統領の現政権は「大きな政府」と言われる政策を取り続けています。シティグループやAIGと言った金融機関に巨額の公的資金を投入し、今回のクライスラー、GMについても巨額の資金を投入しました。

様々な経済対策と併せて、オバマ政権は巨額の赤字を抱えることになります。

当然、その歪み(ひずみ)は現れます。市場は冷徹です。最近では長期金利が上昇しており、景気対策で膨らむ財政赤字に対する懸念が一因です。

金利が上昇すると、経済にとって様々なマイナス要因となります。貸出金利が上昇し、個人の住宅ローン、企業の設備投資に悪影響を及ぼします。経済のマイナス圧力となるわけです。

また、市場には大きな動揺は与えなかった破綻処理ですが、今後失業率の上昇は避けられない深刻な問題です。

米経済は2009年下半期中に成長を回復するものの、失業率はその後も上昇を続け、10%を突破するという見通しがあります。

長期金利の上昇、失業率の上昇、こういった経済のマイナス圧力に対して、オバマ政権はどのような政策を打っていくのでしょうか、注目したいところです。

日本の総理大臣と違い、今のところオバマ大統領は見事なリーダーシップを示しています。

今後、様々な政策の積み重ねにより、気がつけば日本が取り残された、ということになっていないと良いのですが。
[PR]

by melo-works | 2009-06-04 09:48 | Comments(0)
2009年 06月 01日

先日は衣料品競争について書きましたが、今日は「薬」を取り巻く小売業界のまさに戦争とも言える競争について書きます。

今日から「改正薬事法」が施行されます。大きく変わるのがコンビニエンスストアやスーパーに留まらず、家電量販店等、様々な店舗で薬が買えるようになる、ということです。

現在も薬局以外で薬を販売している店舗はありますが、今は薬剤師がいないと販売できない薬が、分類によりますが、登録販売者という資格を持つ人がいれば、大衆薬の9割を販売できるようになります。

新しい収益源に流通大手各社が相次ぎ参入を表明しており、逆にこれまで市場を独占してきたドラッグストアや薬局は、24時間営業の拡大によるコンビニ化や調剤事業の強化で迎え撃つことになります。

まさに異業種入り乱れた大競争時代が始まることになります。

規制が変わり薬を扱える企業が増え、一見規制緩和とも思えますが、一方、インターネットで注文できた大半の大衆薬は一部を除いて宅配が禁止され、ネット業界は大反発しています。

今回の改定では、薬販売の「安全性確保」が根底にありますから、何でもOKと言うわけにはいきませんが、どこでも薬が買えて便利になるが、ネットでは買えなくなる、これって便利なの?という感覚を持つ人が多いのではないでしょうか。

また、消費者側から見る視点と企業側から見る視点は全く違います。薬局業界にとっては、まさに大激震です。独占市場だったものが、一気に流動化するのです。

過去にも酒類販売の緩和が地元の酒屋さんの大淘汰につながりました。(町田酒店は生き残りましたが)おそらく、町の小さな薬局は大苦戦を強いられるでしょう。多くが淘汰されると思います。

流通業界は今後も競争→再編という流れが強まり、戦国時代・仁義なき戦いという様相が続くでしょう。

本当に「生き残ること」「勝ち残ること」は大変なことです。
[PR]

by melo-works | 2009-06-01 11:11 | Comments(0)