当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 30日

救出

台風20号の影響により、八丈島沖で遭難した幸福丸から、奇跡的に3名が救出されました。

転覆時の状況について、救出された方は「船長は操舵室にいた。残る7人は船室にいたが(行方不明の)4人は船外に出た。救命胴衣はつけていなかった」と言っています。

運命とはなんと残酷なのでしょうか、外に出ることを選択した4人がほぼ絶望的な状況で、船内に留まった3人が結果的に助かりました。

自分に置き換えて考えても、船内にじっと耐えているより、船外に出て何とか生き延びる手立てを選択しただろう、と思ってしまいます。

救出された乗組員3人が転覆後の約90時間を過ごした後部船室は、高さ1.7メートル、幅2.9メートル、奥行き2.2メートル、床部分が上部になり、天井部分が床で浸水していた状況です。

その中に留まることは息苦しい極致です。正に究極の選択、判断が命運を分けました。

また、救助された方が、海上保安本部の潜水士が救助のため船室内に入ってきた様子を「格好良かった。映画の『海猿』を思い出した」と話していましたが、潜水士もこういった万が一の時のために、日々過酷な訓練を繰り返し行っています。

6人の潜水士が、ボンベのレギュレーターをリレーのように3人にくわえさせ、船外に運び出したそうですが、究極の現場で最高のパフォーマンスを発揮した潜水士に心から敬意を表します。

先日の台風20号は動きが実に不透明で、私も「え、今日台風来るの」という感じでしたし、突然襲ってきた自然の猛威でした。

人類の進歩が目覚ましくとも、自然の猛威をコントロールすることは不可能ですし、予測すら困難です。

今後も温暖化により、超大型の台風、ゲリラ豪雨、竜巻といった異常気象現象が頻繁に起こると言われています。

せめて、自然の猛威を決して軽んじることが無いように心掛けていきたいものです。
[PR]

by melo-works | 2009-10-30 13:31 | Comments(0)
2009年 10月 26日

国会

経済をマクロの視点で見ると、金融危機の原因となったマネーゲームは終わるどころか、バブルの目が徐々に見え始めていることが分かります。

例えば、原油価格の上昇が加速しています。21日には、1バレル=81.37ドルと08年10月9日以来となる1年ぶりの高値で取引が終了しました。需給が停滞しているなかでの急伸です。

ダウ平均にしても1万ドルを超えて、リーマン破綻当時の水準に近付いています。アメリカは年末商戦の不調にも表れていますが消費の回復が鈍く、商業用不動産ローンによる地方銀行の大量破綻、失業率の高止まり等、多くの不安を抱えながらも株価は上昇しています。

俗に言う投機マネーが行き場を失っている状況が鮮明となっています。行き場を失ったマネーは、上昇し易い商品や銘柄に向かいます。

現在は、資源価格の上昇が資源国通貨高となっています。原油や金と言った商品価格が上昇し、資源を豊富に持つオーストラリア等の通貨が上昇しています。

対して日本株の上昇は世界的に見ても出遅れています。直近のGDPはアメリカを凌ぐ伸び率であったにも関わらず、日本株は極めて弱い動きとなっています。

民主党への政権交代後の影響、方針が不透明なことが要因と考えられています。特に郵政民営化の後退による改革の停滞、多くの財政出動を必要とする各種ばら撒き政策による借金の増大が、長期的に日本の行く末をネガティブにみているということでしょうか。少なくともマーケットはそう見ています。

今日からやっとと言えるでしょう、臨時国会が召集されました。政権交代後、初めての本格論戦がスタートします。

民主党の政策に関して、野党となった自民党がどこまで追及できるかが焦点ですし、そこに注目していきましょう。激しい論戦の中から、ベストな政策が決定していくといった、国会本来の姿を見たいものです。
[PR]

by melo-works | 2009-10-26 10:30 | Comments(0)
2009年 10月 23日

官僚支配

民主党の支持率に大きく影響するであろう出来事、日本郵政の西川社長が辞任し、その後任に元大蔵官僚の斉藤氏の起用が決まりました。

民主党が掲げる「脱官僚依存」に疑念を抱かせる出来事であり、民間出身の西川社長から斎藤氏へのバトンタッチは「民から官へ」という逆行を強く印象付ける人事です。

民主党は昨年度日銀総裁を決める際に、自民党案の財務官僚登用を次々に「官僚支配へ直結する」という理由で否認し続けてきました。

ですが、300兆という巨大資産を持つ日本郵政の社長人事に、あっさりと元大蔵官僚を起用することは、方針転換ととられても仕方ありません。

この人事は亀井、小沢ラインで決定されたのでしょう、鳩山総理のリーダーシップは発揮されませんでした。

おそらく、鳩山総理は元官僚の起用には反対であったと思いますが、反対できなかったということは、今後も総理の意思が尽く否定されていく場面に遭遇していくことでしょう。

更に、小泉郵政選挙において、民の意思は、郵政民営化賛成が明らかに示されたわけです。国民は小泉氏が連呼した「改革の本丸、郵政民営化」をはっきりと記憶しています。

その改革から逆行している様をどう見ているのでしょうか。

次回の民主党の支持率が楽しみです。おそらく数%ダウンするでしょう。

追い打ちをかけるのが、最近の民主党政権は脱官僚どころか、財務省支配が鮮明です。

企業においても、いかなる組織でも「予算権限」を握っている部門が権力を持ち、実質支配することになりますが、財務省はその予算権限の威力をここぞとばかりに発揮しています。

今後も財務省の抵抗により、民主党の政策が行えない場面が多々ありそうです。

官僚主導から政治主導へ、国民が最も期待している改革ができないとなると、民主党政権継続も危くなります。

支持率は一度低下すると歯止めをかけるのが難しいものです。

早くも正念場です。
[PR]

by melo-works | 2009-10-23 11:54 | Comments(1)
2009年 10月 19日

政治手法

先週以来、民主党の来年度予算が注目を集めています。

昨今の経済不況により税収が大幅に減り46兆円の見込みが40兆円割れとなること、逆に民主党の概算要求額が大幅に増加し95兆円規模になるということ、それに伴い赤字国債発行に鳩山総理が言及したこと、またそれに対して様々な批判的な意見が噴出していること、それに呼応するように鳩山総理が「世論が赤字国債発行に対して批判的ならばマニュフェスト実行の一部凍結もありえる」と発言したこと等々です。

民主党の政策、とりわけ藤井財務大臣等はマニュフェスト実行ありきの発言を繰り返しています。

確かにマニュフェストは政権公約ですから、その忠実な履行により、国民の信を得ることは重要ですが、マニュフェスト実行原理主義では、国がおかしくなります。

常に時代は流れており、今必要な政策に対する優先順位を間違えると、国を衰退へ導きます。

今までの自民党政治がマニュフェスト実行を軽視し続けてきたため、マニュフェスト→選挙での国民の選択基準→マニュフェストの実行→次の選挙での国民の判断基準という重要なサイクルが全く無かった状況が続いていました。

民主党はそこを変えようとしており、その意気込みは理解できます。

ただ、選挙での判断基準となるはずのマニュフェストですが、先般の衆院選での国民の判断基準に、マニュフェストよりも大きかったものがいくつか存在しています。

「政権交代ありき、一度自民党ではない政党に政権を任せたい」という反自民の投票行動です。更に「自民党が作りあげた官僚主導のシステムを政治主導に変える」というキャッチフレーズも受け入れられました。

細かいマニュフェストを分析し、投票行動に生かした人よりも、上記の理由が大勢ではないでしょうか。

とすると、民主党がマニュフェストありきで政策を実行しようとすればするほど、国民はそこに「ずれ」を感じることになります。

鳩山総理は感性が敏感な方なようで「世論が赤字国債発行に批判的ならばマニュフェスト実行の一部凍結」という主旨の発言を行ったことは正解でしょう。

民主党の目玉政策の一つ、高速道路無料化には国民の6割が反対意見です。また税収が減る中、揮発油税の暫定税率廃止による減収で更に自らの首を絞めることが得策でしょうか。

国民に状況を丁寧に説明しながら、世論の理解を得て、政策を進めていくことが、今までの自民党政治には無かった革新的な手法です。麻生総理の上から目線の受け答えには無い手法です。

膨れ上がった予算が日本の借金漬けを加速するような愚策を行わないことを切望します。
[PR]

by melo-works | 2009-10-19 10:42 | Comments(0)
2009年 10月 16日

設備投資

先日、エクシングの新機種「CROSSO(クロッソ)」の発表会に行ってきました。

WAVEは好評でしたが、CROSSOに関しては正直目新しい機能も少なく、WAVEとの差別化もあまり感じない印象でした。

それでも、音質の向上、唄スキの充実、ポイント制度等々があり市場には徐々に普及していくでしょう。

当社では現在光回線の一斉導入を進め、また新機種の入れ替えも進めています。

大阪では6台のプレミアダム購入、関東でも10台のプレミアダム購入を月内に行います。

それに伴い、当社のG50、G50Ⅱは完全になくなります。液晶42型も10台購入し、徐々に設置しています。

本日、三井住友ファイナンシャルリースの方と交渉しましたが、世の中の企業の設備投資に関しては、全く改善の光が見えないと言っていました。

企業の設備投資の状況を最も良く把握しているであろうリース会社が、リース先が無いという状況は、日本経済の現状、先行を物語っています。

好調期に無理な拡大路線を走り、目標必達ありきで数字を追いかけていた企業は、現在の需要が極端に減った経済不況に対応ができません。無駄な資源を如何に圧迫・縮小するかが課題となり、設備投資などできるはずもありません。

好景気、不景気、いつの時代も右往左往せずに、必要な物を必要な時期に適切に投入する経営判断が求められます。

当社の今回の機種導入に関しても、割高なレンタルをやめてレンタル機械を一括購入し、そのレンタル料金削減分で新機種を割賦で導入するもので、月々の経費は然程増えていません。

レンタルの一括購入に関しても、通常引き受けていただけない取引ですが、プレミア複数台購入という条件で交渉を行った結果、了承いただきました。

正に、正常な設備投資です。

今後も適宜、適切な判断、行動を行い、周りの状況にも動じない企業、人的集団でありたいものです。

e0102432_1225011.jpg
e0102432_123643.jpg

[PR]

by melo-works | 2009-10-16 12:07 | Comments(0)
2009年 10月 13日

変化

ニュースや新聞を見ていると、栄枯盛衰・時代の変化の早さを感じ、まさにオセロゲームのような入れ替わりが日々繰り返されていることを実感します。

世界最大の玩具チェーン、トイザラスの日本一号店が閉鎖された記事がありました。

トイザラスは上陸当初まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大を続けました。郊外の幹線道路沿いに大型店舗を構え、メーカーとの直接取引による大量仕入れによる低価格が武器でしたが、近年勢いは無くなり、家電量販店やネット販売等に顧客を奪われ、株の時価総額も10分の1にまで低下しました。

また、「スエヒロ」を1円で売却という記事も掲載されていました。

スエヒロレストランシステムはステーキレストランの「SUEHIRO」や焼き肉店の「炭火焼き肉かるび屋」を合わせて32店舗を運営していましたが、その32店舗を僅か1円で焼肉チェーンのあみやき亭に売却したのです。

私も不採算店を0円で手に入れたことも多々ありますが、要は不採算店は値段が付かないということです。

また、政府の政策転換により、企業が一気に地獄へと突き落されることも多々あります。

今回の民主党政策では48箇所のダム建設が凍結されます。

当然、地方の建設業者は次々に倒産します。建設事業のすそ野は広く、多くの地方の人が職を失うことになります。

企業の衰退、倒産=多くの人が職を失うということですから、こういった様々な変化を「時代の流れに翻弄された」と片付けてしまうことはできません。

要は企業にも変化が求められているということです。ここでいう変化とは、何も業態やサービス内容だけではありません。

人の変化や組織の変化も必要ですし、個々の意識の変化も重要です。事業戦略も時代にマッチしたものが求めれらます。

例えば、店舗の出店場所や規模ひとつとっても、時代に合ったものなのかを常に考える必要があります。郊外の大規模物件や都内有数の繁華街の大型店舗は?ですし、今後は1店舗あたりのルーム数も減少傾向にあると思います。

居抜き物件も減少していますし、居抜きよりも良質なスケルトン物件を年に一つ程度取り組んでいくことがベターと考えます。

栄枯盛衰の世の中を生き残るために、正しい戦略と正しい判断を行い、常に向上心を持って仕事を行っていくことが試されているのです。
[PR]

by melo-works | 2009-10-13 11:45 | Comments(0)
2009年 10月 09日

子供手当て

民主党の目玉政策である子ども手当てに関して、どうやら所得制限を行わないこととなりそうです。

民主党の「子供を国家全体で育てよう」という目的に関しては全く正しいと思いますし、確かに給付できるならば給付した方が良いに決まっています。財源が潤沢にあるならばです。

本年度の厚生労働省の要求額は昨年度プラス6兆円の大幅増になる公算が高く、厚労省の予算だけで30兆を占めることになります。

対して、昨今の経済不況により見込み税収46兆円が40兆へと下方修正される中、厚労省だけで収入の7割以上を使うことが許される状況ではありません。

当然、マスコミが騒いで、大阪府の橋下知事が猛烈に批判した「赤字国債発行」が避けられない事態となります。

そのような状況下でも、民主党はマニュフェストの完遂に走り、多くの反対意見を聞き入れず、所得制限無しの子供手当てを支給する方針です。

小泉政権下、プライマリーバランスを黒字化させる(要は税収内で予算を組む)目標は既にどこかに行ってしまいました。

民主党は特別会計の200兆円を組み替える作業で10兆円程度を捻出可能と言っていましたが、その作業が急がれます。特会にメスを入れなくして、民主党の政策実行は不可能です。

しかしながら、こと来年度予算ということになると、やはり赤字国債発行ということになるでしょう。その時の世論は「今年は仕方無い、今無駄排除に努力している最中だ」となるか「赤字国債発行なんて駄目ですよね~」となるかですが、内閣支持率71%の数値を維持できるとは思えません。

民主党の行っている政治は概ね正しいと思います。民主党の言う「革命」には多少の犠牲は付きものなのかもしれません。ですが、マニュフェストの内容を変更せざるを得ない場合も当然あり、国民に丁寧に説明をしながら理解を求めていくといった姿勢を示すことも重要です。

やはり医療費、年金、介護と莫大に膨れ上がっていく社会保障費に対応するには、結局は消費税増税ということになるのでしょう。

その前段階、無駄の排除に国民は期待しているのです。
[PR]

by melo-works | 2009-10-09 12:57 | Comments(0)
2009年 10月 05日

中川氏

政治家の中川昭一氏が死去いたしました。国の為に、身を削り努力されてきた氏に対して、心よりご冥福をお祈りいたします。本当に、お疲れ様でした。

中川氏は様々な要職を歴任され、将来の総裁候補とも言われた方でしたが、先の酩酊会見により、積み上げてきたものを全て失うこととなりました。8月に行われた衆院選にも落選し、ただの人となっていました。

死因は未だ解明されていませんが、睡眠薬を常用しており、持病の腰痛への鎮痛剤もかなりの量を服用していたこと、遺書などが見つかっていないこと、争った形跡もないこと等から、病死説が有力となっています。

酩酊会見については、酒だけの影響ではなく、同時に服用した鎮痛剤による幻覚作用との説もあり、酒だけの失敗事例として取り扱うことは失礼かもしれませんが、国際的な金融会議における記者会見前としては油断があったことは否めません。

一度の過ちが人生を狂わせ、取り返しのつかない事態を招くことを肝に銘じなければなりません。特に、酒にまつわる失敗が人生を狂わせることが多々あることを知った上で、酒と付き合っていかねばなりません。「酒は飲んでも呑まれるな」ということです。

中川氏の父一郎氏の死も不可解な死でした。

睡眠薬を常用していたことや突然の訃報という点も似通っています。自殺にせよ、病死にせよ、精神的ストレス、精神的病が招いた死という点では同じと言えます。

人間は日常に様々なストレスを抱え、大小あれど各々悩みを持ちながら生き続けていくのです。その悩みの大小に関しては、客観的に見ればそれは大変なことだ、そんな小さなこと、と言えるでしょうが、要は本人がその悩みやストレスをどう感じ、どう受け止めているかが大切なのです。

「悲観は感情から生まれ、楽観は意志から生まれる」といった類の言葉があります。私が大切にしている言葉です。

確かに投げ出したいような悩みや問題がありますが、それを日常のストレスとしてしまうと、「眠れない」「胃がいたい」「やる気がでない」「誰とも会いたくない」等々の現象として表れ、それを薬で解決しようとし、更に体に負担をかけるという悪循環に陥ってしまうことになります。

アフガニスタンの戦禍で飲み水にも不自由し衛生状態も極限の中で生活を強いられている人、古く戦時中に自らの命を国や家族に捧げた人、私たちの生活はどう解釈しても恵まれているとしか言えません。

ストレスに負けない思考、悩みに屈しない思想を身に着け、心身ともに健康で充実した人生を送れるよう、これからも努力していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-10-05 10:59 | Comments(1)
2009年 10月 02日

エクシング

以前から報道されていましたが、JOYSOUNDのエクシングを子会社に持つブラザー工業が、カラオケUGAを展開するBMBを親会社の有線放送大手のUSENから買収することが決定しました。

今回の買収によりブラザー子会社のエクシングは業界2位の地位を固めることになります。BMBとエクシングを合わせると業務用通信カラオケ機器の市場占有率で40%強を占めることになり、50%以上のシェアを持つ第一興商に迫る勢力になります。

まず、BMBですが、親会社のUSENは有線放送事業を中核に据え、事業を拡大してきました。映画、無料動画(GyaO)といった事業がことごとく失敗し、今や有利子負債1300億もの負債を抱え、株価も下落の一途を辿っています。

以前のブログにも書きましたが、USENの若き経営者宇野社長はインテリジェンスの経営に成功し、父が経営するUSENの立て直しに就くわけですが、立て直しどころか、状況は悪化の一途、株価はUSENの先行を不安視しています。

今回も事業の選択と集中という名目でのBMB売却ですが、要は売却することにより有利子負債を減らさないと会社がもたないということです。

次にエクシングVS第一興商ですが、エクシングと第一興商の戦いの歴史は深く、両社とも遺恨を残しながらも今後も熾烈なシェア争いを繰り広げていくといった感じです。

通信カラオケ以前はJOYSOUNDが業界トップのシェアでしたが、逸早く通信カラオケを発売したJOYSOUNDに対し、第一興商は専属楽曲を保有する大手レコード会社8社に対して、JOYSOUNDを運用するエクシングへの専属楽曲開放承認を1~3年程度遅らせるよう要請しました。

その間に第一興商がシェアを広げ、ナイト市場を制圧してしまったのです。

これが「 専属楽曲独占使用疑惑」となり訴訟合戦へと発展し、一応の和解となったのは2009年、つい最近のことです。

また、一昨年から昨年にかけての第一興商のお家騒動により、第一興商の当時社長だった米田氏が解任され、その一派を率いてBMBに入社しました。

今回の合併により、元第一興商の重鎮達がエクシングへと移ることになるのです。

上記のように色々な経緯もあり、今後カラオケ業界は第一興商とエクシングの2強ということになります。

本日、エクシングの新機種「CROSSO(クロッソ)」の発表会に行きますが、完成度の高いWAVEの後継機種として、どの程度の完成度なのか興味津々です。

当社は、第一興商とエクシング双方と良い関係にあります。導入機種の割合も近く、今後も市場の動向、お客様の声を聞きながら設備投資を行っていきたいと考えています。
[PR]

by melo-works | 2009-10-02 11:42 | Comments(0)