当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 30日

ドバイ

ドバイショックにより急激な円高が進み株価を含め多方面に影響がでています。

この一文で大凡内容が理解できる方は日々ニュースに関心を持っている方だと思いますが、皆さんは如何でしょうか。

ドバイはアラブ首長国連邦の7首長国の一つであり、近代化を経て中東における貿易・商業の最大の中心地と成長しました。GDPの伸びは30倍に達するなど、中世から近代への急変した都市です。

特に2003年以降の発展は凄まじく、原油高がその発展を更に後押し、皆さんもテレビで見たことがあると思いますが、超高層ビル、摩天楼の連なる幻惑的な都市へ豹変し、数々の大規模リゾート開発が行われ中東でも随一の繁栄を誇っていました。

しかし、サブプライムローン問題に端を発した世界経済の低迷により大打撃を受けます。

外国企業からの投資引き上げや地元企業の資金繰り悪化、それに伴う多数の建築工事や計画の中断、またその結果起きた外国人労働者の失業や経済低迷に伴う観光客の減少など、まさに経済的混乱の最中にあります。

そして今回のドバイショックへとつながります。

ドバイ政府が欧米系の金融機関に対して、政府系不動産開発会社の「ナキール」社とその持ち株会社の「ドバイ・ワールド」社の債務約590億ドルについて支払い猶予を求めると発表したのです。要は今はお金を返せないということです。

ドバイ政府自体の債務不履行、欧米系銀行の債権焦げ付きが懸念されて大パニックとなった、そしてユーロが売られ、信用不安のある米ドルも下げ、緊急避難的に円が買われた、そういう顛末です。

急激な発展は歪みを生む、繰り返し述べてきたことです。あまりにも夢を見すぎたドバイ、ということでしょうか。そしてドバイの経済が日本経済にも多大に影響を与える、まさに経済のグローバリズムです。

ちなみに2009年のドバイのGDPは約4兆円程度であり、これは青森県とほぼ同じ経済規模です。日本ってすごい国ですね。
[PR]

by melo-works | 2009-11-30 13:13 | Comments(0)
2009年 11月 27日

岸本議員

今週、民主党衆議院議員の岸本周平氏と懇談する機会がありました。

岸本氏は元大蔵官僚、それも主計局(国家予算を管理する部門)という日本の中枢にいた人物です。

大蔵省(現財務省)はやはり天下りの温床であったそうで、数々の独立行政法人を作り予算を付け自らの天下り先を確保する、そんなことが実際に行われていたそうです。

小泉改革に関してもその実態はやはり改革という名の自民党延命だったようで、何も変わらない、官僚の抵抗で何も変えられないというのが実態だったそうです。

そんな自民党政権に見切りを付け日本の将来を憂慮し民主党から立候補し当選を果たした人物です。

質疑応答の時間があったので、私から
・夏の衆院選の民意は民主党のマニュフェストを支持し民主党に投票したのではなく、政権交代ありきで民主党に投票した。よって民主党がマニュフェストの実行に固執し舵取りを誤ることは如何なものか、
・岸本氏ならばご存知かと思うが同じ大蔵官僚だった高橋洋一氏が窃盗容疑で検挙されたが、あれは一種の国策捜査であり、はめられた、でっちあげられた事件ではないか
という2点を問いました。

マニュフェストについては適宜変更していくし、国民の声を聞きながらベターな政治を行っていくという回答でした。

高橋洋一氏に関しては、やはりはめられた、でっちあげられた事件だという認識でした。高橋氏は元大蔵官僚の立場から徹底的な官僚批判を公然と行っている人物です(書籍の内容も面白いので一読をお勧めします)

以前、痴漢容疑で二度も検挙された植草氏、政権交代直前に資金問題が浮上し代表を辞任した小沢幹事長、他にもこのタイミングで何故この人が?と疑問に思う捜査が数々あります。

国家というのは本当に恐ろしい。自らの利益を守るために、正義を主張している人物を葬り去ろうとする、そういった信じられないことが実際に行われているのです(個人的に確信しています)

マスコミと連動し国民を洗脳していることも事実です。過去にも国家批判を行っていたコメンテーターが一切マスコミに登場しなくなったケースも多々あります。

私達は何が本当に正しいのか、を常に見極めていかなくてはなりません。現に国家の壊滅的な財政状況をネガティブキャンペーン的に垂れ流した結果、消費税増税已む無しという論調は確立されています。ですが、本当に消費税増税已む無しなのでしょうか?

世の中を知る、という作業を忘れないで下さい。そして何が正しいのか常に考えていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-11-27 10:35 | Comments(0)
2009年 11月 24日

入院

子供が肺炎で緊急入院し、付き添いで3日間病院に泊りました。

3歳児の入院は付き添いが原則必要で、インフルエンザ専用病棟ですから、我が家は0歳児がいるため妻は付き添いできず私が付き添うことになりました。

業務面で多大にご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

子供の状況から救急車を呼ぶこととなり、深夜の救急外来に行くことになったのですが、そこは正に戦場でした。

深夜にも係わらず次々と患者が運び込まれ、院内は患者で溢れ返っている上、精神的に病に侵され叫び声を上げ続けている患者や酔っ払い常軌を逸脱した暴言をはきまくる患者もいました。

その中でも医師は治療を行わなくてはいけません。暴れまくる患者に数人掛かりで格闘している声が聞こえていました。

医師に「いつもこんな状態なのですか?」と問いかけてしまいました。

医師は「まあ、こんなもんですよ」と笑いながら言っていましたが、その顔からは疲労の色が見てとれました。

比べることは双方に失礼ですが、その緊迫感、壮絶さは週末のカラオケボックス以上だと真剣に思いました。

医師不足、救命センター不足は今に始まったことではなく、その改善が喫緊の課題であることは明確です。

民主党も開業医と勤務医の報酬格差を問題視し、診療報酬の見直しに着手していますが、問題の根本的な解決には至りません。

現在の日本の財政はひっ迫しており、限られた予算の中で問題を解決しなければならないところに大きなジレンマを感じます。予算のみならず、日本の明るい将来像を描く指針も不明確です。

日本の医療現場の問題を目の当たりにし、改めてこの国の現状に危機感を覚えました。
[PR]

by melo-works | 2009-11-24 19:28 | Comments(0)
2009年 11月 20日

雑色店

e0102432_11281934.jpg
先日、関東店舗の会議を行いました。

会議の内容に関して、指示を出した事項があります。また、ミスが無いように確認した事項もあります。参考にしていただきたいこともありました。

最低でも指示をしたこと、確認した事項に関しては、できていないという低い次元の取組みとならないよう、再度確認下さい。

雑色店は本日オープン予定が間に合わず、来週となりそうです。

画像を数点掲載していますが、暗い雰囲気の店ですね。

今回は特に外観中心の変更となります。変わった画像については追ってアップします。

会議でも話しましたが「宝物」のような物件です。これが本当に宝物だったかどうかは半年後に証明されます。堀江店長を中心に頑張っていきましょう。
e0102432_11283452.jpg
e0102432_11284445.jpg
e0102432_1128524.jpg
e0102432_112859100.jpg

[PR]

by melo-works | 2009-11-20 11:29 | Comments(1)
2009年 11月 16日

大学

先週末の土曜日に母校の大学の授業に参加する機会がありました。

私の知り合いが大学の講師で「事業承継論」という授業を行っており、その授業の中で、実際に事業承継を経験した経営者をゲスト講師として招き講義を行うもので、私も父の事業を承継した経営者として、色々と話をしてきました。

私の場合、父が町田商店という酒屋を行っていたこと、その事業を展開するにあたり、コンビニエンスや酒のディスカウントストアへの変換を行わなかった理由、居酒屋・カラオケボックスで酒の消費をする道を選んだこと等を経験を基に話しました。

対象は経済学部の学生でしたが、「事業を行う結果として得られる幸せ、目指す幸せとは」という質問を学生にしたところ、多くの学生が「人の役に立つこと」「仕事を通じて自分が成長すること」といった意見を述べたことは驚きでした。

私が独立した当初は全くそんな考えはなく、以前会議でも幸せの定義について話したと思いますが、「お金と時間の自由を得ること」を目標に独立したことを覚えています。

最早、マネーゲームと呼ばれるのが当たり前になった行き過ぎた金融至上主義、大企業を始めとした利益至上主義が当たり前の、競争経済の海原に飛び込む前としては、心配になるほどにピュアな心を持ち合わせていました。

嬉しい回答、嬉しい驚きだったのですが、基本的に経済は人々の欲で動いています。

物が欲しい、贅沢をしたい、どこかに行きたい、美味しい物を食べたい、稼ぎたい、という人間の欲求が経済行動の原動力となっています。

社会人のスタートとしては、信念として、人の役に立ちたいという理想、理念を持ちながら、欲求蠢く世の中の現実を、経験と勉強により学ぶことで成長していっていただきたいと思います。

それにしても、久しぶりに大学のキャンパスを歩きましたが、そこの「空気」は格別でした。

「学ぶ」という行為が発するオーラは、心地よい緊張感と澄んだ静粛が存在しています。その中できらきらの可能性を感じる学生に接し、羨ましくもあり、頼もしくもあり、多くのパワーをいただきました。

土曜日の午後ということもあったのでしょう、その時間に大学にいる学生の多くは「真剣に学ぶ姿勢」が感じられました。

私の授業を真摯に聞いていただいた学生に感謝し、学ぶということの重要性を改めて認識させていただきた機会に感謝します。

原点に帰る機会は貴重なものです。
[PR]

by melo-works | 2009-11-16 11:25 | Comments(0)
2009年 11月 13日

色々

世の中は日々動いています。この一週間も、市橋容疑者が逮捕され、民主党の事業仕分けがスタートし、ファミマがam/pmの買収を発表し、天皇即位20年記念式典が行われ、本日はアメリカのオバマ大統領が来日します。

市橋容疑者逮捕に関してですが、長期に渡る孤独、整形手術をしてまで逃げ延びようとし、逮捕後食事も全く口にせず、逮捕時ミステリー小説を持っていたこと、公表された逮捕時の写真や、逮捕前の容姿を必要以上に気にするナルシストな様子等々、本人固有のワールドが形成され、精神は完全に病魔に侵されているようです。

これでは、逮捕を受けても被害者家族の憎しみは解消されるどころか深まる一方です。人間の強欲なまでの自己保身を見せ付けられ、深い嫌悪感を覚えます。

民主党の事業仕分けに関しては、国民に過去との違いを印象付けるという意味において良いスタートをきったといえます。成果は今後明らかになっていきますので、今は是非を述べる段階ではありません。

ただ、小沢幹事長の意向一つで仕分け人が大幅に減り、7人となったことはいただけません。事業仕分けにより予算3兆円の削減を目指すということですが、人数を確保し、対象事業を更に広げることが優先されなかったことで、民主党=小沢独裁という強い印象を与えました。

色々なニュースの中、扱いは小さいですが、ワタミがファミレス事業に進出し、1号店をオープンさせたことは注目しています。

客単価はランチで1000円、ディナーで2100円を想定し価格を高めに設定、家族で特別な記念日の思い出等にご利用いただきたい、というコンセプトが受け入れられるのか注目です。

ファミレスは正に冬の時代です。私の近所でもデニーズ、ロイヤルホスト、不二家が無くなり、ステーキのケンやかま揚げうどんといった専門店が居抜きでオープンしています。

ワタミは居酒屋事業、介護事業、惣菜の宅配事業と次々に事業を拡大しています。デフレ経済、ファミレス冬の時代にあえて高めの価格設定でファミレス事業に進出したワタミに勝算はあるのでしょうか。

どのような戦略で運営を行っていくのか、偵察も含め勉強していきたいと思っています。http://www.watamifoodservice.jp/kyonoya/(ごちそう厨房響の家)
[PR]

by melo-works | 2009-11-13 10:46 | Comments(0)
2009年 11月 09日

雑色

11月中旬より東京の雑色という場所で居抜物件をスタートさせます。

雑色は蒲田駅から一駅という立地にあります。遊びに行く、飲みに行く人は蒲田に行くことが多いと思われます。

雑色駅自体は、商店街があり、小さな居酒屋は沢山あります。商店街は人通りも多く、活気があります。

店舗は駅からすぐの立地ですが、商店街から20m程度入った場所です。商店街からは看板が大きく目立つように設置できます。店舗も1階、路面店です。

ルーム数は10ルーム、中は比較的綺麗で、特に手を入れる予定はありません。

外観は、看板の総取り替えが必要です。店名も現在の「おんちん館」から変える予定です。イメージを変えるためにも、カラオケWAVEにして、青や波を前面に押し出して、明るい店にしたいと考えています。

現在の店舗は、一言で言うと「暗い、古い」イメージです。古いというのは、フロントにそれこそ古いUFOキャッチャーを始めとしたゲーム機があったり、看板が古いデザインで電気も切れていたりといった部分ですから、簡単に改善できます。

店舗の唯一の欠点は「家賃が高い」ということでしょうか。10ルームで630,000円という家賃は正直割高です。同じ規模の店舗というと、家賃は400,000円程度でしょうか。ただ、1階ということを考えると仕方のない賃料です。

立ち上げは大阪の居酒屋で社員をしている堀江店長にお願いします。関東の方はご存知ないと思いますが、全体会議時に紹介します。

堀江店長はカラオケ経験がありません。ぜひ、周りの店長の温かいサポートをお願いします。

店舗の電話番号は03-5703-2624です。

宜しくお願いします。
[PR]

by melo-works | 2009-11-09 10:48 | Comments(1)
2009年 11月 05日

F1

トヨタがF1から撤退します。

また、唯一のタイヤ供給企業であったブリヂストンも撤退を発表しました。

ホンダの撤退に続き、トヨタ、ブリヂストンも撤退、BMWも既に撤退の発表をしており、自動車レースの最高峰であるF1も存在意義、存続に関して正に転換期にあります。

F1の年間運営費用は数百億円規模であり、赤字企業が運営を続けていくことは経営的に厳しいでしょうし、またエンジン開発競争により「速くて耐久性もあり安心」という企業イメージの宣伝よりも、「低燃費・環境にやさしい車」を宣伝することの優先順位が格段に高まっています。

F1レースよりも、ソーラーカーレースといった環境性能を競うことにシフトしていくでしょうし、そこにはシャープ等の自動車産業以外の企業も、性能を競って参戦しています。

オーストラリアで行われたソーラーカーレースでは、シャープが太陽光発電パネルの供給を行い、変換効率を30%台に高めたパネルを搭載しました。(現在家庭用で使用されているパネルの変換効率は20%程度)

太陽光発電や燃料電池といった、今後のエネルギーの主役の開発合戦が本格化し、車も「速さ」から「環境」へとシフトするのは当然の流れです。

先日まで行われた東京モーターショーでは、海外企業の大幅な不参加により盛り上がりに欠け、入場者数が昨年の半数にも満たない状況となりました。

今まで車を「憧れ」と感じていた層が、「環境車という現実」を見に行かなかったのでしょう。

私が小学生の頃、スーパーカーブームが巻き起こり、世界の車に憧れ、日本でもユーノスロードスターが発売となり・・・自動車に常に憧れを求めてきた人間としては当然寂しさを感じる部分もありますが、時代の大きな変化の中では必要な変革です。

トヨタは年末からプラグインハイブリッドの発売を開始します。電気自動車の普及にはインフラ整備が伴いますので、当面家庭で充電でき、ガソリンとの併用であるプラグインハイブリッドが主役となるでしょう。

近所の外出ではほぼガソリンを使わない時代になるわけです。

トヨタはハイブリッド車の更なる発展を第一に置き、日産は電気自動車で巻き返しを図り、海外では電気自動車の新興企業が目白押しです。

時代の急激な変化により、自動車業界の今後は混沌としています。正に「舵取り」に失敗した企業が脱落して行く構図です。
[PR]

by melo-works | 2009-11-05 11:22 | Comments(0)
2009年 11月 02日

物価

大企業の決算が徐々にプラスに転じ、経済指標でも回復を示す数値が徐々に出てきています。

その中においても依然深刻なのが、失業率とデフレ関連の数値です。

失業率においては0.2%改善されましたが、失業率5.3%という算出の陰には、俗に言う隠れ失業者がかなりの割合で存在しています。

企業が解雇せずに一時休業などで雇用を維持する場合、国から雇用調整助成金が一定条件の下に支給されます。

この助成金で従業員を解雇せずに休業扱い等にしているのですが、助成金申請者は6月で約238万人に達しています。

この方達は仕事がなくて自宅待機し、国からの助成金で生活しているということは、失業して雇用保険をもらっている状態に近いという解釈となるわけです。単純に含めると、失業率は8.8%に跳ね上がることになります。正に深刻な数値です。

また、物価の下落が止まりません。

巷のニュースを見ても、激安ジーンズや小売店の安売り合戦ですから、物価は下がる一方です。

バブル崩壊後、日本のデフレが問題になりましたが、今回の物価下落は7か月間と期間はデフレの定義(2年間の物価下落)に満たないものの、その下落率や需給ギャップと言われる需要と供給のギャップ(需要と供給の関係により価格は決定される)はバブル崩壊後のデフレよりも深刻です。

更に、冬のボーナスの減少が15%以上と衝撃的な数値ですから、益々消費は控えられ、物が売れないから企業の安売り合戦が加速し、更に物価が下がる、当然企業の利益は減り、給与が減る、一段の消費の手控え・・・とデフレスパイラルに陥ることになります。

米ではノンバンクのCITが破綻しました。史上5番目の規模です。アメリカの消費は伸びておらず、勢いがあるのは中国を始めとした新興国です。

民主党の政策は内需の拡大です。子供手当、暫定税率の廃止、高速道路無料化等々は家計に恩恵をもたらし、内需を拡大させるという政策です。

内需が拡大し、新興国の好調な経済を利して、日本経済が少しでも回復基調に乗ることを期待していますが、その実感を得れる日はいつになるでしょうか。新政権の舵取りに引き続き注目していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2009-11-02 12:22 | Comments(0)