当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

検察審議会

検察審議会において小沢幹事長が起訴相当と判断されました。

様々な事件について裁判所へ起訴する権限は、原則として検察官が独占しています。そこに検察の倫理、検察の正義が問題となってきます。そういった問題点を念頭に以下文をお読みください。

検察審議会とは「検察官の不起訴判断を不服とする者の求めに応じ、判断の妥当性を審査する」ことが役割です。

つまり、検察官の恣意的な判断によって、被疑者が免罪され、被害者が泣き寝入りする事態を防ぐという役割を有しているのです。

今回の小沢氏の件は、具体的に特定できる犯罪被害者がいるわけではありません。

更に言えば、今回の小沢問題は検察官の恣意的な判断によって不起訴になったわけではなく、むしろ検察は何とか起訴に持ち込みたかったが、起訴に持ち込めなかった経緯にあります。

どうも検察審査会の趣旨をはき違えていないでしょうか。

検察審議会のもう一つの目的に「司法に一般国民の常識(民意)を反映させること」があります。

検察審査員は国民の中からくじで無作為に選ばれます。つまり、ど素人の一般市民が起訴、不起訴を判断します。

そもそも国会議員は、何万~何十万人の選挙民の審判(民意)を受けて当選した人たちであり、だからこそ「国会の会期中は逮捕されない」という「不逮捕特権」も与えられています。

これは国民から選出された議員が、不当逮捕等により、国会での発言権を奪われることを防ぐ為のもので、戦前に頻発した特高警察のような「国家の暴力」の排除を目的としたものです。

今回の小沢氏のケースは、検察が徹底捜査の結果不起訴と決めたものを、マスコミ報道により完全に反小沢、小沢=悪という洗脳を受けた11人の一般市民が起訴ありきの意識で判断したものです。

推定無罪(疑わしきは罰せず)という裁判の法則を冷静に判断したのかも不明です。

今回の小沢氏のケースは、検察審査会の本来の趣旨に反した、検察審査会の乱用に近いものです。議会制民主主義を破壊するようなケースです。このような政治家問題に検察審査会は馴染みません。

小沢幹事長が正しいとは言えませんが、小沢幹事長が行ってきた資金集めと自民党古参議員のそれとの差はどこにあるのか全く不明確です。

以上は私の主観であって一つの見方です。小沢=巨悪が問題というより、検察=正義=潔癖という国民世論、それを主導しているマスコミ、洗脳されている国民意識の方が遥かに問題であることです。

過去数々の国策捜査が行われている日本は本当に民主主義国家なのか?という問題意識を持つことの重要性に気付いていただきたいのです。
[PR]

by melo-works | 2010-04-30 10:49 | Comments(0)
2010年 04月 26日

リーダーシップ

先週、鳩山総理に関して書きましたが、日本国総理大臣にはどういった人物が相応しいのでしょうか。

一国を代表する役職ですから、優れた見識、卓越したリーダーシップ、正しい判断力、先見性・・・

鳩山総理は決められない総理、優柔不断、リーダーシップの欠如等のレッテルが貼られています。当然総理のご性格もあろうかと思いますが、総理の掲げる理念「友愛」が逆に総理の判断を鈍らせているのではないでしょうか。

言わば鳩山総理は究極の八方美人です。

沖縄国民の苦労を軽減せねばならないしアメリカにも理解を得られる方策、コンクリートから人へに代表される所得制限の無い子供手当て支給、二酸化炭素排出25%削減目標にしても世界に向けて格好の良いことをぶち上げ、亀井大臣・前原大臣を始めとした閣僚への対応や小沢幹事長への対応にしてもまあまあという矛の収め方、双方に良い顔をしている感が否めません。日本のみならず世界中へ友愛の精神を広げようと八方美人外交を行っています。

対して、切り捨て型、我が道を行くタイプの典型と言えば小泉元総理を連想させます。

郵政民営化に反対する同じ党の議員を切り捨て、中国を始め多くの外圧にも屈せず靖国神社の参拝を続け、財政健全化の為に社会保障費の増加を毎年抑える政策を行い(実質的な弱者切り捨て)、我が道を行く改革を行ったのが小泉元総理です。

どちらが良いと決めつけることはできませんが、世の中は「捨てなければ入ってこない」のが法則です。

ある容器一杯に物があり、でも他にも必要だから更に物を入れようと思っても一杯ですから溢れて零れてしまいます。

同じく、全てを上手くということもありえません。こっちの意見も聞き、あっちの意見も重要、こっちの味方をしてあっちも助けようとする、結局鳩山総理の理念「友愛」は、皆を幸せにしようとすればするほど皆が不幸になっているのではないでしょうか。

精神としては重要ですが、それが政策決定の根幹にあると、「決められない、リーダーシップ無し」ということになるのです。

リーダーは孤独です。結果的に後々功績が認められればそれで良し、自己の政策を実現するために批判を甘んじて受け、時に非情に、時に独善的に進める強い信念を持つことが日本国総理として必要な要素なのです。

八方美人の鳩山総理が唯一「敵」として掲げた官僚に対して、マニュフェスト通り国家公務員給与の2割削減を何としても実現するような強い意志を見せていただきたいものですが、以前大阪で橋下知事が見せた公務員との激論、そして給与削減を期待するのは無理な話であって、民主党は間違った人を総理大臣にしてしまったという印象を強く感じています。
[PR]

by melo-works | 2010-04-26 10:56 | Comments(0)
2010年 04月 23日

政権末期

鳩山政権がガタガタです。

政権末期とも言える症状のオンパレードです。

支持率は30%を下回り、支持しない理由のトップに総理のリーダーシップ欠如が上げられ、更に普天間の迷走・混迷ぶり、そして昨日、一昨日と高速道路料金政策を巡る混乱が、総理のリーダーシップ欠如に拍車をかけています。

記者会見に応える総理の目は虚ろで自信無き答弁が総理の胸中を物語っています。ひょうひょうとしている宇宙人総理も相当追い込まれている印象です。

報道を見ていると、如何に総理が振り回されているかが明確です。

・党側と政府の話し合いが行われ、小沢幹事長の「高速道路料金の実質値上げは如何なものか、マニュフェストで謳った無料化と逆行している、国民が納得するか」という問いかけに、総理はただ頷くだけという報道があり、小沢権力に逆らえない総理を国民に連想させる。

・前原国交大臣の「私がいない場での決定ならば、私が今の職にいる意味が無い」という発言を実質「辞任を示唆」と報道。「総理は小沢と俺のどっちをとるのか」を連想させ小沢VS前原の対立の構図を煽る

・総理の「今の時点では見直しはしない」という「今の時点」を強調し、後に小沢幹事長の意向を酌んだ変更があることは確実であることが読み取れる。またも問題の先送り。

更にここで浮かび上がるのが民主党の政策、というより小沢政策はあからさまな「選挙対策政策」です。

政策には本来あるべき姿、ビジョンがあるはずですが、そんなことよりこの政策が「どれだけ票に結びつくか」ということが最優先となっています。

聞こえの良いフレーズも財源無きばら撒き政策では国を滅亡へと陥れるだけです。国民も選挙対策政策は見抜いています。見抜いていても、それを投票行動に出ずに無関心・無投票となると、結果的に組織選挙となり色々な組織の利益誘導型政治が強まります。

原理原則から遠ざかる民主党政策、それと相対する軸も存在しない混迷した政治に国民の関心が失われていく、そして気が付いたら破綻・・・、愚かな国にしないためにも一人一人の「関心・注視」が必要なのです。
[PR]

by melo-works | 2010-04-23 12:20 | Comments(3)
2010年 04月 19日

霞店

先日のりを西本町店の好調の要因について書きました。

今回は霞店についてですが、霞店は1月度前年+35万、2月+18万、3月度+55万、4月度も昨日までで+37万と毎月前年を上回って推移しています。

ライバル店が料金を値下げし、ほぼ同じ料金に設定し攻勢をかけてきているにも関わらず、前年プラスで推移しているのです。

相手が料金を下げた直後は若干影響もあったと思いますが、所詮、料金戦略が全てではないのです。

料金戦略は最も重要な戦略ですが、安かろう悪かろうを証明してしまっている店舗は直に衰退します。

霞店の総合力は常に高いレベルをキープしています。

廉価な料金体系に加えて、気持ちの入った接客、元気ある掛け声溢れる店内、オーダー提供のスピード感、広いルーム環境、日々努力しているPR、サークル会員を始めとするサービスシステム、そして定期的に行うキャンペーンでの盛り上げ、そういった全ての要素が店舗の発展に寄与しているのです。

また、営業時間の拡大も売上増に寄与しています。現場からの提案で営業時間を延ばしましたが、そういった気持ちの入った改革こそが成果を生むのです。

そして霞店のキャンペーンは毎回活気に溢れています。全体でキャンペーンを盛り上げようという工夫と気持ちが表れています。

元気のある店舗に人が集まるのは自然の流れです。

総合力で発展する店舗作り、のりをと同様に気持ちの入った仕事が成功へと導くのです。
e0102432_13121539.jpg
e0102432_13123171.jpg
e0102432_13124310.jpg
e0102432_13125567.jpg

[PR]

by melo-works | 2010-04-19 13:19 | Comments(0)
2010年 04月 16日

西本町店

今年に入り、当社は好調を維持しています。

世の中の現状や他社状況を知り、何が仕事として必要なのかを考え、正しい努力を積み重ねる、その繰り返しが成果となって表れます。

カラオケ部門も好調ですが、現在最も好調なのが「のりを西本町店」です。

直近3カ月を見ても2月前年+67万、3月前年+127万、4月途中前年+49万ですから、今月も前年+100万近い実績を残すと予想されます。

居酒屋業界は正に逆風の最中です。西本町店も以前まで290円均一料金というアドバンテージがありましたが、ここ1年で近隣に激安低料金居酒屋が2件できました。周りの競争環境も激しくなっている中の成果です。

ですが、この成功には明快な要因があります。現場の努力です。

清水店長と渡辺マネージャーの2名が中心となり店舗を運営していますが、以下、清水店長の面談資料の一部を抜粋します。

西本町店はバイト生のあげるタイミングが難しいぐらい深夜にどんどんお客様が入ってきます。その大半が常連様です。2月から深夜の常連様を離れさせないように必死で取り組んでおります。今までは深夜になり手がすいてきた私達は片付け、発注、〆作業などしていましたが今では閉店してからそのような作業をするようにしました。深夜になりお客様が少なくなってきたら空いてるスタッフはホールに出て残っているお客様にどんどん特別待遇をしていきました。メニューに載っていないもので食べたいものがあれば作ってあげたり、新しいメニューを試作で作ってみたら無料で出してみたり、手の込んだ料理を出してみたり、1テーブルずつ話に言ってお客様とゆっくり話して楽しませたりと、社員の帰りは遅くなりますが、お客様が毎回のりをに来てくれるので一日の後半で結構売上が伸びてくれます。

ランチタイムのティッシュで『深夜2時までの290円居酒屋が近くにあるんですよ』とPRし、売上が落ちる雨の日や月、火、土曜日もコケルことなくいけました。内容(10%オフ、500円オフ、1000円オフ、2980宴会PR用、タイムサービスPR用の5種類)や配布場所などもいろいろ工夫しながら取り組みました。

どうですか?通常早くあがりたい、という心理が働く居酒屋の閉店間際は、お客様よりも片付けを優先する店舗がほとんどです。それが当たり前だと皆が思っています。居酒屋さんの常識がお客様へ居心地の悪さを提供していたのです。

そんな中、閉店までお客様としっかりと向かい合い最高のサービスを提供するという理念が店舗を発展させているのです。「本気」でサービスと向かい合っているのです。

また、居酒屋では5時オープンですから3時出勤で仕込みを始めますが、ランチタイムに出勤し、PR活動を行う、そういった「本気」の仕事が成果へと結び付くのです。更に、閑散とした時間には渡辺マネを中心に店外へ出て呼び込み活動を行っているのです。

本気でサービスと向かい合い、本気でお客様と接し、本気でお客様を増やしたいと行動しているからこそ店舗が発展するのです。

自己の仕事を振り返って、大いに参考にして下さい。
[PR]

by melo-works | 2010-04-16 10:32 | Comments(0)
2010年 04月 12日

iPad

色々とニュースで取り上げられていますのでご存知かと思いますが、米アップル社がメールやインターネット閲覧、書籍やゲームなどが楽しめる新型の多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」を米国で発売しました。

アップル社は携帯音楽プレーヤー「iPod」で爆発的なヒットを記録し携帯音楽プレーヤーの先駆けであるソニーを凌駕し、その後多機能携帯電話「iPhone」では世界の携帯電話市場を席巻、そして今回のiPadの発売で三度大ヒットを狙っています。

iPod,iPhoneで培った機器とコンテンツ配信を組み合わせた販売手法に電子書籍を追加、持ち運びに手頃な大きさと漸進的なデザインは、大ヒット間違い無いでしょう。

企業間の競争激化で世界的な大ヒット商品を生むということは非常に困難な状況下、こんなにもメガヒット商品を生み出していく企業はすごいの一言です。

そんなiPadの電子部品で、日本製部品の影はあまりにも薄く、そのほとんどが台湾、韓国、中国製で占領されています。かつてiPhoneを立ち上げた時にはタッチパネル部品の9割以上が日本製だったことから日本企業の衰退ぶりが見て取れます。

信頼のある日本メーカーの電子部品で新製品を立ち上げ、それを研究してコストの低いメーカーを開拓していくのがアップル流と言われ、供給力と価格の両方で高い次元の競争力が求められているのです。

iPhoneの流れからもその状況は明らかでした。iPhoneで徐々に供給量を絞られた日本勢にしてみれば、iPad受注のために大型投資に踏み切るには勇気がいる、しかし供給力がなければ、相手にされない。結局価格面で負けたのです。

日本企業は今後どのような道を行くのでしょうか。安く大量に作れる道をトコトン究めるか、はたまた付加価値の取り込みに進むのか、両方を追っていくのか、難しい舵取りです。

日本企業の衰退の根本にあるのは「恵まれた経済大国の状況を謳歌した平和ボケ」です。今の日本の企業の多くが海外勢との競争に負けているのです。日本企業が安穏としている間、海外企業が凄まじい競争力を身に付けたのです。世界に占めるGDP比率を見ても、一人当たりGDPの推移を見ても、日本の競争力は衰退の一途です。

この平和ボケは深刻です。平和ボケが若者のフロンティア精神をも奪い、留学生の卒業数では世界3位を誇るハーバード大学の今年の1年生1600人の内、日本人は僅か1人です。グローバル化が進む中、海外では留学者数が毎年伸びている中、日本だけが毎年10%以上の数を減らしています。

この国の将来をポジティブに見ることは残念ながらできません。世界を知り、世界を見て育つ環境が必要であり、そういった認識で教育を考えていくことこそ重要なのです。
[PR]

by melo-works | 2010-04-12 10:17 | Comments(1)
2010年 04月 08日

立ち上がれ日本

「立ち上がれ日本」という政党が誕生します。

あまり政治に興味が無い方は、会発足の中心人物である平沼氏、与謝野氏と言われてもピンとこないと思います。

個人的には2名共好きな政治家です。信念を持った気骨のある政治家だと思います。それぞれの政治理念に関しては賛同できる、できないがありますが、後10歳若ければ大きな勢力となったでしょうが、両氏とも大病を患ってから迫力がありません。

それにしても自民党の若手はいったい何をやっているのでしょうか。

谷垣体制となり半年以上が経過し、その間民主党の支持率が半減しているにも関わらず自民党の支持率が一向に上がらないばかりか低下しています。

尚且つ、自民党は昨年の衆院選で歴史的大敗を喫しているのです。立て直しが使命だった新体制が全く立て直せない、それだけで革命を決起する理由としては十分です。

自民党の総裁選で谷垣氏と争った河野太郎氏らが中心となり、若手が結集し、執行部に離党も辞さない姿勢で退陣を迫るという革命が起こらないことが不思議でなりません。

その上、先週、河野太郎氏は自民党幹事長代理という立場で執行部に取り込まれてしまいました。新聞の片隅にやっと掲載される程度の人事扱いです。インパクトは全くありません。その程度のポストで取り込まれて河野氏が声高に訴えている自民党の革命は行われるのでしょうか。

自民党での若手の決起というと嘗ての石原慎太郎氏ら(当時当選1回の議員)が結集した青嵐会が有名ですが、若手の決起こそが大きなうねりを引き起こすのです。

時代を終えた老人が決起したところで、例え尊敬できる人物であっとしても残念ながら世論には響きません。

自民党の若手の決起に期待している国民は多いのではないでしょうか。支持できる政党が無い状態で参院選に突入すれば、国民の政治不信、無関心が増すばかりです。

経済大国という看板も霞み、世界に取り残されつつあるこの国を救う政治家が日本にはいないのか。選挙で当選することが全てであって、その地位を守ることに四苦八苦の政治家ばかりの日本、その証拠に参院選を前にして選挙にマイナスな財政再建計画には数値目標すら入れられない現状、本当にこの国は正念場を迎えています。
[PR]

by melo-works | 2010-04-08 10:42 | Comments(0)
2010年 04月 05日

政局

一部世論調査では現内閣の支持率が30%台に落ち込んでいます。

普通、景気の上昇とともに支持率がアップしていくものですが、景気の上昇を示す多くの指標が出ているにも係わらず、民主党の支持率は低下の一途を辿っています。

元々、民主党を支持していたというより反自民で民主党に投票した人が、嫌だった自民党と同じ感覚を受けているのです。

嫌だった自民党=古い体質、古い人達が自らの利権のために政治を私物化している政党です。

小泉内閣の郵政選挙時に、郵政族議員にとって利権の塊である郵便局事業の民営化を承認したのも国民の意思ですし、政治と金の問題絡みで自民党の古参議員が次々に落選したのも国民の意思ですし、国債発行頼りで借金を増やし続ける財政政策に嫌気がさしたのも国民の意思です。

そういった古い体質の自民党に嫌気がさして、改革期待により誕生したはずの民主党政権ですが、改革期待はどこ吹く風、昔の自民党へ逆戻り、国民は「どこに期待したらいいの?」という感じです。

自民党からは与謝野氏が無所属の平沼氏と新党結成へ向けて動き出し、先に離党した鳩山邦夫氏と連携を模索中、近日中に新党を立ち上げるようですが、古い人達が集まって新党を結成しても、国民の支持を得ることは難しいでしょう。

今の政治の状態は最悪です。政党支持率を見ても民主が下がれば自民が上がるというのが本来あるべき二大政党制ですが、民主・自民共に下がっていては、目指すべき二大政党制を日本に定着させることはネガティブに考えざるを得ません。

私は小沢幹事長に辞任の必要性は無いと考えていますが(会議の時に説明済み)鳩山総理は辞任すべきだと考えています。内閣総辞職です。

「国民の大きな期待を失望感に変えてしまった」という理由は必要十分な理由です。そして「私のリーダーシップに全ての責任がある。代表を変えれば民主党は生き返る。国民の皆さんの期待に応えられる政治を目指している政党だから、それを実現できる人に総理になっていただく」と全ての泥を被り、新しい代表で参院選を戦うことが日本の為にもなるのではないでしょうか。

今度の参院選で民主党がもし惨敗するようなことになると(現状ではその可能性が大)政治は混迷するばかり、それこそ何も変われない状態となってしまいます。

数年は民主党が与党として政権を担うことが、長期的には日本の将来にとって良い形だと考えています。
[PR]

by melo-works | 2010-04-05 09:53 | Comments(0)
2010年 04月 01日

政局

静岡県の連合代表が公然と小沢幹事長に辞任を求めました。

小沢幹事長は夏の参院選に向けて候補者擁立を急いでいます。鳩山内閣発足当時に支持率が70%以上と高かったため、小沢幹事長は複数人区において候補者2名を擁立する方針を示し、今も実現に向けて動いています。

つまり、民主党は人気があるから、2名の枠に民主党の候補者を1名ではなく2名立てて、その枠を独占してしまおうという作戦です。

民主党の支持率が高い時は有効な戦法ですが、今や支持率30%台です。1人の当選も厳しい状況下にもかかわらず2名を擁立すれば、票の奪い合いで共倒れの可能性があるのです。

そこで民主党の支持団体である連合が、そんな選挙は応援できない、そもそも民主党の支持率低下を招いたのは小沢幹事長の政治と金の問題だ。そんな人が居座ったまま言うことを聞けるか、ということです。

一部報道では、小沢幹事長は選挙の状況を甘く見ていて、現状を見間違っているという指摘もあります。

個人的には小沢幹事長の辞任の必要性は無いと思っていますが、世論が小沢幹事長に嫌悪感を感じています。本人も認識しているでしょう。

以前にこのブログで小沢幹事長は選挙前に時期を見て辞任すると書きましたが、今はその最も有効な時期を見定めているのでしょう。もし、辞任せず現体制のまま選挙に突入すれば民主党はまさに1年天下、下野は避けられない状況です。

昨日、党首討論がありましたが、攻める自民党の谷垣総裁の迫力不足も否めません。谷垣総裁は民意の賛同を得にくい人物ですね。花がありません。魅力を感じさせられないのです。いい人が無理をしている印象です。

トップの魅力は世論を大きく左右します。自民党勝利の条件は「舛添総裁」で選挙を戦うことです。それを自民党が上手く演出できれば自民党が勝利するでしょう。

どちらが勝っても日本の明るい未来は期待できないでしょうが、唯一「地方からの革命」が起これば本気で政治が動くでしょう。大阪の橋下知事を始め地方分権による道州制の実現により、中央集権・腐った官僚組織の壊滅を実現させることが、日本の唯一の取るべき道です。

そういった動きがでてくることを期待し、民意もその方向に向かって支持するべきだと感じています。
[PR]

by melo-works | 2010-04-01 12:30 | Comments(0)