当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 27日

中国

憂鬱な週末を過ごしました。

危機感の原因は中国問題です。

多くの日本人が釈放という政府決定に怒りを感じたことでしょうし、中国という国のヤクザと同じ理不尽な要求に憤りを感じたことでしょう。

まず日本政府、つまりは菅内閣の外交ですが、戦略無き場当たり的対応が明らかとなりました。

中国要人とのパイプは無く、下交渉も無く、全て予想による決定を繰り返し、その予想は楽観論が基本となっていました。

船長及び船員を拘束したこと、船長の勾留を延長したこと、急遽船長を返還したこと等々、全てに楽観論が支配した決定です。

日本の司法制度に則って粛々と・・・と「原理原則を重んじる決定」は理解できますが、原理原則を重んじるならば最後まで貫き通さなければ「負け」なのです。最後に妥協するならば、始めから妥協する方が良いに決まっています。世界中で「日本外交の敗北」と失望報道です。

中国は日本以外の国に対しても、領土問題でその圧力を高めています。

ソ連VSアメリカの冷戦の構図にも似た、中国VSアメリカ、中国VSアジアのその他の国、といった構図が生まれようとしています。

中国は今後も領土問題で近隣諸国と問題を抱え、徐々に孤立化していくでしょう。しかしその強大な経済力を外交に活用し、世界の覇者となるのでしょうか。

我々の近くに世界の脅威となっている国が存在しているのです。

今回の政府の決定に不満はある、しかし戦争は嫌だ、というのが日本人の根底にある最も身勝手な考えです。

日本は湾岸戦争時に「金だけ出して何もしない国」というレッテルを貼られ、その後も世界中の紛争に対してほぼ何も協力しない無責任な国という評価が定着しています。

更に外交に関しても戦略無き弱腰外交国家という国際評価は相変わらずです。

一触即発の海域において、警察である海上保安庁の巡視船では無く、海上自衛隊の護衛艦でなくては、我が国の海は守れないのではないでしょうか。

海上保安庁の職員が中国語を勉強し、放送で「ここは日本の海域です、速やかに移動して下さい」と繰り返しアナウンスしても、中国人が聞き入れて「分かりました」と帰るはずがありません。

威嚇射撃も含め、立ち入らせない防御体制が無いから、中国のやりたい放題なのです。

軍隊無き外交には限界があることを、憲法9条遵守の聞こえの良い平和主義の限界を、そろそろ日本国民全体が真剣に考えなくてはいけないのです。

何故なら、相手はやくざと同じロジックで外交を進める国なのです。真剣に考えれば考える程に憂鬱です。
[PR]

by melo-works | 2010-09-27 09:55 | Comments(1)
2010年 09月 24日

検察

日本の最高権力の一つ「検察」の信頼が大きく揺らいでいます。

私は今年の会議において、「検察不信」に関して話をしました。更にこのブログでも、再三検察捜査に対する不信感を発信してきました。

日本には検察=正義、検察の捜査対象となる者=悪、という固定概念があり、検察が容疑として掲げる「贈収賄」「汚職」「隠蔽」といった言葉が登場すると、マスコミ主導により、途端に「悪」というレッテルを貼り、一斉バッシングが始まります。

しかし、検察とマスコミが一体となったお互いの利益を守る構図に、国民は「真実」から程遠い認識を持ち、正に「情報操作により騙されている」ことに気付かないでいるのです。

今回の村木厚労省局長は検察の「作られたストーリー」によって起訴され、貴重な時間と社会的信用を奪われたのです。

大阪検察のエースだか知りませんが、過去から手掛けた「巨悪の退治」という自身の高揚感に奢り、自らの正義を忘れてしまったのです。

更に問題なのが、検察全体の腐敗です。

今回のフロッピーディスク改ざん=証拠の改ざんに関しては、事件当初から噂となっており、同僚検事が上司に相談していたにも関わらず、事件の重大性を過小評価し、というより検察の正義を守るために、組織全体で揉み消しを図ったのです。

この組織体質こそが問題なのです。

そして、検察取り調べの改善も急務です。

数々の事件において、検察が取調室で長期間に渡り被疑者を勾留し、問い詰め、追い込む、そして、「罪を認めたら情状酌量」という甘い言葉をかけ、自らのストーリーに沿った調書に仕上げる、その調書は裁判における証言よりも優先されるのです。

鈴木宗男氏も同じことを訴えていましたし、菅家さんも検察の取り締まりの理不尽を訴えていました。

「取り調べの可視化」は当然の流れですが、当事者である検察側は手間等を理由に消極姿勢にいます。「可視化すれば良いのですよ、ホントに!」と言いたい。

この国の検察は絶対正義ではないのです。

概ね正義、けれども絶対正義ではないことを知っておくことが大切なのです。

今回の事件がどういった展開を見せるのか、国家の根幹を揺るがす大事件であることを認識し、注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-09-24 11:42 | Comments(0)
2010年 09月 21日

日中関係

中国との関係が非常に難しい局面に入ってきました。

日本の海上保安庁の巡視船が、日本の排他的経済水域に侵入していた中国漁船に対し、領海から立ち去るよう警告しましたが、漁船は逃走を始め、無線などで再三停船を呼びかけましたが、漁船は更に逃走し、さらに別の巡視船に船体を衝突させた、というのが事件の顛末のようです。

つまり、意図的な検査妨害、公務執行妨害容疑で漁船の船長は逮捕されたのです。

日本側は証拠となる接触の様子を撮影した映像も存在していると発表しています。

船長は現在勾留され、今後起訴されるかどうかが焦点となっています。

中国側は日本への報復措置を次々に打ち出し、対日圧力を強めていく方針です。既に閣僚級の交流停止や万博見学の学生受け入れ中止等の処置を行っています。

日本として勾留を行っているのは司法である検察ですから、「三権分立」の観点からも、行政府である政府が司法の検察に圧力をかけることはできません。

10日間の勾留延長を行ったことからも、検察は起訴を念頭に動いていることは間違いありません。

仮に起訴された場合、中国との関係は更に難度が高まり、民衆の反日感情の拡大と共に、日中関係は最悪な状態となるでしょう。

ビデオを公開すべきでしょうが、海保は「公判で使われる証拠資料」として公表できないと説明しています。国益の観点からも公開すべきでしょうが、公表しないとすれば中国側と何らかの裏工作があるのかもしれません。

心配は中国政府よりも民衆の暴動、民衆のコントロールにあると思います。

今の日中関係の重要性からも政府間の関係が急速に悪化するとは思えませんが、民衆の批判の矛先が中国共産党自身に及ばないよう対日強硬姿勢を貫けば、5年前の小泉内閣時での反日暴動を見ても民意の爆発は避けられるのか疑問です。

世界経済が中国頼みの現在、中国の巨大化・利己主義への傾斜は避けられません。

隣国に恐ろしい国家が存在しているという事実を我々は軽視してはいけませんし、日米安保条約を基軸にした外交姿勢が如何に大切かを再認識すべきです。

前原外務大臣の発言、行動にも注目していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-09-21 11:31 | Comments(0)
2010年 09月 18日

菅内閣

菅総理が代表選に勝利した後、ビッグサプライズが市場を駆け巡りました。

日銀の為替介入が行われたのですが、代表選決着翌日というタイミングが絶妙でした。

市場では小沢総理誕生ならば円安、菅総理継続ならば有効な手立てが打てずに円高という憶測でしたので、全く逆の展開となったのです。

今回の円高に対して、政府は「過度の円高には断固たる対応を行う」という発言を繰り返していましたが、実際は口先だけの介入であって、何ら実行はしないであろうと見立てが大勢でした。

個人的には財務省の官僚がアメリカへ飛んで、「円高是正を訴える」程度の、つまりポーズだけでも行えれば上等と思っていましたので、正にビッグサプライズでした。

その勢いに乗り、組閣に関しても世論に対しては「脱小沢路線の継続」と受け取られる陣容となりました。

代表選後の菅総理は若干頼もしく見えますが、問題は山積しています。

尖閣諸島近郊で日本の監視船に追突した中国人船長を拘束している問題で、中国が騒いでいます。

最近の中国は領海線を巡る動きが活発です。

私達の知らない遠くの海では、ある意味一触即発の緊張状態が続いているのです。

もし、中国が尖閣諸島を実行支配したら、日本はどういう対応にでるのでしょうか。排除の為に「戦う」のでしょうか。更に言えば、アメリカは尖閣諸島を日本固有の領土と正式には認めていません。

その認めていない領土の問題で、日本の主張を優先し、もし戦闘が始まる状態となれば、日米安保条約は発動されるのでしょうか。

今の沖縄普天間の移設問題で禍根を残した日米関係にあって、アメリカは日本の領土問題で動いてくれるのでしょうか。

第二次菅内閣が発足し、中国は日本を試しているといった見方もあります。外務大臣には対中強硬派とも言われる前原大臣の就任が決まりました。

何も決められない民主党内閣が、日本の国益を守るために、毅然とした対応がとれるかどうか、正に注目です。
[PR]

by melo-works | 2010-09-18 23:34 | Comments(0)
2010年 09月 14日

選挙

菅総理が民主党代表戦に勝利しました。

マスコミの事前予想を大きく上回る大差で菅総理が勝利しました。

今回注目すべきは、国会議員票ではほぼイーブン、雌雄を決したのは党員・サポーター票だったということです。

民主党代表を決める選挙ですが、政権与党の民主党の代表=総理大臣を決める選挙に、民主党員だけとは言え、一般市民が参加し、その声の通りの結果、民意を反映する結果となったことが非常に意義のあることです。

日本の総理大臣は国民投票によって決まるのではなく、過去の歴史から「民意を受けたはずの国会議員」によって決定されてきました。

民意を受けたはず、というのは実際の民意とはかけ離れた決定がされていたということです。

今回の代表戦は総理大臣を国民投票によって決定するというプロセスにほんの僅か近い形の選挙でした。

しかし、民主党員の投票行動を左右した大きな要因は何だったのでしょうか。

おそらく
・総理大臣がころころ変わるのは良くない
・政治と金の問題で僅か3ヶ月前に責任をとって辞めた人に投票なんてできない
・小沢さんは嫌いだから
といった理由で菅総理に票が流れたのではないでしょうか。

アメリカの大統領選挙では、繰り返し政策論議(ディベート)が行われ、国民の投票行動を大きく左右します。

つまり、政策によって大統領を選んでいる人が多いのです。

日本の場合は、民主主義が成熟していない上に、政治に対する関心が低く、更に政治不信がどんよりと覆っています。

今回、菅総理と小沢総理の主張は真っ向から対立していました。

菅総理はマニュフェストの見直し、財政再建、消費税増税路線、小沢氏はマニュフェスト実行、追加の財政出動容認、消費税増税封印でした。

民主党の党員・サポーター票が、政策を熟慮した上で決定されたのかは分かりませんが、今後、私達が総理大臣を直接選ぶことになるかもしれません。

また、総理大臣選択や政策の将来を決定付ける選挙において、「政策」よりも「好き嫌い」や「ころころ変わるのはよくない」といったレベルの低い選択をし続けるのであれば、この国は一向に良くなりません。

今回の代表戦は始めから「政策無き選挙」でした。本来の姿からは程遠い、私的にはしらけた選挙でした。

国会議員が襟を正し、真摯に政策と向き合い、国家運営に注力していただきたいと心から願います。

そして我々国民は政治を注視し、正しい目を養い、賢明な選択を行う、正に成熟した民主主義国家となって欲しいと切望します。

それにしても、小沢氏は総理大臣に縁が無い人物でした。影の総理と言われ、総理の上に君臨してきた人物が本気で総理大臣の椅子を取りにいって敗北しました。

これも「原因と結果の法則」からすれば、当然の結果だったと言うことです。選挙の達人、最高権力を持つ男も、その「一人のエゴ」では限界があったのです。
[PR]

by melo-works | 2010-09-14 23:14 | Comments(0)
2010年 09月 10日

メガチェーン

昨日、ある第一興商子会社の社長と話をする機会がありました。

繁華街中心の店舗については、暦の良かった7月、猛暑の恩恵を受けた8月の業績についても、回復傾向にあるとは言え、前年95%程度だっと言うことです。

ビッグエコーやカラオケ館等、駅前の繁華街でサラリーマンを対象に営業している店舗が該当します。

更に遡って、リーマンショックの一昨年から売上は下がり続け、昨年は対前年80%、今年も前年90%と推移し、この7月、8月で下落傾向に若干歯止めが掛かって上記の数値ということです。

つまり2年前に比べ、100×0.8×0.9=72ということですから、1000万の売上が720万になってしまっているという状況です。

この数値推移はデパートを含めた小売全般に共通する数値です。

デパートの売上はここ数年下落傾向が続いています。

その結果、有楽町西武の撤退等に代表されるように、市場の淘汰が加速することになります。

カラオケボックスについても、今後更に一段と淘汰が進むと思われます。

ビッグエコーやカラオケ館は景気に左右され易いサラリーマンが対象ですが、当社の強みは「地域密着」です。

大手メガチェーンでは、景気が良ければサラリーマンが高額を使い利益も跳ね上がりますが、一旦景気が低下すれば途端に来店がストップします。

方や地域密着型の当社は景気が良くても悪くても安定した収益が可能です。

今後も如何に地域に密着して、地域に必要とされる店舗となるかを常に考え、努力していきましょう。

閑散とするこの時期に、しっかりと考えて行動することこそ、最も大切な仕事なのです。
[PR]

by melo-works | 2010-09-10 10:18 | Comments(0)
2010年 09月 06日

チリ

先日書いた霞店は素晴らしいリニューアルのスタートが切れました。当社が目指す地域に必要とされる店舗であった証明です。

当社のコンセプトは「地域の皆さまに廉価で楽しい時間と空間を提供すること」です。再度、そのコンセプトに立ち返り、地域に愛される娯楽スペースでありたいものです。

さて、話題は変わりますが、事務所のクーラーの室外機が壊れ、現在室温35度の中このブログを書いています。

導入してから1年での故障に「ダイキン」に対して憤りを感じますが、こういった過酷な環境にいると、自分自身の弱さを実感させられます。

今、チリ鉱山の地底700mのシェルターに33名もの人が救出を待ち過酷な環境の中で集団生活を送っています。

室温35度は正に今現在私がいる事務所と同じ温度であり、湿度も高く、更に閉鎖的な空間に33人もの大人数がいる、そしてその過酷な環境はいつまで続くとも分からない、想像を絶する過酷さです。

世界中が33人の無事生還を待っていますが、その鍵は「正常な精神状態の維持」にあります。

過去、宇宙空間での閉鎖的な長時間の任務を遂行する為の訓練で、数カ月間狭い閉鎖的な空間で集団生活を行い、外部との接触を経つ訓練が行われたことがあるそうですが、多くがストレスによるリタイア、ストレスから来る仲間割れといったことが起こるそうです。

シェルターにはゲーム機やDVD、雑誌や漫画も送られているそうですが、人々には娯楽によって現実から別の世界に現実逃避が出来て、別の世界に入ることでストレスが緩和されるのです。「娯楽」は正常な精神を保つためにも必要不可欠であると言われており、今もサッカー中継が見れるように等、様々なストレス回避の策が進んでいます。

我々のカラオケボックス、居酒屋も正に「娯楽」の王道中の王道です。

人々がリフレッシュするために必要な場所を提供しているのです。

そのリフレッシュのお手伝いをさせていただくのが我々の仕事なのです。我々の努力が人々を幸せにしているのだと言えます。

霞の話に戻りますが、カラオケALL霞店は人々が必要としている場所であり、人々の生活の中の一部であるということです。

今後も仕事にプライドを持ち、人に必要とされ、人を幸せにするために努力していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-09-06 11:20 | Comments(0)
2010年 09月 02日

霞店復活

昨日の民主党代表選記者会見を拝聴させていただきました。

菅総理は小沢氏を挑発する言動や挑戦的な言動で「らしさ」を見せていましたが、小沢氏は全く動じない言動に加え迫力十分でした。

更に菅総理が普天間問題で「小沢氏の白紙に戻すというのは如何なものか」「そもそも小沢幹事長時代に決まったこと」という発言に対して、「ちょっといいか」と会場全体を制して「そんなことは言っていない」と反論を行った時の迫力、全体を捻じ伏せる存在感は圧巻でした。

また、「総理になっても特段心を入れ替えてと言うわけではなく、今の自分のペースでやっていく」という発言は「総理になったら全身全霊で・・・」という菅総理に対して妙な安心感を感じさせてしまうから不思議です。

小沢氏が本来備えている迫力に、政界を渡り歩く中で潜った数々の修羅場が、小沢氏の生みだす存在感に拍車をかけているのでしょう。

だからといって小沢氏を支持している訳ではありません。やはり今回の小沢氏の立候補には違和感を感じますし、3か月前に責任を取って幹事長を辞任した人物の立候補そのものを受け付けられない、という姿勢が正しいと思います。

さて、9月1日から霞店が復活しました。

道路拡張工事の影響を受け、フロント部分が約半分の広さとなってしまいました。

それでも、他店舗に比べて狭くは無く、外観も綺麗になり廊下の壁紙等も張り替え、スタートしました。

霞のキャンペーンは毎回勢いを感じる内容で、今回も簡易看板を作成し、店外に向けてPRしていますし、ティッシュ配布、ポスティングと努力いただいています。

昨日は10万越えと良いスタートでした。長い間、地域に根付いて営業してきた店舗ですし、改めて当社を支持いただくお客様に感謝します。

10月には鶴見店も復活します。

e0102432_12211512.jpg
e0102432_12212941.jpg
e0102432_12214257.jpg
e0102432_12215718.jpg
今後も頑張っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-09-02 12:22 | Comments(0)