当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

周りの出来事

私達の周りで起きている事が、直接的には生活に影響を及ぼさないとしても、それが将来に渡り実に深刻で切実な問題であるのか、私達は「知り、勉強する」必要があります。

最近の私達を取り巻く状況を列挙すると、

・北朝鮮が韓国に向けて砲撃を行い、北朝鮮に圧力を加える米韓軍事演習が大規模に行われました。

・国内では、柳田法相が辞任し、仙石官房長官、馬渕国交省の問責決議案が参院で可決され、菅内閣は窮地に追い込まれています。

・G20以降、円高が一服し為替の関心は再びユーロ不安へと移りつつあり、日本の株式市場は円高の一服を受け、経済が停滞する中株価だけが上昇しています。

・世界的にアジア経済が活況で、世界はアジア新興国の成長に牽引されています。今後世界のGDPの40%をアジア市場が占めると言われています。アジアに位置する日本はその成長の果実を享受できるのでしょうか?

色々書きましたが、例えば北朝鮮の砲撃に関して、単なる韓国と北朝鮮の同民族間の紛争という問題で軽視してはいけません。

そこには、米中を含む世界を二分するパワーゲームが行われており、日本の外交の重要性が問われているのです。

日本は日米関係を最重視した外交戦略が基本路線です。しかし、米国にNOと言える日本、真の意味での独立国家を標榜し、歴代政権は時にアジア重視を打ち出し米国に対して日米政策の方向転換をメッセージとして伝えることをしようとしてきました。

しかしその都度、独立国としてはあまりに未熟な国家日本国は、米国に叩かれ、時には政権が葬り去られ、日米の関係は一向に変わらず、更にその間隙を縫うようにアジア近隣諸国から様々な圧力・横暴を許しています。

日本の外交を含む政策には一貫性がなく、戦略なき国家であるが故に、諸外国から軽視されているのです。

特に民主党政権が誕生してからの外交政策は、あまりに未熟さが露呈しています。国内政策も右往左往、外交政策も混乱し、政権としての体を成していません。

こういった問題は、私達の実生活にとっては対岸の火事かもしれませんが、将来を考えると実に深刻な状態です。

多くの国民の関心と注視により、政権を良い方向に誘導していく義務が私達には存在します。

日々の出来事に関心を持ち、勉強し、自身の見解を持つという作業を今後もしっかりと行っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-11-29 11:03 | Comments(0)
2010年 11月 26日

カラオケ業界

昨日の日経新聞にカラオケ業界に関しての記事が掲載されていました。

シダックスやビッグエコーの取組みが紹介されていましたが、要は各社業績が大きく落ち込んでおり、画一的なサービスだけの集客では厳しいことが前提にある、ということです。

皆さんに「ライバル店の状況を把握すること」と指導しているように、私も業界他社の調査は継続的に行っています。

特に落ち込みが厳しいのは駅前の好立地にある大型店舗です。サラリーマンを集客の中心にしている店舗は今後更に厳しい状況が続くと予想されています。

ビッグエコーでは店舗を5つのカテゴリーに分け、それぞれの地域性・対象顧客層に合わせた戦略を行っていくということです。

今年の当社の取組み課題に「イベント・キャンペーンの実施」があります。最低、年に4回以上のイベント・キャンペーンの実施を課題として掲げています。

イベント・キャンペーンの実施において、最も重要なのが対象顧客層です。

全ての顧客層を対象にするのか、飲み放題獲得等を目指すターゲットが明確となったキャンペーンなのか、店舗の状況を鑑みしっかりと考慮する必要があります。

当社は「地域に愛される店舗」「地域の皆様に必要とされる店舗」が目標です。イベント・キャンペーンも地域性の高い内容が好まれるでしょう。

イベント・キャンペーンに関してはコスト管理が必要です。必要コストに関してはマネージャー及び本部長に相談下さい。費用対効果を意識し、計画を立案しましょう。

当社のみならず、厳しい環境下、ライバル他社も必死に努力しています。そういった実情をしっかりと受け止めて、当社も日々努力していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-11-26 15:11 | Comments(0)
2010年 11月 22日

税金

来年度税制改革の概要が明らかになってきました。

そもそも税金とは富の再分配という機能を持っています。特に高額所得者層から多くの税金を徴収し、社会的弱者へ再分配することで、一定水準以上の生活を保障しようとするものです。

今回の税制改革では、給与所得控除に上限を設定する、という内容が盛り込まれています。

要は高額所得者に対する増税です。

我々給与所得者は年所得から一定金額を必要経費として控除できることになっています。その控除額は所得が増えれば上限無く増えていく税制となっていますが、それに上限を設定するという改定です。

大きな政府、小さな政府、リバタリアニズム・自由主義や功利主義等々色々な言い方がありますが、民主党の政策は大きな政府と言われています。

菅総理は「最少不幸社会の実現」を政治信念として掲げていますから、民主党の政策は大きな政府を標榜していると言われても当然です。

対して自民党は、経済成長を通じて国民の所得を増やすことを第一義として掲げています。小さな政府を標榜していると言われています。

大きな政府を標榜している民主党ですが、今回の税制改革では「迷い」が明らかです。

迷いの原因は「マニュフェストの実現と財源確保の矛盾」「消費税論議の封印」にあります。

国民は「民主党は無駄を排除して財源を捻出するんじゃないのか?おいおい財源が捻出できないからいきなり消費税増税か?話が違うでしょ」という世論が圧倒的です。

内閣も国民の声を意識してか、税制改革に消費税の文字は全く登場してきません。

イギリスでは財政再建の為に消費税増税を行い、聖域とも言われている教育費の削減にも手をつけています。大学の授業料値上げで多くの暴動が起きています。

良いか悪いかは別にして、政治の決意の差を痛感します。

国民の顔色を伺い右往左往している内閣とは全く違うのです。

その場凌ぎの税制改革を繰り返している内に、国の財政は悪化の一途です。

民主党政治に明るい将来が全く見えません。最早、政権交代の期待感は存在していない状態です。
[PR]

by melo-works | 2010-11-22 11:03 | Comments(0)
2010年 11月 19日

教師

全体会議の資料を再度見直した方はお気付きかと思いますが、私の資料の3枚目を読まれたでしょうか?

会議時間に限りがあり時間が無く省きましたが、大変重要な事項です。

今年1年間の分野ごとの「教師」を決めよう、という内容です。

成長するためには「自己の弱点を把握する」作業が第一に必要となります。自己に自信があることと、弱点の認識は別問題です。完全な人間はいないのですから人は成長する余地があるのです。

その弱点の把握に関して、自分の弱点と逆の人間が存在するとします。ならば、その人間から「学ぶ」ことができるのです。

マイナス思考、否定的発想、ネガティブ思考という弱点を持っており把握しているとします。ならば周りにいるプラス思考、肯定的発想、ポジティブ思考の人間を教師とすれば良いのです。

「自分はあの人には成れない」のではなく、「近付く努力」「学ぶ努力」が必要なのです。

私も「怒り」「激高」することがある自分の弱点を把握しており、都度反省を繰り返しています。

その分野の教師は「父」なのですが、私は怒らないための勉強も行っています。その分野の本を読み、読むだけで終わらせずに内容を実行しています。

自分の弱点を放置しておくことは簡単であり、多くの人が弱点を改善できずに一生を終わります。人間は「忘れるし、繰り返す」動物ですから。

私は自己成長のためにも、そういった弱点を克服する努力を一生続けます。完全には改善できないかもしれませんが、その努力を継続していくことに意味があり、成長へとつながるのです。

ぜひ、資料の3枚目を読み、自身の教師を設定し、学び、改善する努力を行いましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-11-19 12:50 | Comments(0)
2010年 11月 15日

税金

昨日、身内のお通夜に参列しました。

私は車のドライバーでしたから、当然と言えば当然なのですが、アルコールは飲みませんでしたが、私の周りの方の多くもアルコールを飲みませんでした。

ドライバーは飲まないのは当然ですが、全体的なアルコール離れも相当進んでいるのではないでしょうか。

更に、館内は喫煙場所を除き宴会場内は禁煙です。

年配者の一人が「最近はお酒もみんな飲まないし、タバコも吸わない、俺なんか肩身が狭いよ」と嘆いていましたが、お通夜のお神酒の風景も様変わりしていました。

当社でも飲み放題取得率が下がり、アルコール離れが進んでいます。更に、猛暑だった8月のビール全体(発泡酒等も含む)売上も前年割れとなっています。

その影響もあるのでしょう、政府が第3のビールへの増税を見送りました。

酒税の税収は約1兆5000億、タバコ税収は2兆の税収があります。

消費税を1%アップさせると2.5兆円の税収増と言われていますので、酒税とたばこ税は消費税1%以上に相当することになります。

酒税・タバコ税は国にとっては重要な税源なのです。国の財源は直接税と呼ばれる所得税や法人税等と間接税と呼ばれる消費税や酒税、タバコ税等がありますが、酒税・タバコ税は間接税の14%もの比率を占めています。

酒離れ、タバコ離れの加速も良い面は多大にありますが、国の財源という観点からはマイナスです。

景気が悪くなると、所得税、法人税、消費税といった税収の多くを占める税収も減り、更に酒税、タバコ税も減る、多大な借金を抱える日本国の財源確保は大丈夫なのでしょうか?

民主党は事業仕分けにより、特別会計を仕訳しましたが、その中にも無駄が多く存在しています。

乱暴な意見ですが、例えば空港整備特別会計などは空港を作る為の税金ですが、この特別会計の存在が空港建設を後押しし、全国で無駄な空港を作ってきました。こういった特別会計を廃止するのも方法ですが、使い道が決まっている特別会計でも、法を改定し、一般会計化できないかというのも重要な問題です。

法人税減税というニュースが先行する中、代わりの財源を確保しようと国は躍起です。

マイナーチェンジの繰り返しはその場凌ぎです。当初勢いのあった消費税アップは封印されています。

民主党が掲げる「国の形を見直す」という作業無しでは、この国は衰退の一途です。
[PR]

by melo-works | 2010-11-15 10:50 | Comments(0)
2010年 11月 12日

正義とは

尖閣沖の漁船衝突事故ビデオ流失に関して、海上保安庁職員が自ら「自分が行った」と申し出ました。

世論の意見は「良くやった」「現場は命をかけているのだから当然」と言った肯定的な意見が多いようです。逆に「組織に属していながら機密事項を漏洩させる行為はどうなのか」と言った批判的な意見もあります。

海上保安庁職員のメモが発覚し「そもそもビデオ自体が機密事項なのか」と言った疑問が書かれ、職員だれもが見れる環境にあったことを告白しています。

ハーバード大学「マイケル・サンデル氏」の白熱教室「正義とは」を見た方は多いのではないでしょうか?

サンデル氏も正義とは?という問いに、答えは無いと言っています。

例えば、「責任と謝罪」について、自分の世代に侵したことではなく、生まれる以前に起こした不祥事についての責任と謝罪の例を挙げ、日本の戦争責任を現在の私達が謝罪する必要性があるのかどうかといった議論を展開します。

ある人は「被害者側が忘れるまでは謝罪する責任がある」と言い、またある人は「責任が無限に続くのだろうか、未来志向で考えることが重要」と言う。ここでは責任の時間軸が論点になってきます。

別の観点から「コミュニティの責任は同じコミュニティが請け負う義務がある」と言い「子は生まれてくる場所を選べない。結果的に生れてきた処に既に責任を負って生まれるのか」と反論する。

講義の中で生徒が述べた意見に関して、サンデル氏は「君は功利主義者だね、では功利主義に反対の意見は」「君はリバタリアンだね。では君は能力的な弱者を救済しなくて良いということだね?」と話を展開する。

講義はサンデル氏の手腕により非常に面白い展開をします。

今回のビデオ投稿について、サンデル氏の白熱講義風に議論するならば、「彼は国民は真実を知る権利があると主張している。しかし彼は国家公務員としての職務規定を犯した(とする)。どうだろう、彼の行った行為を正義と言えるだろうか?」となるのでしょうか。

議論の成熟は、単純な価値観のぶつかり合いでは成されません。「幅広い知識と教養によって成熟された個々の思想が論理的にぶつかり合う」からこそ議論が白熱していくのです。

マスコミが街角インタビューを行いテレビで放映している「良くやった、偉い!」「彼を罰したら可哀そう」という感情的な意見が世論を形成していくことは決して良いことではありません。

狭義の価値観での判断から、成熟した価値観の形成に至る努力を、我々は日々行わなくてはいけないのです。

サンデル氏も「過去の思想家や哲学者も真実に辿りついていない、大切な事は我々が真実を探求し続けることだ」と述べています。

政治家の成熟された?議論にも注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-11-12 10:37 | Comments(0)
2010年 11月 09日

インフルエンザ

中国漁船との追突ビデオが流出し、ニュースの話題は犯人探しになっています。

国民が「悪い奴だ」とは感じていない状況で、犯人を特定したところで、逆に「良くやった」「大した覚悟だ」と称賛されるのでしょうか。

政府の情報管理が問題視されていますが、このインターネット時代に情報管理がどこまで徹底できるのか疑問です。

今回の画像流出によって、世界に対してアピールになるとか言われていますが、「政府が公開する姿勢」に意味があるのであって、「結果的に流出してしまった」のでは何の意味もありません。

話は変わりますが、既にインフルエンザが流行の兆しを見せています。

今年は新型インフルエンザの感染が30%、多くがA香港型だそうです。

今年の予防接種のワクチンは、新型インフルエンザ、A・B香港型と3種類の混合ワクチンとなっています。

会社では予防接種を強く推奨するために、予防接種の費用を福利厚生費として経費扱いにします。

店舗で各店長は予防接種を受けて下さい。また、アルバイトにも勧めて下さい。

予防接種を受けた際には、医療機関で領収書を受け取り、氏名と金額を明記いただいて下さい。そして店舗で出金扱いにして下さい。

ごくまれに予防接種にて重大な事故につながることがありますので、強制ではありません。強く推奨するということです。

会社はインフルエンザ対策を真剣に考えているというメッセージです。

シフト制の勤務の場合、シフトに穴をあけると多くの方に影響します。ぜひ、予防の為の対策を実施しましょう。

宜しくお願いします。
[PR]

by melo-works | 2010-11-09 11:56 | Comments(1)
2010年 11月 05日

電子書籍

電子書籍市場が盛り上がってきました。

Ipadが発売され、徐々に電子書籍化が進んできましたが、今回、村上龍氏が自身で新会社を立ち上げ、自作「歌うクジラ」をIpadから発売します。

この村上氏の動きは、出版業界の複雑に絡み合った既得権が背景にあります。要は村上氏がやりたいこと、自身の書籍を電子書籍化したいこと、を行うのに数々の壁があったのです。

つまり、「ある出版社と組んで電子化を行うと、他社の既刊本を扱うことができず、各書籍の出版社と協力体制を作らなければならない」という氏のコメントにもある通り、一冊一冊の既刊本はそれぞれ出版社が権利を握っており、その一冊一冊について、それぞれの出版社と交渉を行っていかなければならない、という非効率的な世界が待っているのです。

更に出版社には自社で電子化する知識と技術を持っていないことも背景にあります。正に致命的です。

村上氏は自身の看板番組「カンブリア宮殿」の司会を行っており、多くの経営者とのコネクションもあり、一流の経営というものを肌で感じていたのでしょう、自身が起業するのは至極当然の流れです。

この村上氏の動きは出版業界にとって衝撃的な出来事です。今後の電子書籍化の拡大において、既存の出版社が必要無いと言われているようなものです。

私もIpadで本を読みたいと思っていますが、Ipadは使っていません。読みたい本が手に入らないからです。

要はどんなに素晴らしいハードでも、コンテンツが無ければ役に立たないのです。

私が望んでいるのは「読みたい本が読みたい時にダウンロードできる世界」であり、本屋に行かなくても、自宅でいつでも読みたい本が手に入り、本棚も必要なく、複数の本を持ち運ぶ必要も無く、全てがIpadに入っている状態」です。

多くのユーザーが同じ気持ちではないでしょうか。

村上氏の行動が出版業界に変革をもたらし、「知識・情報の取得」が飛躍的に進化することを望みます。

出版業界には淘汰の時代であるとともに、チャンスの時期なのです。
[PR]

by melo-works | 2010-11-05 11:47 | Comments(0)
2010年 11月 01日

小阪店

e0102432_10303293.jpg
e0102432_10305696.jpg
e0102432_1031949.jpg


先日、大阪の王道居酒屋「のりを」小阪店のレセプションに行ってきました。

今回の居酒屋も一応は居抜き店舗で、以前が鉄板焼き屋の店舗を大幅に改装してオープンしました。

改装費用は約1000万程度ですが、居酒屋のオープンとしては安いコストです。

今回、店構えで提灯(ちょうちん)を陳列しました。店の前が抜群に明るくなり、また入り易さも増し、地域で一番目立つ店舗ではないでしょうか。

店内も明るく、まだ慣れてはいないですが元気な接客で、活気に溢れていました。

「のりを」は今流行りの低価格居酒屋の先駆けですが、290円均一に加えて、「モツ鍋」が名物です。

今回、そのモツ鍋を強化し、本来の「名物モツ鍋」に加え、「あっさりモツ鍋」「カレーモツ鍋」とラインナップを充実させました。味もそれぞれ素晴らしく本当に美味しいモツ鍋です。

「低価格・均一料金戦争」と言われていますが、基本は「接客」と「料理」です。のりをにはそれを実現できる環境があります。


今日から正式にオープンを迎えます。全員で協力し、努力していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-11-01 11:41 | Comments(0)