当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 27日

今年

今年も残り5日となりました。

TVでは今年の10大ニュース等、一年の総括が報じられています。

尖閣諸島での中国漁船追突から現在も続いている機密事項の漏洩へと続く一連の話題が最大のトピックスでしょうか。

国内は明るいニュースが見つからない、正に「閉塞感」の1年でした。

民主党政権2年目、菅総理誕生と期待されましたが「結局政権が変わっても無理なんだ」という感情を持つ国民が大勢を占めているのが現状です。

民主党は「無駄の排除」を期待されて政権の座に就きましたが、民主党の政策は典型的な「大きな政府」です。ばら撒き政策です。

子供手当て、農家への戸別所得保障、高速道路無料化が目玉政策ですが、その財源は「予算の組換」で賄うと主張されていましたが、どうやら幻想で終わりそうです。

民主党=大きな政府=増税路線という構図を国民は理解したことでしょう。

対する自民党=小さな政府=経済成長路線という政策が明確であるならば、国民の選択は行い易いものとなるのですが、自民党も公共事業というばら撒きを続けてきた歴史がある為、結局国民は選択の余地がないのです。つまりは閉塞感です。

今年の経済は「円高」に尽きます。日本経済を円高が襲い、円高が景気回復局面における株安を招きました。

今年の株は上昇する、と書いた私の予想は見事に外れました。米国経済の不調、それが起因しての金融緩和政策が巨大であったため、為替戦争なるものが勃発し、円一人負け状態が招いた結果です。

グローバル時代に日本は世界の中でどういう位置付け、スタンスを目指すのでしょうか。

経済問題も一国内の戦略では無く相手は世界です。外交問題も当然です。時の政府の大局的な視点が日本の将来を決定付けていくのに、今の政府はというより日本の政治は「行き当たりばったり」です。

多すぎる選挙、地方と国との関係等、日本の歪みきった構造を変えねば、将来に渡り同じことの繰り返しです。

来年こそは閉塞感からの脱却、日本再構築の一年となることを切に望みます。
[PR]

by melo-works | 2010-12-27 10:23 | Comments(0)
2010年 12月 24日

インフルエンザ

鹿児島県出水平野のナベヅルや島根県の養鶏場の鶏など、国内で鳥インフルエンザの感染事例が相次いでいます。

昨年、新型インフルエンザが大流行しましたが、弱毒性であったことが幸いし、大きなパニックにはなりませんでした。

しかし、今までに鳥インフルエンザに感染した510人の内、実に6割の303人が死亡していることから、強毒性の鳥インフルエンザが大流行(パンデミック)すると全世界で5億人もの人が死亡すると予想されています。

大流行しなければ今は大丈夫、という考えも養鶏場を営む方の心労は絶えません。

昨年度、宮崎県で流行した口蹄疫では、次々と大量の牛が殺処分となりました。養鶏場を営む方も、1羽でも感染すれば現状の対応では全て殺処分となります。

養鶏場に限らず、富山県の高岡古城公園動物園は、感染が判明したコブハクチョウの同じ堀のコブハクチョウ10羽を自主的に殺処分し休園を余儀なくされました。

鳥インフルエンザの予防に関して有効な手立てはありません。ワクチンを使用すると、抗体検査による感染の区別が不能となり、摘発し淘汰することが困難となります。ワクチンを使用した地域ではウイルス撲滅に失敗しています。

有効なワクチンは人から人へ感染した段階での対応となりますから、市場に出回るのは発症から6カ月後ということになります。

この恐ろしい鳥インフルエンザの発症は、すぐそこに迫りつつある脅威です。

私達にできることはありませんが、現行流行しているインフルエンザに関しては、予防接種、手洗いうがい、マスクの着用と出来ることはあります。

年末を向かえ、体調管理に関しては今一度店舗で確認し、元気に溌剌と新年を迎えましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-12-24 11:07 | Comments(0)
2010年 12月 20日

外交

日本の尖閣諸島沖で起きた漁船衝突事故と同じようなケースが韓国の排他的経済水域にあたる黄海上で発生しました。

韓国の海洋警察の警備艇が違法操業中の中国漁船を拿捕しようとした際、中国漁船が巡視船に体当たりし、そのはずみで漁船が転覆し、中国漁民1人が死亡し、1人が行方不明となりました。

韓国は、身柄を確保した漁船員3人を群山(クンサン)海洋警察署に移送し、本格的な取り調べを始めています。

おかしなことに、中国の主要紙や国営・新華社通信は同事件について一切報じていません。中国当局が国内の反韓国世論が強まるのを抑えようと配慮しているのでしょうか。日本での衝突事故時の報復処置を含めた凄まじい対応とは全く異なっています。

そして韓国と日本の対応に違いが鮮明です。

韓国は年間100隻以上の違法操業中国漁船を拿捕し、高額の罰金をとってから釈放しているという事実があります。罰金が払えなければ当然、懲役刑で、実際に服役している例は少なくありません。

中国からの圧力に屈して釈放した日本の対応とは全く異なります。

本来なら、日本政府も同様の措置をとって然るべきですが、なぜ韓国にできて日本にできないのか、そこに外交戦略上の大きな差が存在しています。

韓国と中国とは地続きです。太古より韓国にとって中国の脅威も半端ではなかったのです。

だからこそ、小国としていかに大国である中国を利用し、また対峙するべきかという経験値が日本より遥かに高く、こういう主権をめぐる問題で妥協してはいけないことを知っているのではないでしょうか。

そして、中国漁民のスコップや鉄パイプでの抵抗により、韓国警官4人が骨折などのけがをしました。違法操業漁船の取り締まりがいかに危険を伴うかということです。日本の海上保安庁も、中国漁船を取り締まるのは命がけなのです。

その命がけの最前線を無視した「中国に配慮した政治的判断」とはいったい何なのでしょうか。

日本と韓国の違いを見て、改めてこの国の外交を考えさせられます。
[PR]

by melo-works | 2010-12-20 12:02 | Comments(0)
2010年 12月 17日

店内

毎日忙しい日が続いています。本当にご苦労様です。

また、多くの店舗で年末の雰囲気作り、主にクリスマスバージョンの店舗作りを行っています。

高崎店は勢いのある店舗です。次から次へとお客様が訪れる店舗で、店内が賑わっています。

高崎店はお客様の勢いに負けない店内作りを行っています。店に入った瞬間に「わっ、凄い」と感じる店内です。

2次会利用が多い時期ですから、テンションの高い団体様が多く来店する店内に相応しい店内です。

入り口付近のみならず、各ルームにもクリスマスの飾りが賑やかに飾られています。賑やかさの中にも手作り感が感じられ、アットホームな雰囲気です。コストにも優しい飾りです。

店舗は店長とスタッフの鏡です。店長の意志、思考が店内環境に表れます。

自分の思考を煮詰め、手間を惜しまず、それを実現していくことが「仕事」であり「自己実現」であり「クリエイティブ(創造性)の発揮」なのです。

今後も忙しい日が続きます。体調管理には十分留意し、頑張っていきましょう。
e0102432_10105212.jpg
e0102432_1011488.jpg
e0102432_10111481.jpg
e0102432_10112797.jpg

[PR]

by melo-works | 2010-12-17 10:13 | Comments(2)
2010年 12月 13日

大連立

菅総理にこの国の長である資格が本当にあるのか、またまた問題発言が取り沙汰されています。

自身の政権運営に対して「仮免許」だと発言したことが問題となっています。

確かに仮免許状態でしたが、そういった発言を行う事が今も尚仮免許状態であることを証明しています。

そして小沢氏に対する民主党政権の動きについて色々と報道されていますが、民主党執行部が今行わなくてはならないのは小沢氏に対する動きよりも「問責決議」が可決された仙石官房長官及び馬渕国交省への対応ではないでしょうか。

菅内閣が「1月からの通常国会の円滑な審議」を意図して「小沢氏の政倫審への招致」へ動きを強めているのであればそれは的外れな行動であり、問責が可決された官房長官をそのままに次期通常国会へ突入することこそが国会の審議に大きく影響することは間違いありません。

そもそも、菅内閣が小沢氏への強硬な姿勢をとっている裏には「自民党との大連立構想」が見え隠れしています。

菅内閣には国の形を左右する程の重要問題が山積しています。

特に財政問題に関わる「税制」「社会保障」に関しては、いつまでも先送りにして良い問題ではなく、党派を超えた議論が成されなくてはいけない問題です。

しかし、党派を超えた議論であっても、その手法が「大連立」という安易な手法で良いのかは大きな疑問です。

大連立が実現すれば、数の原理により、大切なチェック機能が損なわれた状態で大切な法案が成立していくことが予想されます。

国民が民主党に期待したのは「無駄の排除」ではなかったでしょうか。自民党と大連立を組んで「増税確定路線」に舵を切ることは、今の民主党政権に許されるべき行動ではありません。

小沢氏が政倫審招致拒否を行った場合の処遇に注視し、その後の政界の動きを注視していくことが重要です。

年末に向けて政界の動きが激しさを増しているのは事実です。
[PR]

by melo-works | 2010-12-13 10:55 | Comments(0)
2010年 12月 10日

ウィキリークス

北朝鮮への圧力を目的とした実践訓練が頻発化しています。対抗する北朝鮮は自国領域内とは言えミサイルを発射し、更に日米合同訓練の最中、ロシアの偵察機が日本領域内に飛行してきました。

宛らアジアは中国・ロシア・北朝鮮VS日米韓といった構図になっています。その舞台が日本海であったり、朝鮮半島であったり、日本近隣に危機が押し寄せています。

実際の世界とは別に、「The Fifth Domain 第五の領域」と言われるコンピューターネットワーク上でのサイバー戦争が激しさを増しています。陸・海・空・宇宙に次ぐ第5の領域です。

最近ウィキリークスという言葉を良く耳にします。告発サイトとして国家的機密情報を次々にネット上に公開しているサイトです。

その創設者ジュリアンアサンジ氏が婦女暴行容疑という全く関係の無い容疑で国際指名手配され拘束されました。

今ネット上はウィキリークス肯定派VE否定派の激しい戦争が繰り広げられています。否定派によりウィキリークスが閲覧できなくなり、肯定派はミラーサイトと呼ばれるサイトを1000以上も立ちあげています。

同サイトへのサービスを停止した大手カード会社の米ビザとマスターカードに対して、16歳の少年が同社ウェブサイトに対するハッカー攻撃を仕掛け逮捕されました。

アサンジ氏は情報の透明化を狙ってウィキリークスを立ち上げたと報道されることが多いのですが、実際は違うようです。

今回の公表分には、25万件の米国外交公電が含まれます。米政府の情報管理能力が問われています。当然ながら、オバマ政権は情報の流れの制限強化を検討しています。

アサンジ氏は米国のこういった動きを意図的に画策しているのです。

アサンジ氏は米国を独裁主義的陰謀団ととらえているようです。そして米国を弱体化させたいと考えているようです。

アサンジ氏は「体制の行動を根本的に変えるには、明確かつ大胆な考えをしなければならない」と発言しています。つまり、情報の漏えいが、米政府当局者の間の情報の流れを制限して、政府の有効性を低下させるという考えです。

ウィキリークスによる情報の漏えいによって、米政府当局者が「内部のつながりを断ち分断化」すれば、米政府当局は「従来ほど効率的ではなくなる」ということです。

恐ろしい発想です。アメリカはこういった事実を知り、徹底的にウィキリークスを叩いています。正にサイバー戦争状態なのです。

今回のウィキリークスに関する問題は、知る権利、報道の自由といった道徳的論議を超越しています。世界を支配しているアメリカとそれに反対するサイバー集団との「戦争」というのが実態のようです。

終わりのない戦争がまた一つ始まったのです。
[PR]

by melo-works | 2010-12-10 11:19 | Comments(0)
2010年 12月 06日

業績

11月度は当店も若干苦戦しましたが、好調であった企業も苦戦しているようです。

ユニクロは今年に入り既存店の売上高が前年を上回った月は3回しかありません。月別に見ても、対前年90%平均といった感じでしょうか。

ユニクロに関しては一昨年、昨年と数値を大幅に伸ばした反動とも見られますが、ヒット商品に左右されやすい体質は変わりなく、今後も商品開発次第で業績は大きく変動すると思われます。

ユニクロとしては「コア商品の強化」を進めていく方針で、ヒット商品に左右されない強い体質を目指しています。

サイゼリアも業績を落としています。

サイゼリアもユニクロと同じく昨年はブームに乗り業績を大幅に伸ばした反動で、軒並み対前年90%~95%の売上で推移しています。

餃子の王将も同じような推移です。

勝ち組と言われた企業も業績を伸ばし続けることが如何に困難であるかを証明しています。そして企業は日々業績を伸ばし続ける努力を継続していくのです。

海外戦略や更なる新商品開発、コア商品の強化、販促、マーケット戦略、接客レベルの向上等々。

勝組の代表マクドナルドも先を見据えた動きをしています。都内店舗を優先的にデリバリーを開始します。新マーケットの創出です。

今までは店舗に来ていただく顧客を相手に商売してきましたが、こちらから伺うことで新しいマーケットを創出するのです。

メロ・ワークスの既存店売上高に関しては、店舗間の差はありますが、ここ数年右肩上がりを継続しています。この継続作業が如何に困難であるか、そして今後の業績を更に維持・進化させることが如何に難しいかを全員が共有しなくてはいけません。

今年の重点取組み事項は
・昨年度の継続「積極的PR推進により自ら売上を作る」
・接客レベルの更なる向上「笑顔でお客様の為に」頑張りましょう
・キャンペーン・イベントの実施「年4回以上のキャンペーン・イベント実施」

それぞれに「考える力」「実行する力」での差が生じます。

12月度今後も益々忙しくなってきます。笑顔でお客様の為に頑張りましょう。
[PR]

by melo-works | 2010-12-06 11:59 | Comments(0)
2010年 12月 03日

ワールドカップ

日本は2022年のワールドカップの開催地に立候補し、誘致を計画していましたが、残念ながらカタールでの開催が決定しました。

最近では、オリンピックの開催地に東京が立候補し敗退したことは記憶に新しい出来事ですが、前回同様、今回も国民的盛上りは皆無に等しい状態でした。

落選の理由においても、政府のバックアップが他国に比べて乏しい等、今回日本政府が本気でワールドカップを誘致しようとしていたとは思えません。

経済に目を向けても、世界各国での国家レベルのインフラプロジェクトの競争入札において、日本はベトナムを除き多くを敗退しています。お隣、韓国が次々に受注成約しているのに比べ、寂しい限りです。

民間レベルの経済競争においては、まだまだ日本の国際競争力は高いレベルにありますが、国家間の競争において、日本の競争力はほぼ無い状態と言えます。

特に民主党政権における「経済成長戦略」はどうなっているのでしょうか。

民主党政策の特徴はばら撒きによる弱者救済です。それはそれで政策としては大切かもしれませんが、財源無きばら撒き政策の行く末は「国家破綻」という最悪の事態が待ち受けているだけです。

無策とも言える財政管理は国民年金の国庫負担割合も50%から36.5%へ減額の予定でしたが、結局埋蔵金を活用し、50%を維持することとなりそうです。正に一時凌ぎです。

こんな政策を継続していたところで、国は衰退する一方です。

無理だろうな~と思いながらも、朝鮮半島の情勢悪化や招致委員会の賄賂疑惑等、日本には追い風が吹いた状態での投票だっただけに、非常に残念な結果となりました。

政治力の差は如何ともし難いようです。
[PR]

by melo-works | 2010-12-03 10:05 | Comments(1)