当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 29日

高速鉄道

中国の高速鉄道列車追突事故に関して連日報道されています。

全く強引な隠蔽に関して、世界中が唖然とさせられています。昨日温首相が鉄道省を猛烈に批判し、国家指導部の立場は人命優先だということを明確にしましたが、そういった猿芝居を中国国民も既に見透かしています。

共産党指導部から相当な巻き返しがあったのでしょう、マスコミ報道のトーンも下がり、批判を叫んでいた遺族も声を上げなくなりました。

中国政府の対応を見ていると、原発当時の日本政府の対応と似ています。

批判を抑え込もうと必死に隠蔽する、批判をする評論家をテレビに出させない等の対応が思い出されます。

その後日本政府は騒ぎが沈静化した頃に、とんでもないデータを発表しました。おそらく中国も騒ぎが収まった頃合いを見て、「真相」の発表が一部あるのでしょう。

そして、今回の中国の対応を日本のマスコミはこれでもか、と批判しています。最早、原発の隠蔽報道を忘れた訳ではないでしょうが、目先を他に向けている感は否めません。

以前でしたら「まあ中国共産党が行うことだから…」と冷めた目で見ていた我々も、他国を批判できる立場には毛頭ありません。

イギリスではメディア王マードック氏率いるメディアの盗聴問題がクローズアップされています。マードック氏こそ陰で世界を牛耳っている実力者と言われていますが、多くの主要人物への盗聴がイギリス国内では衆知の事実となっていたようで、それこそ盗聴国家大英帝国といった感じでしょうか。

こういった世界中で起こっていることは、日本だけが例外では無いということは、我々は既に知っています。日本は安全だ、日本は先進的な民主主義国家だ、というのは平和ボケしていた国民の妄想だったのです。

国内問題だけでは無く、世界に目を向けた幅広い見識を身に付け、真実を常に探求していく姿勢が我々に求められているのです。
[PR]

by melo-works | 2011-07-29 14:01 | Comments(0)
2011年 07月 25日

値上げ

店舗メールにも書きましたが、当社のここ数年の傾向として組数が増加しています。対して、組人数、客単価は減少傾向にあります。

客単価の減少については、酒離れ、夜の時間帯の減少と昼の時間帯の増加が大きな要素です。

組人数の減少は、団体客が目に見えて大幅に減っているということではなく、1人カラオケが増加していることが組人数の減少というデータに大きく影響しています。

先日、第一興商のある子会社社長と話をした際、当社の既存店の組数はここ数年1000組平均で上昇し続けていることを話しましたが「信じられない」という受け止め方をされました。

ビッグエコーの衰退はここ数年、特にリーマンショック以降歯止めがかからないようです。組数が増加し続けているという現象は、彼らの企業には無いのです。

当社はこれまで、組数の増加に注力してきましたし、今後もその方向性は全く変わりません。

しかし、現場では「昼間の満室現象」が通常化し、オペレーション上大きな支障をきたしている店舗が多くあります。

現在はフリータイムの制限、パック料金の導入、時間制限と工夫いただいていますが、制限だらけの営業はお客様に満足いただいている状況ではありません。

今後は1人カラオケに関して料金値上げ等の工夫が必要でしょう。2名様料金をいただいている店舗もありますが、現在1人分の料金の店舗が該当します。

値上げについては、「丁寧」に「戦略性」を持って進めていくことが大切です。

例えば、1カ月程度の告知期間を設け、既存のお客様には「1カラ優待カード」として現行料金に近くなる期間1年間の割引カードを渡します。1年間は現行の料金に近い値段で特別にご利用できるカードです。既存のお客様はお得感を感じます。

顧客は徐々に入れ変わります。1年間で1カラについても新しいお客様が増え、単価は徐々に上がります。また、1年後には優待カードの期限も切れます。その際には新しい割引のカードを配る等の工夫を行えば良いのです。

「お得感」を感じていただきながら、丁寧に値上げをしていくのです。

値上げは「悪」ではありません。昼の状況が改善される可能性もあり、お客様の満足度も上がる可能性もあります。顧客利益と企業利益が結び付けば、それは「良い値上げ」となります。

こちらの都合を一方的に押し付けるのではなく、お客様と対話をしながら、徐々に良い方向性を見つけて行くことが大切です。それこそ、地域密着店のあるべき姿です。

色々と創意工夫していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2011-07-25 10:49 | Comments(0)
2011年 07月 22日

日本の評価

日本の国内は問題が山積、世界の中の日本の位置付けについては低下の一途ですが、為替の世界では違う評価が続いています。

為替の評価とは「円」という通貨の評価が想像以上に高い状態が続いているということです。

併せて日本国債のマーケットの評価も異常に高い状態が続いています。

大震災があり、経済的に大打撃を受け、世界で突出した財政赤字を抱えるこの日本という国の「円」が強く、「日本国債」が安定していると見なされているのです。

震災前に1$82円付近で推移していた円は現在78円台半ばで推移しています。円高になっています。しかもこの水準は歴史的に見ても最も高い水準です。歴史的に現在の円の評価が異常に高いのです。

しかし、円の評価が高いという言い方は間違いなのでしょう。ドルやユーロが「やばい」のです。

あまり報道されていませんが、今アメリカは「デフォルト(債務不履行)」という最大の危機を迎えています。要は国の予算を確保するため、赤字国債発行限度額を引き上げる必要があるのですが(赤字国債を発行しないと各種支払いができなくなる)、その法案が共和党の反対で通過するかどうか、非常に微妙な状態にあります。

もし、その法案が通過しなければ赤字国債を発行できませんから、アメリカは支払いに窮し、債務不履行となります。ドルの信用の失墜ですから、つまりドルの終焉が始まることになります。

ユーロも深刻です。ユーロ首脳は、ギリシャを支援するため、民間投資家に対して、自発的に保有するギリシャ債を期間がより長く金利はより低い債券と交換するという方針を示しました。

つまり、投資家は保有する資産が大きく目減りするということで、これによってギリシャは選択的デフォルトという状態になると発表されています。

選択的デフォルトなど誤魔化しです。明確なデフォルトです。今回の処置は、破綻した生保などの保険が不利な条件に一方的に変えられる、といったことと同じことです。国を潰さず、何とか誤魔化したいという処置です。

日本も「やばい」のですが、その他の国が「やばすぎる」のです。

各国の窮地をしり目に「金」価格だけが淡々と上昇を続けています。金価格が高いということは、国も信用できない、信じるものは「金(きん)」だけ、といった状態なのです。

短期的に日本は強い、しかし、次の本格的な危機は「日本」を確実に襲ってくるのです。
[PR]

by melo-works | 2011-07-22 11:10 | Comments(0)
2011年 07月 19日

ワールドカップ

批判的な論調に偏っているブログですが、「なでしこ」の活躍、キャプテン澤さんの人間性には学ぶべき多くのことがあります。

まずは、ワールドカップ制覇という偉業に心より敬意を表したいと思います。何故偉業か言うと、サッカーに携わる全ての人の頂点の思いが「ワールドカップ」だからです。

その多くの思いの頂点に立つということは、ラッキーだとか、たまたまだとか、そういった偶然は存在しないのです。

勝ったチームが必然であり、そこに至る全ての過程が正しかったことの証明なのです。

日本チームは「体格差」という大きなハンデを背負っていました。スポーツにおける体格差、身体能力の差はある意味決定的な差のはずです。足の長さが違えばボールを奪う能力も違う、背の高さが違えばヘディングの能力も違う、体格差があればボディコンタクトの能力も違う、全てがハンデなのです。

そのハンデを克服し上回るためには工夫・スキル・精神力等全てが相手を相当に上回らなければならない。

早いパス回し、素早い動き、組織の連動、相手の動きの先を読む洞察力、走り負けない持久力…挙げれば限りないくらいの努力が必要なのです。

なでしこはその全てに相手を上回り体格のハンデを補ってきました。

そして「澤」という精神的支柱、強いリーダーシップの存在です。

一人の絶対的エースの存在が組織の力を更に引き出します。澤の名言「苦しい時は私の背中を見なさい」に全てが集約されています。苦しい時に存在力を発揮してこそ真のリーダーです。

女子がサッカーをするというハンデを幼少時代から背負い、目の前に次々と現れる壁を突破し続け、己の信念を曲げず、夢を現実にした彼女のなんと素晴らしいことか。

このワールドカップ前に書いた色紙に「結果」と書き残し、有言実行を遂げた彼女に、多くの人が勇気をもらったことでしょう。

人の思いが実現する素晴らしさを見せてくれたイレブンに心より感謝します。おめでとうございました。そしてありがとうございました。
[PR]

by melo-works | 2011-07-19 10:39 | Comments(0)
2011年 07月 15日

ストレステスト

政治の世界では相変わらずおかしな状況が続いています。

事実上退陣表明した首相が、国家の根幹に係わる今後のエネルギー政策に関しての方向性を打ち出し、それに関して官房長官が「総理の思いを述べた」という表現を使っています。

一国の総理が会見で政策の指針を述べていることに対して腹心の官房長官が「思いを述べている」は、あまりにも酷い、無機能状態を露呈しているだけです。

更に原発に関して「ストレステスト」が総理の思い?で行われようとしています。

この「ストレステスト」を行えば安全性が確保できた、と言えるのでしょうか。それとも安心材料を提供するだけの儀式なのでしょうか。

多くの国民はそれがある種のパフォーマンスだと感じています。

リーマンショック後に欧州の金融機関破綻懸念が巻き起こり「ストレステスト」が行われ、銀行の健全性が証明され危機は一応収まりました。その後はどうでしょうか、現在ユーロ危機はポルトガル、イタリアに広がり、昨今の大幅な円高を巻き起こしています。

「ある一定の基準」というストレスをかけた場合に耐えうるか、という判断は「ある一定の基準」以下の事態には有効ですが、一定以上のストレスが掛かった場合にはそれは意味の無いものとなります。

「想定外」というものです。

過去の経験値、科学的根拠等から定まった基準にはある物が欠けています。

「想像力」です。想定外を想像する力です。

一度暴走したらどういう事態になるかの想定はできているのに、危険度の度合いは認知しているのに、それでも「原発は安全だ」という根拠は「起こり得る事象が想定内」に限って安全なのです。そこに想像力を入れ込むと「安全」と言えなくなるから、想像力を意図的に排除しているのです。

人類はこの宇宙の誕生から現在までのどれくらいを見て、知っているのでしょうか。科学や英知で全てが解決できるという奢りなど、一瞬で吹き飛ぶのです。我々の想定外の出来事など容易に起こり得るのです。ストレステストなどただの儀式です。(やらないよりはやった方が少しはましでしょうが)

無意味な論争に時間を費やし、九電のやらせメールというとんでもない事態まで明らかになりました。この国を動かしている人の「レベル」がどの程度か、それこそ私の想定外の酷さです。
[PR]

by melo-works | 2011-07-15 12:33 | Comments(0)
2011年 07月 11日

「人」から学ぶ

昨日の灼熱の太陽の下、私は地元の地域貢献活動として祭りの神輿順路の警備を行いました。

午前10時~夕方6時までの8時間、炎天下の中、長袖・長ズボンで交通整理を行っていました。

昨日は雲一つ無い晴天、埼玉県の内陸部は全国でも有数の高温地帯、アスファルトの照り返しも厳しく、吐き気・目まいを感じる程の過酷な作業でした。

原発作業員の劣悪な作業環境にも酷似しており、熱中症と隣り合わせの世界の恐ろしさを身を持って体験しました。

交通整理と言っても、神輿が通り過ぎる間、一定区間を通行止めにしなければなりません。

ドライバーからすれば、いきなり神輿に遭遇し迂回を余儀なくされるわけですから、中には憤りを直接表現する方もいます。

こちらが、丁寧に「ご迷惑をおかけします、今神輿が通過していまして、迂回のご協力をお願いしています」と説明しても「ふざけるな」「なんだよそれ」と暴言を吐き捨てるように言われたりしました。

暑い中、一種のボランティアで行っている行動にも関わらず、暴言を浴びせられ本当に倒れそうになりました。

丁寧にお願いをしても暴言で一蹴される、人というのは何と冷酷、自分勝手な生き物だということを実感しました。

当然多くの人にご苦労様と声を掛けていただいたり、暑い中大変ですねと気遣っていただくと、本当にその言葉が救いとなります。

「冷やしトマト」の差し入れが一番嬉しく、倒れそうだった体がその冷やしトマトで生き返りました。「家で採れたトマトですよ」と言っていただいた笑顔は忘れません。

人のありがたみ、人の無情さを身を持って体感した1日でした。

自分は他人に対してどういう行動、発言、振る舞いを行っているのか、改めて考えさせられる1日にもなりました。
[PR]

by melo-works | 2011-07-11 12:23 | Comments(0)
2011年 07月 08日

支離滅裂

既に「批判」を行っても仕方の無い状態ではありますが、「反面教師」として菅総理ほど素晴らしい反面教師はいません。

「国会」は国の将来を決め、国民の生活を左右する決定機関ですが、今の状態は私が政治を見続けてきた中でも最低の状態です。

菅総理の頭の中は「原子力政策・原発対応」しかないのでしょう。また、それを政争の具にしようと考えています。原子力政策を自らの政権浮揚に役立てようと必死です。

原子力政策、新エネルギー政策を次期総選挙で国民に問うという発言は、己は国の将来を決める重要な政策を成し遂げる人物なんだと言わんばかりです。

今必要なのは原子力政策以上に被災地救済です。被災地救済の大切な任をヘンテコな閣僚を起用し、被災地心理を逆なでし復興の邪魔をしている場合ではないのです。

総理はリーダーシップが必要なのは言うまでもありませんが、閣僚をマネジメントすることが政策決定の最重要業務です。

閣僚は日々プレス発表を行います。一つの政策において、関係閣僚それぞれが異なった発言を行う状態は最悪です。それに対しての総理の答弁が「それぞれの閣僚に聞いてくれ」では話になりません。

原子力政策に最も関与する海江田経産相との連携は全くとれていない状態です。

以前もサミットで総理が唐突に「太陽光パネルを1000万戸に設置する」と発言した際にも海江田経産相は「聞いていない」と発言しています。

担当相からすれば、管轄の政策に対して勝手に上司が違う方針をぶち上げる、なんと迷惑な話でしょうか。

求心力も無く、裸の王様状態では官邸に情報も入ってきませんし、人も訪れないのでしょう。

「国民、国の為に全力を尽くすのみ」という大義名分に縋り、必要とされていないどころか有害とされている状態を必死に無視しながら、日々我々に害を与え続けている史上最低の総理、菅総理は歴史上そう語られるでしょう。

無論、総理と同罪なのが、多くの政治家です。

官僚も腐っている、政治家は無能、経済発展のみに支えられていた日本の沈没は避けられないでしょうね…
[PR]

by melo-works | 2011-07-08 10:51 | Comments(0)
2011年 07月 04日

節電

7月から政府は電力の大口需要家に対して電力使用制限令を発動し、本格的に節電の夏が始まりました。

「節電を行うことは良いこと」と前向きに捉え、我々も実行していかなくてはなりません。しかし、日本経済をマクロ的に見ると、この「節電」は日本衰退を決定付ける致命的な事象となりそうです。

経済界はまず「分散」を考えます。ピークをずらすといった対応策、土日稼働や平日休業、深夜稼働や地域移動といった分散策です。

分散の次は「努力」です。不必要な電機は付けない、エアコンの設定温度を28度とする等々の努力を行うことになります。

日本人の集団心理・心配性は世界でも群を抜いています。震災後の行動を見れば明らかです。

震災当日には勤務地から自宅まで整然と列が出来て渋滞の中をひたすら歩いて自宅へ向かう姿に表れる忍耐力、ガソリンや物資の買い占めに走る姿に表れる心配症心理、これらからも停電を避ける為に行う自助努力は相当に効果が上がると思われます。

そして分散、努力でも足りない部分は「生産の減産」「休日の増加」となります。当然、経済に与える影響は大きい。一時的な減産では済まずに他企業から調達するという日本企業離れを加速させることになります。

更に、分散の延長線にあるのは日本離れです。日本企業、多くの工場の海外移転を韓国・中国等は国を上げてその環境を整えています。

電力不足は深刻ですが、経済を縮小させる動きは極力避けることが重要なのです。

我々の15%削減は「努力」で充分達成可能です。

その為には一人一人の「自覚」が必要です。メロ・ワークスには「若い世代」が多くを占めます。若い世代の弱いとされる部分が「責任・自覚」といった意識です。

「自分には関係無い」という発想を捨て、「自分が行うことが周りに伝達していく」という考えで取り組んでいきましょう。
[PR]

by melo-works | 2011-07-04 10:17 | Comments(0)
2011年 07月 01日

キャディ

「他から学ぶ」という課題、皆さんの他から学ぶ作業は進んでいるでしょうか。

私はカラオケ機器ディーラーさんや、他の店舗運営企業の社長達とゴルフに行く機会があります。

今の時期、ゴルフはある意味「危険」です。炎天下、芝生の上は40度を軽く超えているでしょう。直射日光を浴び続けていると倒れそうになり、熱中症の初期症状でしょうか、私は必ず頭痛がしてきます。

その中で「キャディ」という仕事は何と過酷なのだろうか、女性が行う最も厳しい「肉体労働」であり、尚且つ最高レベルが求められる「接客業」なのです。

キャディは制服があります。長袖、長ズボンはマナー上当然で、先日のキャディは長袖の上に暑い中ベストを着ていました。

我々はカートに乗って移動しますが、キャディはとにかく走ります。ゴルフ場には上手い人だけではなく、林の中や深いラフ(芝生が伸びきった状態)にボールが飛んでいきますから、プレーヤーよりも先に落下地点付近に走って行ってボールを探します。

コースは7キロ程度ありますから、キャディは軽く10キロ以上を走っていることになります。

プレー中も、左右に散った下手なプレーヤーから「6番ちょうだい!」「やっぱり9番」という容赦無い要求の中、ひたすら走り続け、グリーン上では儀式のように、汚れてもいないボール一つ一つを丁寧に拭きプレーヤーに手渡す。

そして「キャディさんこれどのくらい曲がる?」というプレーヤーからの質問に的確に答えなくてはいけません。特にグリーン上にはピリピリした雰囲気と真剣な熱気が漂っています。間違った回答をしてるキャディはそれ自体が勉強不足、失格なのです。

キャディは一言も「暑い」とは口にしません。自身が一番暑くて辛い中、お客様からの容赦無い要求に応え続けなくてはいけないのです。

ホールアウト後、「今日のキャディーについて」という簡単な評価項目があります。毎回、お客様の評価を受けているのです。良いゴルフ場になれば成る程、客の質は高く、一流の人間の厳しい目に晒されているのです。

ゴルフ場の経営は70%が赤字と言われています。その厳しい営業環境の中、キャディの善し悪しは営業施策上、重要項目です。

プレー中ずっと一緒にいるキャディが最悪だと、その日のゴルフが気分の悪いものになってしまいます。特に接待で使われる機会が多いゴルフ場にとって、質の悪いキャディがいるゴルフ場は選択されないのです。

良いキャディとは、目立たず黒子に徹っする「献身的働き」、きびきびと動きはきはきと対応を行う「高い接客力」、的確なアドバイスを行うための「知識・経験・探究心」、暑い中でも負けない「体力・忍耐力」、その全てが要求されます。

良いゴルフ場はその全てを当然のように兼ね備えた高いレベルのキャディが見事に揃っています。

値段が高く設備が豪華だけのゴルフ場は衰退し、廉価で接客の良いゴルフ場がお客様から支持されるゴルフ場であり、人気があり活気があり賑わっているゴルフ場なのです。

他から学ぶことは無限にあります。我々も自身の仕事を日々見つめ直すことが必要ですね。
[PR]

by melo-works | 2011-07-01 10:34 | Comments(0)