当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 29日

野田代表

新しい民主党代表に野田佳彦財務相が選ばれました。

民主党は衆議院で過半数を握る政権与党ですから、実質的に野田氏が内閣総理大臣となります。

立候補者5人の演説、及び決戦投票の演説を聞きましたが、内容は兎も角、野田氏の演説が最も総理大臣として相応しい雰囲気を醸し出していました。

また野田氏の演説は政策、そしてその「考え」「ロジック」も明確でした。

増税路線及び大連立は確定的となったのです。

大連立が行われると、政策決定のスピードは飛躍的に上がり、日本は大変革を遂げる可能性があります。政治的には歓迎すべきですし、震災後の危機的な日本にとっては良いのかもしれません。

しかし、大連立の危険性・リスクは極めて大きいことを覚悟しなければなりません。

建設的野党が不在の中、法案は次々に可決されていきます。それが国民が望まなくとも進んでいきます。世論調査を行ったところで、自民党と民主党が同じなのですから、次の選挙でどちらが不利になるということもありません。

大連立は「挙国一致」ということで国会内でのあらゆる批判を封殺することになります。その向こうに何があったか、歴史に明らかです。

ただ5人の候補者の中で、唯一増税を打ち出し、大連立を主張した野田氏が選ばれた事は、歴史上意味のあることかもしれません。

我々は政治を注視すると共に、日本の将来像を見極め、正しい行動を行う必要があります。激動の国会に注目です。
[PR]

by melo-works | 2011-08-29 16:21 | Comments(0)
2011年 08月 26日

島田さん

島田紳助さんが芸能界を引退しました。

暴力団組織との関係が明らかとなり、急転直下の引退会見が行われ、世間も驚いた引退発表となりました。

その後マスコミでは島田さん本人の会見内容とは違い、更なる黒い付き合いがあった、実は引退しか道は無かった等々様々な憶測記事が飛び交っています。

私はそんなマスコミ報道には興味はありませんが、島田さんの「私としてはこんな程度の事だったんです。こんな程度の事でも引退しなくてはいけないんです」という発言がこの事件の全てだと考えています。

我々の生活・業務の中で、「こんな程度」と考えている多くの行動・言動・認識が存在しています。そして「こんな程度」という価値観は十人十色です。

遅刻をしたことをこんな程度と感じる人もいれば、遅刻をして他のスタッフやお客様に迷惑をかけてしまった、私が遅刻することで周りの人も遅刻していいんだと感じさせないだろうか、遅刻したことで信用を失ってしまったのではないか、と感じる人もいるでしょう。

業務中にドリンクバーのジュースを飲む事をこんな程度と感じている人もいれば、友人だから特別値引きしている事をこんな程度と感じる人もいるかもしれません。

しかし島田さんの事件のように、それを自己の認識と違い「許す事のできない悪」と判断されてしまう、これが現実であり世間なのです。

「悪を許さない浄化システムが自然に働く」と言い換えられるでしょうか。

人間は自分には甘いものです。自分は大丈夫だろうとどこかで考えているのです。

そんな甘い自分が、本来行ってはいけない行為を「こんな程度」と定義付けているから、結果としていつかは自己の責任へと跳ね返ってくるのです。

我々はいつでも自分を律して、自己の正義を堅持せねばなりません。これは非常に困難な道のりなのです。ですから常に自己啓発、自己修業を行い、徳を高める努力を行い続けなければならないのです。

たまたま見つかったのではなく「浄化システム」は悪を見逃さないのです。
[PR]

by melo-works | 2011-08-26 16:49 | Comments(0)
2011年 08月 22日

美容院

コンビニの全国店舗数は約47000件、歯医者は70000件、美容院は110000件あると言われています。カラオケボックスは10年程前の15000件をピークに減少し、現在は9000件程度で横ばい状態が数年続いています。

コンビニはご存知の通り厳しい競争が繰り広げられており、繁盛店があると程なく近隣にライバル店がオープンします。

歯科医も開業に5000万~1億という多額の資金を要すものの、4件に1件は1年以内に閉店しているというのが実情です。

私達の身近にあるコンビニや歯科医の倍の数がある美容院業界は、各店舗で若干の違いはあるものの、総じて同じような価格帯、同じサービスでの営業が続いていましたが、ここにきて嵐が吹き荒れようとしています。

理髪店では「1000円カット」が簡易で短時間、低料金を売りに勢力を伸ばしており、以前の理髪店形式の店舗は淘汰されています。

その1000円カット専門店が美容院業界にも徐々に進出してきました。

店内をシンプル・ナチュラルで統一し、お洒落な美容院との環境の違いを排除、カットのみに特化し1000円~2000円という低価格を実現し支持されつつあります。

理髪店の1000円カットの顧客層は0歳~10代及び40才以上の顧客層でしたが、お洒落に気を使う20代、30代を取り込む戦略です。

通常の美容院のカットは3500円程度~ですから、半額程度で同じ満足感を得られる店舗が進出すれば、一気に淘汰は進むと予想されます。

また美容師は比較的人材確保も容易であり、多店舗展開に関して最も高い「人材確保」というハードルもクリアーできそうです。

我々の業界は10年以上も前に「低価格化・淘汰」が進み現在の形となっていますし、例えば寿司業界、居酒屋業界、衣料品業界等々低価格化の波は「既存概念の破壊」と共に業界再編成を一気に進めてきました。

今後、全国で110000店ある美容院業界も低価格化の波に呑まれ、店舗数が一気に減少していくのでしょうか。

他業界と言えど、既存店はどう戦うのか、新興勢力はどのように攻勢をかけるのか、その動向を注視していくことが「経営」に必要なのです。
[PR]

by melo-works | 2011-08-22 10:33 | Comments(0)
2011年 08月 19日

セミナー

カラオケスタジオ協会のセミナーが水曜日に行われ、当社からも数名が参加しました。

セミナーのテーマは「物を売るな、体験を売れ」というものですが、主旨は「お客様を如何に集客するのか、それはお客様に来店する理由を教えてあげる」というものです。

当社では、集客の為に色々な試みを行っています。

店外活動としてティッシュ配布、挨拶訪問、他店舗優待券設置、ポスティング、店内では優待券配布、会員カード、POP掲示等々ですが、その「質」に関して、再度見直す良い機会となりました。

セミナーでは「言葉一つ」の変化により、「効果」が数倍も違ってくるという数々の事例を教えてくれました。

私も「言葉」には特に注目していましたが、一段の工夫が必要だと感じました。

例えば、カラオケにあまり興味が無い人に対して、カラオケに行ってみようかなと感じさせる為にはどう伝えたら良いのでしょうか。

これは非常に難しい試みです。ティッシュにその内容を全て記載することは不可能ですし、ポスティングのチラシを読んで「カラオケに行ってみようか」と思わせるまでのチラシを作成することもかなり困難でしょう。(取組んでみますが)

ですが、挨拶訪問時ならば可能な取り組みです。

挨拶訪問の際に「カラオケには良く行かれますか?」という話題を振り「あまり行かない」という答えが返ってきた時に皆さんはどう話をしますか?ぜひ考えてみて下さい。

「カラオケの面白さって何だろう」ということですし、更にそれを相手が「面白そうだな」と感じる伝え方を考えるのです。

先日のマネ会で私が雑談で話をしましたが、最近一人カラオケが何故増えているのでしょうか?サラリーマンの一人カラオケも増加していますが何故でしょうか?

私は「趣味としてのカラオケ」がキーワードだと感じています。確かにストレス発散や騒ぐといった良さもありますが、それでは来店頻度アップには結び付きません。

趣味というのは「追求・上達」が要素として必要です。難しい事こそ面白いのです。ゴルフや釣りを考えてみて下さい。難しいからこそ没頭し、少しの上達に喜びを感じ、またやりたいという気持ちが高ぶる、それが趣味の醍醐味です。

カラオケに置き換えると「良い曲だなと感じてカラオケで歌ってみたけれど難しくて上手く歌えなかった」→「上手く歌いたいから家で歌を聞き直して練習する」→「再度カラオケでトライしてみる」→「上手く歌えて嬉しい」→「もっと違う歌にトライしてみたい」

「最近の歌は結構難しいですし、その難しい歌を上手く歌いきった」これがカラオケの醍醐味であり、趣味としての一人カラオケが増えている理由ではないでしょうか。

上記の趣味としてのカラオケの良さを如何に上手く伝えることができるか、私自身工夫してみたいと思います。相手が「楽しそうだな、面白そうだな」と感じていただくことが重要なのです。

常に「言葉」と「相手の納得」を忘れずに工夫を重ねていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2011-08-19 12:28 | Comments(0)
2011年 08月 16日

関心

次期民主党代表=次期総理大臣探しがマスコミ主導で徐々に活発化してきました。

大前健一さんが「日本の政治が最悪なのは低レベルのマスコミに原因がある」と述べていますが、マスコミは「政策」ではなく「政局」が大好きです。

大切な政策についての論調は深まること無く、次は誰が総理だ、小沢陣営はどう動くか、大連立は実現するのか、全てが政局です。政局こそ視聴率が取れるのだという誤った報道が、国民レベルをも低下させ、変調だらけの報道によって投票判断も単調となり、いつまでたっても「風が吹いた」所に票が集中するのです。

政治家の質の問題も深刻です。

先日、埼玉県知事選があり、現職の上田知事が三選を果たしましたが、候補者全てが異常に酷かった。票が欲しいからでしょうか、対抗候補者のメイン政策が「脱原発」でした。

埼玉県に原発あったか?と思い返しましたが、あるはずもありません。何故県知事選のメイン政策が脱原発なのか、要は票が欲しいだけなのです。有権者を見下した政策提起です。

投票する候補者が見当たらないのですから、投票に行く気も起こらない、低レベルの知事選でした。予想通り投票率は史上最低を記録しました。

民主党の代表が誰なのか、特に関心はありませんが、誰かが問題なのではなく、誰がどんな政策を掲げて何を実行するのかは重要な問題です。

本命視されている野田財務大臣=増税路線であり大連立成立ですから、我々の暮らしは大増税時代へと突き進むことになります。それも加速度的に法案処理されていくでしょう。ある意味危険な政治状態となることが容易に想像できます。

政局はどうでも良いが、その後の政策に関心を失っている状態は非常に危険です。

国民が関心を失っている間に、重要法案が粛々と成立されていく、これこそ財務省の思惑通りのシナリオなのです。
[PR]

by melo-works | 2011-08-16 15:13 | Comments(0)
2011年 08月 12日

メッセージ

モチベーションに関して、先週のブログで「自身のモチベーションを考え、自身の生き方と向き合って下さい」と書きました。

真剣に人生を生きる「くそ真面目な人間」が私は好きだと言う事も書きました。

最近、私が最も感銘を受けた文章があります。

私の大学時代に所属していた倶楽部の顧問先生だった渡辺憲司元教授という人物が書いた文章で、師は現在高校の校長の職に就かれています。

震災の影響を受け、卒業式が中止となった学生に向けて校長として送ったメッセージが秀逸なのです。

既にネット上で話題となり、その後メディアにも登場しましたから、ご存知の皆さんも多いと思いますが、ぜひこのメッセージを熟読下さい。

大学へ進学する生徒へ向けたメッセージですが、私も深く感銘しました。また、魂の入った文章であり、斯くも美しい文章に出会えたことは私自身大きな喜びでした。

先生の人となりを知っている私は、そのエネルギッシュな姿を生む思想を少しだけ知ったことも喜びでした。

「人生のバイブル」と言える名文です。

http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/
[PR]

by melo-works | 2011-08-12 11:11 | Comments(0)
2011年 08月 08日

アメリカ

アメリカ国債の信用格付けがAAA(トリプルエ―)からAA+(ダブルエープラス)へと格下げになりました。

S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)という格付け会社による評価ですが、日本は既にAA-とアメリカよりも2ランク下の評価です。これにより、世界の基軸通貨である$の信用がドイツやフランスよりも下となりました。$の格下げは$が世界の基軸通貨となって以来、初の出来事です。

格下げの影響ですが、今日のマーケーットは比較的冷静です。俗に言う「折り込み済み」だったのでしょうし、格下げによる影響は「限定的」と考えたのでしょう。つまり、$の信用が低下したからと言って、今すぐ$に変わる基軸通貨と成り得る通過は他に存在しないのです。

強いて言えばユーロなのでしょうが、ユーロこそ今最もリスクを抱えている通過です。人民元が基軸通貨としての地位を狙っていると言われていますが、バブルを抱えた共産党一党支配の国の通貨が資本主義経済の基軸通貨となるには課題が山積です。

$格下げの大きな理由として「米国の政策決定や政治制度の実効性、安定性、予見可能性が弱まっている」と政治の問題点を強調しています。

この文から政治が混乱している様子が想像できます。共和党の保守派が勢力を増している、茶会系議員が鍵を握っている、と報じられていますが、要は「黒人大統領オバマに対して白人が批判している」という構図が深刻度合いを増しているのです。

肌の色の違い、人種差別がアメリカ政治を混乱させ、世界経済を混乱させている、と言えます。

マスコミは直接的な表現を避けて報道していますが、昨日合ったカナダ人(白人)も「要は白人がオバマを嫌いなんだよ」と言っていました。(その人は愚かな事だと述べています)

世界を見る上で、人種問題、宗教問題は重要なマタ―です。黄色人種のみ、無宗教人種の日本ではマイノリティー(少数派)な問題ですが、世界は正に人種、宗教が基本となって動いています。

今後もオバマ政権の不安定は解消されることなく継続し、その問題が世界に大きな影響を与えていくことになるのです。
[PR]

by melo-works | 2011-08-08 10:53 | Comments(0)
2011年 08月 05日

世界経済

モチベーションについて続きを書こうと思いましたが、世界経済が余りにも混乱しているので、皆さんにも確認いただきたいと思います。

アメリカの株価が続落しています。NYダウが8日間連続して下がり続けている事態は異常です。アメリカが完全に「おかしい」状態です。

アメリカのデフォルト(債務不履行)は短期的には回避できましたが、景気減速が顕著です。

アメリカは景気対策としてQE2と言う市場への資金の大量供給策を行い、なんとか景気を維持してきました。その間、大量に出回ったドルは株式相場や先物相場へと向かい、プチバブルとも言える上昇の要因となりました。

しかし、QE2が終わり市場は次の景気対策を期待していますが、最早これ以上の借金を行うことを議会も市場も許してくれないようです。景気対策よりも財政再建を優先しなければ、アメリカ国債の格付けは確実に低下し、ドルの信用を失うからです。

景気を良くしたい、しかしこれ以上の対策ができないという「手詰まり」感が漂っているのです。

リーマン破綻後、各国は大量の財政出動を行い、何とか世界経済を維持してきました。

しかし、その大量の財政出動のツケは確実に膨らみ、国の信用=ソブリンリスクが世界を覆う状態となっています。

ギリシャ、アイスランド、ポルトガル等のユーロ圏の危険な国もリスクを先送りしているだけ、アメリカも不安定、その資金が日本へと向かい、歴史的な円高となる。日本が単独で為替介入を行っても翌日にも再度円高が進行、悪循環は断ち切れそうもありません。

更に言えば、景気を支えてきた新興国のリスクも膨らんでいます。中国バブルは鉄道不信から国営鉄道の赤字拡大が転落の引き金となりそうです。

ブラジルも資金の大量流入対策、インフレ懸念から12.5%という高い政策金利が経済発展に影を落とします。

世界経済はいったいどうなっていくのでしょうか。ソブリンリスクの先に存在する想像もできない危機はどういった形で我々を襲うのでしょうか。

日々の仕事に邁進しつつも、世界的な視野を持ち、注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2011-08-05 11:37 | Comments(0)
2011年 08月 01日

モチベーション

6,7月と好調に推移しています。当社の状態は良好です。多くの業者や経営者と話をしても、当社の業績は抜群であることが確認できます。

当然私のモチベーションも高く、常に飛躍を目指して思考を繰り返しています。

本部長も同様であり、各スタッフ、マネージャー、店長、そしてアルバイトも同様だと思います。

私は過去に11年間サラリーマン、その内の6年間を生保の営業所長として、毎月数値との追いかけっこの日々を送っていました。

正に、毎月降り掛かるノルマとの戦いでした。当時「この数値は腹切り線だ(はらきりせん)」と言う表現を上司が使っており、読んで字の如く「この数値を下回ったら腹を切る覚悟でやれ」という恐ろしい恫喝の日々でした。

私は腹を切るつもりなど毛頭なく、できなければ仕方が無いし、精神論で社員を恫喝している愚かな上司と思っていましたが、自身のモチベーションは非常に高く、毎月精力的に業務に邁進していました。

仕事内容は非常に厳しいものでした。毎日お客様からの「厳しい断り」を何十回も受けていましたから精神的にも堪えましたが、それでも心が折れることはありませんでした。

私のモチベーションは「私自身の生き方の問題」であり、会社がどう、仕事内容がどう、上司がどう、といったものに全く左右されませんでした。

しかし、私のような思考を強要するつもりもないし、実際に多くの同僚達は多くのストレスを抱え、悩み苦しんで愚痴を言い、ネガティブ要素満載で仕事を行っていました。飲みに行っても「00はあほだ」「そんなのできる訳ない」等、批判、ネガティブのオンパレードでした。

私は「人生」を真剣に考えていました。「生き方」について思考していました。同じ80年間を如何に生きるか、それを自身に問うていました。

今回、会議で「モチベーションに関して考える機会を設ける」そして「自身のモチベーションと向き合う」という課題を提示しました。

月度が変わり、新しい月になります。

一度、自身のモチベーションを考え、自身の生き方と向き合って下さい。

真剣に人生を生きている「くそ真面目な人間」が私は大好きです。人間とは本来そういう生き物なのです。
[PR]

by melo-works | 2011-08-01 12:03 | Comments(0)