当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 29日

消費税

マスコミは小沢氏の動きを「私利私欲化」しようとし「壊し屋の繰り返し」が何も生まなかったと報じています。

消費税増税について、信念を貫いた野田総理を擁護し、問題を輿石VS小沢へとすり替え、連日報道しています。

今回、消費増税が可決されたことについて、個人的な見解を述べさせていただくと、野田総理の発言及びロジックの矛盾点ばかりが目立ちます。

「決められない政治との決別」の下、消費増税を可決させ、原発を再稼働させた野田総理、一見頼もしく見えますが、総理自身の考え・発言もここ数年で様変わりし、何よりマニュフェストを前面に掲げて政権交代した民主党が、マニュフェスト内容をほぼ放棄し逆の政策をごり押ししたことについては、解散総選挙で民意を問う必要があります。

政権運営を柔軟に、という言葉は軽すぎます。政治家は言葉が全てです。

その言動に不一致があった場合は責任をとらねばならないのが政治家です。

何故なら、選挙で獲得した票は国民との約束の票なのです。約束を破ってばかりいたら嘘吐きなのです。嘘吐きの政治家ばかりです。

野田総理自身の信念に確固たる自信がおありなら、「マニュフェストに書いてない消費税増税をやる、その前に皆さんに信を問わなければならない」と解散すべきなのです。

全ての国民に多大な影響を及ぼす消費税増税はやらないと言って政権を取った政党が、いやいや増税します、では道理が通りません。

その意味では小沢氏の行動には理があります。

国民との約束を守るために、筋を通すことは政治家として当たり前の行動です。

小沢氏の焦りは支持率の低さです。今回の行動が小沢氏ではなく、民主党の中堅若手議員が結集して起こした乱だったら、その支持率は違っていたでしょう。

消費税増税だけが政策なのではなく、税と社会保障の一体改革が必要なのです。税は消費税だけではありませんし、社会保障も制度を抜本的に見直す必要があるのです。

その一体改革がおこなわれて初めて日本の病根が改善されるのです。

制度を改革せずに、徴収ばかり増やす、そんな政治を絶対に支持できません。
[PR]

by melo-works | 2012-06-29 12:24 | Comments(0)
2012年 06月 25日

高坂店

高坂店が今日オープンします。

坪数24坪、9ルームという矮小店舗ですが、店舗作りにはいくつも工夫点があります。

ソファは購入せず、作付けによりルーム幅を小さくし、特に小さい部屋ではラックも空中に設置しています。

テーブルは各部屋ごとに適応サイズをオーダーしています。

トイレのドアも折戸にして、通路にはみ出す部分を少なくしています。

狭さを感じさせないように、店内を赤等の圧迫感のある色ではなく、青と白の明るい色を採用し、爽やかな印象を出しています。看板、ルームも青系で統一しています。

高坂は学生の街で、学生で日々賑わっています。

隣接店舗は笑笑とやるき茶屋があり、駅の階段を下りると一番に目に入る好立地に位置しています。

渡辺店長が立ち上げに従事いただいています。スタッフと協力し良い店舗を作っていきましょう。

この高坂の矮小店舗は、今後の当社戦略にとって大変重要となります。成功すれば、同じようなコンセプトで出店を行なっていく予定です。

皆さんもアドバイス等、積極的にお願いします。

e0102432_12365972.gif
e0102432_12371156.jpg
e0102432_12372818.jpg
e0102432_12374580.jpg
e0102432_1237567.jpg
e0102432_123872.jpg

[PR]

by melo-works | 2012-06-25 12:55 | Comments(1)
2012年 06月 22日

政局

消費税増税法案がまたもや政局報道一色となっています。

この政局報道の出処はいったいどこの誰なのかといった記事が躍っています。

総理補佐官が反対派の切り崩しに奔走している、電話攻勢が激しさを増している、反対派35名は固まった等々。

こういった記事はネタとしては面白く、今後の政局を占うといったコメンテーターも俄然トーンが上がっていますが、真理を伝える報道は多くありません。

民主党内のゴタゴタ、そして小沢新党について街の意見を聞くといった世論調査的な動きも、全て局の編集で世論を容易に操作できます。

小沢氏の離党及び新党結成については、その離合参集の歴史からまたかといった感じですが、今回は至極当然の動きとしか言いようがありません。

日本国の将来を左右する大切な法案ですから、矛盾があれば信念を通して反対することは政治家にとって必要不可欠な要素です。

自身の裁判も抱え、70という年齢から見ても、小沢氏に以前のような力が無いのは明らかです。小沢氏自身も悪というイメージが強い世論の逆風を大いに感じているでしょうから、政治家の終幕が近付いた今、信念を貫くことで有終の美へ向かって突き進んでいるだけ、といった感じでしょうか。それとも、世論が自身を支持すると踏んでの決意でしょうか。

どちらにしても、消費税増税法案は最早大連立状態の野田内閣により成立は間違いありません。

その後、解散総選挙があるでしょうが、次回の選挙は国民にとってどのような選択の選挙となるのでしょうか。

どの選択肢も無い、不毛な選挙となる可能性が高まってきました。

選挙は難しいもので、もし選択肢の無い史上最低の投票率になった場合には、組織票が全てを決めてしまいます。自己の利益にプラスに働く政治家のみ投票されることになると、宗教団体や業界団体等の支持を受けている利益誘導型政治家が躍進します。

我々はどんな状態の選挙になったとしても、国の将来を憂い、考え抜いた選択をしなければなりません。それが、国民としての責務です。

今のような混乱状態にあっても、冷静に注視していくことが大切です。

マスコミ報道に流されず、真実を見極める目を持ち、注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2012-06-22 14:00 | Comments(0)
2012年 06月 18日

消費税

消費税増税について、与野党協議も纏まり、採決に向けて着々と進んでいます。

残るハードルは民主党内での採決造反者がどの程度でるか、という点ですが、これも民主・自民・公明の数の前では焼け石に水という状態です。

野田総理が政治生命を賭けて取り組んできた消費税増税が現実となりそうです。

消費税増税がほぼ固まった段階で、新聞各社の報道に変化が見られました。

今までは、社会保障と税の一体改革の「消費税増税」を主に取り上げ、決定の先送りは悪、日本はギリシャの二の舞になると報じていた論調が、増税路線が確定した途端、社会保障改革は焦眉の急、まった無しの社会保障改革、と手の平を返したように社会保障改革路線へと論調を一変させました。

この問題は以前から述べているように、順序が逆なのです。まずは止血、止血しないで輸血を増やしても意味の無いことなのです。増え続ける社会保障費に対して、消費税5%の増税など焼け石に水です。

政治家にとって最も嫌な改革は「高齢者への痛みの分担」です。そこが選挙の集票源だからです。

この社会保障改革こそ、日本の病根であり、避けて通れない最重要課題なのです。

例えば、年金開始年齢の引き上げは世界の常識です。世界一の長寿国であり、世界一の少子高齢化社会の日本の支給開始年齢引き上げは当然です。(定年制の引き上げ等の丁寧なフォローは必要)

違う観点の改革も多々あります。国民年金の納付率は60%を切っています。この未納者対策を万全に進めることで、年金財政は大幅に改善されます。

消費税増税こそ全てという論調は間違っており、丁寧に社会保障改革を積み上げていくことが最良の策なのです。

経済成長か消費税増税かという問題のすり替えも危険です。これもどちらかという問題ではなく、時間軸を整理して考えると答えは明確です。

経済成長は一貫して必要、消費税増税は無駄の排除後に全ての税制を見直す時に登場する問題、なのです。

日本の政治には「長期ビジョン」が見えませんし、説明もありません。国民の不安、不満もそこにあるのです。
[PR]

by melo-works | 2012-06-18 11:54 | Comments(0)
2012年 06月 15日

総合的能力開発

私は常々「総合的能力開発」という言葉を使います。面談等で言われた方も多いと思います。仕事を通じて個々の能力をアップするということです。

先日、小学生の娘の通信簿について、その評価内容と趣旨について書かれた用紙を見て、この総合的能力開発について、小学校教育においても基本が始まっていることに改めて気が付きました。
<特別活動の評価内容及び趣旨>
・話し合いの活動・・・話し合いに進んで参加し学級生活の向上を目指し、諸問題の解決に努めている。
・係の仕事・・・係の活動を進んで行い、よりよい生活を目指している。
・集会の活動・・・集会に進んで参加し、学校生活の向上や他のためを考え、自己の役割を果たしている。
<行動記録の評価及び趣旨>
・基本的な生活習慣・・・安全に気を付け、時間を守り、物を大切にし、気持ちのよい挨拶を行い、規則正しい生活をする。
・健康・体力の向上・・・心身の健康に気を付け、進んで運動をし、元気に生活をする。
・自主・自律・・・良いと思うことは進んで行い、最後まで頑張る。
・責任感・・・自分でやらなければならないことは、しっかりと行う。
・創意工夫・・・自分で進んで考え、工夫しながら取り組む。
・思いやり・協力・・・身近にいる人々に温かい心で接し、親切にし、助け合う。
・生命尊重・自然愛護・・・自然に親しみ、生きているものに優しく接する。
・勤労・奉仕・・・手伝いや仕事を進んで行う。
・公平・公正・・・自分の好き嫌いや利害にとらわれないで行動する。
・公共心・公徳心・・・みんなが使うものを大切にし、約束やきまりを守って生活する。

以上が、その内容です。

小学生の頃から、その趣旨を理解し、人間形成に取り組んでいたとしたら、社会人となって基本的な考え、意識、思考がぶれることはないでしょうね。ただ、小学生時から気付くことは難しいですが。

しかし大人になった今なら気付きますし、取り組まなければならないのです。

我々は業務を通じて人間形成、自己啓発に取り組んでいます。日々無駄な時間を過ごすのではなく、仕事の目的、趣旨を考え、自己の取り組みを見つめ、向上心を持って仕事を行なっていくことが重要なのです。

上記の他にも、リーダーシップ・決断力・口頭表現力等々様々な必要とされる能力があります。

ぜひ、日々の業務を通じて自己の成長、自己能力の向上に努めていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2012-06-15 14:38 | Comments(0)
2012年 06月 11日

ゼリー

e0102432_12214719.jpg


上福岡店でドリンクバーにゼリーをスタートさせました。

上福岡店は店舗移転に伴い、料金を若干値上げさせていただきました。

新しく綺麗な施設に生まれ変わったこともあり、既存の多くのお客様は料金値上げを容認いただけていると思われます。

しかし、綺麗になったとしてもそれだけで値上げが受け入れられるかは疑問です。なかには、多少古くても安い方が良い、と感じているお客様もいらっしゃると思います。

料金(価格)とはサービスや物の価値を反映させたものです。

高額でも買い手が納得すればそれは適正価格であり、安くても買い手が不満に感じればその価格は適正とは言えません。

今回の上福岡店の値上げについても、できる限りお客様に納得感を感じていただきたいと思い、ゼリーサービスの導入に至りました。付加価値を高めたのです。

綺麗になりゼリーも食べられるならば多少の値上げは容認いただけるのではと思います。導入の時期も暑くてじめじめし喉が渇く時期ということで、冷たいゼリーは歓迎いただけるでしょう。

ゼリーの単価はドリンクバー一杯分と変わりなく、多少の仕込みの手間は掛かりますが、オペレーションを通じて改善していければと思います。

ゼリーは季節に応じて提供の種類を変えたり、キャンペーン等の活用も可能です。

今後、フロントスペースに余裕のある店舗での展開も考えています。

お客様満足を常に考え、今後も良いサービスを提供していきたいですね。
[PR]

by melo-works | 2012-06-11 12:35 | Comments(0)
2012年 06月 08日

宗教

オウム真理教による地下鉄サリン事件で指名手配されている高橋克也容疑者が追い詰められています。

今年に入り、長年指名手配され進展の無かった容疑者が次々に身柄を確保されました。まず、平田信が逮捕され、続いて先日菊地直子が逮捕され、残る指名手配者は高橋克也容疑者のみとなりました。

地下鉄サリン事件が発生した1995年当時、私は中目黒に勤務しており、多くの社員が地下鉄日比谷線を利用しており、通勤時間帯ピーク時に発生した事件により、会社の社員数名がサリン事件に巻き込まれました。

その事件から数年経った時に、その人物と会話をしましたが、「今も尚後遺症に悩まされ通院生活を続けている」と語っていました。

激しい頭痛や体のだるさに悩まされているということですが、後遺症については一生続く可能性もあるということです。

今現在、その方との交流は無いので、後遺症があるのか無いのか分かりませんが、事件で亡くなった方やその遺族は勿論のこと、多くの人が後遺症で悩まされているのでしょう。

地下鉄サリン事件は日本で発生した無差別テロ事件として、当時世間を騒然とさせました。

その首謀者は何の事はない「如何わしいだけの教祖気取りのおっさん」であり、多くの優秀な人材がその如何わしいおっさんに洗脳され、オウム真理教という宗教へと嵌っていったのです。

宗教と表現するのは正しく無いのでしょう。本来、宗教とは「心の支え」となるものであり、他を墜としめるものではありません。

人の心は弱く、常に悩みや不安を抱えながら、それでも前向きな気持ちや責任感等に支えられ、絶妙なバランスを保ち生活しているのです。

そのバランスが大きく崩れている時に、悪魔の囁きが心に侵入し、「信じる」という人間本来の思考が覚醒し、異常なものを信じてしまうのでしょう。

宗教の教えの多くは「心の在り方」を説いており、他を尊ぶ、愛を捧げるといった正しい道徳概念が教えの根幹にあります。

宗教によって、自己の心と向き合い、自己中心的な思考を反省し、世の中に役立つ人間となるのであれば、宗教の力は尊大ですが、日本における宗教活動は、心の在り方よりも「組織の拡大、組織の利益」が優先されています。

当社の近くの広大な敷地に巨大な宗教施設がありますが、その横の住宅展示場であった広大な敷地が更地となり、その後また同じ宗教施設のこれまた巨大な建物が建築されました。理解に苦しみます。宗教活動とは立派な箱物を建てることなのでしょうか。

信者達は何を信じて、何を目的に活動しているのでしょうか。自分達こそ唯一無二の唯一絶対神だという思想が支配し、その拡大に邁進しているだけの団体が多く存在しています。

さらに、オウム真理教はAlephという名に変わり、今も麻原彰晃を教祖と崇め奉っています。

宗教活動により、多くの関係ない人を苦しめ、墜としめている集団は、法の「宗教・思想の自由」など語れるべくもなく、国家権力を持って消滅させるべきなのです。
[PR]

by melo-works | 2012-06-08 11:34 | Comments(0)
2012年 06月 04日

株価

日経平均株価が下げ止まりません。

株価の指標は幾つかありますが、東証1部全体の値動きを示す東証株価指数TOPIXはバブル後最安値を更新しています。大手輸出企業を中心に上場来安値を更新する企業も相次いでいます。

ソニーやパナソニックは歴史的安値を更新、日本の誇る物作り企業が衰退の一途です。

最安値を更新している企業は、決算状況も悪く今後の見通しも厳しい企業が多いのですが、日本の株式市場全体を押し下げている最大の要因はユーロ危機と円高です。

一旦は落ち着いたかに見えたユーロ危機ですが、ギリシャ総選挙により緊縮財政派が敗れたことで、ギリシャ支援が暗礁に乗り上げ、ギリシャのユーロ離脱が現実味を帯びてきました。

ギリシャ破綻の次に標的となっているのがスペインです。

スペインは失業率も高く、銀行の不良債権も膨大なため、スペイン国債が売られ利回りが急騰しています。そのため、ユーロは大幅に売られ、1ユーロ95円の歴史的な水準に迫っています。

また、アメリカ経済についても雇用統計が市場の予想を大幅に下回る数値、また失業率も上昇し、アメリカ経済の失速懸念から、再び大幅な円高に触れています。

中国始めインド等の新興国経済の成長も鈍化、結局「安全」だけが取柄の円に資金が集中し、円高の進行が止まりません。

こういう図式は、ここ数年何度も繰り返されてきました。結局、マーケットは日本を一番信用しているのです。問題山積の日本が一番安全と判断されているのです。

ユーロは一種のバブルが弾けた状態、アメリカも金融バブルが弾けた後遺症に悩まされ、日本が経験したバブル崩壊後の失われた20年の初期段階なのです。

日本企業の設備投資予想は堅調な数値となっています。設備投資が堅調ならば経済は発展します。

日本株がここまで売られているのは、投資家から見ると大きなチャンスなのでしょう。

グローバル化が進む昨今、国内要因の好調さえ全くかき消されてしまう状態は今後も続きそうです。
[PR]

by melo-works | 2012-06-04 11:38 | Comments(0)
2012年 06月 01日

民主主義

大飯原発の再稼働がほぼ決まり、現在は一基も稼働していない原発が再稼働します。

関西の知事による関西広域連合も再稼働について事実上の容認、あれだけ強行姿勢を貫いてきた橋本市長も容認発言を行いました。

相変わらず、政府のその場凌ぎの対応が続いています。

政府が原発の安全性を保障するそうですが、福島第一原発事故に関しての検証も半ば、その後の安全体制作りも半ば、今後のエネルギー政策についても不透明、電力独占問題についても手付かず、そんな中での再稼働です。

政府の見解は理解できなくもありません。突発的な停電が発生する可能性や経済に与える打撃を考えれば再稼働という選択も決して間違いではありません。

しかし、何も決まらない状態で、「時間切れ」を建前に、今決断しなければ大変なことになる、という脅し文句で事を進める政治は、民主政治ではありません。

消費税増税問題も「時間軸」の問題だ、と野田総理は口にします。

社会保障改革もやる、経済対策もやる、無駄の削減もやる、だから今決めることが大切なんだ、決められない政治からの脱却が大切なんだというロジックです。今回も「時間切れ」を建前に採決されるのです。

原理原則論からすれば、ナンセンスなロジックです。

全てが行われない状態、今後も行われるか分からない状態で増税だけが一人歩きしています。

そこだけは何故「決めないといけないマター」なのでしょうか。穴の開いた容器に水を増やして入れるようなもの、とは良く言われています。まさに、逆なのです。

野田総理はぶれない政治を貫こうとしていますが、原理原則論から見ると、間違った手法をゴリ押ししている総理に見えます。

独断で決めることだけが重要ならば、民主主義は必要ないということです。
[PR]

by melo-works | 2012-06-01 11:50 | Comments(0)