当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 25日

TPP

先週も書きましたが、今の安倍総理は全てが順調に推移しています。

アベノミクスで日本経済復活に道筋を付け、外交面でも民主党との違いを鮮明にしています。

最大の懸念事項であったTPP参加への障害「例外品目」を米側に認めさせるか、という点についても、オバマ大統領から正に満額回答を取り付けました。

まあ、このあたりは「過剰な演出」が否めませんね。TPP参加を後押しする経済界、一体化したメディアが過剰に「例外品目」を取り上げ、裏では事前交渉により一定の感触を取り付けている、要は出来レースでしょう。

オバマ大統領も自民党に対しては民主党への対応と明らかに違うようです。信頼度合いの差でしょう。そして、台頭する中国に対して、中国包囲網を組むには日本は重要な位置付けにあります。

中国が巨大化・凶暴化すればするほど、日本の存在価値は自動的に高まるというわけです。

アメリカの対中外交は明確な二重外交です。表向き中国に対しては協力姿勢を見せ、裏では対中包囲網を着々と進める、中国も同様です。外交は「強かな騙し合い」が基本なのです。

そして日銀総裁人事も動いています。

黒田アジア開発銀行総裁が次期日銀総裁に内定したようです。副総裁には岩田学習院大学教授が有望とされ、正にリフレ派による緩和政策期待の人事となりそうです。

今日の日経平均は200円以上の上昇、為替も円安に振れています。

メディアは経済関連を中心に報道していますが、小さい取り扱いで民主党内閣で決定された2030年代原発ゼロ政策はあっさりと撤回、更に使用済み核燃料の最終処分については核の再処理を継続となりました。

喉元すぎれば・・・といった感じですね。反原発の政党が衆院選で惨敗したこともあり、既に反原発政策は過去の遺物となってしまいました。

政治の光と影、全てが経済優先の世論、多くの疑問が封殺されないように様々な問題を注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-02-25 11:02 | Comments(0)
2013年 02月 22日

外交

自民党の外交が安定感を見せています。

今日から安倍総理がオバマ大統領と会談を行い、日米同盟の強化を図ります。

昨日は森元総理がロシアのプーチン大統領と会談し、得意満面な表情で会談の成功を自慢していました。

先月は公明党の山口代表が中国を訪問し、習近平国家主席と会談し、戦略的互恵関係を確認しました。

米・中・露と主要国との連携を図り、また各国とのパイプの太さを見せつけるかのような外交戦略で、民主党との違いを演出しています。

アベノミクスで上げた支持率も今後更に上昇しそうな勢いです。

対して、民主党の凋落は目を覆うばかりです。

既にメディアも民主党をほとんど取り上げず、二大政党制の一翼を担う政党というイメージは全くありません。

久々に取り上げられたニュースも2名の離党報道、そしてそれに関する各党首の辛辣なコメントです。

最早、民主党は党存続の危機です。この流れは止められないでしょう。民主党は次期参院選で大敗北を喫し、維新やみんなの党へ吸収されていくことでしょう。

小沢氏が党首の生活の党も同様でしょう。生活の党は民主からの離党組ですから、以前の民主党は消えてしまうことになりそうです。

小沢氏が行なった数々の離合集散とは一体何だったのでしょうか。振り返ると、自民党を生まれ変われせる為の演出だったのではないかと思えてしまいます。

好調に推移している安倍内閣ですが、一事が万事的な視点で見ることはいけません。また、安倍総理の悲願は参院選で勝利し憲法改正を行うことです。

中国の領海侵犯は続き、北朝鮮の核開発も行われています。引き続き、日々のニュースに注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-02-22 11:38 | Comments(0)
2013年 02月 18日

宿

先日、ある旅館に宿泊しました。

ネット上の情報では、然程設備が充実している感じも無く、旅館名もパッとしない感じにも関わらず、ユーザー評価が高かったのでとりあえず予約しました。

私はどこかに宿泊する際、ネットで予約した後でも必ず宿に電話をします。

そこで何点か要望を伝えます。その対応があまりに良くない宿はキャンセルします。

今回の宿は電話対応が素晴らしかった。子供料理と料金の詳細、家族風呂や貸切風呂の説明等々、こちらの質問に丁寧に応対いただきました。

行ってみて、繁盛している理由が次々に理解できました。

接客の素晴らしさは言うまでもありませんが、設備細部に渡って手が行き届いているのです。

雑な部分が見当たりません。フロントや廊下、部屋前、風呂場と各場所に美しい梅が挿し木の状態で花瓶に生けてあります。

フロントには子供の遊び道具、主にコマやパズル等、木製の遊具が豊富にあり「部屋にお持ちいただいて結構ですよ」と声をかけていただきます。

庭も整備が行き届いており、梅を漬けた瓶が20程度並んでいました。自家製の梅を漬けておき、食事や梅酒でサービスします。

建物は古いのですが、部屋にはチリ一つ無い状態で、全てが整頓されており、清潔感が漂っています。

しかも料金は相当良心的なものでした。

経営は典型的な家族経営です。女将とその娘夫婦が全体を切り盛りしており、女将が築いた伝統を娘夫婦がしっかりと継承しているといったイメージでした。

宿に宿泊すれば、半日以上の時間を過ごすことになります。従って、表面的に繕っていても、結局はボロがでてしまうものです。しかし、経営側の妥協無き拘わりが細部に浸透していることで、多くのお客様が満足するのです。

我々の商売と共通する部分が多く、非常に勉強になりました。

色々な場所に教師は存在しているし、我々は常に学び、自身の経営に活かす必要があるのだと改めて感じました。
[PR]

by melo-works | 2013-02-18 12:33 | Comments(0)
2013年 02月 15日

マクドナルド

当社は今年に入り、好調に推移しています。

先日ブログでも触れたマクドナルドですが、1月度の既存店対前年比は-17%と、衝撃のマイナス数値でした。

-17%という数値は震災時のマイナス数値以上です。

10年間もの長期に渡り、継続して前年数値を上回り、デフレ時代の勝ち組と言われたマクドナルドですが、今年は大苦戦の年となっています。

ここ数年、マクドナルドを支えてきた戦略が「キャンペーン」です。テレビCMを軸にマスメディアを積極活用し、大衆にマクドナルドの魅力を伝えてきました。

マクドナルドの商品は言うまでもなくハンバーグを中心としたファストフードです。

「商品価値」の魅力を高めることは当然ですが、お客様は「トータルな満足感」を求めています。特に年齢が上がるに連れ、その傾向は強まります。

最近、マクドナルドで「笑顔の気持ちのやさしい接客」に出会った記憶がありません。

オペレーション=速度、効率こそ全てといった接客です。

1月のキャンペーンはその象徴です。接客=コミュニケーションを一切捨て去った究極のキャンペーンです。

以前、マクドナルドの原田社長が各施策を行う時に最も優先することは何かと社員に問いかけているシーンが放映され、社員から「顧客満足」「従業員の成長」等色々な意見が飛び交う中、社長は「利益を上げることだ」と明言されていました。

ある意味大正解なのですが、売上を追い求めていくと、目に見えない「歪(ひずみ)」が色々な部分・場面に溜まってきます。

それを上手に改善しながら成長を続けることが理想ですが、バランスを欠き、一度崩れ出すと、大きい組織は立て直しが非常に困難となる。正に今のマクドナルドがその状態です。

大企業、株式上場企業の宿命でしょうか。

風向きや風速は日々変わる中での企業の舵取りは非常に難しく、その中でも目指すべき方向性を間違えず経営していきたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2013-02-15 10:59 | Comments(0)
2013年 02月 12日

ガソリン

ガソリン価格が上昇しています。

ガソリンスタンドのレギュラー価格は軒並み150円を突破し、灯油価格も上昇しています。

ガソリン価格の上昇は車に乗らないという対策もありますが、今年の冬は特に寒さが厳しく、灯油価格の上昇は死活問題です。庶民直撃です。

ガソリンの輸入価格自体の上昇もありますが、円安が価格上昇に大きく影響しています。

安倍政権はインフレを目指していますから、ガソリン価格の上昇もその一貫ですが、インフレ=我々の生活が楽になるということでは全く無いことの証明でもあります。

多くの経済評論家が、物価高が先行し給与や雇用に反映されるのは数年後、というタイムラグを問題視していましたが、正にそのタイムラグがガソリン価格の上昇です。

日本は資源の乏しい国です。その多くを輸入に頼っています。その日本において、原発はエネルギー政策の中心であったわけですが、原発がほとんど稼働していない今、資源価格交渉においても不利に働き、日本の資源輸入価格は世界一割高です。

対してアメリカは大革命が起きています。シャールガス・シャールオイルが次々に増産され、アメリカのエネルギーコストは日本と比べて遥かに安くなっています。天然ガスにおいては日本の8分の1の価格です。

そしてアメリカは世界最大の原油・ガス生産国になろうとしています。強いアメリカに天からの、正確には地からの恵があったのです。正に「鬼に金棒」状態です。

日本が円安政策を取ることは短期的には仕方ないことですが、長期戦略を見誤ると、取り返しのつかない事態が訪れることになります。

エネルギー価格の上昇は工場の国外流出の加速や貿易赤字の拡大を招き、強い円が弱い円となり、それこそ国債暴落へと繋がりかねないのです。

インフレターゲット政策は始まったばかりですが、デメリットを吸収し、また賢明な政策により不具合を修正していくといった繊細な運営が求められているのです。
[PR]

by melo-works | 2013-02-12 11:47 | Comments(0)
2013年 02月 08日

アベノミクス

昨日、今日と日経平均は若干マイナスとなっていますが、相変わらず円安・株高が続いており、今のところ「アベノミクス」通りの展開となっています。

自民党が再び与党となった初めての国会審議も本格化し、直近まで与党だった民主党議員はアベノミクスに攻撃を仕掛けています。

アベノミクスは要は「リフレ政策(リフレーション)」です。

リフレーションとは、不況時に主として金融緩和政策や財政政策を通じて需要を創出することで景気の回復をはかる政策です。緩やかで安定的なインフレ、すなわち年率換算にて数%程度のインフレ率に留めようとする政策を指します。

通常はインフレやデフレと同様に略してリフレと呼ばれ、通貨の再膨張政策を行います。

経済用語がいくつかありますが、簡単な順路を辿ると、
1.今の不況はデフレが原因だ。物の値段が下がり、企業の利益も下がり、給与も下がっている。経済が収縮しているのだ。
2・デフレの克服には通貨の供給量を増やすことが処方箋だ。お金をばら蒔けばそれだけ物を買うし、経済活動が活発になりますよ、ということ。
3.お金をばら蒔けば、円の相対価値が薄まることになる。だから円安になる。今の円高は企業の収益を奪っている不況の根源だ。円安になれば輸出が回復し、日本経済は活性化する。

そういう政策です。

今のところは上手くいっていますが、どれだけ持続性があるかは、正に日銀の金融政策が鍵となってきます。

短期国債に限らず長期の国債を買い取る、買取量を今の数倍規模に増やす、そういった動きあれば通貨量は増えるでしょうが、白川総裁にはそこまでの処置はできないのでしょう。だから辞任したのです。

今回のアベノミクスを巡っては賛成派と反対派がそれぞれ最もな意見を主張しています。興味があったので「アメリカは日本経済の復活を知っている」と「リフレはやばい」という本をそれぞれ読みました。

「アメリカは日本経済の復活を知っている」は安倍総理のブレーン、浜田氏の著書ですから、今回のアベノミクスそのままの内容です。対して「リフレはやばい」は今の政策は国債暴落を招き日本が破綻するという主張です。金利の上昇により国債の利払いができなくなるというものです。

今のところ、株高にも関わらず、債券価格は暴落どころか上昇(債券価格の上昇=金利の低下)しています。浜田氏の主張通りに動いています。

興味がある方は、ぜひ読破下さい。
[PR]

by melo-works | 2013-02-08 12:38 | Comments(0)
2013年 02月 04日

体罰

学校等の教育現場、スポーツ指導における「体罰」が社会問題化しています。

一部、シンガポール等は体罰が法整備化されている国もありますが、日本では体罰に対する明確な定義はなく、虐待や暴行に該当することもあり、実に曖昧な言葉なのです。

学校教育法においては「校長および教員は懲戒として体罰を加えることはできない」とされていますが、この規定に対する刑事上の罰則はなく、教育現場の中でも曖昧化しています。

体罰とは殴る、打つといった以外にも、部活動等におけるコーチ・先輩からの指導が肉体的苦痛を伴う時も体罰とさますが、実際はその線引きはあまりにも曖昧です。

体罰の動機としては、ほとんどが「言っても分からないから体に教え込む」的な発想です。

体罰のほとんどは「一方通行的な思い」の体現です。思いは一方通行でその思いが双方向に働くことがほとんど無い、それが体罰です。

教育現場でも、仕事場でも、「指導」という場面の連続です。体罰は指導する側の思い上がりであって、正当化されるものでは到底ありません。指導側の無能の表現でさえあります。

体罰に限らず、パワハラ、セクハラも同じ類の現象です。

行っている側の意図と受け取る側の意図が全く合致しない、一方通行から生じる現象です。

本来、信頼関係、尊重関係のある者同士に、そういった類の問題は起こりえません。

指導する側の心得として、「長期に渡って信頼関係を築き、相互理解・相互尊重をベースに粘り強く指導を継続する」という基本があります。

そもそも人を指導するという行為は謙虚でなくてはいけません。違う分野では自分より優れているかもしれない人物を、ある一定の範囲の中で指導するのです。

人にはプライドがあり大切な価値観を持ち、その意識の中で人の指導を受けているのです。

「自分が絶対正しい」という傲慢な意識で指導を行なってはいけません。

人と人は対話を繰り返し、お互いの価値観を理解し合い、そして信頼関係が生まれるのです。

指導という魔物に取り憑かれずに、対話を繰り返し行なっていくことが、お互いの成長につながります。

世の中で起こっている事象を「反面教師」として、ぜひ自らの指導に生かしてください。
[PR]

by melo-works | 2013-02-04 11:33 | Comments(0)
2013年 02月 01日

地域密着

先日、ある場所のスケルトン物件の内見に行きました。

駅から1分、商店街の2階という好立地にあり、当社としては積極的に行いたい物件でした。

その物件の大家さんは、1階で「家電量販店?それとも街の電気屋さん?」という非常に微妙な規模の家電販売店を営んでいました。

販促用の折込チラシがこれです。
e0102432_1034519.jpg


家電量販店は冬の時代と言われています。リーマンショック後のエコポイントによる需要の先食いにより、稼ぎ頭の液晶テレビの販売が大幅に落ち込み、ヤマダ電気を始め業界大手は大幅に業績を落としています。

ヤマダ電気がベスト電気を買収し、ビックカメラがコジマ電気を買収といった業界再編が繰り返され、最早小規模チェーンは生き残れない時代、完全な淘汰の時代を迎えている業界なのです。

その中で、中央電化は4店舗を営業しています。それも驚くことに、全て自社ビルでの営業だそうです。

http://www.asaka-sci.or.jp/modules/shops/content0105.html

自社ビルということは、当然そのビルを購入しているということであり、銀行からの信用は勿論、相当の資金力のある会社です。

この会社の何が強みなのでしょうか。

一言で言えば、完全な「地域密着企業」と言うことです。

小さくて見え難いのですが、チラシには「売るだけのスーパー・ディスカウントと大違い!社員がお届けし、全家電製品の点検を無料サービス!!」「家電病院」「アフターサービス地域NO.1」といった文字が躍ります。

家電好きな人ばかりではなく、多くの人が複雑な機能や面倒な設定等々、家電に苦手意識があります。高年齢ほどその傾向は強く、シニア層をコアなターゲットとして見事に地域に密着しているのです。

この業界はダメだ、今はどこも不況だ、ということでは無く、個々の努力・創意工夫により、元気な会社は沢山あるのです。

当社も「地域密着」がコンセプトです。地域密着に相応しい接客や施策を突き詰めて考え、実行していくことが、最も重要なのです。

今後も地域の皆様に廉価で楽しい時間と空間を提供していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-02-01 11:08 | Comments(0)