当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 29日

思いやり

南浦和駅のプラットホームにて、女性が列車とホームの間に挟まれ、それを多くの乗客が協力し列車を押して女性を救出したニュースが世界を駆け巡っています。

各国の報道では、奇跡の救出劇への賛辞の声が上がっています。

東日本大震災の時にも、大惨事の下、秩序を保ち続けた日本人への賞賛が相次ぎました。

昨日、たまたまカナダの方と話す機会があり、このニュースの話題になりましたが、やはり日本人=very kind(親切、やさしい)のだそうです。

日本を訪れる外国の方の多くが、日本=親切な国であり、モラル・規律のある国、という印象を持ちます。

猪瀬知事が、JOCへの五輪招致のプレゼンテーション時に「日本では財布を落としてもキャッシュが入ったまま戻ってきます」とスピーチしましたが、おそらく多くの外国人が日本人をそういった人種だと感じているでしょう。

我々の住んでいるコミュニティーは、古来より秩序が存在し、道徳感が強く、他に親切なのです。そして、日本人としてそれを誇りに感じており、後の世代にも継承していきたい、と感じているのです。

こういった概念は個人差がありますから、極端に個を大切に考える人や、他を陥れても得したいと考える人もいるでしょう。

しかし、そういうマイノリティ(社会的少数者)よりも、多くの日本人の思想の根底にはモラルや思いやりが存在しているのです。

当然、他から、自分の思想と近いことをされたら、共感することになります。

そういった意味においても、我々サービス業=思いやり、他を思いやる心が基本なのです。

店舗チェックにおいて、忙しいと余裕が無くなり殺伐とした接客になる、というコメントが散見されます。忙しくなった瞬間、心に余裕が無くなった瞬間、他を思いやる気持ちが消滅してしまうのでしょう。

忙しくても思いやりの気持ちを忘れない、一人勤務でも思いやりの気持ちを忘れない、これは簡単なことではありません。ですが、我々には常に相手を思いやるという基本を忘れない努力が必要なのです。

日本人として、我々のDNAに刻み込まれている思いやりの心を大切に、今後も努力し、成長していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-07-29 12:12 | Comments(0)
2013年 07月 26日

アフラック

安倍政権が誕生して以来、経済対策以外の全てにおいて安全運転をしてきました。

政権発足当時は勇ましく「憲法改正」や「河野談話や村山談話を一部否定する発言」(日本の侵略戦争を否定する主旨)をしていた安倍総理ですが、アメリカからの安倍政権=右傾化という圧力に耐えかねて、発言を訂正しました。

安倍政権の目標の全ては参院選に勝利し、ねじれを解消することでした。アベノミクスによる経済回復も、重要課題を先送りし論争を避けてきたことも、参院選を睨んだものでした。

そして、安倍政権は参院選に勝利しました。

今後ほぼ3年間は国政選挙がない状態で、強固な政権基盤を築いた安倍総理ですが、正にこれからが本番です。

本番が始まった直後、日本郵政とアフラックの提携強化が報じられました。

以前より、日本郵政は日本生命と共同でがん保険を開発し販売する予定でしたが、今回のアフラックとの提携強化により、日本生命との話は無くなりました。

日本郵政の株主は国です。正に国が主導で外資との提携に踏み込んだのです。

これはTPPを睨んだ動きであることは確かですが、日本が今後の交渉を有利に進めるために始めに譲歩したという説や、アメリカに押し込まれたという説等が飛び交っています。

どちらにしても、この話は報道規制が掛かっていたのだと思います。選挙前にTPP絡みのニュースがでることは自民党としては避けたかったのです。

そして今日の日経新聞では「雇用規制、特区で緩和」が一面を飾っています。

これは「労働者首切り法」と野党に揶揄されてきた改正で、解雇規制の緩和等が盛り込まれたものです。

これも、参院選後にドカンとでてきました。

どうですか?自民党が騙したわけではありませんが、騙されたと感じている有権者もいると思います。

今後も臭いものに蓋をしてきた政策がどんどん出てくるでしょう。

選挙後こそ政権の本性が表れるのです。今後もしっかりと注視していかなければなりません。
[PR]

by melo-works | 2013-07-26 14:51 | Comments(1)
2013年 07月 22日

参院選

予想通り、自民党の大勝で参院選は幕を閉じました。

今後3年間、国政選挙は無いでしょうし、安倍総理の任期2年後も再選されるでしょうから、遂に長期安定政権が誕生しました。小泉内閣以来の安定政権の誕生です。

ここ数年、ねじれ状態で決められない政治が続いてきました。しかし、今日からは違います。

参議員は憲法改正の三分の二には達しませんが、それでも衆参で過半数を握り、国民の内閣支持率も高い今、安倍総理は最も大胆な政治、大胆な改革が行える状態にあります。

今回の選択は簡単でした。

今、安倍総理を変えるという選択は国民にありません。対立軸がほぼ皆無なのですから、仕方ありません。(何れ、この対立軸の無さが大きな問題となってくるでしょう)

そして、アベノミクスを否定する論調は多くありますが、結果が示している通り、アベノミクスを否定する選択もし難い状況です。

更に、民主党政権によって国土侵略の危機感を覚えた国民は、自民党以外にこの国を守る政党は無く、自民党以外にまともな外交力を持ち合わせた政党が無いことも知りました。要は、他の党は野党としては信任できるが、与党としては力不足と感じているのです。

二大政党制が崩壊した今、自民党しか選択肢が無かった選挙でした。

維新の会の失速は非常に痛い結果となった気がします。昨日もメディア批判を続けていた橋下代表ですが、小沢氏に続き、橋下氏もメディアによって葬り去られようとしています。

橋下代表のメディアに喧嘩腰で望む姿勢は、小沢氏とそっくりです。本来、ぶら下がり取材も1日に複数回受け、時間も十分に取り、メディアを味方にしていた橋下氏ですが、いつからか、メディアを目の敵にしています。

物言いがはっきりしている良さが失われ、今は常に半ギレしている印象です。民主党が終焉を迎えている中、反自民の軸となる政党はでてくるのでしょうか。

TPPにしても原発再稼働にしても、国民は全てを信任したわけでは無いのです。反原発の山本太郎議員が当選したり、TPP反対を訴えて当選した議員も多く存在します。沖縄では普天間基地の辺野古への移転にNOを叫んでいる糸数議員が当選しました。

安倍政権の今後に注視し、具体的な政策に焦点を移し、しっかりと政治を見ていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-07-22 12:28 | Comments(0)
2013年 07月 19日

スパリゾートハワイアンズ

明後日は参院選です。皆さん一人一人の意志を投票という行動で示しましょう。

先日、ある番組で「スパリゾートハワイアンズ」を取り上げていました。

ご存知かと思いますが、ハワイアンズは常盤ハワイアンセンターとして、近くのハワイを掲げスタートしました。

炭鉱の町で廃れる一方だったいわきを温泉地の一大リゾートセンターとして蘇らせた奇跡は映画にもなっています。

ハワイアンズの館内のコンセプトは「自由に楽しんでいただく」ことです。

これをしては駄目、これは禁止というものを極力排除し、各自、各年代の人がそれぞれの自由を楽しんでいます。館内全て水着でOKという姿は本場ハワイのリゾートホテルに通じます。

また、そのコストパフォーマンスも秀逸です。

平日ですと宿泊にバイキングが付き、館内全ての施設が利用できて10000円以下です。

この料金やお得な各種パックが功を奏して、一組の利用人数が通常の旅館より遥かに多くなります。多くが三世代や友人家族での利用となり、経営に大きくプラスに寄与しています。

更に平日を中心に地元客で賑わいます。地元客は年間フリーパス(一人20000円)を利用し、家の風呂換わりに毎日訪れます。

リピート率も高く、顧客がいかに満足しているかを表しています。

私も利用したことがありますが、スタッフの接客は素晴らしく、情熱的なフラダンスもあり、しかも温泉・プール三昧で子供達は大喜び、しかも安い。

リゾート施設としては手本のような存在です。行かれていない人は勉強の為にもぜひ行かれることをお勧めします。

我々も、お客様に満足いただくために日々努力しています。今後もお客様がいかに満足いただけるかを追求していきたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2013-07-19 13:54 | Comments(0)
2013年 07月 16日

参院選

来週が参院選です。

メディアでは、参院選に関する報道が中心となり、各党の党首討論的な番組も多く組まれています。

また、今回の選挙からネット選挙が解禁となりました。まだ、規制は多くあるものの、以前のように選挙期間中はHPすら更新できないというバカげた状況からは一変し、ネットを有効に活用しようと必死な状況です。

その効果もあってかどうか分かりませんが、期日前投票も前回選挙を上回る投票率で推移しています。

今回の選挙の争点は何でしょうか。

色々な見方があり、一概には言えませんが、アベノミクスへの賛否を問う選挙なのでしょう。

安倍政権が誕生し、デフレからの脱却を宣言し、超金融緩和による円安誘導、そしてインフレ期待、株価上昇と、アベノミクス旋風が吹き荒れてきました。

成果を問うには時期尚早ですが、今後の日本経済の方向性と、それに対する政策面を問う選挙であると言えます。

現在、衆参はねじれ状態にあります。

決められない政治、と言われている元凶はこのねじれ状態にあります。

国民が今の安倍政権およびアベノミクスを信任しているならば、このねじれは解消され、正に安倍総理独壇場の政治が暫く続くことになります。

世界情勢の変化は目まぐるしく、今の日本のような二院制且つねじれ状態にあることは、変化や対応を遅らせることになり、望ましい状態ではありません。ただ、安倍政権が間違った方向に行った時、ストップをかける役割が弱くなることも否めません。

事実、原発再稼働については国民の理解も得られないまま突き進んでいます。

何時でも選択する国民の関心が必要なのです。

おそらく、自民党の圧勝という結果は間違いないでしょう。ですが、先ほどの原発再稼働問題にもあるように、一つ一つの政策が日本の国力を左右するのです。

一人ひとりが日本の将来を考え、次回の参院選で投票しましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-07-16 16:10 | Comments(0)
2013年 07月 12日

モラル

先日、キリンビール様の接待により、埼玉スタジアムビューボックスへ招待いただきました。

ビューボックス内は飲み放題となっており、ビールやワイン、ジュース等が飲み放題です。

帰りの際、一部の社員がビューボックス内のビール等を少々持ち帰っていた、という話を後日聞きました。それを見ていた社員も注意しなかったそうです。

非常に残念な行為であり、恥ずべき行為です。

後日、私は接待いただいたキリンビール様に陳謝いたしました。モラルの無い会社であり、それを統率している私の至らなさを心よりお詫びいたしました。

酔って、社内に迷惑を掛けることについて、私は兎や角言うつもりもありません。しかし、ちょっとした悪ノリ、悪戯が、会社の信用を失墜することもあるのです。

皆さん一人一人が責任ある社会人なのです。個人的にやったこと、では通用しない社会に身を置いているのです。

更に、我々の運営している店舗で同様の行為があったら、我々はそれを注意する側の人間です。飲み放題のお酒をペットボトルに詰め込んで持ち帰ろうとしていたら「お止めいただけますか」と言うでしょう。立場が変わると、行いも変わってしまうのですか。

皆さんは若く、時に無茶をすることもあるでしょうし、ハメを外す時もあるでしょう。

ですが、常に社会的責任を背負っていることを忘れてはいけません。

巨人軍憲章のトップに「巨人軍は常に紳士たれ」があります。その言葉に、国民的スポーツの中心にある集団が、社会的モラルを背負っている全てが表されています。

人生を真剣に生きる、人生を真剣に考える、襟を正して努力しましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-07-12 11:06 | Comments(1)
2013年 07月 08日

視察

良い接客、店舗の温度、色々と店内で工夫し努力頂いています。

先日、成城店の偵察レポートの中に、大手カラオケチェーン店の接客について「マニュアル通りだが、機械的、ロボットのようだった」というコメントがありました。

成城店では他店舗視察を定期的に行なっています。近隣のライバル店の偵察という枠を超え、勉強のために視察を行なっています。

スタッフに色々な店舗を見ていただく、ことは非常に重要です。自店舗の取組と比較することで、自店舗の取組状況が確認できます。

我々が店舗の温度に取組んでいる状況で、他店舗の温度を感じることは、自店舗に大いに活かすことができます。自店舗より暖かければ当然教師として、自店舗より寒い場合は反面教師として活かすことができます。

大手カラオケチェーン店では無く、個人店のレポートもありました。その店は「料金も自店舗より安いのに閑散としている店舗」です。

料金戦略は数ある戦略の中の一つです。料金を安く設定すればお客様が自然と来店するわけでもありません。料金=お客様の満足度で決定されるのですから、その安い料金でもお客様は高いと感じるのでしょう。

幾ら安い料金でも、わざわざ寒い店に行きたいとは思わないのです。安かろう悪かろうという反面教師を見ることも大切です。

このように、定期的に視察に行くことは課外授業を受けに行く、という行為なのです。

自分の店舗だけを見ているよりも、比較対象があった方がより取組状況にプラスに作用します。

視察だけで無く、日々の生活の中でも、様々な接客と出会います。意識一つで人は飛躍的に向上できるのです。

店長だけで無く、スタッフにもぜひ日々の生活の中での接客について意識を持っていただき、それに関して会話をしてください。

他店舗視察も定期的に行なっていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-07-08 11:55 | Comments(0)
2013年 07月 05日

機会損失

日々「ありがとうグリーティング」「店舗の温度」というメロ・ワークスの重要取組事項に努力いただいていると思います。

我々接客業は、お客様に愛され、必要とされる店舗を作ることが求められます。

ありがとうグリーティングも店舗の温度も、通常以上の満足感を感じていただくための施策です。

言わば攻めの施策です。

逆に今日は「マイナスを減らす」重要性について書きます。

私は「売上機会の損失」を減らすことこそ、永続的な繁盛店を作る肝だと考えています。

我々にとっての売上機会の損失とは、本来こうしていればお客様の来店があったのに、そうでなかった為に来店機会を逃してしまった、ということです。

売上機会の損失で一番分かりやすい例はスーパー等での「品切れ」です。お客様が買いたい物が品切れにより無かった、当然存在していたはずの売上が無くなります。

品切れは店舗側の責任です。適正な在庫管理、売上予想が成されていたならば、品切れは防げたはずです。

最近、私が憂慮しているのが「オープン遅れ」「看板の点灯忘れ」です。

オープン遅れは、通常の開店時間をスタッフの怠慢により遅らせてしまう行為であり、その時間帯の売上機会を損失させている行為です。

お客様へのイメージ失墜も深刻です。信用できない店というイメージから貴重な次回への来店という「未来への売上機会をも損失」することになります。

看板の点灯忘れも同様です。

お客様の中には「看板点灯=店舗がオープンしている」という思考をする方もいらっしゃいます。

また、点灯することにより看板の宣伝効果が十分に発揮できるのであって、暗く光っていない看板はその効果が低下するばかりか、店舗イメージをも暗くさせます。

看板未点灯=来店機会の損失となるのです。

オープン遅れも看板の点灯忘れも通常以下、マイナスを発生させる行為であり、売上機会を損失させている行為です。

その他、汚い店内環境、冷たい接客等々、未来への売上機会の損失は枚挙にいとまがありません。

攻めの重要さと共に「マイナスを減らすこと」「売上機会の損失を無くすこと」は基本中の基本です。再度、店舗で確認下さい。
[PR]

by melo-works | 2013-07-05 11:34 | Comments(0)
2013年 07月 01日

店舗の温度

「店舗の温度」に注力いただいてから、多くの変化が起こっています。

ある店舗では、スタッフが勤務時の自身の温度を振り返り温度化しています。「今日はいつも以上に笑顔でアイコンタクトができた、20度」「あまりに乱雑なお客様に対してこちらも冷めた対応をしてしまった、10度」色々なコメントを目にします。

また、お客様に話掛けることを実践し、実際にお客様とのコミュニケーションが良好となりリピートにつながっているという話もありました。

店舗ミーティングの際に、温度アップ策の具体的な意見が積極的にでた店舗もあります。

他の店舗へ行き、そこの温度が気になるというコメントもいただいています。

「ありがとうグリーティング」の実践において、ありがとうの回数を意識し次の段階で「気持ちが入ったありがとうグリーティング」を目指して「店舗の温度」を指標にして以来、徐々に各店舗の温度が上がり、接客に対する意識が変化してきました。

これは大変な進歩です。

今まで、良い接客をしようとスローガンのように繰り返してきましたが、然程変化は無かったように感じます。ところが「店舗の温度」に取り組んでからは、確実に変化を感じています。

ですが、未だ店舗間、スタッフ間に温度差があることは事実です。

確実に進歩している店舗もあれば、未だ変化を実感できない店舗もあるでしょうし、スタッフ間の差は歴然です。また、同じスタッフでも日や時間帯によって温度差があると思います。

今後は、その差を無くしていかなければなりません。

「いつでも、誰でも暖かいお店」が我々メロ・ワークスが目指す店舗です。

そこに本気になって取り組む人間がどれだけ多くいるかが大切なのです。逆に冷めた人間がいては全体に悪影響を及ぼします。

次回の会議においても、店舗の温度アップへの取組状況を確認し合います。それこそ「情熱」という熱を持って取り組まなければ、温度は上がりません。

7月度も情熱を持って「暖かい店舗」を目指していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2013-07-01 15:53 | Comments(0)