当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 28日

法人税

法人税の外形標準課税の適用拡大という記事が日経新聞に掲載されていました。

皆さんにはあまり馴染みがないと思いますが、安倍政権がどこを向いて何をしようとしているのか、を理解する上で重要な事柄ですので、簡単に解説します。

安倍政権は消費税を上げて法人税を下げようとしています。

消費税は最も安定している財源と言われていますから、一概には言えませんが、消費税増税は国内中小企業の負担増と国民の負担増に直結します。

以前から書いていますが、輸出中心の大企業は消費税の戻しがあり、トヨタ自動車等は年間2000億もの払い戻しを受けています。中小部品業者に消費税分以上の値下げを要求しているにも関わらずです。

法人税を支払っている大企業の負担を減らし、国民や中小企業の負担を増やす方向性です。

冒頭に書いた外形標準課税というのは、法人が稼いだ所得に比例せずに赤字企業でも税負担が課される税金です。企業の人件費総額や支払賃借料に課される税金です。

今は資本金1億以上の企業が対象ですが、その適用範囲を中小企業にも広げ、赤字の中小企業からも広く税金を取ろうとする案です。その代りに法人税は下げようと主張しているのです。

元々、中小企業の7割以上が赤字企業ですから、その赤字の7割の中小企業の負担を増やし、利益の出ている大企業の負担を減らすという案です。

国際競争力という観点からみれば法人税減税は正しいのですが、その為の代替財源探しによって、どこかにしわ寄せが来る、結果的に大企業優遇、中小企業冷遇の方向性なのです。

日本の99.7%を占める中小企業、政治の支持母体が弱いと、その声が届かないのでしょう。その現実を知り、中小企業の声を届ける活動を行っていくことが必要なのです。
[PR]

by melo-works | 2014-04-28 12:07 | Comments(1)
2014年 04月 25日

バラク

オバマ大統領の訪日で都内は厳戒態勢、首都高速は一部通行止めとなりました。

先日、羽田近辺の首都高速を走行中、激しい渋滞に遭遇し、渋滞の終わりに近付くと多数の警官がトンネル内の総点検を行っていました。オバマ大統領来日の余波を受けた形です。

一 昨日は三ツ星レストランの次郎で寿司外交を行った安倍総理ですが、日米外交をマクロ的に見ると、強ちアメリカの言いなりという状況ではないようです。

TPP交渉では甘利大臣が粘りの交渉を見せ、俗に言う「聖域」死守に必死です。

国内の政権基盤が安定している安倍総理に比べ、オバマ大統領は国内政権での求心力を明らかに失っています。

アメリカ国内の状況を簡単に言い表すと、「オバマ政権の未熟さと無力さのせいで、看板の医療保険制度ほか、公約のインフラ・教育改革等への多額の原資の手当てがつかず、さらに、税収が急減して軍事費を削減するという悪循環」といったところでしょうか。

税収急減の原因は、企業の法人税逃れ(タックスヘイブン)です。アップルの800億ドル近い巨額の税逃れのように、内外の租税回避地を求めて資金を世界に分配し、税逃れ手段を駆使することが横行しています。

その対応策が遅々として進んでいないのです。

加えて、ロシアへの弱腰外交や盗聴問題等でアメリカの世界的地位の凋落は明らかで、台頭する中国への対応の為にも、日本を味方につけることは不可欠な状況です。

日米関係において、今ほど有利に事を進められる時期はないのではないでしょうか。

日本も「尖閣は日米安保の対象を表明」という取引事項はありますが、今のアメリカは日本の要望を多少呑むことは厭わないでしょう。

TPP交渉を妥結することなく日本を去ったオバマ大統領の怒りは相当だと思います。寿司以外に何もお土産を持たずに返した安倍政権ですが、アメリカの言いなり一辺倒でない日本に少し近付いたことは評価できます。

オバマ大統領をバラクと呼び、杓子定規にPrime Minister Abeと返された安倍総理ですが、全く意に介さずバラクと呼び続ける感受性の無さが外交にとっては有利に働いているようです。
[PR]

by melo-works | 2014-04-25 10:58 | Comments(0)
2014年 04月 21日

三学戒

会議の冒頭に価値観の話をしました。

我々の人生にとって大切なことですが、日々の業務に埋没しがちな思想ですので、何度でも言わせていただきます。

「価値観を高める」実に概念的な事ですが、価値観を高めることができる人とできない人の決定的な差が「学ぼうとする素直な心」です。

自身の経験に基づく凝り固まった価値観を疑い続け、より真実を求めて学び続けようとする心です。

自信が無い、不安だ、という心理は、ある意味自分自身を疑っている思考であり、俺はできる人間だ、と信じて疑わない人間に比べて吸収力が違うのです。

不安を払拭するためには、学び努力し続けることしかないのです。

少にして学べば、則ち壮にして為す有り。
壮にして学べば、則ち老いて衰えず。
老いて学べば、則ち死して朽ちず。

若いうちに学んでおけば、大人になった時には、人のためになることができる。

大人になって学んでおけば、年を取っても気力や精神力は衰えることなく元気でいられる。

年を取っても学ぶことを続ければ、ますます高い見識や品性をもって社会に向かうことができ、死んでもその精神や業績は語り継がれる。

この「三学戒」といわれる教えは、小泉純一郎氏が首相在任中の答弁で取り上げたこともあり、耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか。

死して名を残そうとは思いませんが、思想、信念は受け継がれ、受け継いだ人にとってもプラスに作用すればとても喜ばしいことです。

人の役に立つ、人が幸せになる、その為に人は学び努力するのでしょう。我々サービス業にとって大切な思想です。
[PR]

by melo-works | 2014-04-21 11:01 | Comments(0)
2014年 04月 18日

会議

昨日、全体会議が行われました。

まずは、会議の内容を一度振り返る時間を作って下さい。確認し、自身の業務にどう生かしていくのかを考える時間です。

そこに差が生じるのです。

私も勉強会等に参加する機会があり、その内容について振り返りを行うようにしています。学んだことを自身の業務に数々生かしてきました。「分かった」から「行動ベース」に移すのです。

昨日話をしたKPIも勉強会で学んだ事項です。管理会計という議題の中に、将来に向けて目標数値を定める時のプロセスにフォーカスしたものです。

お客様宣言もブランディングという勉強会をヒントに活用したものです。

会議の内容を聞いて終わるか、生かすか、その差を感じ取っていただきたいのです。

お客様対応の分科会で話した内容を店長の心に留めて終わるのか、アルバイト全員で共有化し考えるのか、そしてその心を店舗の文化として定着させていくにはどうしたらよいのか。

挨拶訪問の取り組みに関してはグッズ活用の事例を聞きました。もし、次回の挨拶訪問やキャンペーンでは、より効果を上げるために何か活用することがないか。

会社のKPIの中で、自分の店舗の取り組みはどの程度なのか。取り組みが弱い指標はないか。

会社の理念と自身の仕事の理念はどうか。社会的意義を認識し、それをモチベーションとしているか。

昨日の会議で自身の価値観に変化はあったか、それはどういう考え方か。

私は途中で会議場から抜けていましたから、他にも色々と確認する事項はあると思います。

分かったで終わらせずに、生かす、活用する、行動する、という自身の動きベースまで変えて下さい。

そこに人生の差があるのです。
[PR]

by melo-works | 2014-04-18 10:58 | Comments(0)
2014年 04月 14日

カラオケ業界

第一興商ではファミマとタイアップした店舗を蒲田にオープンさせます。

また、大手各社はエバンゲリオンルームや999、ヤマトルーム等、キャラクターとのコラボルームを増やし、市場規模1兆円ともいわれる、マニアやオタクを取り込む部屋作りを行っています。

関西の大手ジャンカラは、部屋ごとにディスコ、ダンスホールなどの個性を持たせたカラオケルーム「リラカラ」を平成23年に始めています。

カラオケ機器もSNSの活用やネット上に動画を投稿する等、楽しみ方が広がっています。

国の規制ではカラオケはアミューズメント業に属します。色々な楽しみを提供していく産業であるということです。

大手はルーム数も多く、上場企業は資金も潤沢ですから、大手と同じ路線で勝負する、とはなりませんが、我々も日々の営業の中に「お客様の楽しみ」ということを常に意識する必要があります。

特にカラオケ機器については、お客様に負けない知識を持っていなくてはなりません。運営側が聞かれたことに答えられない、知らないでは楽しみは提供できません。

店舗環境も新規店舗オープンだけではなく、改修にも力を入れています。

本川越店のリニューアルも進んでいますし、霞店も一部改修しています。

高崎店は大幅改修予定です。現在15ルームを20ルームまで増室予定です。ただ部屋を増やすのではなく、レイアウトを大幅に組み替えほぼ全面改修予定です。

まずはお客様に清潔感を与えられる店内作りを整備し、その上で良い企画があれば取り組んでいきたいと思います。

以前、花小金井店ではマンガ喫茶を併設しましたが、上手くいかずにカラオケルームへ改修しました。かなり前のことですが、ある店舗では本格的なビリヤードとダーツを併設させて運営しましたが、上手くいかずに閉店した経験もあります。

大手も色々な失敗をしています。ある大手は地方都市に3億もの投資で複合店をオープンさせましたが、1年程度で閉店しましたし、大手は失敗の規模も大きいのです。

今後チャレンジを行うためにも、基盤である既存店を大切にし、皆さんから色々な知恵を拝借したいと思います。
[PR]

by melo-works | 2014-04-14 18:28 | Comments(0)
2014年 04月 11日

物価

今週の前半はほぼ小保方さんフィーバーに沸いた一週間でした。

個人的には「科学の真実」というものから大きくかけ離れた過熱ぶりに辟易としていますが、やはりすべての原因を招いた渦中の人物である小保方さんに問題があるのでしょう。

日本の科学界の信用を失墜させる大事件です。更に若い研究者の今後をも左右する事態を招いた当人にも関わらず、自己保身が透けて見えてしまいます。

さて、小保方フィーバーに隠れていましたが、日本経済の先行きが怪しい状況になっています。

アベノミクスは第三の矢が期待外れ継続中で、外国人投資家を中心に日本株が売られ続けています。

日経平均は14000円を割り込み、黒田日銀総裁が誕生した昨年4月の水準に戻っています。

株価が徐々に失速し、消費税増税もあり、高額品の売れ行きは前年を大きく下回っています。

このままでは、アベノミクスで最も効果が高かった「資産増加効果」による好循環は期待できません。

今後、消費はどうなっていくのでしょうか。

4月の増税時に、多くの企業がいわゆる便乗値上げを行いました。つまり増税分だけの物価上昇以上に物価が予想以上に上がったのです。

企業は利益を出すために、価格を改定する時期を常に探しています。円安による原材料費の上昇、人出不足による人件費上昇分を価格に転嫁せざるを得ない状況になっていたのです。

今後も追随する形での値上げの連鎖が懸念されます。

戸惑っているのは消費者でしょう。

企業が物価上昇以上に賃上げすれば良い循環となりますが、そのタイムラグと企業間格差により、事はそう単純には進みません。

逆に経済停滞下の物価上昇であるスタグフレーションを危惧する声も増えています。

武器輸出三原則に代わる防衛装備移転三原則を閣議決定し、集団的自衛権の憲法解釈見直しも着々と行っている阿部総理ですが、肝心の経済運営には明らかな暗雲が立ち込めています。
[PR]

by melo-works | 2014-04-11 12:55 | Comments(0)
2014年 04月 07日

表示

4月以降、財布の中に小銭が目立ってきました。

どこで買い物をしても、1円単位の会計です。小銭貯金は増える気がしますが、会計は明らかに面倒です。

また、外税表示と内税表示が混在しています。一見するとどちらか分からない表示も目立ちます。会計時に、やはり外税か、と感じることも多くあります。

大きな混乱は無い、と報じられていますが、色々な場面で混乱しているでしょう。トラブルもあると思います。

経済産業省はガソリンスタンドの価格を店頭で「税抜き」表示している4社に対し、「税込み」表示に改めるよう要請しました。

昨年10月に施行された転嫁対策特別措置法は、消費者がはっきりと税抜きだと認識できる場合には特例として「税抜き」表示することを認めているにも関わらずの要請です。

ガソリンスタンドの店頭表示については、走行中の車内から税抜きか税込みかを判断するのは難しいため、という理由からだそうです。

私からすると、ごちゃごちゃしたモール内等の店舗に比べ、スタンドは看板が大きく目立ち、然程混乱しないと思いますが、政府はそう判断しないようです。

当社は多くの店舗で内税方式を採用しています。

ライバル店視察では、多くの業界他社が外税方式を採用しているようです。

日報にもあった通り、看板に「税込」と大きく表示していることで、お客様から分かりやすいとお褒めの言葉をいただいている店舗もあります。

お客様が混乱している時期に、分かりやすさを打ち出すことは、大切なお客様サービスです。

4月度に入り好調に推移していますが、今後も「お客様視点」で思考し、色々なサービスを行っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2014-04-07 11:35 | Comments(0)
2014年 04月 03日

増税

いよいよ消費税が8%へ増税されました。

企業は反動減対策で、各種多様な集客方法を打ち出しており、案の定3月よりも安い商品が多数出ているようです。

小売り大手、イオンやイトーヨーカドーでは「本体価格実質値下げ」のキャンペーンを行っています。

闇雲な買い溜めが如何に馬鹿らしいかということです。

当社でも4月から料金を改定した店舗も多くあります。

また、当社以外でも多くの業種、店舗が「価格改定」という値上げを行っています。消費税増税分3%を単純に値上げするのではなく、価格そのものを改定する店舗、業種が多くあります。

近所の洋食屋のランチも500円から550円へと価格が改定されていました。会社近くのマッサージ店は2980円でしたが、3400円へと大幅に値上げされていました。

ネット上等で叩かれているのは、税込1050円だった価格を税別1050円にしている店舗です。今回の増税分は3%ですから、税込表示を単純に税抜き表示にすると実質8%の値上げとなります。

便乗値上げ、と感じてしまわれても仕方ありません。

ですが、お客様に便乗値上げと感じさせるか、適正価格と感じていただけるかが大きな分かれ目です。

お客様が感じる価値に「高い、安い、ぼったくりだ、仕方ないか…」色々な感情があるのです。

店側の努力無くして、値上げを受け入れていただけることはありません。

「値上げを行った分、今まで以上のサービスを提供する」そのことは忘れないで下さい。

我々サービス業は販売商品という物が無いため、明確な差が無いのです。サービスという目に見えない、お客様が感じ取る感覚に価値を付加するのです。

店長一人が良い接客を行うのでなく、誰が応対しても同じレベルの価値を提供できる店でなくてはいけません。

そういった意味において、新人研修やアルバイト育成も今まで以上にきめ細かくなければならないのです。

消費税増税という機会に、業務全般の価値観を上げ、この難局を成長のチャンスとしましょう。
[PR]

by melo-works | 2014-04-03 10:31 | Comments(0)