当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 30日

南沙諸島

南沙諸島に中国が建設した人工島の12カイリ内に、アメリカ海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」が進入しました。

中国の人工島を領海の起点とは認めず、南シナ海の航行の自由を実力で示す目的です。

大小さまざまな島や岩、低潮高地の浮かぶ南沙諸島をめぐっては現在、中国、台湾、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイがその一部または全域の領有を主張している状態にあります。

しかし、中国が国力を背景に次々に人工島を建設しています。

更に、中国は人工島に関しては、日本の沖ノ鳥島と同じだと主張しています。

少し整理すると、国連海洋法条約では、国の領有地が「島」「岩」「低潮高地」「人工島」のどれに当てはまるかで、領有国にどんな権利が生まれるかが規定されています。

「島」は「自然に形成された陸地。高潮時にも水面上にあるもの」ですが「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない」と「岩」となります。更に「自然に形成された陸地であって、低潮時には水に囲まれ水面上にあるが、高潮時には水中に没するもの」は「低潮高地」とされます。

島と岩には領海(国家の沿岸に沿って一定の幅をもつ海域、国家の主権が及ぶ区域)が認められますが、低潮高地は認められません。

沖ノ鳥島は岩であり、領海が認められています。対して南沙諸島で中国が人工島を建築しているのは低潮高地であり、それを人工島にしても、領海も主権も認められません。

アメリカは低潮高地を次々に埋め立て人工島を建設し、勝手に領土として主張している中国に実力行使で警笛を鳴らしているのです。

一人っ子政策を廃止し何とか経済成長を続けたい中国ですが、近隣国としてその動向は常に注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2015-10-30 11:12 | Comments(0)
2015年 10月 26日

わくわくカラオケグランプリ

昨日、第二回わくわくカラオケグランプリが開催されました。

まずは、運営に携わっていただいたフタッフに感謝いたします。半年前から打ち合わせを重ね、事前準備に多くの時間を割きました。

一つのイベントを実現するまでの労力、その全ては当日来場いただいた方にご満足いただけるかどうかにあります。席札一つのミスがお客様の気分を損ねてしまうことになるのです。

昨日の盛況は皆さんの努力の賜物です。来場いただいたお客様の笑顔が全てを物語っています。

選考基準等、来年度への課題はありますが、わくわくカラオケグランプリは参加いただいた方に満足いただいた最高のイベントでした。

歌は人の心を動かします。また歌う人の熱意が伝わります。

素晴らしい熱唱には会場がどよめき、自然と拍手喝采が巻き起こります。

そして、同じテーブルの人との連帯感も自然と生まれてきます。皆、カラオケが好きな方が同じテーブルに座っているのですから、話も弾みますし、そこには年齢差など感じさせません。

同じテーブルの人が受賞すれば全員とハイタッチを行い、皆が受賞を喜んでいます。

始めは固い雰囲気があった会場も、閉会時には正に一体感を感じました。

私も多くのカラオケ大会に携わりましたが、わくわくカラオケグランプリに勝る大会はありません。

今後も、我々の手で多くの「喜び」「笑顔」を実現していきましょう。
e0102432_11225981.jpg

[PR]

by melo-works | 2015-10-26 11:24 | Comments(0)
2015年 10月 23日

信用

通常、生涯で高い買い物と言えば「家」と「車」でしょうか。

その高い買い物をする際、何を信じて選択するのか、その指標が大きく崩れる事件が続き、私も数回ブログで取り上げています。

車は環境性能を競い、家も耐震性を謳い、それぞれが選択肢の重要な要素となっています。

自分の選択したマンションが手抜き工事だとは誰も信じたくないでしょうし、もし手抜き工事が判明したら将来の資産価値も含め全て責任をとっていただきたいと主張するはずです。

自分が環境に良い車に乗っていると思っていたら、実は排ガスを大量にまき散らしていたとしたら、詐欺にあったと思うでしょう。

我々の業界に置き換えてみるとどうでしょうか。

わくわくカラオケグループは「笑顔溢れるスタッフサービスでお客様満足度日本一を目指します!」と謳っています。

また、お客様宣言では各店舗それぞれお客様との約束を掲げています。

店舗で最も重要視することは売上ではなく、お客様との約束を果たすことです。

こちらが、お客様との約束を遵守し果たすべき事柄を遂行している対価として、お客様は料金を支払っているのです。

我々サービス業は全てのサービスを総合して料金設定を行っており、それ相当の料金をいただく為に、サービス向上の努力を行っていくのです。

不快なサービスを行い、お客様に不快な思いをさせ、でも料金は通常通りいただきます、これが我々の業界にとって手抜きであり、詐欺行為です。

被害金額が低いから社会問題にならないだけで、我々も常に信用という責務を負っているのです。

ビジネスの過当競争・利益至上主義とは一線を画し「お客様との信頼を第一に考える」企業を目指し、その結果として利益を上げ、長く地域に愛される店舗を作っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2015-10-23 12:15 | Comments(0)
2015年 10月 20日

不良工事

昨日は母校の授業に講師として参加させていただきました。

学生にとって、カラオケという身近な存在の事業だったこともあり、私の話に熱心に傾聴いただきました。

学生のカラオケ利用状況ですが、ほぼ100%が1年の間にカラオケボックスに行ったことがありますが、ここ1か月以内に限定すると20%程度でした。

カラオケを頻繁に利用する学生は5人に1人程度でしょうか。この数値が高いのか低いのかは分かりませんが、カラオケ店(JOYSOUND)でアルバイトをしている学生もおり、当店(市川店)を頻繁に利用している学生もいたことから、やはり学生とカラオケの関係性は濃いと感じました。

さて、ここ連日横浜のマンションが傾いていることに関する不良工事事件で、その大きさ、根深さが大問題となっています。

行政は建築が終了すると完了検査を行っていますが、目に見えない部分、例えば杭の本数やセメントの量に関しては申告を基に検査しており、実態と申告が相違していても、それを見抜く手立てはありません。

ということは、今回のように建物が傾く、亀裂が大量に入る等の現象が顕在化しない限り、不良工事と断定することはできないのです。

世の中には潜在的に幾つの不良工事が存在しているのでしょうか。

当社も多くのカラオケ店を建築しています。私も都度建設現場に足を運んでいますが、素人目に工事不良を見抜くことは困難です。

例えば、部屋と部屋の間の隙間にはグラスウールを敷き詰めることになっていますが、その量が適正なのかどうかは目で見てもわかりません。

結局、できるチェックには限界があるのです。

事業は信頼で成り立っています。事業のみならず、世の中は信頼で成り立っており、人と人の関係は信頼関係が全てです。

その信頼を積み重ね、関係性が強固になっていくのです。

そして、信頼を築く大切な部分が「相手に見えない部分での誠実さ」です。

人は表立って批判したり、裏切ったりはあまりしませんが、見えていない部分でどれだけ誠実に信頼というものに向き合っているのか、そこに大切な価値が存在するのです。

「見えない部分での誠実さ」という正義を大切にする人間こそ、徳の高い人物なのです。

幸せに生きたいと願っているならば、目に見えない部分での誠実さを大切にすることです。また、そういう人物になっていただきたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2015-10-20 10:53 | Comments(0)
2015年 10月 16日

ミルク

先日、昼食で何度も利用した店舗でアイスコーヒーを注文した際、ポーションミルクを使用したのですが、中のミルクが凝固していました。

他のミルクはどうかと幾つか開けてみましたが、凝固していたのは初めの1つだけでした。

その店舗ではテーブルにかごがあり、その中に常に10個程度のミルクが置いてあるのですが、サプライ時に先入れ先出しが徹底できていなかったということでしょう。

ミルクが凝固していた、ただそれだけのことですが、業務の基本がおろそかになっている一つの事象です。

ミルクだけではありません。先入れ先出しは全ての商材に関して、基本中の基本です。

当社に置き換えて考えてみると、さてどうでしょうか。どの程度徹底できていますか?

納品時、仕込み時、サプライ時、全ての場面で徹底できていますか?

こういった類の基本がおろそかになる例は枚挙に暇がありません。

部屋清掃時に見た目が綺麗だからテーブルは拭かない、一人がいらっしゃいませを言っているから自分は省略、ご案内がルールなのに面倒だから行かない、アルコール量が明らかに多いのにそのまま濃くドリンク作成、ダウンサービスせずに上から目線で音を立ててドリンクを提供・・・

良い店は笑顔に溢れていると共に、基本が徹底できている店舗です。つまり、当たり前を大切にしている店舗です。

逆に衰退する店舗は、当たり前を軽視し、基本をおろそかにしている店舗です。

日々同じ業務の繰り返しの中、徐々に初心を忘れ、独自ルールの中で仕事をしていませんか?

基本を大切にする、当たり前を大切に実行する、メロ・ワークスは基本に忠実な店舗でありたい。

今一度確認下さい。
[PR]

by melo-works | 2015-10-16 12:09 | Comments(0)
2015年 10月 13日

ラグビー

ラグビーのワールドカップで日本の戦いが終わりました。

1次リーグ敗退が決まっている中での米国戦にも勝利し、結局3勝したにも関わらず決勝トーナメントに進出できない日本に、ラグビー発祥の地イングランドでも「日本が1次リーグで大会を去ってしまうことは、ワールドカップにとって損失だ」とその戦いを讃えています。

フォワードの肉弾戦が勝敗を大きく左右するラグビーというスポーツは、体格差=実力差に最も近い団体競技と言えます。

日本は小柄ですばしっこいという長所がある反面、如何ともし難い体格差というハンデに屈してきました。

しかし、今回のワールドカップで正に歴史が変わったのです。その結果、今までラグビーに興味の無かった多くの人がラグビーというスポーツに関心を持つようになったのです。

ラグビーというスポーツほど、点数に大差が着く競技もありません。1トライが5点という点数にも要因がありますが、よく63-0や51-3といった類の点数を目にします。また、前半は同点なのに、終わってみれば大差ということも度々あります。

何故そのような結果になるのか、それは「僅かな気持ちの差」が途轍もない大きな結果となるからです。

張りつめていた緊張の糸が、僅かに綻び始めると、それは堰を切ったように広がり、圧倒的な現実となって襲ってくる、それが顕著なのがラグビーというスポーツなのです。

逆に、諦めなければ、強靭な精神力が体格差を上回り凌駕することもできるのがラグビーです。

6大学のラグビーでは華麗な展開ラグビーの早稲田、重戦車FW中心に前へ前への明治、そして魂のラグビーと評された慶応が有名です。

体格差や技量で早稲田や明治に劣る慶応が、次々に魂のタックルで相手を食い止める戦いは正に圧巻でした。

折れない心、気持ちを切らさない、よく言われる言葉ですが、困難な状況にあっても決して諦めない、希望を信じて前を向き続けることは難しいものです。

ラグビー日本代表の姿を見て、そのスピリットに敬意を表するとともに、歴史を変えたその姿と歩みを教師として多くを学ばせていただきました。
[PR]

by melo-works | 2015-10-13 12:03 | Comments(0)
2015年 10月 09日

1億総活躍担当相

先日の会議で税金と社会保険料に関して話がありました。

給与から控除されている金額の詳細が理解できたかと思います。

さて、安倍政権が内閣の改造を行い、1億総活躍担当相なる新しいポストができました。

日本の人口は今後益々減り続け、移民の受け入れ拡大等を行わない限り、労働人口も当然減少します。

労働人口の減少=国力の衰退に直結し、GDP600兆円を掲げた安倍政権ですが、絵に描いた餅となることは間違いありません。

この1億総活躍担当相こそ、少子化に歯止めをかけ、女性の社会進出を推進し、この国の構造的問題を解決する役割にあたることになります。

労働人口の減少に歯止めをかけなければ、税や社会保険料の負担は増す一方です。

私が説明した通り、今後国民負担は増加の一途、やがてその負担に耐えられなくなり、国そのものが破綻するというシナリオも可能性の薄い話ではありません。

では、私たちは何をすべきなのか、結局何もできないではないのか、そう考えるのではなく、まずは関心を持つことから始まるのです。

この国の将来を、国民全体が憂い、考え、正しい選択を行うことから始まるのです。

年配者は手厚い社会保障を訴える党に投票し、業界団体はその業界の利益の為に投票する、そういった投票行動では、この国はいずれ破綻します。

地方政治と国政の役割は異なり、国政を考える時に自己の利益のみ優先することのないよう、視野を広げることが必要です。

そして、一人一人がGDPに貢献するという気概を持ち、将来を担う子供を沢山産み育て、活気のある国にしようと行動することです。

国は、国民一人一人が本気でそう思えるような世の中の仕組み作りを急ぐのです。

自国の将来を本気で考える、今自分たちが生きていられるのは先代達の努力のお陰であることを認識し、精一杯生きていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2015-10-09 15:28 | Comments(0)
2015年 10月 05日

VW

ルールの中での競争、これが資本主義経済の基本です。

少し前、東芝の不適切会計について、数回書かせていただきました。

しかし、その東芝の不正とは比較にならない不正をドイツの名門フォルクスワーゲン社が行っていたことは皆さんご承知かと思います。

東芝は社内的なコンプライアンスが問題でしたが、VW社は自らの利益の為に顧客を欺いてきたのです。ディーゼル車の排ガス不正問題は社会的影響があまりに大きく、ドイツのみならず世界を揺るがしています。

自動車業界の排ガス規制は地球環境問題への取り組みと共に厳しさを増しています。自動車各社「環境に優しい」を経営の根幹に据え、ユーザーも環境に優しい自動車を重要な選択肢としています。

VW社のここ数年の飛躍は自動車業界で群を抜いていました。トヨタ自動車と世界一を争う販売台数を誇る、自動車業界のトップ企業に躍り出ました。

しかし、その躍進は不正と詐欺と共に成り立ってきたのです。

それを裏付けるように、今回の不正問題に関する社内調査で「組織的に顧客や当局を欺いた」と報じられました。

一部エンジニアの不正ではなく組織的だったことが明らかになり、名門ブランドは正に失墜したのです。

企業間の競争とはあくまでも顧客にメリットがあってこそ成り立ちます。企業が顧客を欺き自らの利益のみを追求する、あってはならないことです。

企業の成長とは多くのお客様からの支持を集めた結果です。お客様の役に立つ、お客様の要望に応える、お客様の笑顔に接した結果です。

企業の存在意義として「お客様に真摯に向き合うこと」が基本中の基本です。

わくわくカラオケグループに属するスタッフ全員がその基本を忘れることなく努力していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2015-10-05 18:19 | Comments(0)
2015年 10月 02日

DI

日銀が発表するDI(業況判断指数)で、製造業は景気が減速しており、非製造業では景気の回復を示している結果となりました。

DIは景気の状況を表す重要な数値ですので、ぜひ覚えていただきたいのですが、要は景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた指数です。前回よりプラス方向になれば景況感の改善を示すことになります。

そのDIで製造業は景気が悪くなったと感じ、非製造業は景気が良いと感じているのです。

製造業が景気が悪いと考える要因としては中国経済の減速、そして世界的なリスク資産の下落があります。

当然、中国向けの輸出は減少、海外生産も減産、設備投資も縮小となれば景気が悪く感じるのも当然です。

非製造業は景気の影響が遅れて波及します。

最近も中国観光客の爆買が報道されていますが、日本への観光客数は既に昨年比を上回り大幅増加、インバウンド消費もかなり増加しています。

中国経済の減速が鮮明になれば、中国人の爆買も減速し、インバウンド消費も減るでしょう。影響は来年以降に表れると思われます。

現在は経済のファンダメンタルズが減速しています。世界経済をリードしていた中国経済の減速からも明らかです。

我々、非製造業まで影響が波及してくることは覚悟しなければなりません。

しかし、事前に分かっていれば準備も対策も可能です。

基本的に「組数戦略」に変更はありません。KPIにも変更はありません。むしろ、そのKPIを今まで以上に精度を高め実践していくことが重要です。

店舗の温度はどうですか?ありがとうグリーティングは徹底できていますか?PRはしっかりと行っていますか?店舗チェックを見ていると、店内温度は13度や15度が目立ちます。

我々は「普通」を目指しているのではなく、20度以上を目指して努力するのです。アルバイトスタッフへの浸透は十分できていますか?

景気状況に右往左往するのではなく、行うべきことを確実に遂行し、堂々と仕事を行いましょう。
[PR]

by melo-works | 2015-10-02 12:37 | Comments(0)