当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 30日

「お客様の声」を大切にする、「お客様の声」に耳を傾けること、これこそ企業が永続的に発展するために大切にしなければならないことです。

お客様の声を無視する企業は、サービス業に限らず、やがてユーザーから見捨てられます。更に言えば、マイノリティ(少数派)の意見をどう判断するか、その中に経営のヒントは無いのかを考えることも重要です。

北戸田店でキッズルームはありますか?という声が何件か届いています。小さいお子様、それも幼児と一緒に来店されるお客様は少数派かもしれません。夜のルームコントロールを考慮すれば、キッズルームの存在はマイナスになるかもしれません。変更すれば費用も掛かります。

ですが、利益と社会的役割を天秤に掛けて考えると、答えはそう難しくありません。企業は社会に必要とされなくては存在していくことができませんし、できる範囲の中でお客様の様々な要求に応えていく姿勢こそ必要です。

しかも、戸田市は子育て世代が非常に多く住んでいる地域です。その地域の特徴にあった店舗作りを行うことの重要性に気付かせていただきました。

日報報告の中にお客様から多くのお褒めの言葉をいただいている様子が書かれています。大変うれしい事です。

「ここの店員さんは皆良い目をしている」(みずほ台店)「他より断然安い!」「やっぱりオールだよね!」「安っ!」「絶対また来ます!」(川越西口店)どのお客様も会計額を告げると「おかしい」「異常だ」という素晴らしい反応をして下さり、当店のコストパフォーマンスを知って頂けたようです。(駒込店)PRを行った際に最近声が出ていなかったと自己判断し意識して行う事にしたら「元気だね」と言われたりし嬉しく思いました。(本川越店)「まだ1回しか行った事ないけど、学校で接客がすごいと評判になっている」(チョコカラ前橋店)PR中に常連の女の子に「いつもありがとうございます!」と言ってもらえました。清水さんの事褒めてました(上福岡)

逆に「このワイン不味い」「料金が安くならない会員カードはいらない」「スタジアム増やして欲しい」「年末料金高過ぎる」といったご意見もいただいています。

他にも沢山ありますが、お客様からいただいた声は積極的に書き留めて下さい。ご批判も同様です。

嬉しい声も厳しいご指摘にも耳を傾け、よりお客様に必要とされる店舗を作っていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-01-30 10:54 | Comments(0)
2017年 01月 27日

面談

今週、店長面談が行われています。

今回からマネージャーが面談を行っています。

まず、面談を行う側ですが、面談=指導と勘違いしないことです。

これをやりなさい、こうやった方が良い、これが出来ていない、といった類は指示であり指摘です。指示や指摘は日々のOJTで重点的に行って下さい。

面談では、店長の分析、方針、計画を聞くことが主旨です。それに関して、一緒に取り組むべきことは何かを考え、フォローできる部分を共有化することが重要です。

そして、不足部分や方向違いがあれば、こういう考え方もある、こういう方法もプラスすると良いかも、そっちも良いがこっちの方法もいいね、と気付きのアドバイスを行う、あくまでも考える主体は店長でなければいけません。

また、長期的な課題に関しては共有する必要があります。弱点の把握と弱点克服のためには長期的に寄り添うことが必要です。残念ながら、人は一人では弱点を克服することは不可能です。克服できないから弱点なのです。

その弱点を断じるのではなく、共に改善する、その弱点克服の過程を確認する場が店長面談の主旨の一つです。

店長側は何が重要か、それは面談に臨む事前準備が全てです。分析し、改善案を考え、計画を立てること、何度も言いますがPDCAのC(チェック、評価)、A(改善)、P(計画)の3つを考えることです。

その考えを面談で確認するのです。自己の分析や改善プランが正しいかを確認し、アドバイスを受けるのです。

全て主体は店長にあります。店長自身が考え、成長するために行っているものです。ぜひ、面談を成長の節目にして下さい。

そして、面談で自分が話したことを実現し、成果となって表れるように日々取り組み、次の面談で自分の成長を実感できれば最高ですね。

成長のサイクルを回すのはマネージャーでも本部長でもなく、自分自身です。
[PR]

by melo-works | 2017-01-27 11:44 | Comments(0)
2017年 01月 23日

エネルギー

この週末に北戸田店がオープンしました。

お客様から「オープンを待っていた」「カラオケ店が出来て嬉しい」という言葉を頂いています。

お客様から「嬉しい」と言われると、こちらが嬉しくなります。我々の存在価値が認められ、必要とされる喜びを感じます。

都立大店でも同様です。カラオケ店舗の無い地域に丁寧に出店を行う、そして地域の多くのお客様に喜んでいただく、という当社の理念を継続していきたいと強く思います。

会議でも話しましたが、新店こそエネルギーに満ち、熱を発している状態と言えます。

店長は、新人スタッフを早期に一人前に育成すべく注力し、来店いただいたお客様一人ひとりに感謝の気持ちをお伝えしているでしょう。スタッフも、早く仕事を覚えたい、グリーティングをしっかりと言えるよう頑張ろう、と意欲高く仕事に臨んでいるでしょう。

こうしたい、こうなりたい、と意欲に満ちている状態こそが、エネルギーを発しているのです。

私も当社の多くのファンを作ることに多大な喜びを感じますし、それは既存店でも新店でも一緒です。

昨日みずほ台銭谷店長の日報報告で、
本日中番帯はティッシュを渡したお客様が多く来店してくれ、ティッシュ配りの偉大さを感じました。「あなたがいるからこのお店に来るのよ」と言ってくれたおばちゃんがいてとても嬉しかったです。最近新規のお客様が多いので、ファンを増やすいいチャンスだと思います。
という内容を読み、心から嬉しく感じました。

当社理念が実現されている喜びと、新店にも負けないエネルギーを既存店から感じられた喜びです。

自己の存在意義、今何を実現すべきか、そういったことを真剣に考え、前向きに取り組んでいるからこそ、エネルギーを感じるのです。

ぜひ、今日1日に何かを成し遂げようと努力下さい。今月成し遂げたい目標を実現下さい。今年1年間でなりたい自分になって下さい。

皆さんのエネルギーに圧倒されることを楽しみにしています。
[PR]

by melo-works | 2017-01-23 11:09 | Comments(0)
2017年 01月 20日

北戸田店

今日から北戸田店がオープンします。

近郊にカラオケ店は無く、地域の方もカラオケ店舗を望んでいると思います。当社の理念通りの出店です。

当初、12月オープンの予定でしたが、音の問題でオープンが遅れました。

藤田店長を始め、スタッフには迷惑を掛けましたが、ぜひ今日から元気に頑張って下さい。

店内のテイストは笹塚店以来、同様のコンセプトです。

店名も「カラオケALL北戸田店」で、今後もわくわくカラオケグループ、カラオケALLを浸透させていく方針です。

カラオケ機器についても、スタジアムを多数導入し、デュアルモニター、パーティールームにはプロジェクターを導入し、コスパ日本一を目指しています。

ドリンクバーもコーラ最新機種を導入しています。

埼玉県戸田市は子育て支援の手厚い都市で、多くのファミリー層が住んでいます。また、西川口店は比較的近く、わくわくカラオケグループをご存知の方もご来店されると思います。

ぜひ、多くのファンを作るよう、努力を積み上げていきましょう。

オープン作業にご協力いただいた多くの方に感謝します。
e0102432_10444353.jpg
e0102432_1045017.jpg
e0102432_10451421.jpg
e0102432_10452831.jpg
e0102432_10454259.jpg

[PR]

by melo-works | 2017-01-20 10:50 | Comments(0)
2017年 01月 16日

共謀罪

戦後、GHQの統治下で日本国憲法が成立し70年以上が経過しました。

戦前、国民の権利として存在しなかった様々な自由が保障され、現在我々は平和に生活することができています。

さて、今国会は波乱が予想されています。多くの難しい法案が審議されますが、その中でも「共謀罪」の構成要件を変更して「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は難航が予想されます。

共謀罪法案は過去3回廃案となっています。重大犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象とする内容で、東京オリンピックを控え、テロを未然に防止する目的の法案とされています。

しかし、ここで冒頭に書いた自由、特に基本的人権の尊重に関する様々な自由が侵害される恐れがあるのです。

基本的人権の尊重では、集会・結社の自由が保障されています。更に報道や言論の自由も保証されています。

共謀罪では、法の拡大解釈による不当逮捕や人権侵害につながりかねない、といった批判が巻き起こりました。

根底にあるのは、戦前の治安維持法です。共産主義運動の制限を目的に制定されたものですが、共産主義運動は日本では根付かず、簡単に殲滅されたため、新興宗教弾圧や民主主義的運動・極右運動の弾圧にも適用されました。

つまり、法が拡大解釈され、反政府組織全般への取締りに用いられたのです。

同じように共謀罪という名の下に、次々と言論や集会が抑え込まれていくことを懸念しているのです。

トランプ氏の記者会見でも、気に入らないメディアを差別する対応が見られたり、安倍政権においても、メディアに圧力があるのではないかと疑念を持たれる事象があります。

時の権力にブレーキを掛けることが、憲法及び我々主権者には求められているのであって、常に政治には注視が必要です。

年末年始が過ぎ、視野を広くできる時期です。自己啓発を含め、自身の成長の為にも広く関心を持ちましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-01-16 11:20 | Comments(0)
2017年 01月 13日

資料

皆さんは、店長面談やミーティングで資料を作成しています。

資料を作成するという行為、書くという行為の重要性は以前より何度も述べてきました。

書くという行為は即ち「考える」ことです。何を書こうか、を考え、書こうと思ったことを、相手に伝わるようにまとめる、ということです。

何を書こうかを考える行為、これこそ過去の分析から始まり、反省点の整理、今後の方針、政策立案と、仕事を行う上で最も大切なPDCAサイクルを実践している時間です。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクルですね。

仕事はこの繰り返しです。企業も部門も個人もこの繰り返しです。

相手に伝わるようにまとめて実際に書いていく行為、これは内容をより効果的に相手に伝えるための努力を行っている時間です。

ただの日記ではなく、読み手がいるのですから、相手に伝わる文章にしなければなりません。

分かりやすく的確か?数値化されて明確か?そして、情熱が入っているか?です。

文章が的確で分かりやすくする作業は「口頭表現力、コミュニケーション力」の強化につながります。数値化されていることは、抽象的→具体化するという行為です。

そして一番重要なことは、文章に思い、熱意、意志といった情熱を込めることです。

「力強い文章」かどうか、自身の文章を推敲下さい。相手の心にどの程度響いているのか、考えながら書いて下さい。

各店舗のミーティング資料を見ると、伝わってくる資料と忘れられてしまいそうな資料があります。

いくら素晴らしい施策を考えても、実際に取り組む人の意志により、効果は天地の差が生じます。

文章に気持ちを込めて下さい。そして、相手に熱を伝えていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-01-13 11:36 | Comments(0)
2017年 01月 10日

環境

繁忙期が終わり、閑散期に入ります。

12月~昨日までは、日々忙しい日が続き、スタッフも店舗もかなり疲弊していると思います。本当にお疲れ様でした。

この時期は、比較的閑散とし、様々な業務を行える時です。まずは、ダメージの回復です。

取り組めなかった各種清掃や在庫管理等、店舗を正常な状態にリセットするために、目的を持って取り組んで下さい。

環境の重要性については十分認識していると思います。

大都市繁華街の清掃を定期的に実施している「日本を綺麗にする会」の相談役であってウシオ電機会長の鍵山氏が「汚れというのは、環境を狭く、暗く、汚くし、人の心を汚染してしまうもの」と言い、繁華街の清掃を始めた時期から明確に犯罪件数が減少したそうです。

汚いところから悪い気がどんどん広がり、街を悪くし、人の心を荒ませ、犯罪まで引き起こすそうです。

逆に街を清掃すると、空気が綺麗になり、街が広く感じるそうです。そして心までも綺麗に浄化されると述べています。

店舗も同じです。潰れる店舗はごちゃごちゃ物で溢れ、床はべたつき、汚れが隅々に染み付いています。

年明け早速、東久留米店、花小金井店は店内リニューアルを予定しています。大規模リニューアルは順次行っていきますが、まずは店舗内でできる最大限の努力を行って下さい。

リセットというより、以前にも増して綺麗にするという意識で行いましょう。

e0102432_15361219.jpg


e0102432_15383668.jpg

[PR]

by melo-works | 2017-01-10 15:45 | Comments(0)
2017年 01月 06日

池上氏

年末年始にはTVでも様々な特番が報じられました。

その中で池上彰氏が出演していた番組で、面白いやり取りがありました。

インタビュアーが池上さんに「池上さんは大物政治家が嫌がるような質問を度々されますが、何かこつみたいなものはあるのですか?」と質問をしました。

池上さんは「私個人の主義主張なんてものはなく、ただ視聴者が聞きたいだろうなと思うことを、勇気をもって聞いているだけです」「私個人の正義なんておこがましい。私の正義が正しいなんて思う事自体が驕りです」「頭にあるのは視聴者の気持ちだけです」

更に「常に相手へのリスペクトの気持ちを持って接しています」と続けました。

このやり取りに、池上氏のプロフェッショナルを見ました。

自分の正義が正しいなんて思う事自体が驕りである、相手に自分の正義を主張するのではなく、ジャーナリストとして視聴者が見たい、聞きたいことを純粋に聞いているのです。そして、相手をリスペクトし、敬意をもって接しているのです。

我々の店舗も同じです。お客様に自店舗や自身の正義を主張するのではなく、純粋に、こうすればお客様は喜ぶだろう、こう接すればお客様は楽しんでいただける、そしてリスペクトの気持ちを忘れない、その考えが基本なのです。

今週は成人式があります。羽目を外した新成人をたしなめる、店内整備の為に取り締まるという心構えではなく、多少の事は大目に見る、ご協力いただく、お願いしご理解いただく、そういう心構えで接して下さい。

確かに、それでも行き過ぎる場面もあるでしょう。しかし、どんな場面でも落ち着いてプロフェッショナルな対応を行いましょう。

池上氏の動じない堂々とした受け答えは正に教師たる姿です。更にその謙虚な姿勢に真のプロフェッショナルを見ました。
[PR]

by melo-works | 2017-01-06 10:42 | Comments(0)
2017年 01月 02日

新年

新しい一年がスタートしました。

昨年度を振り返り、自分の至らなかった点、反省点等、色々と感じることがあると思います。

人は過去にできていたことも、現在できなくなっていたり、また弱点を修正できたと思っても、また振り出しに戻ったりと、同じことを繰り返してしまうものです。

しかし、常に何かにチャレンジしたり、努力することで、少しずつ、ほんの僅かでも成長し続けることが大切です。

前を向き、歩みを止めない、そして常にチャレンジする、人生はその連続です。私はそれが唯一の人生、今を生き抜くたった一つの方法だと思っています。

最近は自律神経失調症やうつ病といった診断が物凄く増えています。原因はストレスが殆どです。

体に大きな変調を来たし、ベットから起き上がれないといった症状から、頭痛や胃痛、だるさ、虚脱感と症状は様々です。

私も極度のストレスが掛かると胃痛と下痢に襲われ、頭痛が続いたりします。東日本大震災時が正にそうでした。

しかし、その経験も今は自分の身になり、糧になっています。

人生は壁の連続であり、困難な中をもがきながら進んでいます。様々なストレスが掛かったり、精神的に落ち込んだり、裏切られたり、突き落とされたり…色々あります。

だからこそ、唯一の道が前を向き、歩みを止めない、チャレンジする、今この時を大切に生きるのです。

新年、新たな目標にチャレンジ下さい。欲張って下さい。ガンガン前を向いて進んでいって下さい。

皆さんの成長を楽しみに見ています。
[PR]

by melo-works | 2017-01-02 14:49 | Comments(0)