当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 27日

先送り

国の政策を見ていると「先送り」ばかりが目立ちます。

政府は2020年に「プライマリーバランス黒字化」という目標を掲げていましたが、その実現は不可能な状態です。

プライマリーバランスとは簡単に言うと国の歳入と歳出のことで、国の収入(ほぼ税収)と支出の関係を黒字化させようという、企業で言えば当たり前の目標です。

現在は大幅な赤字が続いており、その都度国債を発行し、国は支出の穴埋めをしています。

プライマリーバランス黒字化を遠退けた要因としては消費税増税の先送りがあります。また、進まない社会保障改革が原因となっています。

また、先送りされつつある残念な政策が「待機児童ゼロ」です。

安倍総理は2017年度末までに「待機児童ゼロ」を掲げていますが、その実現もほぼ不可能な状態です。

要因は様々です。待機児童の定義の問題や、進む女性の社会進出による需要増、保育所建設に伴う地域住民との関係、保育士の人材確保問題、安全性との兼ね合い等々、問題解決の項目が多く、追いつかないのでしょう。

経済政策として女性の社会進出を推進すればするほど待機児童は増える、保育所を増やせといっても安全性の確保も重要、更に地域住民の相次ぐ建設反対運動が勃発、この待機児童問題は本当に一筋縄ではいかない問題です。

政府が簡単に2017年末までに待機児童問題を解決する、と宣言したこと自体が、事態を軽視していたことが浮き彫りになります。

保育所だけでなく小学生を預かる「学童」の不足も深刻です。

日本の将来を左右する少子化問題を解決するためには「女性が出産後も安心して働ける環境作り」は最重要項目ですが、その解決は遠そうです。

事業でも「先送り」はほとんどのケースで良くない状態だということになります。逆に「前倒し」は良い状態でしょう。更に言えば仕事上の「後回し」は駄目であって「即解決」が良いということは言うまでもありません。

国のように、仕事を先送りせず、即実行、即解決を習慣化していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-02-27 10:42 | Comments(0)
2017年 02月 24日

お勧め

キリンビールからサントリーへのアルコール商品変更について、一定の効果が検証されました。

アルコール関連経費が明らかに低下しました。しかも、発泡酒からビールに変更した店舗でも、経費が低下している店舗が大勢です。

要はビールからその他商品へ注文が移行しているということです。

角ハイを始め、メニュー変更が大きく影響していることは間違いありません。

当然、サントリーの角ハイボールというネームバリューの影響は大きいものですが、メニューやPOPなどによって、少なからずお勧め商品へ誘導できることは証明されました。

これは非常に大切なことです。

今まで、グリーティングの工夫により、その成果に違いがでることは都度経験してきました。今回、ドリンクメニューの変更により、明らかにお客様の注文動向に変化が現れたのです。

つまり、キャンペーンや更なるメニュー変更時には、「お勧め内容を如何に伝えていくか」に注力していくことが重要です。

コンビニやスーパーなどは日々お勧め商品販売の連続です。店舗を見れば、お勧め商品が何なのか、一目瞭然です。戦略に基いた店舗作りが明確な店舗ほど、好調な店舗と言えます。

今後も更にグリーティング、POP、メニューを工夫し、「お勧めが伝わる店舗作り」をしていきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-02-24 11:37 | Comments(0)
2017年 02月 20日

答弁

安倍内閣の大臣の資質が問われています。

まずは金田法相ですが、テロ等準備罪に関して「法案を国会提出後に議論すべきだ」とする文書を法務省に作成させて報道機関に公表し、それをわずか1日で撤回したことが問題となっています。

要するに「まともに答弁できないから国会での質疑はしばらく勘弁してくれ」と言っているのに等しく、「質問封じ」は国会軽視であるとともに、法相の勉強不足を自ら認めているようなものです。

その後の国会でも、あーうーと答弁につまり、まともな答弁ができていません。

稲田防衛相も同様です。

南スーダンのPKOをめぐり、陸上自衛隊派遣部隊の日報に、首都ジュバの様子について「戦闘」という表現があることが新たに分かったことが問題となっています。

一部抗争がある、という表現でPKO派遣を決めている政府にとって、戦闘中の地域に自衛隊を派遣していたとなるとそれこそ大問題です。

稲田防衛相の国会答弁は、質問にまともに答えられていませんし、野党の気迫に押されっぱなし、おどおどした様子から日本国の防衛トップの重責を担う資質があるのか、甚だ疑問です。

アメリカの元軍人トップであり狂犬という異名を持つマティス国防長官の迫力に対して、日本の防衛相の脆弱さは否めません。

稲田防衛相、金田法相、共に大臣としては資質能力不足、任命責任は安倍総理にあることは明らかです。

いつまで年功人事、人気取り人事、派閥人事を続けていくのでしょうか。国の重要問題を的確に解決できる資質も無い人物が大臣でいることは、この国にとっての損失です。

答弁できない大臣、官僚頼りの答弁、見ている側が恥ずかしくなる国会は勘弁していただきたいものです。
[PR]

by melo-works | 2017-02-20 11:44 | Comments(0)
2017年 02月 17日

不条理

金正恩の兄にあたる金正男がマレーシアで殺害された事件に衝撃を受けた方も多いと思います。

兼ねてより金正男氏については暗殺が噂されていましたが、多くの客で賑わう大衆の面前で、しかも女性2人による一瞬の犯行劇は驚愕です。

マレーシアでの犯行には意味があります。

マレーシアは北朝鮮と友好な関係にあり、国際社会から孤立した北朝鮮国民が外の世界と交わるチャンスを提供している国です。マレーシアの国民は、ビザなしで北朝鮮を訪れることが認められており、二国間の貿易も盛んで、かなり結びつきの深い国だということが分かります。

北朝鮮工作員による犯行でしょうが、独裁者金正恩の狂気には寒気がします。脅威となる存在を抹殺する執着心の異常さ、叔父であり金正恩の後見人ともいわれた張成沢(チャンソンテク)の殺害に続き兄を殺害、身内を次々に殺害する様は、異常であり冷徹非情です。

今回のように後先を考えず邪魔者を暗殺することに異常に執着する様は、どの独裁者にも共通していることかもしれません。執着そして恐怖の表れでしょう。かつて、ソ連のスターリンも、自らの地位を脅かしかねないトロッキーを、亡命先のメキシコに刺客を送り暗殺しています。

中国の習近平も不可解な事件を多数起こしています。

香港島の高級ホテルフォーシーズンズのアパートメントから、著名な中国出身の大富豪肖建華氏が突如消えた事件はあまり大きく報道されていませんが、権力闘争に絡む踏み絵のような事件と言われています。

中国では強力部門という法も無視して動ける国家権力機関があり、その面々に強要される形で大陸に連れさられたとみられています。

政治家のみならず、著名な事業家までも権力闘争の餌食となるのが中国という国です。

北朝鮮、中国、ロシア、世界には我々の計り知れない映画のような権力闘争が実際に行われています。

日本でも反体制派がメディアから次々に消えていくといった不可解な事態も起きています。

こういった事件に接する度に、正義とは一体何なのか、頭を駆け巡ります。更に、目には目を、不条理には不条理をという昨今のトランプ大統領的発想、極右的発想が広まる風潮にある世の中を憂います。

海外で起きている全てを対岸の火事と見過ごすのではなく、自身の価値観形成に係るものとして捉えていただきたいと思います。
[PR]

by melo-works | 2017-02-17 11:51 | Comments(0)
2017年 02月 13日

トランプ大統領

トランプ、安倍会談は概ね好意的にメディアが報じています。

まず、安保関連で尖閣諸島を含む東シナ海領海に関して安全保障第5条の適用範囲内であることが明確となったこと、そして通商問題では自動車等、個別案件に関しての言及がなかったこと、そして為替では円安誘導という批判を受けなかったことが成功の理由として取り上げられています。

今回の会談を通して、トランプ大統領とオバマ前大統領のリーダーとしての手法の違いが印象的でした。

オバマ前大統領が訪日した際、すきやばし次郎での寿司会食開始直後にオバマ氏がTPP問題を切り出したのに対して、トランプ大統領は長すぎる握手、ハグから始まり、共同記者会見時には安倍総理のスピーチ時にイヤホンを外している様子から、堅苦しい話は抜きで仲よくしよう、という姿勢が見て取れます。

ゴルフも1ラウンドに留まらず場所を移して更にラウンドする等、親密度合をアピールしています。

トランプ大統領は相手を煽てて、過剰接待感を演出、交渉において相手が断りにくい状態を作り上げ、実務的な交渉はNo2に任せる、正に経営者の手法です。

オバマ氏は実務的な大統領でしたが、トランプ氏は経営者的大統領です。

オーストラリアのターンブル首相との電話会談でトランプ大統領は途中で電話を切った、と報じられていますが、トランプ氏からすれば「俺の意志は伝えた、後は上手くやってくれ」という感じですし、ロシアのプーチン大統領を褒めて持ち上げているのも一種の演出でしょう。

真面目一辺倒のオバマ氏とは真逆、相手によって剛柔使い分け、正に手練手管といった感じでしょうか。(弱い相手には強く出て、手強そうな相手は煽てるといった感も否めませんが)

リーダーシップを学ぶ際、色々なタイプのリーダーが存在し、自らに置き換えた時、何が必要で何が反面教師なのか、常に一人称で考えていくことが重要です。

ニュースには多くのリーダーが登場します。今後も視野を広く注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-02-13 11:54 | Comments(0)
2017年 02月 10日

トランプ大統領

トランプ大統領によるイスラム圏7カ国国民らの入国を一時禁止した米大統領令を、暫定的に差し止めたシアトル連邦地裁命令の是非をめぐり、サンフランシスコ連邦高裁は、地裁命令を支持し、トランプ政権側からの取り消し請求を退けました。

これにより、トランプ大統領は最高裁へ上訴する予定です。

要は大統領令という特権が、移動の自由、家族離散の回避、差別から逃れる自由における公共の利益を侵害することは許されないという判断です。

「自国を守るため」という旗印によって、難民・移民という社会的弱者を切り捨てる政策に、世界中が批判を強めています。

その渦中にあって、日本の安倍総理は一人トランプ詣でを行い、親密な関係をアピールするためにゴルフをする予定です。

日本=アメリカの属国、ということを世界中にPRする訪問となりそうです。

これだけのマイナスイメージを世界中にばら撒くのですから、それ相当の成果を挙げることが絶対命題です。50兆円の経済協力という手土産を持参し、日本の主張を説明するだけに留まるということは許されないでしょう。

安倍総理の積極外交は一定の評価を得ていますが、韓国との慰安婦問題についても、ロシアの北方領土交渉に関しても、詰めの甘さが目立ちますし、目立った外交成果は乏しいのが現実です。

そういった意味でも今日からの日米首脳会談には注目です。

ゴルフがどう、食事会がどうといったメディアの報道に惑わされず、今回の成果は何だったのか、今後の日本の立ち位置はどうあるべきか、しっかりと注視していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-02-10 11:54 | Comments(0)
2017年 02月 06日

清掃

服部主査が店舗チェックに行った際、際立って汚い部分については、写真で報告いただいています。

12月度の繁忙月に清掃が若干後手に回ることは仕方のないことですが、この平月にはあるべき姿をキープして当然です。

写真に添付されている状態は、1日の清掃を怠っただけでは成り得ない状態です。何日も放置した状態、衛生的に許されない状態です。

ドリンクバーはカラオケ機器と並び当社の最重要提供商品です。その状態維持には細心の注意を払う必要があります。

また、カラオケ機器についても、空気の出入り口に付着した埃は、何日間も放置した状態です。機械の故障の原因になるのは明らかです。

環境整備の重要性は、再三述べています。綺麗で衛生的な場所を提供することは我々の義務です。妥協してよいものでは決してありません。

接客温度に関しての個人差をゼロにすることはできませんが、環境整備に関してはあるべき状態を遵守することは可能です。

常にあるべき状態をキープする、そういった意味での店舗文化を向上させてください。

e0102432_10475911.jpg


e0102432_10481065.jpg
e0102432_1050974.jpg

[PR]

by melo-works | 2017-02-06 10:50 | Comments(0)