当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 28日

失言

今村復興相が事実上の更迭となりました。

直接の原因は、自民党二階派のパーティーでの講演時に、「東日本大震災の被害に関して、まだ東北で、あっちの方だったから良かった」と述べたことです。

今村氏は今月初旬にも、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「自己責任」との認識を示し、その後撤回、謝罪したばかりでした。

更に記者とのやり取りで「出ていきなさい!」と激高し、その後謝罪しました。

復興相の言動として極めて不適切であり、復興相として不適格、辞任は当然です。

二階幹事長が「マスコミは揚げ足ばかりとって、すぐに辞任に追い込む」とマスコミ批判の発言をしましたが、今村前復興相の今回の一連の言動には同情の余地は無く、マスコミ報道以前の「人」としての問題です。

言葉の重要性については、過去何度も述べてきました。

自分の意図を相手に正しく認識してもらうために言葉は存在し、伝え方によって、受け取り方は大きく異なってきます。相手に、より正しく受け取っていただくためには、言い回しも考えなくてはいけません。

上記のケースでは「東北だからよかった」ではなく「東北であのような甚大な被害を被ったことから考えると、関東で同様の震災が発生すれば被害は数倍にも及ぶ」と正しく伝えるべきなのです。

「東北だからよかった」は知性の欠片も無い表現ですね。

伝え方は、言葉、言い回しのみならず、様々な要素が必要となります。

一方的に感情的になって訴えても相手に伝わるでしょうか。自慢気に武勇伝を話しても相手はどう受け取るでしょうか。言いたいことを遠慮し遠回しに話しても意図は伝わるでしょうか。下を向きながら相手の目を見ずに小さい声で話して伝わるでしょうか。

特にスタッフ指導を行う場合、マニュアル通りに伝えること以上に大切なのは、思いを伝えることです。「熱」ですね。

言葉、伝え方といったコミュニケーション力を高め、自分の意図を正しく相手に受け取ってもらいましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-04-28 10:55 | Comments(0)
2017年 04月 24日

お得

前回、詐欺について書きましたが、先日経営破綻したてるみくらぶのように、普段の生活の中で「まさか!」という出来事に遭遇することがあります。

てるみくらぶは、経営破綻の数日前まで新聞広告を掲載し、商品を斡旋していました。旅行代金を支払っても、その旅行の移動手段、宿泊先の予約は無く、正に詐欺同然です。

そのてるみくらぶについては被害者の会が結成され、訴訟を行っていく方針ですが、支払った代金がどれだけ戻るかは期待薄です。

その他、高額なクレジットを組ませ、その後破綻し、損を被るケースは枚挙に暇がありません。英会話のNOVAやエステ店の破綻等では多くの被害者が生まれました。

身近で少額であっても「お得な先払い」には注意が必要です。

近隣のガソリンスタンドでは洗車チケット5回分を購入すれば1回分が無料になる、という洗車チケットを斡旋しています。洗車を3カ月に一度お願いすると仮定すると、1年以上の期間、その店舗が無くなると損を被るというリスクと、洗車1回分2000円の得とを比較することになるのです。

洗車のケースを含め、私はある時から先払いチケット等は一切購入しないことにしています。

そのチケットを無くすリスクもありますし、洗車料金が改定になるかもしれません。要は、お金を支払う、という事に関して、「得」の部分だけを見て、「リスク」を考えないことが問題なのです。

以前、安くて新鮮な寿司屋がオープンし、繁盛していました。その寿司屋さんが確か5000円で1万円分の食事チケットを販売し、私も購入しましたが、突然店が閉店になっていました。

そもそも5000円で1万円分という無謀な戦略を疑わなかった私が愚かなのですが、「これって凄い得だよね」と感じるものこそリスクが高いということです。

バーゲンセールも興味がありません。バーゲンという魔力によって、不必要な物を大量に買い込み、後に全く使用しない、または賞味期限が迫り、食べたくないのに食べる、といった経験もあります。

私も偉そうに皆さんに世の中はこうだ、と書いていますが、数々の失敗があり、それを皆さんには経験させたくないという思いから書いているのです。

お金は必要な時に、必要な物に対して、適正な金額を支払う、が基本です。
[PR]

by melo-works | 2017-04-24 11:05 | Comments(0)
2017年 04月 21日

詐欺

詐欺関連のメールがやり取りされ、皆さんも読まれていると思います。

最近も「つなぎ融資の女王」と呼ばれた山辺容疑者が、違法に7億を集めた罪で逮捕されています。

以前も書きましたが、世の中に「上手い話」など存在しないのです。上手い話はあるかもしれませんが、それをただで他人にプレゼントする人などいないということです。

大企業へのつなぎ融資と言えば、何故か信憑性があるように聞こえますが、その資金を第三者の個人から募ることなどあるはずもなく、でも人は騙される、不思議ですが実際に起きている出来事です。

詐欺師は人の心の弱みにつけ込みます。そして、詐欺師はいい人であることが多い。騙された人の多くが「あの人がまさか…」と言います。

詐欺師とはいかないまでも、多くの営業スタッフは、様々なテクニックを駆使し、自身を信用させ、商品を良いと思わせます。

当社にいた社員が、当社の人間の名前を出し、信用を得ようとするのは、セールスとして当然の手法だというだけで、それを以って詐欺というわけではありません。

騙す人は永久に存在します。頭脳明晰な人が巧妙に手口を変え、人々を騙そうと狙っているのです。

騙される人は「世の中の勉強不足」が原因で、自身の心の弱みを露呈してしまうのです。

私も20代前半のバブルの頃に、投資用マンションを購入し、大きな損を被ったことがあります。

私にマンションを勧めた人を恨んでも仕方ありません。要は知識の無かった私が、儲かるかもしれないという誘惑に負けただけのことです。

学生のアルバイトスタッフも社会に出れば騙されるリスクは高くなります。ですが、世の中を知ることでそのリスクは低下します。

ぜひ、世の中で起きている数々の出来事に関心を持ち、多くを学ぶ大切さを自覚下さい。
[PR]

by melo-works | 2017-04-21 12:22 | Comments(0)
2017年 04月 17日

久我山店

久我山店の週末は順調なスタートとなりました。

ファミリー層を中心に多くのお客様にご来店いただきました。

プロジェクターは100インチ大の大きさとなり好評です。更に、スタジアムのデュアルモニターもインパクトがあり、お客様満足度が確実にアップします。

新店舗のみならず、既存店にも順次配置していく予定です。

料金について、お客様からは「安い」というお言葉を多くいただいています。設備も良く、店内も綺麗で、接客も良いのに、この価格で!という正に業界最高のコスパを目指す我々には嬉しい状態となっています。

新店舗が出来たことで、カラオケボックスに久しぶりに来た、というお客様も多くいらっしゃると思います。おそらく、以前行ったカラオケボックスとは全く違った新しいエンターテインメントとして認知されると思います。

つまり、今のカラオケ設備は潜在的なカラオケファンを掘り起こすことができるのです。

潜在的なカラオケファン、カラオケの楽しさを今後感じていただけるであろうお客様、そういったお客様を如何に店舗に来店いただくかが重要です。

来店いただいたことで、お客様に新たな楽しみが生まれる可能性があるのです。

ぜひ、PR活動等を行うときは、今のカラオケは楽しいんですよ!という気持ちで行って下さい。

多くの新しいお客様にご来店いただき、沢山のカラオケファン、当店ファンを作っていきましょう。

e0102432_11352585.jpg

e0102432_11355363.jpg

e0102432_1136146.jpg

e0102432_11363999.jpg

e0102432_1136532.jpg

e0102432_11371421.jpg

[PR]

by melo-works | 2017-04-17 11:51 | Comments(0)
2017年 04月 14日

久我山店

今週からわくわくカラオケALL久我山店がオープンしました。

久我山駅にはカラオケが無く、井の頭線の隣駅にもカラオケは無く、地域の人は3駅離れた吉祥寺へ行っていたと思われます。

店舗は駅前の目立つ立地にあり、店内は当社の最近のスタイルを踏襲しています。

店内及びルーム内全てを禁煙としており、喫煙ルームを設けています。

オープン後にご来店いただいたお客様にも早速「近くて安い!」「久我山に唯一なかったのがカラオケだからとっても嬉しい!」「とてもきれい!」「ドリンクバーがこんなにある!すごい!」と多くのお喜びの言葉を頂いています。

当社の経営理念通りの出店となり、今後が楽しみです。

久我山の市場規模は確かに然程大きくはありません。しかし、地域の人に必要とされる喜びは何事にも変えられませんし、市場規模に合った出店を行うことで営利企業としてメリットも生まれます。

ターミナル駅に大型店を出店し大きく収益を上げる、という大手の出店とは異なり、小さい市場規模でも、規模に合った店舗を丁寧に出店していくことを継続していきます。

当社は地域密着を根幹に、地域に必要とされる店作りを企業理念にしています。

お客様に感謝され、我々も感謝を伝え、地域で明るく活力の生まれる場所作りを目指していきます。

あそこに行くことが楽しみ、あそこに行くと元気が出る、そう感じていただくような店でありたいと思います。

それこそ店舗の存在が地域貢献となるよう、店舗文化を高めていきましょう。

今後も我々の存在意義を見失わず、丁寧に出店を行っていきたいと思います。


e0102432_1030497.jpg

e0102432_10335415.jpg

e0102432_1034973.jpg

[PR]

by melo-works | 2017-04-14 10:58 | Comments(0)
2017年 04月 10日

異動

今日から久我山店がオープンします。久我山店については後日書きます。

ここ数回、異動について継続的に書いています。

異動し新天地に着任した店長と新しい長を迎えるスタッフ。その心境には大きなギャップが存在しています。

新天地に異動した人は、新しい環境でモチベーションも高く、意気揚々と着任することになります。

対して迎えるスタッフはどうでしょうか。当然、同じ職場で働くのですから、行動スタイルは形成されています。前任者と共に文化も構築してきました。そこに新しい長が着任してくるのです。

どんな人だろうか、まずは様子見です。自分達が肯定されるのか、それとも否定されるのか、疑心暗鬼でしょう。

もしそこへ「これは違う、こんなのはおかしい、これは変だ」と多くを否定し、次から次へと変えられたら、スタッフはどう感じるでしょうか。

「何なんだ、この人は!?」と不信感、嫌悪感を感じるでしょう。誠実に業務に向き合ってきたスタッフなら尚更です。

人は否定されることを嫌います。信頼関係も生まれず、その長は孤立するでしょう。そしてその組織は停滞し、マイナスの信頼関係からスタートすることになります。

人は過去の成功体験を過大評価し、自身のスタイルを信じます。それは悪いことではありませんが、組織で最も大切なことは相互認識と相互尊重です。

その土台も無い状態で、長のスタイルを押し付けられた部下のモチベーション低下は必然でしょう。

前回書いた「重い歴史を受け止める」⇒「組織の全容を受け入れる」ことからスタートすることが大切です。じっくりと組織を理解するために、スタッフとコミュニケーションを図るのです。(私的な雑談は不要、仕事上のコミュニケーション)

自分の知らない手法や新しい発見も多くあるでしょうし、スタッフがどんな気持ちで働いているのかを知ることが重要なのです。

何故横綱はリスペクトされるのか、それは立ち合いで変化や突っ張りをせずに、相手をしっかりと受け止めるからです。どんな相手でも、どんな状況でも、相手を受け止め、堂々と寄り切るから尊敬されるのです。

横綱が立ち合いで変化などすれば、場内から大ブーイングが起こります。勝ちへの執念と言えば聞こえは良いですが、それはその力量の無さに対する失望感なのです。

失望感を与えない力量を備えた長となるべく精進していきましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-04-10 11:24 | Comments(0)
2017年 04月 07日

異動

この4月は過去類を見ない大幅な異動が行われました。

先日も異動について書きましたが、今回も異動について確認します。

当社の手本となる本川越店が歴代店長の努力の積み重ねによって構築されていったことはご承知の通りです。

文化を継承し、前任者が作り上げた良い文化の上に、更に良い文化を積み上げていく、その歴史が今の本川越店です。

文化を作り上げるには長い年月が必要で、日々の良い行動が習慣となり、その良い習慣が文化となっていくのです。

しかし、その文化を壊すことは一瞬です。

前任者が作った良い習慣を台無しにする、日々の行動が怠惰に流れる、目指す方向が分からなくなる、熱を感じない、そうさせるのは一人の長の間違ったリーダーシップにより一瞬に起こってしまう現象です。

歴史から学ぶと言いますが、一人のリーダーの誤ったリーダーシップにより一国、延いては全世界が激変することもあるのです。ヒトラーの出現はその最たる史実です。

誤っているかどうか答えはでていませんが、グローバリズム、ダイバシティ(多様性)が根幹のアメリカが、トランプ大統領の誕生により自国主義、閉鎖的に変調していることは明らかです。

良い文化を継承し、自己の個性を発揮しながら更に新しい良い文化を築く。最も重要なことは歴代店長が築いた良い文化の重要性をしっかりと受け止め、リスペクトし、継承していくことです。

ただの人事異動と捉えるか、重い歴史を受け継ぐことを自覚するか、その意識の違いが大きな差となって異動後に顕在化していくのです。
[PR]

by melo-works | 2017-04-07 10:46 | Comments(0)
2017年 04月 03日

新年度

新年度がスタートしました。

桜も満開を迎え、街にはフレッシュな新入社員、新入生が多く見られます。季節の変わり目を特に感じる時期です。

当社も新体制がスタートしました。

私が役割に期待することは「自ら考え自ら行動する」ことです。マニュアルが無いと何もできない、引継ぎが不十分だ、自分の役職の動きの説明が無い、と考えるのではなく、正しいと思うことを堂々と実行いただきたいと思います。

前任者のスタイルが正しいのではなく、自らのスタイルを築いていただきたいのです。そこに、自分の個性、長所が生かされます。

我々が社内的に行っている業務の多くがマネジメント業務です。

一人ではできないことを、多くの仲間と共に成し遂げていく、その為にマネジメント業務は存在しています。

マネジメント業務の基本は相互理解と相互尊重です。一方的な押し付けや恫喝をマネジメントとは言いませんし、業務上で信頼関係が無ければ人は動きません。

部下は常に上司を見ています。その振る舞い、言動を観察しています。

学生時代の部活と社会人の長とは明らかに違います。最たる違いは「孤独」ということです。

学生時代は青春ですし仲間という意識が強いですから、共に涙を流し合っても通用しますが、社会人では部下と上司という関係に変わります。

批判を受けても、上手くいかなくても、部下に愚痴を言うことも無く、一人で耐える力が求められます。数々の困難や壁も自らの舵取りで乗り切っていく力が求められるのです。

船長が荒波に遭遇し転覆の危機にある時に、部下に愚痴を言っても仕方無く、自らの舵取りと全体指揮により覚悟を決めて荒波を乗り切っていくしか方法は無いのです。

部下は船長の勇敢な姿にこそ鼓舞され、必死に役割発揮に注力するのです。

ぜひ、勇敢な船長として店舗の舵取りを遂行下さい。それが自身の成長へとつながります。
[PR]

by melo-works | 2017-04-03 11:19 | Comments(0)