当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

原理原則

先日の2回目研修会で話した続きです。

人生で大切にしていただきたいことの2つ目です。「原理原則」についてです。

人は決して平等ではありません。様々な個人差があり個性が存在します。命さえ平等ではありません。人が唯一平等であることは皆いつかは死ぬということくらいです。

ですが、この世界には、ある一定の法則が存在しています。それは物理的、科学的、数理的なものではなく、もっと基本的なものです。

「原因と結果の法則」です。

ジェームズアレンの「原因と結果の法則」は私のバイブルです。

今、楽をすれば後で苦労する。勉強しなければテストは悪い。沢山食べれば太る。当たり前のことですが、人は今の現状や結果に一喜一憂します。

逆に頑張ればよい結果が出る(ことが多い)、人に優しくすると感謝される(ことが多い)、努力は報われる(ことが多い)。

ことが多い、と書きましたが、妥協や堕落、邪悪に関しての結果はほぼ100%負の結果となりますが、努力や誠実、節制といった頑張りについては、100%良い結果になるとは限りません。ですが、それらは少なからずプラスの痕跡を残します。

要は、人生に「たまたま」は存在しないのです。全ての現象を「やっぱり」と考えるのです。

たまたまテストの点が悪かった⇒やっぱり悪かった。たまたま運が悪く破産した⇒やっぱり破産した。たまたま目標達成できた⇒努力した結果としてやっぱり達成できた。

この法則通りに人生を考えてみましょう。

仕事で成功したい、と考えます。成功するためには自身の努力は当然必要ですが、更に周りの人の協力が必要です。自分勝手やエゴでは人は協力してくれません。周りの人の協力を得るには、周りの人が納得するビジョンや導きが必要です。そして周りに対して感謝の気持ちも必要です。それらが成功に導く要因です。その先に成功という結果が存在するのです。

先程、努力しても100%成果がでるとは限らない、と書いたのは、上記例で言うと、自分は努力したが、周りの協力を得られずに失敗することもあるからです。

つまり、努力=全て正しい努力、100%完璧な努力、とはなかなかならないからです。

ただ、確実に言えることは、自らが幸せになりたいのだったら、周りの人を幸せに導くことです。自分だけが幸せになる、ということはありえないのです。

車の合流で、絶対に入れないぞオーラを発揮している人に限って、自らは割り込もうとします。小学生が信号待ちをしているのに信号無視をする。そういう人の人生が幸せになるとは到底思えません。

自分がしたいことは人にしてあげる、人の範となる行動に努めるのです。

ぜひ、目の前の結果に振り回されずに、その結果を生むプロセスを大切にしてください。

正しいプロセスを歩むことで、人生は良い方向に進んでいくのです。
[PR]

by melo-works | 2017-07-31 11:37 | Comments(0)
2017年 07月 28日

継続

2回に渡って開催した研修会及び懇親会は非常に有意義なものでした。

キリンビール様からサントリー様へ変えた成果がまた一つ生まれました。

懇親会では多くのアルバイトスタッフと話をさせていただきました。キラキラした瞳と溢れるエネルギーを感じました。

皆さんのような素晴らしいスタッフと仕事ができて私も誇りに感じます。

2回目の研修会時には、アルバイトスタッフに向けて初回とは若干違う話をさせていただきました。

一つは「継続は力なり」についてです。

継続することの重要性は誰もが理解しています。ですが、世の中になんと3日坊主の多い事か。

ダイエットしようと決意する、しかし数日が経過するとモチベーションが低下し欲求に敗北する。読書をしようと決意する、しかしいつの間にかテレビと漫画とネットに凌駕されてしまう、貯金をしようと始める、しかしどうしても欲しいものができて使ってしまう、怒るのをやめようと決意する、しかしやっぱり切れている…

人の決意は脆く、様々な欲求や感情に流されてしまうものです。

ですが、成功している人の多くが「継続は力なり」を実践しています。以前からルーチンの重要性については述べてきました。同じことの繰り返しによって鍛錬し進化していくことがルーチンの目的です。

徐々に無駄な時間をそぎ落とし、自己向上に必要な行動を増やしていく。ルーチンを日々進化させていくのです。

人生はマラソンです。ローマは1日にして成らずです。「すべての道はローマに通ず」と言われたほど繁栄したローマ帝国も、築くまでには700年もの歳月を費やし、長い苦難の歴史があったのです。

私のこのブログは2006年10月から続いています。経営者として、皆さんに何かを考え、そして人生を考えるきっかけになっていただきたいという思いで継続しています。

私は20代からずっと貯金を継続しています。週1回は本屋に立ち寄り読書は毎日欠かしません。週に3,4回は30分の運動を行っています。体重は30年間変わっていません。

更に、私の父も祖父もほぼつるつる頭です。40歳ごろから抜け始めたそうです。私は30歳から育毛を継続し、現在もお陰様でかつらではありません。

メロ・ワークスも良い文化を継続しています。ティッシュ配布、挨拶訪問はその典型です。

人生は継続力です。同じことを続けることで人生をプラスに変えることができるのです。

みなさんもルーチンを大切にして、継続により大業を成し遂げてください。
[PR]

by melo-works | 2017-07-28 11:05 | Comments(0)
2017年 07月 24日

お金

先日の研修会時に話した続きです。

先日の、今ある環境でベストを尽くすことで、必ず人生を良い方向に導くような出会いが生まれる、良い出会いは日々努力をしている人に訪れる、に続きもう一つ話をしました。

これは、人生を失敗しない為の教訓のようなものですが、「お金に振り回される、お金に支配される人生を送らない」ということです。

お金持ちになれ、ということではなく、お金は自らが管理すべき性質のものであって、お金に振り回され、お金によって人生を狂わすことがないように、ということです。

自分自身にとって「お金=欲求」です。自己の欲求を管理できるかどうかが、お金を管理できるかどうかです。

欲求がエスカレートすると欲望となります。欲望は満たされない欲求とも定義できます。その欲望に負け、人々はお金に支配されることになるのです。

ギャンブルにはまる人はその欲望に嵌り、色事に嵌る人も自己の欲望を管理できず、浪費が止まらない人も~したいという欲望を管理できない。

人はお金に窮すると、人を欺くようになります。嘘をついたり、人を騙したり、周りの人を巻き込みます。

自分自身にとって「お金=欲求」ですが、他人から見ると「お金=信用」です。お金に支配される人は「信用」という、人間社会において最も大切なものを失ってしまいます。

お金は人の心の鏡のようなものです。毎月少しずつでも貯金していく人は、謙虚に生きている、もしくは将来に向けて準備している人です。

限られた資金の中で生活し、自己の欲求を管理し、少しでも将来に向けて準備をしていくという生き方ができていますか。自己に問うてください。そして、お金は自らが管理して下さい。

欲求を抑制できず、欲望に流され、お金に追い回され、信用を失うという最悪の人生を歩まないで下さい。

前回述べたように、今を精一杯生きてください。しかし、今だけが人生でないことを知り、欲求を抑制しつつ、将来に向けて準備下さい。

以上が、私が若いアルバイトスタッフへ向けた話の主旨です。
[PR]

by melo-works | 2017-07-24 11:11 | Comments(0)
2017年 07月 21日

ロイヤルスタッフ

先日、ロイヤルスタッフと社員の研修会及び懇親会を行いました。

研修はサントリー様による企画で、楽しくそして思考を要求されるものでした。

懇親会では、多くのロイヤルスタッフと話をすることができました。

私にとって、非常に意義のある時間でした。

全てのスタッフの表情は明るく、希望に満ちていました。そのパワーに圧倒されました。

皆さんのような元気溢れるスタッフが、お客様とつながっていることに心から喜びを感じます。

私からは2つ、将来あるスタッフへ向けて話をさせていただきました。次回、25日も話をしますが、同じ話はしたくありませんので、先日話した内容を書かせていただきます。

一つは、今、現在ある環境で常に全力を尽くすことの重要性について話しました。

20歳の時に、私は現在の自分を全く想像していませんでした。どちらかと言うと、いじられ・いじめられキャラだった私は人前で話すことも苦手でした。

でも、何かを諦めたり、途中で止めたりせずに、目の前の事に全力で取り組んできました。できる人を観察し、その人の真似をして、苦手を克服していきました。

すると、不思議と衝撃的な出会いが訪れるのです。その出会いが自分の価値観を変え、人生を自然と進むべき方向に導いてくれるのです。

良い出会いは、努力している人にしか訪れません。ぐうたら生活を送っていれば、それなりの人と知り合い、更にぐうたらが加速するだけです。

努力している人は自然と輝くのです。個性によってその光の色は違えど、輝きます。輝きは輝いている人達の目に留まります。そうやって、良い出会いが生まれるのです。

良い出会いは、自身の価値観を一新させます。価値観が変われば、人生は変わります。

ぜひ、自分探しの旅などせずに、今ある環境に全力で取り組んで下さい。学び、思考し、行動し、努力を継続下さい。

必ず、良い人生への道を歩んでいくことになります。

続きは、来週にします。


e0102432_10302582.jpg

e0102432_10292815.jpg

[PR]

by melo-works | 2017-07-21 10:59 | Comments(0)
2017年 07月 14日

飲み放題キャンペーン

飲み放題キャンペーンも中盤です。

各店舗、お勧めに注力いただいていると思います。

ちょっとした工夫、気の利いたグリーティングによって、成果は大きく違ってきます。

先日、雑色店の朝番高橋君の日報報告に「本日は午前中からとても暑かったので、飲み放題を勧める際に冷たいビールもあります、と一声増やしたら1組獲得と、単品注文でとれました。」とありました。

雑色店という忙しい朝番にも係わらず、飲み放題をしっかりとお勧めし、更に工夫をしているのです。

定型グリーティングも重要ですが、五感を働かせ、状況によって気の利いた一言を加えるというのは素晴らしいことです。

先月、ありがとうキャンペーンを行い、お客様の気持ちに立って考える、という取り組みを行いました。お客様の気持ちに立って、的確なお勧めができることは、高い接客スキルが身に付くことです。

先月と同様、良かったグリーティングや資料を共有化していきたいので、積極的に情報発信をお願いします。

再三述べていますが、取り組みの少しの差、その少しの差の積み重ねが大きな差となります。

先月のありがとうキャンペーン後の取り組みについても、上福岡店や霞店を始め、継続して実施し、日報報告を継続している店舗もあります。

その積み重ねが文化となり、大きな差となるのです。

今月は「飲み放題キャンペーン」の取り組みを更に加速させ、高いお勧めスキルを身に付けましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-07-14 12:10 | Comments(0)
2017年 07月 10日

世論調査

各メディアで世論調査が行われ数値が発表されています。

内閣支持率は30~36%、不支持率が48~51%と国民の半数が安倍内閣を支持していない現状が明らかになりました。

不支持の理由として最も大きいのが安倍総理が信用できない、というものです。

森友・家計疑惑による信用失墜ですが、国民が信用できない理由に安倍総理の言動が影響しているのでしょう。

国会答弁中でも「印象操作」という表現を多用し、野党側の批判が問題だ、と責任を他に転嫁する姿勢や、都議選応援演説の際、安倍退陣を叫ぶ有権者に対して「こんな人達に」という暴言を投げつける等、安倍総理の人間性が信用できないのです。

安倍総理は常に攻撃的です。一国の総理としては頼もしい反面、その攻撃性は憲法改正にも悪影響を及ぼすことになります。

集団的自衛権、テロ等準備罪処罰法と続き、更に憲法9条改正に突き進む姿勢に、安倍総理は戦争に向かって突き進んでいくのではないか、という潜在的な疑念が浮かび上がってきます。

小池都知事率いる都民ファーストの会が年内にも国政に進出します。おそらく、多数の民進党議員も同調するでしょう。民進党は最早政権政党としての体を成していません。

政界再編が小池都知事を中心に始まろうとしています。

国民の信を失った総理大臣は、早晩退陣に向けて求心力を失っていきます。読売新聞でさえ、安倍内閣の不支持率過半数越えを大々的に報じています。

安倍内閣の終わりの始まりがスタートした感があります。
[PR]

by melo-works | 2017-07-10 09:43 | Comments(0)
2017年 07月 07日

飲み放題キャンペーン

今月は飲み放題キャンペーンですから、特に飲み放題をお勧めするのですが、そこにはカラオケボックス本来の楽しみをお客様に味わっていただく、という主旨があります。

わいわい盛り上がっていただくことは、我々の本望ですから、その為の飲み放題のお勧めです。

歌を唄って、お酒を飲んで、楽しく盛り上がって、今日は楽しかったね~という場を提供したいのですから、多くの方に飲み放題を楽しんでいただきたいのです。

先日、中村マネのメールで「お酒は飲まれますか?」というグリーティングは行わない、というものがありました。

お酒を飲まれますか?は、飲み放題をお勧めする以前に間口を狭めているグリーティングです。飲まない、という人にはそれ以上お勧めできません。

現状のグリーティングが一番効果的、と妄信せずに、現状を疑うことが大切です。

もっと効果的なグリーティングは無いか、効果的なPOPは無いか、効果的な手法は無いか、ぜひ、この機会に考えて下さい。

「ドリンクバーやノンアルコールビールも飲めるこちらの飲み放題コースがお勧めですが如何ですか?」と20歳以上の全ての方にお勧めする方が、「お酒は飲まれますか?」という導入より効果的に思います。

あるカラオケ店では、お待ちのお客様に「赤 霧島」を「珍しいお酒が入りましたが一口如何ですか?」と振る舞っていました。要は、一口お酒を口にしたお客様はそのまま飲み放題コースをほぼ選択されるからだそうです。

そこまでする方法が良いと言っているのではなく、工夫の一例です。色々と工夫はできるのです。

ぜひ、楽しい時間を提供するために、元気よく飲み放題をお勧めしましょう。
[PR]

by melo-works | 2017-07-07 10:46 | Comments(0)
2017年 07月 03日

安倍内閣

東京都議選では自民党が歴史的な大敗、小池都知事率いる都民ファーストの会が大勝と明暗を分ける結果となりました。

今回の選挙は、ここ数カ月に渡る安倍総理を取り巻く一連の出来事が大きく影響したもので、小池氏を支持した票+反自民・反安倍票の結果です。

最も大きいのが「メディアが安倍倒閣に動いている」ということです。

今まで安倍内閣にひれ伏してきたメディアが、挙って反安倍に転じています。

都議選直前に報じられた政治関連のニュースと言えば
・稲田防衛相の失言
・二階幹事長の失言
・下村文科相の違法献金
と反自民の報道一色です。都議選で自民大敗⇒安倍責任論⇒安倍倒閣へメディアが先導していると言えるでしょう。

「文春」も自民系ですが、前川前事務次官寄りの記事内容や「驕れる安倍一強への反旗」と題した特集を掲載しています。

おそらく、野党ではなく自民党内で安倍倒閣が本格化し、メディアを先導していると見るべきです。自民党内派閥の宏池会、水月会、平成研究会あたりが動いている気がします。

客観的に見ても安倍内閣は「独裁」状態です。森友、加計問題に見え隠れする「忖度」はその象徴です。言葉に出さなくとも、周りが総理の意向を忖度している危険な状態です。

また、国会運営も独裁です。テロ等準備罪審議においても、委員会採決を省略し強引に衆院採決を行い、国会審議も延長せず、という手法には国民も独裁のみならず自らの疑惑から逃げているという負の印象を強くしました。

安倍総理は今後内閣改造を行い、小泉進次郎氏を閣内に取り込み、支持率回復に躍起になると思います。万が一、進次郎氏が入閣を断れば、安倍内閣も終焉へと向かうことになります。

個人的には独裁状態の安倍内閣には危険な匂いを感じます。メディアの動きと共に安倍内閣の動向には注意が必要です。
[PR]

by melo-works | 2017-07-03 11:05 | Comments(0)