当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 06日

年末料金

各店舗、年末料金を検討していると思います。

料金戦略については以前より色々と書かせていただいていますが、年末料金についても、「当然満室になるから」「売上を上げたいから」という要素が優先し、当社本来の理念を忘れては本末転倒です。

年末は稼ぐ月です。企業にとって、特にこの業界にとって12月の売上が業績を大きく左右することになります。

また、12月の売上こそ店舗の1年間の努力の集大成、とも言えます。1年間の努力の積み重ねが12月度に実を結び、良い結果を残すことが大切です。

しかし、その方法を「料金を高くすること」で解決しようとするならば、後々お客様のシビアな審判に晒されることになります。

料金戦略は多々ある要素の一つに過ぎません。

年末料金とは、普段以上に忙しいスタッフに対して、少しだけお客様にプラス料金をご負担いただく、という解釈で設定下さい。

アパホテルがホテル満足度調査で35のビジネスホテルの中で最下位になりました。

大きな要因が繁忙期の値段の上昇が他ホテルと比べて大きい事です。繁忙期にガツンと料金を高く設定し、それがコストパフォーマンススコアを下げているのです。

当社は「コストパフォーマンス=お客様満足度 日本一」を掲げています。

その理念を忘れずに、お客様にご負担いただく料金として最適な価格と時期を設定下さい。

地域密着店舗として、地域のお客様に愛され続ける店舗を作りましょう。
[PR]

# by melo-works | 2017-11-06 10:53 | Comments(0)
2017年 11月 02日

かたづけ士

11月の全体会議ではかたづけ士の小松氏を招いて講演いただきます。

ガイアの夜明けを始め、多数のメディアに登場し、書籍も多数出版されている方です。http://sukkirilab.com/

小松氏の講演については、当日楽しみにしていただきたいのですが、私が最近受けた研修の中で、「面白かった」ので、今回講演をお願いしました。

面白い、という要素はとても重要で、幾ら理路整然と説明を受けても「つまらない」ものは、後に残りません。つまらないものは、取り組んでみようという気持ちにならないものです。

講演や研修を受けて「面白い」と感じさせてくれる講師こそ、プロフェッショナルだと思います。

聞いている人の心境も考えず、自らの持論を切々と語っている講師もいますが、どうも腑に落ちないことが多いものです。

面白い⇒やってみよう、という思考回路が働かないのです。

小松氏は面白い⇒やってみよう、と感じることのできるプロの講師です。きっと楽しい講演になると思います。

こういったことは通常の指導にも当てはまります。

面白さや優しさは人にプラスにはたらきますが、自己都合や感情の押し付けはマイナスにしか働きません。

コミュニケーションのプロは、常に相手を惹きつける魅力があるものです。それが楽しい人間性だったり、懐の深さだったり、笑顔だったり、優しさだったり、知性だったり、誠実性だったり・・・人それぞれですが、人としての自身の魅力とは何なのかを常に追求していくことが大切です。

面白さ、楽しさはその基本です。

面白く、楽しく、人に感じてもらいながら、上手くコミュニケーションを図り、お互いが成長していく、そんな関係がベストです。

講演の内容に留まらず、小松氏のコミュニケーション力にも注目下さい。
[PR]

# by melo-works | 2017-11-02 11:18 | Comments(0)
2017年 10月 30日

店舗力アップ

店舗力アップメールで感心させられる取り組みがあります。

ここ最近、宮邊店長や増田主任、新岡店長と、社歴の浅いフレッシュなメンバーからの投稿が続いていましたが、どれも素晴らしい取り組みです。

手作りのPOPや環境整備への取り組み、仕組みやグリーティングの工夫といった細部への取り組みですが、その細部への取り組みこそ、成否を決める重要な要素なのです。

以前も書きましたが、「神々は細部に宿る」という名言を残した建築家がいましたが、要は何ごとも細部まで心を込めて行わなければならない、ということを表しています。

例えば、新岡店長の時間制限入室後の延長に関してですが、お客様心理を考えた実に感性のある取り組みです。このような細かい機微や顧客心理を考えた工夫は、できる人とできない人に分かれます。

大雑把な思考は時に大きな機会損失を生みます。

時間制限をしたのだから、延長しないのは当たり前だろう、その思考一つで物事を決め付け、丁寧な対応を取ることを放棄し、売上機会を損失する、多くの人がそう思考し行動します。

どのスポーツ選手も同じで、成功する人は、他とは違う細部の努力を欠かさない人です。

私はそれを評して「おたく」と表現していますが、「おたく」の物事を突き詰めていく思考こそ、成功への道なのです。

今後も色々な取り組みを楽しみにしています。遠慮せずにどしどし配信下さい。
[PR]

# by melo-works | 2017-10-30 11:48 | Comments(0)
2017年 10月 27日

総選挙

衆院選では自民党が圧勝しました。

小池都知事率いる希望の党は惨敗、逆に枝野氏率いる立憲民主党は躍進を遂げました。

今回の選挙戦では改めて「党首の覚悟」を実感させられました。

覚悟なき小池氏に対して、背水の陣を引いた枝野氏に票が集まったのは当然の流れです。

7月に行われた都議会選挙では小池氏率いる都民ファーストの会は圧勝しました。公明党の選挙協力も大きかったですが、それよりも、小池氏への期待と信頼がこの短期間で一瞬に失なわれたことが逆に奇跡的です。

それでも、小池氏が今回の選挙で勝つ道はありました。

都知事を辞任し衆院選挙に打ってでることが一つ、そして民進党を丸呑みし連合の支援を取り付けることが一つ、更に共産党とも選挙協力し野党共闘を鮮明にしその先頭に立つことです。

そこには大義が存在します。

「都知事投げ出しという批判を受けることは百も承知です。野党丸呑みで野合と批判されることも覚悟しています。でも、森友・加計問題が代表するように驕り切った安倍一強政権を何としても終わらせないといけないんです。私はどんな批判を受けようと、政治家として、驕りと権力にまみれた政権に立ち向かわなければならないんです」と絶叫し続ければ良かったのです。

小池投げ出し批判・野合批判VS安倍一強驕り強権政治、という批判対決ならば、勝機はあったでしょう。選挙の大義が無い安倍解散に対して、全てを投げうって戦いに出た大義が小池氏にあるからです。

繰り返しになりますが、要は覚悟の問題なのです。総理大臣として、この身を奉げるという覚悟です。

全ての批判を受け止め、安倍総理という巨大権力に立ち向かう姿勢こそ、勝利への唯一の道でした。

すべては後の祭りですが、判断を誤った長は組織を駄目にする、ということだけは改めて実感させられた総選挙でした。
[PR]

# by melo-works | 2017-10-27 11:36 | Comments(0)
2017年 10月 23日

わくわくカラオケGP

昨日、風雨の中「わくわくカラオケGP」が盛況に開催されました。

昨日、運営に従事いただいたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

過去にも増して良い大会でした。コカ・コーラ様の歌唱や当社社員による熱唱も大会を大いに盛り上げました。

参加者は、応募総数450名の中から選ばれたという事実を大変喜んでおられましたし、短い時間ではありますが、ステージではカラオケの楽しさを個々に表現されていました。

コカ・コーラ様が大会を最後まで観戦いただき、「カラオケの素晴らしさを再認識させられました、素晴らしい大会でした」という嬉しい言葉をいただきました。

大会運営全般を依頼している唯野様や司会の方、審査の先生方も口を揃えて「こんな楽しい大会は他にない、素晴らしい」とおっしゃっていただきました。

そして何よりご参加いただいた方々の笑顔や楽しかったという言葉の数々に感動しました。

カラオケ業に従事している者として、多くの賛辞や笑顔に接する大会を開催できたことを誇りに思います。

我々はこのような大会を開催することができるし、このような楽しい大会を開催できるグループは他に無いと思います。

カラオケ大会開催は全てのお客様のニーズにはお答えできませんが、カラオケを愛する多くのお客様のニーズに応えることは貴重ですし、わくわくグループのシンボルとして価値ある大会だということは間違いありません。

早速、店舗に立ち寄り、成果を店長に報告いただいたお客様もいらっしゃいました。

これからも、お客様との距離が近く、地域の皆様に愛される店舗を作っていきましょう。
[PR]

# by melo-works | 2017-10-23 11:18 | Comments(0)
2017年 10月 20日

カラオケ大会

わくわくカラオケGPが2日後に迫ってきました。

準備は順調に進んでいますが、心配なのは天候です。おそらく大雨でしょう。

大雨でも楽しみにしている出場者がいらっしゃる限り、全力でおもてなしを行います。

今回も昨年度に引き続き、来店回数に応じて表彰を行う感謝賞があります。この一年間に200回以上ご来店いただいた方が複数名いらっしゃいます。

心から感謝するとともに、多くの方の生活になくてはならない存在に当社がなっていることに身が引き締まる思いですし、今後も過ごしやすい空間、居心地の良い時間をお過ごしいただけるよう、努力していかなければなりません。

働いていると、日々多くのお客様がご来店し、お客様が来られることが当たり前になってしまいます。しかし、ご来店いただくお客様にとっては、その時間は楽しみで幸せな時間だということを忘れないで下さい。

今週末も天候の悪い中、多くのお客様がご来店されます。

1組1組に真摯に向き合い、ベストな応対を心掛けましょう。

さて、日曜日は衆院選投票日です。わくわくカラオケGPもありますし、天候も悪いので、橋本オーナーのメールにもあった通り、期日前投票をお勧めします。

18歳以上に選挙権がありますので、店舗内のアルバイトスタッフにも投票を呼び掛けて下さい。

投票行動というアクションを起こすことが重要なのです。

無関心がこの国の将来を駄目にします。

ぜひ、皆さんの判断で一票を投じましょう。
[PR]

# by melo-works | 2017-10-20 10:20 | Comments(0)
2017年 10月 16日

カラオケ大会

週末にカラオケボックス協会主催の「日本カラオケボックス大賞in鹿児島」に運営側として参加してきました。

全国大会は毎年参加していますが、今回もスケールは圧巻でした。

当社のカラオケ大会はホテルの宴会場で、参加者が円卓にて着席していますが、全国カラオケボックス大賞では大ホールを使用し、大きな舞台があるのが特徴です。

当然、照明・音響を含めた設備は比較にはなりませんし、出場者全員が一同に壇上に揃う姿は圧巻です。

ただ、大会を通じて感じた印象は、テレビを見ているような感覚でした。出場者の真剣さは十分伝わりましたが、全体を通じてあまり温度が伝わってこなかった、とも言えます。楽しさ、という観点からも今一つでした。

来週わくわくカラオケGPがありますが、出場者との距離感や出場者間の交流、笑顔や楽しさ、優しさやおもてなしといった要素を大切に運営しましょう。

今年は多くのエントリーがあり、その中から選ばれた当社のお客様が、本当に楽しみにご参加されます。

日ごろの感謝を形にし、盛大に盛り上げていきましょう。

e0102432_10385741.jpg
e0102432_10384552.jpg
e0102432_10383058.jpg

[PR]

# by melo-works | 2017-10-16 10:56 | Comments(0)
2017年 10月 13日

選挙

衆院選が全国各地で激しく繰り広げられています。

当初、希望の党の設立によって、大きな風が吹くと見られていましたが、その後の小池氏の動向及び発言により勢いを失っており、今回は無風の選挙戦となりそうです。

小池氏の信頼、印象が大きく毀損した要因は「私が決める、排除する」発言です。独裁者を連想させる数々の発言により、小池氏のイメージは一転しました。

そもそも、自身の出馬についても、世論の動向を見て不出馬を決めた、というのが見え見えです。新党設立当初の発言は「国政が変わらないとしたらでない」といった曖昧な表現をし、世論の支持を得られていない状況を見て「初めから出ないと言っていた」と変説しました。

風見鶏は信頼を得られません。大切なのは「覚悟」です。

この国を任せる、この国の舵取りを任せる人に「覚悟が無い人」は論外、お話になりません。

国民はそういった小池氏の動向を見限った、だから全く支持率が上がらないばかりか、どんな理由にせよ解散という覚悟を感じさせる勝負に打ってでた安倍自民党大勝の流れになってしまっているのです。

また、希望の党に流されず、覚悟を持って新党を立ち上げた枝野立憲民主党に一定の支持が集まっているのです。

今回の選挙戦ほど政策論争が欠如した選挙は近年ありません。

森友・加計問題と選挙後の連立に討論が集中し、我々国民の判断軸が示されない、なんともレベルの低い論争が繰り広げられています。

メディアにも大きな責任があります。先日のニュースステーションの党首討論は最低の内容でした。進行に欠陥があると言わざるを得ません。

もっと、真摯な政策論争をじっくりと報道いただきたいものです。
[PR]

# by melo-works | 2017-10-13 10:30 | Comments(0)
2017年 10月 10日

わくわくカラオケGP

わくわくカラオケGPのエントリーが締め切られ、今年は過去最高の450組以上もの応募がありました。

毎年、エントリー数が増加しているという結果は本当に価値があります。

まず、大会に関心を持っていただけるお客様が年々増えているという事実に価値があります。

毎年恒例の大会、というと陳腐化やマンネリ化し、盛り上がりに欠け、やがては消滅していく、といった衰退の道を辿るパターンと、毎年ファンが増加し、洗練され、盛り上がり、イベントとして成熟されていくパターンがあります。

エントリー数が毎年増加しているということ自体が、イベントの根幹を支えており、ファンが増えている好ましい状態です。

更に、エントリー数の増加は、主催側の取り組み意識が向上していることの証明です。

一人ひとりの参画意識こそがイベントを支えています。他人事意識が衰退の根源であり、全ての取り組みにおいて同じことが言えます。

日々、日報を見ても、エントリーを愚直に呼びかけている多くのスタッフの姿が浮かびます。今回の皆さんの取り組みに敬意を表します。

後は当日までの準備及び当日運営です。

今年から当社社員の歌唱も予定しています。

大いに盛り上がり、日ごろの感謝を形にしていきましょう。
[PR]

# by melo-works | 2017-10-10 10:28 | Comments(0)
2017年 10月 06日

ワンツールームカラオケ

武蔵浦和店1階に「ワンツールームカラオケ」がオープンします。
※ワンツーカラオケは商標登録がある為使用できず、ワンツールームカラオケとしています。

ワンカラ、ヒトカラと同じく、ヘッドホンでのカラオケルームです。

当社としては初めての試みで、色々と試行錯誤しながら進めてきました。

機材設置の第一興商も経験が無く、他社を参考にしながら作りましたが、ミキサー等は省き、また2名も対応できるようにし、カードキーを導入する等、当社のオリジナルに仕上げました。

写真にあるように、パトライトでのお知らせや残り時間表示プレート等もオリジナルです。充電用USBも設置済みです。

受付は2階で行いますが、1階部分の出入り口もカードキーが無いと入れないシステムとなっており、基本的に1階部分にスタッフは常駐しません。

私も今、武蔵浦和店にお客としてワンツールームカラオケを利用してきました。

皆さんが作り上げたワンツールームカラオケに感動しました。

これからも葛西コーチ、吉澤主任を中心に、当社のオリジナリティ溢れる「ワンツールームカラオケ」を作り上げていきましょう。

様々な取り組みにチャレンジし、会社として成長していくよう、今後も努力していきます。

ぜひ武蔵浦和店を視察下さい。

e0102432_1095027.jpg

e0102432_10112382.jpg

e0102432_10114997.jpg

e0102432_1012129.jpg

[PR]

# by melo-works | 2017-10-06 10:27 | Comments(0)