当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 03日

安倍内閣

東京都議選では自民党が歴史的な大敗、小池都知事率いる都民ファーストの会が大勝と明暗を分ける結果となりました。

今回の選挙は、ここ数カ月に渡る安倍総理を取り巻く一連の出来事が大きく影響したもので、小池氏を支持した票+反自民・反安倍票の結果です。

最も大きいのが「メディアが安倍倒閣に動いている」ということです。

今まで安倍内閣にひれ伏してきたメディアが、挙って反安倍に転じています。

都議選直前に報じられた政治関連のニュースと言えば
・稲田防衛相の失言
・二階幹事長の失言
・下村文科相の違法献金
と反自民の報道一色です。都議選で自民大敗⇒安倍責任論⇒安倍倒閣へメディアが先導していると言えるでしょう。

「文春」も自民系ですが、前川前事務次官寄りの記事内容や「驕れる安倍一強への反旗」と題した特集を掲載しています。

おそらく、野党ではなく自民党内で安倍倒閣が本格化し、メディアを先導していると見るべきです。自民党内派閥の宏池会、水月会、平成研究会あたりが動いている気がします。

客観的に見ても安倍内閣は「独裁」状態です。森友、加計問題に見え隠れする「忖度」はその象徴です。言葉に出さなくとも、周りが総理の意向を忖度している危険な状態です。

また、国会運営も独裁です。テロ等準備罪審議においても、委員会採決を省略し強引に衆院採決を行い、国会審議も延長せず、という手法には国民も独裁のみならず自らの疑惑から逃げているという負の印象を強くしました。

安倍総理は今後内閣改造を行い、小泉進次郎氏を閣内に取り込み、支持率回復に躍起になると思います。万が一、進次郎氏が入閣を断れば、安倍内閣も終焉へと向かうことになります。

個人的には独裁状態の安倍内閣には危険な匂いを感じます。メディアの動きと共に安倍内閣の動向には注意が必要です。
[PR]

by melo-works | 2017-07-03 11:05 | Comments(0)


<< 飲み放題キャンペーン      ありがとうキャンペーン >>