当社に勤務する皆様へ

meloworks.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 25日

アメフト(続き)

人間性、と言ってしまえばそれまでですが、日大アメフト監督とコーチには大いに失望させられました。

こんな素晴らしい反面教師は滅多にお目に掛かれませんから、残念な大人、残念な指導者に成らぬよう、我々は彼らから大いに学ぶ必要があります。

学生スポーツというカテゴリーの中において、学生を追い込み、恫喝し、犯罪行為を行わせるという愚行を、彼らはどう認識しているのか、おそらく古き体育会の根性精神そのままに、そんなことくらい当然とばかりに反省していないことでしょう。

自分達の罪を棚に上げ、「彼を成長させるために」などという麗句で誤魔化し、「私は言ってないと思います」と学生の決死の謝罪を踏みにじり、彼らが教育者として全く適合していない人間性の持ち主だということは明らかです。

自分が矢面に立ち、全力で学生を守るべき立場の人間が、保身と言い訳に終始していては、その支配下にあった学生達は悲劇としか言いようがありません。

これだけの社会問題に発展しても、危機管理部という学部を運営している日大の対応もお粗末すぎます。

日本大学を名乗り、日本の保守的教育精神を重んじている大学には、武士道の欠片も無く、責任転嫁と自己保身という汚れた精神がいつしか伝統となってしまっていたのではないかとすら思います。

怖い上司に恫喝され、犯罪行為に手を染めてしまった構図こそ、今の日本社会に蔓延る古き悪しき慣習そのままです。

事の重大さに気付かず、後手に回る対応もしかりです。

あまりにてんこ盛りの失態のオンパレード、未だに食い違う学生と指導側の証言、果たしてどのような結末を迎えるのか、これ以上国民を失望させないでいただきたいし、当該者の学生達及びその家族を苦しめないでいただきたいと強く願います。

[PR]

by melo-works | 2018-05-25 11:31 | Comments(0)


<< 接客温度      人間関係 >>